hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

2年前にパワハラを受けて、非定型性の「うつ」になりました。

回答数回答 5
有り難し有り難し 81

約2年程前、職場で上司から「来るな・辞めろ・気分が悪い」と、二度言われ、非定型性の「うつ」になりました。すぐに心療内科に行き、上司の暴言が発病の原因であると診察をうけました。約8ヶ月、会社を休職しました。
私は、労組に加盟し団体交渉をしました。
1回目 団交  上司は、暴言発言は、認めました。
 しかし、謝罪は無しでした。(病気になったのは、あなたが悪いという姿勢でした。)
2回目 団交  
支社長と本社から人事部の方との交渉。
・交渉内容:基本給と傷病手当金の差額
(基本給は、本来、暴言が無ければ受け取れていた金額)
・私の、休職日数の延期の申し上げ
※会社の方は、考えておくとのことでした。

しばらくし、約半年程、休職期間が延長しますとのFAXが事務所にきました。労組と私は、受け入れました。これ以来、金銭のことは、交渉の中での立場を逆転させる最後のかカードで置いておきました。(使う気は、なかったのですが・・・)

3回目 団交
始めて暴言上司が謝罪しました。
素直に受けいれました
この時に始めて、○○さん、申し訳ありませんと。
今迄、私のことを名前では、呼ばず「おい、又は、お前」としか言われていませんでした。5年もの間。

さて、病気を患っていたため、違う部署に配属になりました。仲間と言える方々と、「縁」をいただき楽しくいることができます。
そんな職場でも、今年の1月に事業所の閉鎖が決定しました。全員クビです。30人近くの方々は、泣かれていました。私も、その一人です。
私は、まだ病気を患っております。入睡眠困難、左胸から針が上がってくるように痛い感覚があります。医師からも特効薬が無いとのことです。
毎日、薬を服用しておりますと、この病気には勝てないのかな?
この病気が、わたしの人生を狂わしたと、思います。
被害者は、ずーと暗い闇の中に溶け込んでしまいそうになります。
悲しくて、将来が見えません。
この先、不安です。
また、再発する可能性もあります。

仏教では、このような問題にどのように解決されますか?
(因果応報でしょうか? でしたら、解雇された30人は、全員悪いのでしょうか? 病気になった、私がわるいのでしょうか?)
           


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

何れにせよ相手を恨めばそのガスで自分がより一層苦しい

はじめに申し上げておきますが、これはあなたが“解放”され“快方”に向かうためのお話。
今はお辛い状況かもしれませんが、決してあなたを責めるものではなくて、あなたを援護するものです。よって、あなたは以下の言葉によって傷つけられるべきではないし、どんな言葉の中にもマイナスイメージと結び付けない強い姿勢でのぞんでください。

これはあくまで私の個人体験です。
私がいた修行道場では罵詈雑言は当たり前でした。10年の年月の中で悪い慣習を目の当たりにしてきました。
「死ね、カス、帰れ、」…それ以外にも載せられない言葉も飛び交います。
実際に現代では「いじめ行為」とみなされるであろう行為も多々ありました。
それらの言葉、体罰をダイレクトに受けた時期は本当に被害者意識に陥ってしまったものです。
傷ついた、といえば傷つきました。
でも、私は傷つきたくはないとおもったのです。傷ついた、と自分を傷つけられた組、傷ついた組、心が折れた組 の中にずっと入れ続けてしまうときっとそこから抜け出せなくなると思ったからです。
その道場で私自身が傷つかないように学んだことを三つにまとめますと、
①被害者意識だけは絶対に持ってはならない→自分がネガティブになるだけ。一生自信が持てない状況に自分を追い込むだけだから→自分のためにも相手を恨まず被害者意識を持たない方が得策と感じました。
②どんな凄惨な光景が目の前に展開されてもそれを真っ向から受けない→距離を持つ→相手の暴威や悪意から身を遠ざける。
〈これは今の時点でもできることです。何故ならフラッシュバックなどの反復は結局今の時点で心に負担となる事を“今”思い起こすわけですから、もし思い起こされても距離を持つ〉
③言った本人はケロリとしていて今を生きている。自分は過去にこだわったまま。これではなんだか損した気持ちになる。だったら相手への憎悪の念を捨て、現在の、今日今日この日の現実の中に自分を歩ませてゆく事が自分をまずどん底からすくい上げる一番の近道です。
字数上、ここまでです。快方に向かうことをご祈念申し上げます。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

闇の中から見えるものをみていきましょう

takakiさん、ご質問ありがとうございます。

パワハラを受け、「うつ」を発症される。
休職を経て、解雇。

辛い体験をされたのだと、こちらも心が痛みます。

上司のパワハラと闘われた経験、「仲間」と呼べる方々とのご縁をいただいた経験。
辛い経験の中で、こちらはあなたにとってもすばらしい経験ではなかったでしょうか。

この世は「無明の闇」と申します。

明かりが全くない状態。
それが実は私たちが置かれている状態です。

迷い苦しみ、そのなかで生きていく。

親鸞聖人は「無碍の光明は、無明の闇を破する恵日なり」と書き記されました。
(さわりのない光(阿弥陀様の光明)は、無明の闇をやぶるすばらしいお日様だ)

闇を経験されたから、阿弥陀様のお光のすばらしさに感動されたのだと思います。

あなたは、本当に辛い経験をされました。
そして、不安は続くのかもしれません。

でも、程度の差こそあれ、それは人間の生の現実でもあります。

「闇の中から見えるもの」
それをよく見て、そこから歩み始めませんか?

「質問者からのお礼」読ませていただきました。
ありがとうございます。

少し気になったことがありますので、「お礼」を受けて、ここからは書かせていただきます。

「命」を輝かせたいという思いは、本当に切なるものと感じます。

実現に向けてがんばっていただきたいと思う反面、
「生きている」そのこと自体が、大きな意味があることだということも、意識しておいていただきたいと思います。

「生きているだけで丸儲け」とか「命あっての物種」という言葉が表しているように、
辛さ苦しさから抜け出すということだけに焦点が当てられてしまうと、
「命」のありがたさを見失ってしまうかもしれません。

あなたが「生きている」そのこと自体がありがたい。
一言、それを付け加えたいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


上司と正面から向き合ったtakakiさんは偉いです。

 この質問の内容を読むと色々と今の社会の実情が見えてきて、パワハラ、団交、事業所の閉鎖について意見しそうですが・・・。
 精神的な病にさらされながらも、パワハラを受けた上司と正面から向き合ったtakakiさんは凄いと思います。私なら同僚に愚痴をこぼしてひたすら耐える日々を送ってしまいます。『半沢直樹』といえば言い過ぎかもしれません。
 事業所が閉鎖になったのは因果応報といえばそうかもしれませんが、因果応報の本来の意味は「原因に応じて結果を報いる」であり、良い意味でも使われます。「種をまけば芽が出て、作物が実る。」など。takakiさんの中では「バチが当る」のようなマイナスイメージ捉えるのが気になりました。だから、事業所の閉鎖は業績が悪いからや経営上のことであり、会社側が経営上止むにやまれぬ処置だったと思いますので、takakiさんには何の問題もないです。自分を責めてはダメ。
 私も色々な挫折を味わってきましたが、根気良く行っているうちに思わぬところから救いの手が差し伸べられました。takakiさんも根気良く行動していれば、必ず救いの神のような人が現れると思います。今は自分のことしか考えられないと思いますが、いつか自分を通して、他の人にも思いやりを持てる人になることを願っております。パワハラされた人の気持ちはtakakiさんが一番良く分かっているのだから。

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

これからの因果の流れを良い方向へと変えていくために

takaki様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

心の病が完全には癒えておられない中で、ようやくに楽しく感じられていた事業所の閉鎖・解雇・・将来に対して不安に陥られているのも無理のないことでございます・・

とにかくまずは完治へ向け治療に専念されて、少しずつ次のことをお考えになられて準備をお進め賜われましたらと存じます。

薬のことですが・・以前に福祉作業所にボランティアで関わっていたことがございまして、その時の経験から、個人的にはできる限り薬には頼らない治療を目指されていくことが必要であるかとは存じております。もちろんケース・バイ・ケースであり一概に言えるものでもありませんが・・薬に頼らずとも心が落ち着いて安定できる、心の癒しとなるような場所・行為・時間をなるべく増やせるようにしていかれましたらと存じております。閉じこもっては絶対にいけないのは確かかと存じております。

本題に入りますが、仏教では確かに輪廻論・業論を扱います。何事にもこの世のことにおいては、因果の理があり、「原因無くして結果無し」であります。しかし、この原因をずっとその先まで突き詰めていこうとすると、無限後退・無限遡及に陥ってしまいます。原因の原因のそのまた原因の・・という感じであります。

もちろん、経験論や帰納法・演繹法から近々の因果関係は可能な限りおいて推論できるかとは思いますが、輪廻・業についての因果の流れについては、正直、私たち凡夫ではなかなか伺い知ることは難しくあります。また、多くの集団において共通する結果をもたらすような業を「共業」(ぐうごう)と申しますが、この内容も何が共業の原因であるのか、複雑な無数の因果の流れを完全に知ることなど私たち凡夫には到底無理なことであります。

ただ、因果関係については、あらゆるモノ・コトは依存関係にて成立(縁起)していて、そのため実体として成立しているものは何らとしてあり得ないという「空」を考える上では大切なことにはなります。

字数制限上端的に、過去に過ぎ去った因果の原因を考えようとしても恐らく答えは出ません。それよりも、これからの因果の流れを良い方向へと変えていくために何ができるのか、これからのためになる行い、特に善い行いを少しずつでも進めて積んでいけれるように調えることが大切であるかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


人生は無常

takaki様へ

いろいろなことがあった中で
一生懸命歩まれているtakaki様は素晴らしいと私も思います。

人生において
自分ではどうしようもないことがあります。
そしてそれはすべて無常です。
その状態が永遠に続くことはありません。

今までの出来事を許し
前を向いて生きていくしかないではないでしょうか。

takaki様のお礼文にあるように
「生きたい、命を輝かせたい」という気持ちが
あれば、きっとこの先素晴らしい未来、道があることでしょう。
私も微力ながら祈っております。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お返事をしていただき、ありがとうございます。
本当に辛い経験でした。私の「命」が、危ないと感じたことがあります。
そのとき、「生きたい」と思いました。それ以来、家のご先祖様が、どこかで見てくれているような気がします。「苦しいときも・悲しいときも・嬉しいときも」、見守ってくれているようです。
「命」を輝かせたい、気持ちもあります。(もう少し、病気が治ってからですが) 限られた命の中で、精一杯、生き抜きたい、そして、人のお役に立ちたい、この気持ちを忘れず、生きていきたいです。

「鬱の症状・うつ病に向き合う」問答一覧

弟(躁うつ病)の暴言暴力が怖いです。

現在18歳の弟がいます。 弟は、ちょっとストレスを感じたりすると部屋の壁を殴って穴を開けたり、自分のスマホを投げ飛ばしたりして、酷い時は深夜2時過ぎに部屋の壁をドンドン殴り倒します。 マンション住まいなので下の階の方々にも当然ご迷惑をおかけしているのは分かっています。 ですが、それを注意できないくらい怖いです。 私たち家族が話しかけると狼のような目で睨みつけ、父親を羽交い締めにしたり、母親の首をしめたこともありました。 姉である私がなんとか大声を出して止めることは出来ても、明日は我が身と思ってしまい、家族全員萎縮しています。 本人は周りの同級生と違って通信制の高校に通っており、進学や進路の面で劣等感や自己嫌悪がとても激しいです。 詳細を書くと、弟は元々公立高校に入学したのですが、中3の頃からスマホ依存の傾向があり、朝起きれなかったり授業態度が悪いと注意されたりと、だんだん荒れていきました。 高校に入っても状況は変わらず、高1の夏休みに中退を言い渡され、通信制の高校に編入しました。でも、中学や公立高校の頃の友人関係は続けているらしく、そこの人達が「学歴主義」的な話をよくしてくるそうです。周りから軽蔑されるし舐められていると弟本人が言っていました。 そんな関係、絶交すれば良いのにと思いますが、そんな勇気は弟には無いらしく、そんなにストレスが溜まるのになんとかへばりついている状態です。 私が淡々と話を聞き出した時は、急に泣きそうになってみたり急に友人への怒りを込めて話し始めたり、とにかく感情がおかしいです。 残念なことに父親は単身赴任なので、普段は体の弱い母親と、私と弟で暮らしています。 弟に恐怖を感じながら生活するスタイルにもう疲れました。私だって大学での生活や恋愛など自分のことに熱中したいのに、そういう訳にもいきません。 弟の問題で母親は完全に巻き込まれて悩みすぎて体調を崩す日々です。 どんな心構えで居れば、もっとこの生活を改善できるでしょうか。助言を頂けると嬉しいです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

うつ病が治らず生きる意味がわからない

36歳専業主婦です。 14歳から気分変調性障害を発症、常に希死念慮に苛まれながら生きてきました。 25歳で大うつ病とパニック障害を発症、一度は寛解したのですが、31歳での過労で大うつ病が再発、以降ずっと通院と服薬を続けていますが、働ける見込みが立ちません。 病気で極端に気力体力がなくなり、また、強い音や光にも弱くなりました。 人と会うのもしんどくなり、友達も減りました。今は夫と両親と猫と主治医が身近な存在です。 いくら治療をがんばっても社会復帰できる見込みが立たず、生きている意味がわからなくなりました。 追っていた夢も追えなくなり、趣味も楽しめなくなり、患者として制約の多い日常生活を送らねばならない、なぜ生きなければいけないのかわかりません。 今、私の手元には致死量の薬剤があるので、それを飲めば死ねます。 しかし、植物人間になってしまう可能性もあるため踏み出せません。 うつ病の症状で死にたいのではなく、病気が治らず働けず、自分のやりたいこともできず、ただ死なずに存在しているのみという状態が苦しいです。 仏教ではどのように考えるのでしょうか。 穀潰しの病人を肯定してくれる理屈はあるのでしょうか。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

鬱なのか?わがままなのか?

鬱・体調不良の影響で、卒論を指導教授に一回も添削頼まずに提出日が近づいてきました。 2・3週間前に指導教授から心配のメールをいただきました。体調不良等でメール気づくのが遅くなりました、なにかありましたら都度連絡します。といった内容を送ったら、無理しないでくださいねと返信をくださいました。 ですが、はっきり言って私は鬱がひどく家族としか話すのがやっとなくらいの精神状態です。この状況で先生に提出日に会うのも辛いし、今は自分なりの考えや文章で頑張って執筆作業しています。一月の最終発表も精神状態や、体調によってはでれるのかなとか心配になったり、そもそも卒論が通るのか不安になったり、ネットで卒論関連のことを見て、自分で自分を苦しめたり、不安にさせたりしてしまっています。 幸い、文字数制限がなく、図やグラフを多用して書くことを優先してくれるゼミなのでそこが唯一の救いと感じています。でも自分の鬱を理由にして直近で仕上げるのは、わがままなのかなんなのかと自問自答しています。 ですが、とりあえずは提出日に向けて作業を頑張ることを目標としています。当日のことを考えてしまい、指導教授に会うのが今は一番嫌と感じています。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

受験、うつ、心の姿勢をどうすれば良いか

私は、現在高校三年生なのですが、今までの中学校や高校での生活で思い通りにいかなかった事が多いように感じています。 思い通りにいかないというよりかは自分では納得がいっていないとでも言うべきでしょうか。 しかし、そこから思い通りにならない事が多かった自分の人生を自分の力で覆してやろうと、勉強に力を入れ、レベルの高い大学に入るのを目標に頑張り始めました。そこからある程度は順調だったものの、高校三年生になってからは受験鬱になってしまい、勉強ができなくなってしまいました。 さらには通学も困難になり、通信制高校へと転校しました。 うつ状態が長く続いたことで、高校三年生ながら、今年度の受験は諦め、浪人することにしました。 現在は、心療内科に通っていて回復しつつあるのですが、自分の決めたことを達成出来ない自分に自信を失ってしまいました。 そのせいもあって、順調にこれからの大学生活へ向けて進んでいる同級生のみならず、成功した人などを見るだけでも酷い気持ちになってしまうようになりました。 その度に自己嫌悪を繰り返し、本当に辛いです。 また、受験鬱になったことで、長い間家族には迷惑をかけていることも辛く感じています。 家族はみんな私が頑張ろうとしているのを応援してくれます。 しかし、今でも思い通りに努力する事ができません。心の燃料不足とでも言いましょうか、行動が出来ない事が多いのです。 家族からの応援に応えられない自分が情けないです。 そして、来年度もまた駄目だったらどうしようと考えてしまいます。 目標を下げればいいのかもしれませんが、それをするとせっかくこれまでの努力したのを無為にすることになってしまうと感じてそれだけはしたくないと思ってしまいます。 何より、成功する人がいるのに自分は駄目だった、という結果になるのにはどうしても受け入れられそうにありません。 かといって、目標を下げずに受験に失敗してしまえば、二年も浪人。 同い年からもさらに遅れ、家族にも迷惑をかけ、自信もさらに失ってしまうと思います。 とにかく深くは考えずに、目の前のことに打ち込めばいいだけの話ですが、私はまだ若く未熟です。心の持ち方も未熟です。 私にはそれがうまくする事ができません。 自分の心の醜さ、自己嫌悪、焦り、自信の喪失感などどう向き合っていけば良いのでしょうか。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

うつ病を支えられない

初めての質問よろしくお願いします。 私のパートナーはうつ病を患ってもう5年以上になります。これまで沢山衝突しながら付き合ってきました。 先日うつ病患者に絶対してはいけない喧嘩をしました。胸ぐらを掴み合うまでの喧嘩をしてしまいました。 原因は私の未熟さゆえです。 私の言い分→仕事して帰ってきても、ゲームや漫画、ジムに行ったり、好きなことをしていて家事をしてくれない。朝起きれず、ペットの世話できずで私任せ。私も一人の時間が欲しいし、家事もして欲しい。 支える側も辛いんだ。感情に振り回され、顔色伺い、気持ちを伺い。やってくれともいえない。こういうやりとりが辛い。でもうつ病を理解できないという自分も辛いんだ。せめて労いの言葉だけでも言ってくれ。(うつ病には絶対言ってはいけないのに、黒い感情が渦巻いて言ってしまいました) パートナーの言い分→お前は可哀想なふりをするのが得意だ。お前が私を労ってくれたことがあるか。負担かけて申し訳ないって思ってる。でも自分は病気で朝起きるにも辛い、何をするにも辛い、やらなければいけないことは沢山あるけど、できない。学校も行けないでどうせ看護師にもなれず、お前を不幸にしているんだ。どうせジム行けるくせに他はできないと思ってるんだろ。殺してくれ。自分の辛さは絶対理解できないくせに。好きで病気になってない。自分ばっかりって言わないでくれ。 と言われました。 こうやって文章書いていると思います。これは全て私のパートナーへの理解がないせいだと思います。 ですが、やはり頭ではうつ病の事を理解していても、毎日毎日同じ顔を見て、生活していて…となると、黒い感情がぐずぐず湧き上がります。ぶつける場所もないので、結局一番いっては行けないパートナーにぶつかります。 一番辛いのはパートナーです。全て私の負担をわかってくれているのです。申し訳ないって思っていると言ってくれました。 ですが私の心が未熟で追いつきません。もう5年以上うつ病パートナーと一緒なのに情けないです。 一緒に生活するのであれば、できない部分はできる人がやらなければならない。 ですから、私が飲み込んでこの感情をコントロールして生活していかなければなりません。 私ばっかりという自己中な考え方、黒い感情が渦巻いてぐちゃぐちゃになってしまった時のコントロール、整え方を教えてください。辛いのです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

自分の存在価値・生きる意味

鬱になったことを理解してくれず、両親には後一歩の努力が見えない、あきらめずに頑張れ、 大卒は私の将来に影響する。と言われました。 結局鬱を理解してくれないどころか、大卒という枠組みの為に頑張れと言われて、あー私って両親にそう思われてきたんだ、自分の努力を全く見てくれなかったんだと感じました。 私がつらいって感じてるのもわかってた、でも自分から行動することを待ってたと母には言われましたが、私はここまで頑張ってきたつもりです、長女だからたくさん我慢したし、自分の気持ちを押し殺してきました。元々自分の中に溜め込む性格だったのが今になって爆発しました。それでどんどん鬱になっていきました。 ありったけの気持ちを手紙に書いて両親にぶつけたのに、結局は理解してくれないってわかった瞬間に、両親の中での私という存在意義・価値を疑い、今生きることが自分にとってはとても辛くなり、自殺を考えてしまうときもあります。 下に3人きょうだいがいるので私なんていなくてもとも思えてきました。自分の存在価値って両親の中でどうなっているのか、私が生きている意味があるのか毎日考えてしまいます。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

身内との乖離

鬱病の母と生活するのがもう限界です。 母は現在休職中で休業手当のために通院していますが、元より薬への嫌悪感が強いらしく処方箋はすべて破棄しているようです。 自分が婦人科や精神科で薬を処方された際も散々な言い様でした。 母は常日頃より「死にたーい!」「私がいなくなればいいよね~」と言うことが多く、正直参っています。 母は学生ほどの年齢の頃に所謂デキ婚で自分を産んだ後、5年と経たずに離婚しました。 人生の楽しい時期のほとんどを自分が奪ってしまった為、昔から罪悪感を常に感じています。 しかし、「酒の勢いでできた子だよ」と母から聞いており、また父親の話を聞く限りとても結婚して良かったと思えるような人物ではなかったと感じます。 養育費をくれたことはないですし、もう所在も不明で連絡も取れません。 何故幸せにはなれないだろうと分かり切った状況で子供を産んでおいて、当てつけのように私に死にたいと言うのでしょうか。 私が生まれたことで母を不幸にしたことは事実ですが、自分ばかりが辛く苦しく、あなたは自由にふるまっていていいですね、なんて言うのでしょうか。 それなら何故小中高と3度に渡り私の自殺を止めたのでしょうか。 何故あの時私を産んだのでしょうか。 私は生涯に渡り結婚も出産も望みません。 我が子を必ず幸せにする自身もないですし、自分と血が繋がった子を愛せると思えません。 可能であればすぐにでも自分で命を絶ちたいと常に思っていますし、母にとってはそれが最も回復に近いと感じます。 私自身もきっと精神病でしょうが、予約も取れず、通院がバレれば嫌味を言われることは必至ですしもう医者に行く気力もありません。 離れて暮らそうにも、以前一人暮らしを計画した際には「そんなに私が嫌いか!」「私が死ねばいいのか!」と言われ、それ以来もう口に出していません。 本人は言ったことを覚えていないどころか、「この人まだ独り立ちしないんだよ」と知り合いに話しているようです。 市販薬等で凌いだりで貯金もない為、現状すぐに引っ越しができる貯金もないです。 現状、小学校時代より続いている自傷行為で踏みとどまっていますが、自ら死を選ぶことは悪いことなのでしょうか。 ここまで育てていただいた感謝はありますが、もう嫌いだと思ってしまいます。 親を嫌いになることはいけないことでしょうか。 私はどうしたらよいのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺