お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

煩悩のコントロール。

以前、こちらに相談させていただいた金平糖と申します。
悩みへのご回答をいただけたことで、少し気持ちが軽くなりました。
本当にありがとうございました。

そして、また質問をさせていただきたいと思います。

自分の欲、煩悩をコントロールする方法を教えていただきたいのです。
色んなサイトを見たのですが、こちらでも方法を是非聞いてみたいと思いました。

私は、すぐに「自分が~自分が~」というように自分にとって
利益になるものに向かって、走っていくタイプに思えます。
なので、冷たい人間と思われることが多くあります。

煩悩を捨て、自身をコントロールすることで
自分だけじゃなくて、周りの人達のことを考えられる人間になりたいです。

どうぞ、宜しくお願いいたします。

心構え・生きる智慧
有り難し 41
回答 4

質問投稿日: 2015年12月18日 18:22

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

煩悩の無毒化  「煩悩即菩提」の真意 

こんにちは。世界で初めて煩悩を無毒化する「SATORI細胞」を発明した谷津張有馬下研究所所員の丹下覚元と申します。近日中に私が発明したSATORI細胞が製品化され全国の駄菓子屋さんでよっちゃんイカや金平糖と共に並ぶ予定ですが中々ネットでコンタクトをとれない駄菓子屋さんが多く、市場流通に手こずっている段階です。ですがSATORI細胞は誰の心の中にもあります!
以下の通りに過ごして頂くだけで本有の悟り細胞が活性化して煩悩が無毒になります。
まず「煩悩を捨て、自身をコントロールすること」
この図式は間違っています。捨ててください。
煩悩煩悩と言いますが、もともと「何」をつかまえて煩悩としているのでしょうか。
多くの人は最初から決めてかかっているのです。ああ、これは煩悩だ、と。
出てくる思いは発生当初は何もまだ蓮舫さんによって「これが煩悩だ、煩悩ではない」という仕訳がなされた訳でもあるまいにョ、なのです。
全部、煩悩化される以前はどんな思いもままのまっさらな思いなのです。
ああ、これも煩悩だ煩悩だと、思い全部を否定するからプチ自己否定が起こって、意味が分からなくなるのです。かってに煩悩化されてしまった思いだって可哀想じゃありませんか。
怒りも恋心も悲しみもエロい事を考えてしまうのもの人間の持って生まれたものです。
思いが出た当初、発生時点では純粋無垢、無毒なのです。
ただし、直後にそれに取っ付きアレコレとカスタマイズすることで、心の中で不具合を生じてしまう事があります。これが思いの煩悩化、毒化です。ですが、出てくる思いそのままに過ごしていてください。
何の問題もなくさらさらと流れて行くこと水洗トイレの水の如く清らかです。それが自分をコントロールすることです。でてきた思いは、出てきてokと思う。嫌わない、拒まない。
ただし、直後に余計な取扱いをしないままに過ごす。
そうすると何を思ったって人畜無害でおじゃる。

2年5ヶ月前
回答僧

立正寺

常在

仏の心は煩悩に満ちています

仏はその煩悩を捨てず持ち続けています。
ただ抑えているだけなのです。
仏は怒り、貪り、惜しみ、刹那主義、自己愛、責任転嫁の心を捨てずに仏となっています。
ただそれらを抑えているだけなのです。
----------
僕達の心の中には仏様のような優しい心があります。
ただ他の心を抑えきれないために底に沈んでいるだけなのです。
----------
煩悩を捨てようとは思わず、そのまま仏様になったつもりで行動していけば
朝露が太陽によっていつの間にか消えるように、煩悩も自然と抑え込まれていくものです。

2年5ヶ月前
回答僧

願誉浄史

「欲・怒り・怠け・プライド」と念じる

毎日、例えば歩きながらとかの隙間の時間にでも、あるいは仕事しながらでも、
心の中で、あるいは小声で、「欲・怒り・怠け・プライド」と念じたり唱えたりしてみてください。
何かをしたいとき、「欲」と気づいてください。
何かを嫌だと感じたとき、「怒り」と気づいてください。
めんどくさいと感じたとき、「怠け」と気づいてください。
自分は偉い・自分はダメだ等、自分を評価したり自分と他人を比べたいとき、「プライド」と気づいてください。
悪魔(煩悩)は色んな姿に変身してやってきます。
「欲・怒り・怠け・プライド」とスキャンすると、悪魔の正体を暴けるかも。悪魔(煩悩)は、正体を見破られると力が弱くなるのです。

2年5ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

あなたが思っている自分と事実の違い

あなたは、つい周りが見えず、自分自分となってしまうということですね。

そのあなたが言う自分とはなんなのでしょう。
それは、あなたの心、考えではないでしょうか。それを自我というのです。自我を自分と履き違えて、行動すると、間違えたことになります。

あなたの体は正直です。煩悩なんてありません。事実を事実のままに受け止め反応します。
思いを優先せず、事実のほうを大切にすれば煩悩に振り回されなくなるのでしょう。

2年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

>四次元 法華塔 様

ご回答いただき、ありがとうございました。

仏さまのように煩悩を抑え込む、とても難しく感じてしまいますが
抑え込んでコントロールできるようにしてみます!

>丹下 覚元様

ご回答いただきありがとうございました。

煩悩が無害という考えに至らなかったので、お話を聞いてとても驚きました。
私は思いこみがとても激しいので、更に色々カスタマイズしていたと思います。

嫌わず、拒まずそのまま生活してみます。

>邦元様

ご回答いただきありがとうございました。

私は、考え込んでしまう癖があって考え込んでしまうと体を動かすことができなくなります。
実際に、今日も考え込んでしまい怖くなって仕事を休んでしまいました。

思いを優先して考えてしまう癖があるので、思いを優先せず現実を見て行動するように
心掛けてみたいと思います。

>願誉浄史様

ご回答いただきありがとうございました。

教えていただいた「欲・怒り・怠け・プライド」呟いてみたいと思います。

関連する問答
このページの先頭へ