hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

Amazonのお坊さん便について

回答数回答 4
有り難し有り難し 113

最近Amazonでお坊さんを手配するお坊さん便が始まったそうですが、お坊さんに知り合いがいない人やお寺が身近にない人達にとってはお坊さん便は便利なサービスかも知れません。
ですが、「仏教をビジネスと考えてるからけしからん!」といったお坊さん便に対する反対意見もあることは確かです。

ちなみに私はお寺に縁のない若い世代の人達の為にもお坊さん便はあってもいいのではないかと思います。

そこでハスノハのお坊様方に質問なのですが、Amazonのお坊さん便に関して賛成ですか?それとも反対ですか?
詳しい意見の方よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そこでの出遇いを法縁に出来るかどうかが、僧侶に問われます。

そのようなビジネスが成り立つのは、そういう需要があるから。

そこを利用する方々はきっと、それまでに出会った僧侶に反旗を翻したのか、僧侶に全く接点が無いかのどちらかでしょう。

そういう方々は、今までちゃんとした僧侶に出遇っていただく機会は無かったのだからこそ、ちゃんとした僧侶に出遇っていただかなくてはいけません。

そこに登録する僧侶が全てちゃんとしているとは思いません。しかしamazonがちゃんとした僧侶に遇う御縁の窓口になる可能性があるのだから、無下に否定はできません。少なくとも、葬儀・法事をしない場合よりはマシだと思います。

お寺の住職と檀信徒さんの絆がしっかりしていれば、amazonで法事を依頼することは無いでしょう。檀信徒さんがamazonに流れると心配する僧侶は、実は情けないのではないでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

Amazonの賛否が問われる真意

Amazonの僧侶にこう尋ねると良いでしょう。
「あなたがお経を読んだことで成仏したのでしょうか」
「ポクポクではなく、あなたの生のお経を聞かせてください」
お経さえ読んでいればよいという時代ではありません。
本当に成仏させる力のある人にお経を読んでもらい、法話をしてもらう事です。
お経をあげればそれでいと思ってしまていませんか。
仏教とはそういうことではないのです。
生きているあなた方が生老病死苦から救われる仏の智慧を共に分かち合い養い合う場であるからこその「供養(ともにやしないあう)」の場なのです。
ある葬式で引導が終わった後「オイ坊主。今うちの親父を何処へ送った!言ってみろ!」と施主が質問しました。坊さんは何も答えられなかったそうです。
これを是非、やってみてください。
ただやってきてお経ポクポクで3万5千エン?むしろ高いでしょう?その僧侶の品格が問われるのです。
僧侶の品格とはお経をあげたぐらいで成仏するものではないと知っている人間です。
思い込みではいけません。成仏したことにする。成仏したこととみなすようであってはならない。
だからインチキ坊主が横行する。
今や通信教育で一ヶ月そこらで簡単に誰でも坊さんになれます。
そんな坊さんが来てお経をあげて何が供養でしょうか?
あなたが読むことと変わりないでしょう。
そういう供養やお経では、ダメなのです。
誰も成仏しない。だれも救われないからです。せいぜいその財布の中身がグッジョブするくらいです。現場はバッド成仏。未成仏。
だから、頼む側こそがお経を読んでもらったくらいで成仏したと思い込んでいる錯覚をこそ正さなければいけない。何を以って成仏と為すのか。
お経をあげてもあなた達の生老病死の苦しみが解除されなければオウムの物まねに支払っただけ。
コスプレ僧侶に「支払う」のは布施ではない。
真のお坊さんとは「応供」(おうぐ)という。供養を受けるの相応しい人間です。
何故供養されるのか。生老病死の苦しみを取り除いてくれるからです。
今のポクポク僧侶はそれをしているだろうか。
お坊さん便というが、本当にそれはお坊さんだろうか。
皆さんが、僧侶に対する質をもっとちゃんとしたものを求めないと、布施にならずコスプレ僧への支払いになるのです。それに加担するのは、どちらも仏教を破壊する行為だと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


賛成、反対のどちらでもない

くねくね様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

色々と物議を醸しているAmazonの「お坊さん便」、拙生は、賛成、反対のどちらでもないのですが、仏教・仏法の本来的な目的・実践は、「衆生済度の聖業」(一切の衆生、輪廻に迷い苦しむものたちを救うための聖なる行い)であり、色々な方便は、方便としても、仏教・仏法の本来的な目的・実践に適うものとなっているのかどうかが、最終的に重要になるのではないかと存じております。

Amazonの「お坊さん便」においても、その問われるべき問題は、そこに単なる気休めではない、真なる救いや安心がありうるのかどうか、ということになるのではないかと存じます。

仏教とビジネス、仏教と営利、仏教と経営・・色々と相いれないと思われることももちろんあるでしょうが、その時代や環境の変化に応じて、寛容・柔軟になるべきことと、絶対に妥協・譲歩してはいけないことと、そのバランスを取りながらにも、「衆生済度の聖業」という本来的な目的・実践をしっかりと推し進めていく役割を担っていかなければならないのが、僧侶、寺院のあり方として最も大切になるのではないかと考えております。

確かなる「衆生済度の聖業」の実践へと向けて、犀の角の如くに中道を歩むことができていけますように、この浅学菲才の未熟者におきましては、しっかりと省察しつつ、これからも仏法の修習に努めて参りたいと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


沈黙をもって応える

あの世はあるのか。
その問に世尊は沈黙をもって応えた。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

「世の中・社会のできごと・風潮」問答一覧

犯罪者はいつまでも犯罪者なのでしょうか?

芸能人や有名人が事件を起こし大きなニュースとなり新聞に載ったりニュースで報道されたりすることが度々あります。謹慎処分を受けたり引退したりする方もみえれば、一生懸命乗り越えて再復帰された方も大勢みえると思います。当時はあんなに大きなニュースになり大きく取り上げられた方でも月日が経ち世の中の人々の記憶からは薄れ、「そういえばそんな事件あったな」と思い出すことも皆さん多々あると思います。私自身が起こした事件もいつの日か周りの皆の記憶から薄れてくれるようなそんな日が訪れるのでしょうか?今の私は人目が気になり、私を知っている人と出会うのが怖く帽子やマスクを付け、うつ向いて下を見ながら出歩いています。誰かに出会ったらどういう顔をすればいいのか、そんな心配ばかりしています。今まで住んでいた所からそんなに遠くにいるわけではなく、私のことを知っている人にばったりと出会ってしまうそんな可能性はいつもあります。する気はありませんが、整形でも出来たらいいのにな、なんて思ったりもします。知り合いに会い白い目で見られ何も話しかけられず避けられる、そんな辛い思いをしたらまた絶望に落ち悲しい思いするのが怖いです。全てを失い自信もない状態で、これ以上傷つきたくありません。いつの日か帽子をとって前を向いて歩くことができる日が来るのでしょうか?いつまでも皆の記憶に犯罪者としての記憶が残り続けていくようなそんな気がして仕方ありません。うつ向いて歩かず、早く帽子を脱いで前を向いて歩きたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

女子高生コンクリート殺人事件犯人への罰

以前、女子高生コンクリート詰め殺人事件という悲惨な事件がありました。 この事件を知り私は、本当にこの事件の犯人が許せず『司法は少年法で犯人たちを庇ったが、神仏は必ず彼らを罰してくれるはずだ』『因果応報があるのなら、この犯人たちは地獄に落ちるだろう』と願いました。 しかし、事件から数十年経過し、数年前、この事件の犯人がまた別の事件で逮捕されたそうです。 聞けば犯人の一部には妻や子供もいて、しかも『俺は人を殺したことあるんだぞ』と、件のコンクリート詰め殺人事件の話をネタに別の人を脅して再逮捕されたそうですね。 これを聞いて、私は絶望しました。 全く反省していないどころか、むしろあの事件のことを新しい犯罪を犯すためのネタにしていたなんてあり得ないです。 コンクリート詰め殺人事件の被害者の女の子は何の落ち度もないのに凄惨な殺され方をされ未来を断たれたのにも関わらず、犯人には家庭もありのうのうと生きています。さらに反省せず再犯を犯してます。 神仏は彼らを罰してくれないのでしょうか? それから、インターネットを見る限り多くの人たちが犯人に怒りを感じ、掲示板に『死ね』などと発言していましたが、犯人たちは一向に元気です。よく『言葉には言霊の力がある』と言われますが、あれだけ恨まれ『死ね』と言われているにも関わらず『言霊の力』は彼らに届いていないのではないか、と思いました。 『言霊の力』だけでなく『生霊』や『念の力』に対しても疑いを感じはじめました。あれだけの人が怒りを感じているのだから誰か一人くらい『生霊』や『念』を無意識にでも意識的にでも飛ばしていてもおかしくないはずなのに、犯人はのうのうとしているみたいだからです。 これでは、犯人に殺された被害者が浮かばれません。 神仏の罰はないのでしょうか。因果応報はないのでしょうか。言霊の力や念の力、生霊なども全部存在しないのでしょうか。

有り難し有り難し 52
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る