hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

閻魔様って…何者?

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

いつもお世話になっております。
きょうは病院の帰り時間があったので、
祈願寺に行く中途にお寺を発見し、
ご挨拶しました。

そこのお堂に、大きな「閻魔大王」様が
お祀りされていて、私は思わず目が合うと
小さく悲鳴を上げ後退りしてしまいました。

実は高校のフィットネスの授業で
立ち寄ったお寺の別の閻魔様に中指を
立ててしまったことがあるので、
それを丁重にお詫びし、それだけでなく
なぜか心の中で謝罪を連呼。

それと同時に、ものすごく泣きたく
なり、さらに今まで自分が抱いていた
「あの人が、この人が」という思いが
吹き飛ばされる様な気がしたのです。

まるで頭をぶん殴られたかのようです。
しっかりしろ、もっと何か信念をもて、
お前はまだ勉強すべきだと。
死んだ祖父が再三言っていたことです。

そこで質問です、閻魔様とは一体、
どのような仏様なのでしょうか?
ご意見お待ちしております。

2018年7月3日 13:32

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人間界最初の人間

十王の回答はあるので、もう一つ違うやつを(^_^)

キリストでいうアダムが閻魔さまって話があります。(ちなみにイブは登場しません)
なので最初は私たちと同じ普通の人間でした。

そのうちどんどん新しい人間がやってきます。
最初は歓迎していたものの、ある人数になるとその中にもルールを破る者が現れてきました。

仕方なく閻魔さまはルールを破る悪い人間を、違う場所で暮らすように仕分けをすることにしました。

本当はこんなことしたくない、みんな仲良くやっていきたいのに…

こうして心を鬼して仕分けを続けていくうちに、いつしかその風貌も恐ろしいものとなり、悪い人間たちばかりの世界を地獄と呼ぶようになりました。

恐ろしい風貌でも優しさを秘めた方なんです。
実は閻魔さま=地蔵菩薩なんですよ。

2018年7月3日 21:00
{{count}}
有り難し
おきもち

困っている人や悩んでいる人にとって、仏さまの教えが少しでも良薬となれること...

地獄の裁判官

十王といって、人は地獄に落ちると10人の裁判官に裁かれると言われています。そのなかの5番目の審判を行うのが、閻魔大王です。
審査方法は浄玻璃の鏡という生前の行いが映し出される鏡を使って、行います。その手前の四人の王で、生前の行いについて質問されるのですが、野球やサッカーで最近取り入れられたチャレンジ判定(コンピューター判定)みたいなもので、嘘か本当にか全部この五回目の判定でわかってしまいます。
このとき善悪の判定は、生前の行いを証拠とすることはもちろんですが、亡くなったあとの遺族の弔いの態度も証拠となります。したがって皆さんが行う法事というのは、少しでも亡くなった方が有利になるように、その裁判の弁護を間接的にしているということになります。それが、49日忌、1回忌、3回忌と周期的に法事を行う理由です。

少しでもロータス小隊長さんの疑問が晴れれば幸いです。

2018年7月3日 16:02
{{count}}
有り難し
おきもち

こんにちは。望月亮徳と申します。 宗派は日蓮宗です。なぜハスノハを...

えんまさまの前で全部さらけ出そう

 こんにちは。

 いつもの祈願寺さんの近くの閻魔さまですね。有名な閻魔さまです。
 私もお参りさせていただいた事がありますが、その迫力に圧倒され、閻魔さまの前に立つだけで、自然に自分の心の中身をさらけ出したくなります。

 私たちは死んだら、49日後に何かに生まれ変わるといわれています。その間に、何にうまれかわるかについての裁判が行われているそうです。7日毎に裁判官がかわり、閻魔さまはそのひとりで、35日目の担当です。
 生前の行いと、残された遺族がどのように供養しているかが、判断の基準となります。
 ですから、遺族の方が閻魔さまにお参りして、故人の死後が安らかであるようにお参りをします。また、生きているうちから自分の死後のために閻魔さまにお参りする「逆修」というお参りのしかたもあります。
 閻魔さまの前で反省するのはとても良い事だと思います。これからもいつものお寺の帰りに寄ってお参りされると良いと思います。

2018年7月6日 13:47
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

質問者からのお礼

【望月亮徳 先生】
 ご回答ありがとうございます。なるほど…地獄に落ちないよう気をつけたいと思います。
念仏と善行、頑張ります!

【日顕 先生】
 ご回答ありがとうございます。閻魔さんにもつらい過去があったんですね…
「本当はこんなことしたくない」のに。想像したら、泣けてきました。
 ルール破る人って怖いですよね…閻魔さんの話を聞いたら安心しました。
 私も、ルールを蹂躙する人からはしっかり身を守ろう、そういう人にそういう態度を
とるのは、私自身もつらいし悲しいけれど。「こんなことはしたくない」けれど。
 そして私自身も、ルールはきちんと守ろう。それが閻魔様はじめ、他の仏様への
1番のご供養なのかもしれません…

【光禪 先生】
 ご回答ありがとうございます。そうです、あそこです!!(笑)私も正にビビり倒して、
第一声「ひぃい!す、すいませんでした!!悪いことしません!!」
ですよwww境内にお客さんいなくてよかったwwwこれ20代の女性のセリフですよ?
 ですがそのおかげで初心を思い出すことができました。というのも私は小さい時、
旧宅の仏壇の隣にあったお不動様のお軸の前に座らされて
「またイタズラしたね。このおっかないおじちゃんが、今晩あたりあんたを連れて行こうか
ってお婆ちゃんに相談してきたよ。悔い改めるなら今のうちだよ」
と祖母に脅かされ、たまに行ったお不動様のお寺で大きなお像を目の前に、
「うわぁぁあおっかないおじちゃんだぁあ!やーだぁぁああああ!」
と泣かされて(笑)育ったのです。
 このころは、あの客がウザいとか、この客がキモいとか、もちろん頭にありませんでした。
「おじちゃん」に怒られちゃいますからね(笑)
 ともかく、えんま様が初心を思い出させて下さったおかげでやっと、真面目にお参り、
お勤めができます。感謝しなくちゃですね。

「仏教全般」問答一覧

「師匠無しは外道です。仏教は世界を救うためにあります」

坐禅会で副住さんと二人きりだった。 気候に依るか、今日は二人だけという縁に依るものであったのか、僕がムカつく顔をしていたのか…なるようにして、そうなったのでしょうが…。 会話量は僕が2、お坊様が8くらいでした。法話聞きに行ってるので。 風の吹き方一つで虫の居所も変わるでしょうし…なるようになったのか? 「山には色んな入口と登り方があり、諸宗教も同じですよ。」 僕「山なんて本来無いのでは?」 「貴方と話してるとウンザリするんですよ…こう言うのも面倒くさいんです(半笑い)」 「えっ」 突然だったので驚きました。これは何らかの方便なのでしょうか? 縁が整った故の個人的な考えですが、神様には個々人の内に誕生日があって、各々が見聞していく中で神々の造形や威光が深められていき、その信徒が己の生み考えた偶像にひれ伏すようになっていく。そういった一切は縁起に依り、各々が思うように仕立て上げていると気付くために坐禅等の諸行によって三昧、思い込みの縄を解き、無自性=縁起に気付き、よくよく見極めていく。 「自覚」縁起の教えが仏教。そこが諸宗教と一線を画する所では? と考えています。 そう思える縁が整っただけですが…。 上記のような屁理屈だって蹴倒れる程に悲しい。 因縁仮和合云々並び立てても殴られりゃ痛いし、彼の軽蔑は悲しい。 それで心相続していって変遷していく。 またその場の気分も風の吹き方一つで変わるので、次はお寺に行くかもしれないし、行かないかもしれない。嵐か地震が来るかもしれないし、実際は考えに依ってくれないし。 世界を救うって何を…? 僕「師がいなくて外道なら、在家信者は外道ですか?」 「師ならそこらじゅうのお寺にいるでしょう。 解釈に囚われているから、そういった考えになるんです」 僕「はい」 「ウチは檀家100件を超えておりますが、法事をして救いもして、救いもしない事が救いになる事もありますよ」 「師について学ばないとオウムと変わりませんよ。空だから〇してもいいっていう」 僕「え?(なんで突然オウム?そもそも誰かを〇すなんて)」 彼が気に入るだろう答案を提出できる縁に僕は恵まれなかった。 痛い位に今日の彼から伝わってきたのはもう僕に二度と会いたくないってこと。 僕が出来るのって出来る限り接する人に親切にしていこうと願う事位。 世界を救うって何?彼の真意は何でしょう?

有り難し有り難し 58
回答数回答 2

仏教では女は差別されるのですか?

初めて質問させていただきます。 ここ3年神仏に惹かれて近くのお寺にお参りなどさせていただいているのですが仏教では女だと差別される、等など聞いてしまい、ネットなどで見てみたらそんな話が色々書いてありました。 例えば女だと成仏出来ない、女は汚れているだの書かれていました(泣) 本当にそんな差別などお釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さんがするのか知りたいです。 そんな事を仏さまは思ったりしていないと思うのですが… 女だと汚れているからと思っているお坊さんはこの時代いるのでしょうか? もし、本当にお釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さんが思っていたらお 参りすることって出来ないですよね…? 悲しい事が書かれていたので凄く落ち込んでいます… 今まで一生懸命感謝の気持ち、これからもよろしくお願いしますと手をあわせていたのが意味もないんだと思ってしまいました。 実際、以前土俵に女性が上がったのが問題になったのがありましたよね? (土俵は神社系だと思いますが) なので、結局神仏どちらも女性軽視になるのですか? 神社で女性の神主さんは見たことがあります。 仏教はどうなのでしょうか? お釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さん達は実際本当に女性軽視なのですか? 子供を産むのは女性なのに悲しいものを読んでしまいショックです。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る