お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

なぜ自分が生きているということが尊いのでしょう

虐待の末に、親に子供が殺されてしまったニュースを見聞きします。
悲しい、切ない気持ちと共にいつも思うことがあります。
「幼くして散った命でも、この子にとっては幸せだったんじゃないか」と。

私は児童虐待の生き残りです。
暴力で、言葉で、態度でズタズタに傷つけられて育ちました。
幸い良い人と巡り会い、結婚し、主人の実家とも実の家族のように接してもらえています。
心療内科に通い、もう怯えたり自分を責める必要はないんだと、先生と話し合いながら、病気の治療を進めています。

怯えながら、憎みながら生活していた昔を思うと、本当に幸せな生活です。
悲しいことも悔しいことも、もう叶えられないかもしれないこともありますが、幸せなんだと思います。

ただフラッシュバックなどで苦しい時、よく思うことがあります。
「今の幸せが全部チャラになったとしても、この世に生まれてきたくはなかった」
理不尽に虐げられて生き抜いても、大人になってしまった以上、自分でなんとかしなくてはいけないという更なる理不尽。
苦しい中を生き抜いて、まだ戦わないと安らげないのなら、この命は最初からない方が良かったと感じます。

そして冒頭に戻ります。
虐待の末に命を落としても、その先に待ち受ける苦しい人生を思えば、その方が幸せなんじゃないかと。

社会は無慈悲で無理解です。
自分に責がなく精神疾患を背負っても、大人になっていればその責を本人に負わせます。
精神疾患を持っているが故に業務が滞っても、自分達と同じように仕事ができないことを責めるというケースはよく聞く話です。

「与えられた命は大事にしないといけない」そんな言葉は聞き飽きました。
望まずして与えられた命、希望の持てない、真っ暗闇な自分の未来。
なぜ、私が生きていることは尊いのですか?

世の中・自然
有り難し 66
回答 5

質問投稿日: 2013年11月22日 10:11

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

尊い心の持ち方がある。そこにチャンネルを合わせなさい。

大丈夫です。実質的に救われる生き方を求めれば結論がでます。私は仏教者でありながら反発派でした。本当にこの人は大丈夫だと任せられる(正師)師匠との出会いが無かったからです。それまではずっとすさんでいました。
人間は悲しいことに不幸の比較はできません。ですが不幸は「今をどう生きるか」心の在り方次第で変える/改善/改良することがチャンとできます。
私も人生どん底ズタボロだったのです。自殺しようとしたり、あきらめかけたていた時期がありました。
ですが参禅の師匠(井上貫道老師)との出会いによって「あらゆる苦しみは、(自分が)自分の考えの中で(自分で)やっている」(←ここ何度も読み返してください)という一大真実を教わったのです。最近ですと、震災後の陸前高田で眼にした光景が数か月フラッシュバック、頭から離れませんでした。ですがある時、知人が車でコカ・コーラの自動販売機に激突して、自動販売機をみるたびにフラッシュバックがあったそうですが、参禅を深めることで、毎日のようにフラッシュバックはあっても、そこから自分をイジメる、自分を苦しめるような❝悪い思い方を止めることができた❞と言っていました。「なるほど確かに人間は過去を思い返すことは確かにある。それで苦しむことも確かにある。だけど、過去を思い出すことだけにとどめておけば、そこに善悪は生まれなくなる」(←30回位読んでください)のです。
アナタの過去にも、誰の過去にも、過去の事実それ自体に咎(とが)はない、良し悪しのジャッジはなされていない。もちろん絶対悪、非、苦しみのジャッジ・判定を下すべきであろう過去もある。
私が申し上げたいのはフラッシュバック直後「自分の過去への善し悪しのジャッジ、判断で自分を苦しめてはいけない」ということです。
「自分の中の最高裁判所の裁判長はアナタのマインドです。」
もし、今もなおあなたが苦しいのだとしたら、実はあなた自身を苦しめているのが、自分の思い方なのです。あなたをあなたを苦しませる❝黒い思い❞からを開放、フリーにむかわせる教え、生き方が仏道です。
どうぞ自分を救うために「自分を苦しめる思いをさせない指導をしてくれる参禅会」をよくよく選別して求めてください。
どん底の私が立ち直って、こうしてみなさんに「大丈夫ですよ」とお伝えしているように、今日のあなたの問いちゃんと、ハッキリした結論が出ます。

4年10ヶ月前

可能性が絶たれていないから

カンナさま。
なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

今は良い環境にあるとはいえ、大切な幼少期に辛い経験をされたのですね。そして今もフラッシュバックで苦しみ、また心療内科に通っていらっしゃる。
そんな状況にあるカンナさんに対し、私は生きているだけで素晴らしいことだと思いました。

カンナさんの仰る「(虐待で)幼くして散った命でも、この子にとっては幸せだったんじゃないか」ですが、私は『(虐待で)幼くして散った命は、その子にとって苦しみは少なかったのではないか』と言い換えたいと思います。

なぜなら、生きていれば苦しみを超える幸せを得る可能性があるから、カンナさんが生きていることが尊いのです。死んでしまえば、苦しみは増えませんが幸せを得る可能性も絶たれてしまいます。

「虐待された苦しみも知らずに、そんなことを言わないで!」と思われるかもしれません。
でも私は、大きな苦しみを抱えた方がいつかその苦しみを超える幸せを手に入れて、「辛いこともあったけど、良い人生だった」と思って欲しいと心から念じています。
また、hasunohaがその一助になれるようにと思っています。

4年10ヶ月前

命は一人のものではないのですから

元々は生きている云々でなく、「“命”が尊い」という言葉では無かったのかな、と思います。

命が尊いことは、この何もない宇宙という空間に生命というものが生まれるという、とても信じられないような難しさを思えば、なんとなくうなづけるのではないでしょうか。

「私は児童虐待の生き残りです」という言葉に胸が詰まります。そのような辛い過去があるからこそ、きっと今、このようにお考えになるのでしょう。私たちは全て、クモの巣のように繋がりあっています。独立した存在はありません。カンナさんも、自分以外の人のことで喜んだり悲しんだりしませんか。同じようにカンナさんのことを思われている方が大勢いらっしゃるはずです。

「幼くして散った命でも、この子にとっては幸せだったんじゃないか」とありました。カンナさんがそう思ってしまうのも無理はありません。ですが、もしその母親がある日、自分の行動を反省する時がきたら、失くしてしまったものの大切さに身が引き裂かれる思いをするのではないでしょうか。

命は一人の物ではありません。ですから生きているという事はありがたく、尊いものだと私は思います。

4年10ヶ月前

この世に生まれてきた意義。

虐待する親は子供の時に虐待されていたことが多いです。
親に愛されていなかった人たちが
親になってどう子供を愛して良いか分からず
自分が受けた虐待をまた子供に繰り返してしまうと言う
虐待の連鎖が生じてしまいます。
「長谷川博一」さんと言う人が子供の虐待に関する本を多数出しています。

カンナさんあなたの心の中でまだ過去の時間が止まっていませんか?
今は幸せな環境ですが、過去のあなたが
どうしても心の中、記憶の中に残っている感じがします。
「人格解離-わたしの中のマイナスな私」
と言う本の内容にはまっていませんか?
症状が似ていると私は思いました。
治療法は必ず有ると思います。
大丈夫ですよ。
それを乗り越えることが今生のあなたの生きる意味です。
神様は乗り越えられない試練は与えません。
それを乗り越えた向こうに新たの自分を発見して下さい。
応援しています。

4年10ヶ月前

それでも、「生きていることは尊い」と言わせて頂きたくに・・

カンナ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

拝見いたしました。深い心の傷の程、お察し申し上げます・・今は良き伴侶も得られて、少しずつ周りの皆様に支えられての御回復の途上かと存じます。どうかあまりご無理なさられずに、時間を掛けて少しずつに癒されていかれましたらと存じております。

『「与えられた命は大事にしないといけない」そんな言葉は聞き飽きました・・』

確かに、通り一遍の杓子定規的な答えはもはや聞き飽きてございます・・そんな言葉、苦しく悲しく、つらい現実を前にした時、すぐに吹き飛んでしまうような薄っぺらいものであるかもしれません・・

そして、望みもしないのになぜ産まれてきてしまったのでしょうかね・・

下記問いそれぞれの拙回答からの引用となりますが・・

問い「これからの母との付き合い方」
http://hasunoha.jp/questions/264

『仏教では因果を考えるため、各々の持っている業の力も色々と作用しつつ、やはり何らかの様々な「縁」が複雑に絡んでの結果として、今の状態があると考えます。このような立場にあるのも何かの因縁によるものとしてあり、またこの世にての行いの数々が、必ず死後の状態に影響を与えていくことになります。そのため、仏教ではできる限りに心を清らかに保ちて、悪いことはなさずに、善い行いに努め励みなさいということが基本となります。』

問い「人間は何のために生きるのか」
http://hasunoha.jp/questions/36

『「有暇具足(うかぐそく)は得難く・・」とありますが、例えとして「一度にたくさんの豆を壁に向かって投げつけたとき、床に落ちずに壁にそのまま残る豆のように」とありますように、人間として生を受けるのは、実にまれなることであり、過去世からの善業や仏縁などの良い因縁により得ることができるものであります。』

そのため、私たち仏教に携わる者においては、この機会をしっかりと大切にして、「悟りを目指すため」の修行に努め励むことが望まれることにはなります。

今生でも、できる限りに悟りを目指しての修行を進めていくためにも、やはり「生きていることは尊い」と拙生は言わせて頂きたいと存じております。

川口英俊 合掌

4年10ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

投稿したその日に回答をいただきながら、お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。
改めまして、お忙しい中回答をくださりありがとうございました。

早くお礼を…と思っていたものの、(精神的に)殴り飛ばされるようなことがあり、とても不安定な状態です。
週明け火曜日が病院の日なので、そこで話を聞いてもらい、なんとか落ち着く方向へ舵を切れたらと思います。

いただいた回答に目を通しながら、また少しずつ歩いていこうと思います。

関連する問答
このページの先頭へ