お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

感興のことば第26章13の内容について

仏典についての質問です。
正式に仏教の知識を学んだこともありません。
己の体験と仏典を照らし合わせて仏道に勤しんでいます。
浅学でお恥ずかしいのですがお答えいただければ幸いです。

感興のことば第26章 安らぎ(ニルヴァーナ)の13です。
僧侶であればだれでもが親しんでおられる仏典だと思われます。

「13 ①前にはあったが、そのときには無かった。②前には無かったが、そのときにはあった。③前にも無かったし、のちにも無いであろう。また今も存在しない。」の内容をお知らせください。

個人的な一考察ですが、
①「前にはあったが、そのときには無かった」とは、
A:前には「認識している私」という意識があったが、そのとき(=安らぎ)ではすでに「私」というものは無い。
B:前には「渇愛」があったが、そのとき(=安らぎ)では「渇愛」はない。
②「前には無かったが、そのときにはあった。」とは、
前には「智慧」は無く「無明」であったが、そのとき(=安らぎ)には「智慧」があった。
③「前にも無かったし、のちにも無いであろう。また今も存在しない。」とは、
前にも「魂」は無かったし、のちにも「魂」はないであろう。また今も「魂」など存在しない。
 という勝手な考察ですが、お坊さんの体験された内容をご伝授いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

仏教
有り難し 17
回答 3

質問投稿日: 2018年8月23日 20:41

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大忍貫道

ご質問を拝読させて頂きました。
一瞬、即非の論理かと見紛いました(笑)
質問者さんも以前、仰っておられたように、仏教は思考の結果ではなく、その先に体験が伴うものと言われます。
だから、仏教者はよく西洋の哲学者に対して、「いい所まではいくけど、あと一歩足りない。」と評しますよね。

確かに、言葉一つとっても解釈は様々です。
例えば、apamâdaというパーリ語は、「不放逸」と訳され、日本では「怠惰ではいけない。」というようなニュアンスで捉えられています。
しかし、今日のテーラワーダではタイでもミャンマーでもsati「気付き」というように捉えられている事が多いようです。
随分と違う事が分かると思います。
これは、龍樹が言うように、言語の性質とも言えるのかもしれませんが。

そういう部分も自らの体験で確定させていけるように励みたいものですね。

9ヶ月前
回答僧

鳳林寺

光禪

こんにちは。

 なんだか手品みたいなことばですが、①②③の主語は別々ではなく、ひとつのものについて言っていると思います。

 岩波文庫の「ブッダの真理のことば 感興のことば」(中村元 訳)には、そこに訳注があり、
「これは古い詩であり、聖典自体のなかでいろいろに解釈されている。『テーラガーター』一八〇によって、かつては生存の貪りがあったが、今は無い云々という意味であり、『ウダーナ』六・三ではいろいろの悪について言うのであると解していたようであり。『出曜経』によると、我が有るとか、無いとかいう外道の論議についていうと解している」
 とありました。

10ヶ月前

私的には、
1.煩悩、動揺、飢え、身、情欲、怒り、妄執、苦しみ、など。
2.安らぎ、健康、満足、信頼、楽しみ、など。
3.努力せずに安らぎを得る方法
ですかね。

9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

光禪先生

お返事ありがとうございます。

他の参考になる聖典がありましたらご紹介いただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。

合掌

追記いたします。
①「前にはあったが、そのときには無かった」とは、
前にあったものには、「煩悩=貪瞋痴」「識別作用」「無明」「世間」「有為」「幻」
「自我」等々数えきれないくらいの囚われの「一切」ではないでしょうか。

そのとき(=安らぎ)においては、一切が無い絶対の世界。
「色是色、空是空」のあるがままの世界。

②前にはなかった「寂滅為楽」が、安らぎにおいてはあった。

③は、体験しなければ分からない「不生不滅」=「真如」のこと。
生まれてもいないし、滅することもない。
「安らぎ」を体験しなければ、前にも、のちにも、今にも存在を知ることができない。

追記いたします。
①「前にはあったが、そのときには無かった」とは、
前にあったものには、「煩悩=貪瞋痴」「識別作用」「無明」「世間」「有為」「幻」
「自我」等々数えきれないくらいの囚われの「一切」ではないでしょうか。

そのとき(=安らぎ)においては、一切が無い絶対の世界。
「色是色、空是空」のあるがままの世界。

②前にはなかった「寂滅為楽」が、安らぎにおいてはあった。

③は、体験しなければ分からない「不生不滅」=「真如」のこと。
生まれてもいないし、滅することもない。
「安らぎ」を体験しなければ、前にも、のちにも、今にも存在を知ることができない。

三宅 聖章 先生

ご回答ありがとうございます。

①身がなくなるという体験。
②仏法への信頼。
③努力せずに到れない。

柳原貫道 先生

ご教示ありがとうございます。
「言葉」には限界があり、訳者や読者の受け取り方で数えきれないほどの解釈があります。
「自灯明・法灯明」自らの実体験で経典を確認することに励みます。

合掌

「仏教全般」問答一覧

  • ミミズの魂 無回答 30歳代
    おそらくは、臨済宗公安の引用かと思われますが、ある本でチラリと拝見して以来...
  • 私は日本生まれ日本育ちのベトナム人です。 私は生まれてからずっと仏教なの...
  • 仏教の今後 男性 50歳代
    仏教は日本人の死生観に深く根を下ろして文化として素晴らしいものがあると思い...
  • 私は欲と我はほぼ≒だと思っています。 合ってますか? 仏教では我は...
  • 観察日記(空と念仏) 男性 40歳代
    空とは無分別だと聞きました(100分で名著・維摩経)、番組内では大乗仏教を...
  • お坊さんこんにちは。 24歳男性です。 僕は仏教系の幼稚園を通ってたこ...
  • 私にしてはお久しぶりです 最近ニュージーランドでテロ事件があり沢山の...
  • 仏教は虚無的思想? 男性 40歳代
    最近思うのは、 「仏教は科学を補完するのではなく、包合するものだ」という...
  • 仏教の必要性 男性 80歳代
     ここでは様々な悩みや苦しみの相談が満ち溢れていますが、最大の苦しみは「生...
  • 仏教がわかる本 無回答 20歳代
    最近仏教の教えを知り、大変惹かれております。 そこで、「眠れないほど...
「仏教全般」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ