お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

釈尊の言行

 厚かましく、非宗教説を続けます。

 釈尊の言行については、立川武蔵先生の「ブッダをたずねて」の受け売りですから、皆様先刻ご承知と思いますが、信仰について言及したいと思います。

 先ず釈尊は、偶像崇拝を禁止したとのことですが、釈尊の死後、舎利を分配して、早速信仰の対象にしました。

 仏像も信仰の対象として作成され、祇園精舎での説教で済むところを、巨大な寺院を建築し、仏像を納めて 荘厳さを競いました。

 これは中国の仏教を模倣したのでしょう。

 釈尊の言行からはまったく不要なものであるはずです。

 次に釈尊の死が近づいたときに、近隣の村人たちが釈尊の葬儀の支度を始めているのを見て、弟子にあそこに参加してはならないと戒めたそうです。

 元々葬儀には無関係だったようです。

 確か応仁の乱で加茂川に死体が放置されていたのを、僧侶が荼毘に付したのが始まりだったようです。

 釈尊の言行に従って、これらの行事を無くせば、仏教はただ説教と修行に励むことだけが残ることにはなりませんか?

 仏教は信仰とは無縁だと思います。これが非宗教説です。

 蛇足ですが、通常寺院の参道に仁王門がありますが、これが参道の入り口ではなく中ほどに建てられいます。

 これは参道が、輪廻転生を示したと考えられます。

 参道の入り口は娑婆です。参詣者は参道を通って本堂に向かいます。

 本堂は娑婆から切り離された死の世界です。

 本堂に居続ければ平穏ですが、娑婆に還るときは仁王門で苦しめられます。

 「チベットの死者の書」によれば、丁度3週目に怒りの神々に遭遇します。

 仁王門が中途にあるのはそれを模したものと考えられます。
 
 従って輪廻転生は仏教にとってそれ程重要なものです。

 現在仁王門の像は参道を向いていて外敵を防ぐと言われていますが、参道の中途にあるのも不自然だしその必然性が考えられません。

 像は本堂を向くべきだと思います。

 さびれたお寺の仁王門がその向きになっているとの記事も見かけました。

仏教
有り難し 43
回答 4

質問投稿日: 2018年12月10日 20:33

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

追加質問は新しく立てて下さい

耳にタコが出来ておりますが、いかにも全共闘気質です。

確かにお釈迦さまは「出家者は遺骨の供養に関わるな」と遺言されました。
しかし同時に「転輪聖王(伝説の大王)の葬儀にならい、遺体を布や綿で千五百回包み、それを油の入った二重の鉄槽に入れ、香木を混ぜた薪の山に乗せ、火葬せよ。」「街道が交わる四つ辻にストゥーパ(仏舎利塔・お墓)を造って納めよ。」とお釈迦さま自身が指示しています(南伝の涅槃経)。

しかしこれらは全て報道しない自由でカットされています。批判のための批判。話をパッチワークしようがでっち上げようが、大声で批判的なことを言った者がモテる。だから私は「今、所有していらっしゃる本は全て処分なさったほうが良いです」と申し上げました。これはあなたの先入観を捨てねば、全てが『歪んで見える』ということでもあります。学者さんの言うことなら何でも正しいわけではありません。必ずしも仏教を正確に理解するために研究しているとは限らないのです。
※立川氏は存じません

実際は僧侶は火葬などの『作業に』携わるなということです。現在の仏式葬儀で各業者さんが担っていること、僧侶が担っていることは明確に分かれています。僧侶が担う葬儀の本質は遺骨崇拝ではなく授戒です。字数上書けませんがよく出来ています。
海外でも僧侶が葬儀や法事をすることは報道しない自由です。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~zen9you/pada/syokus.htm

>祇園精舎での説教で済むところ

インターネットも印刷も電車も無い時代ですのに、本気でこんな論旨が本に書いてあったのですか?非建設的に過ぎる批判です。お釈迦さまの当時でさえ精舎は複数ありましたし、むしろ安居のためのものです。博士号どころか学士号も返上した方がいいです。

ちなみに南伝系のお寺の方が北伝とは比較にならないほど華美です。
https://wondertrip.jp/asia/89374.html
これを報道しない自由で伏せ、『仏教は金色だと生臭』と間違った物差しで印象操作されています。

ハッキリ言わせていただきます。この手の批判は議論の域に達しておません。毒されてはなりません。こんなことを最高学府の最高位の学者が臆面もなく展開するような時代だったから、日本はモンスタークレームだらけの世知辛い世の中になったのです。

2ヶ月前
回答僧

大忍貫道

ご質問を読ませて頂きました。
釈尊の葬儀に言及しているのは大パリニッパーナ経ですが、確かにあなたが言うように「僧侶」に葬儀に関わることを禁じたと旧来は理解されてきました。しかし、近年では僧侶が葬儀に関わることは禁じていなかったのではないかと次々に指摘されています。
まず、あなたが言う弟子というのはアーナンダの事ですが、禁止は「アーナンダ個人」に対するものだったのではないかというものです。アーナンダは阿羅漢に達していない修行途中の者であり、その事は第一結集のときにも問題となりました。
次に、釈尊が無余依涅槃に至る決定的な出来事である葬儀に関わる事は大きな功徳が約束されるものです。だから、福田思想により出家者でなく、在家信者に功徳を渡そうとした釈尊の気遣いという説です。
もちろん、僧侶が葬儀に関わる事と主導する事は別の話ですが。

正直な感想として、あなたの質問にずっと違和感を感じていました。釈尊の言行に拘られるので、当初は原理主義に近い思想をお持ちの方かと思ったのですが、原理主義ならば経証に大乗経典を用いる事はありません。理由は以前の回答で申し上げた通りです。また、近年の研究もフォローされていないご様子です。
あなたの中に、「仏教はこうあるはずだ。こうあるべきだ。」という固定観念があるように感じます。知らず知らずのうちに自らの観念を補強、肯定するために仏典や書籍を学ばれてはいませんか?
そのような学び方は勿体がないと思います。

追記
勿論、仏教は輪廻からの解脱を目指す宗教であることは間違いありません。
ただ、輪廻が真実であるかどうかなんて、それが常識の国で生まれるか、四向四果に入って宿命通を得るかなどしないと無理です。
日本のように「人生一度きり」と考えられている国に生まれた人間が、人から「輪廻は真実だ。」と言われて「はい。信じます。」なんてならないでしょう。そこには、信じるに至る劇的な体験が必要となります。
確かに、輪廻を信じることでの効用はニー仏氏のブログの一考「輪廻の効用」で言及されているようにあると思います。
しかし、輪廻を信じようが信じまいが有余依涅槃に至った時点で解脱する事は確定していますよね。だから、仏教は輪廻を許容していますが、それが直ちに中心的な教義とは言えないと思います。

2ヶ月前
回答僧

願誉浄史

仏教に親しくなるきっかけ

大パリニッバーナ経に説かれるストゥーパ礼拝(偉い人の遺骨を納めた記念碑を拝む)功徳について、ストゥーパを拝むと、拝んだ人の心が清くなるとされていたと記憶しています。
これについて、私なりの理解を申します。
尊敬すべき偉い人のストゥーパを拝むとき、人は、亡くなった偉い人の人格を思い出します。
見習うべき偉人のことを思い出しながら拝むことで、拝む人は、偉大な人格を見習う気持ちになります。
偉大な人が仏教者ならば、仏教に親しくなることにもつながります。
それが、仏教の学びや修行の励みにも発展する可能性があります。
つまり、私は、仏教者のストゥーパを拝むことで仏教に親しくなれると考えます。
一般的な現代の葬儀も、形式的には、亡くなった人は仏弟子(偉い人の仲間)になっているのです。
日本語としては、死者を「ほとけ」とさえ呼びますからね。
偉大な仏教者の記念碑を拝み、仏教に親しくなれるのです。(理論上は)

2ヶ月前

弟子や信者たちに任せられた

来生様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「チベット死者の書」はニンマ派によるものでしょうかね。

できれば、ゲルク派のヤンチェン・ガロ大師の「基本の三身の構造をよく明らかにする燈明」の方が良いかとは存じます。

平岡宏一先生の訳注が学研文庫から出てますので、是非、そちらを参考として頂けましたらと存じます。

釈尊のご葬儀に関しましては、やはり、偉大なる尊師であられたのですから、弟子や信者たちの気持ちの現れによるところとなったのではないだろうかと存じます。

拙生も葬儀は、三日間だけ静かなところで遺体を安置してくれればよく、棺桶だけで荘厳は不要にて、般若心経一巻か大悲呪一巻と普回向で、あとは火葬して、どこぞなりにでも埋葬してくれたら良いと申しております。(葬儀は、既に生前葬として、ダライ・ラマ法王猊下より無上瑜伽タントラの灌頂を頂いておりますゆえ、全くの不要と考えています。)

ただ、実際にどうしてくれるのかは、あとの者任せではあります。拙生自身は自分の葬儀はもう不要と考えております。

畏れ多いことで釈尊と比べるのもはばかられることではありますが、葬儀も、仏舎利塔(お墓)の扱いも、まあ、弟子や信者たちにお任せなさられたのではないだろうかとは存じます。

川口英俊 合掌

2ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

大慈 様 ご回答を有難うございます。

 やはり衆生の暴言でしたか

 それにしては、乞食姿の釈尊が、そんな金と暇のかかる葬儀を指定したものですね。

 お尋ねします。

 葬儀のしきたりをそのように、指定されているのに現在それを踏襲しないのはなぜですか?

 釈尊に対する冒とくではないですか?

 私にはバラモンのしきたりの紛れ込みとしか思えません。

大忍貫道 様 ご回答を有難うございます。

 雑事に紛れて御礼が遅くなりました。

 結論的に申し上げますと、色々考えた挙句、仏教は目的である「輪廻転生からの解脱」以外何もないということが判りました。

 従って輪廻転生が真実であると言う前提ですべてを判断しています。

 日本仏教の方々にも輪廻転生が真実であることを認めて頂けるよう証拠を探して訴えているのが現状ですが、輪廻転生に言及された方はただ一人です。

 輪廻転生を基盤にするか否かで、人生観が180度転換します。

 合意が必要なのです。

 葬儀などは枝葉抹消です。唯非宗教説の一例として受け売りで取り上げました。

川口 英俊 様 ご回答を有難うございます。

 「チベットの死者の書」は30年前位に読んだだけで、何派かは存じません。本も紛失し、著者名もおぼろげで確かおおえまさのり様ではないかと思います。

 葬儀については、釈尊がどう考えられたかを受け売りしましたが、たたかれました。

 非宗教説の一角が崩れましたが、大したことではありません。

 今後ともよろしくお願いします。

 願誉浄史 様 ご回答を有難うございます。

 宗教行事を実践することで気持ちを落ち着かせる作用がある事は事実ですね、。

 現世安穏後生善処という言葉もありますから、実践には有効であろうと思います。

 しかしそれが唯一の方法ではなく、宗教行事でなくとも心を安穏にする方法はいくらでもあると思います。

「お釈迦様・ブッダ」問答一覧

「お釈迦様・ブッダ」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ