お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

子供をこの世にうむことの是非

はじめまして
最近、正信掲、歎異抄、大無量寿経、スッタニパータを読んでいます。

読んでいて、不勉強ゆえ以下の疑問が湧いています。
子供を作ることは、愛すべき我が子を、厭うべきこの世に呼び出す行為とも思われ、子を思えばこそ作るべきではないように思えます。以下、詳述しますのでどうかご指導ください。

ブッダは、欲望の支配からの自由、ひいては輪廻転生からの解脱を説かれます。
その前提として、人(を含む生き物は)煩悩具足の凡夫であって、他の生物を殺生し食べねば生きられず、醜い体をもつ哀れな存在だと捉えられていて、「再び母胎に入ることのないように」と仰います。
つまり、私達が子供を作ると、上記の哀れな存在を生むことにはならないでしょうか。子供を作らねば、輪廻転生の苦もなくなるのではないか、と思えているのです。
しかも、子を遺して自分が世を去る時後ろ髪を引かれ、絶つべきこの世への執着が、子供の存在によって強まるようにも思えます。

確かに、「人身受け難し 今既に受く」「大海に浮かぶ板の節穴から盲た亀が顔を出すより難しい」とも言われます。しかし、これは、どうせ生まれるなら、他ではなく、仏法を聞ける人身に生まれることの有難さを説かれたものであって、生まれること自体の素晴らしいとのお考えでないようにも思えます。

また、生まれることの幸不幸は本人の捉え方次第とも思われます。しかし、もし子が生まれ、「生まれたくなかった。なぜ厭うべき仮の世に産んだのか」と言われたら、答えに窮してしまいそうです。

この問に答え得るブッダのお考えをご指導ください。できれば、それが書かれている文献の名前と場所(第何章のどの辺りか)もお教えくだされば幸甚です。
どうか、宜しくお願い申し上げます。

(以下、ご参考です)
一五二 さまざまな欲望の対象への、深層の欲望から超脱するようにせよ。そうすれば、もはやふたたび母胎へ入って輪廻転生することはなくなるであろう。(スッタニパータ 荒牧典俊著)
二三五「過去の業は絶えた。未来の業もあり得ない」と、賢者は、来世に執着せず、種子を絶やし、自己存在の芽を未来にまで伸ばしたいとの願いを捨て、油の切れた灯のようにふっと消えてしまう。
三三九 二度と輪廻の世に舞いもどってはならぬ。
三四〇 たえず身体に注意を向けて、その醜さを思い知れ。厭い離れる心に満ちてあれ。

仏教
有り難し 54
回答 3

質問投稿日: 2019年1月14日 8:08

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

まだまだ語り足りませんが…

よくある教科書的な輪廻論としては、生まなかったら解脱している(輪廻しない)のではなく、悟っていない限り絶対に輪廻することは避けられないわけです。だからどうせ生まれるなら、他ではなく、仏法を聞ける人身に生まれさせてあげるのがラッキーなことという話です。インド人の言葉に日本人的悲観論を乗っけるとエラい悲壮なものになります。インドの言葉にはインド人的楽観論で学ばなりません。およそ10年Q&Aをやっておりますが、独学でスッタニパータというケーススタディで善い学びをした日本人を見たことがありません。

以下、ダンマパダから。字数制限があるので全文掲載はしません。スッタニパータではなくダンマパダなのは個人的に読み慣れているためです。同じケーススタディですので本当はおススメしません。この手のものは仏教の方向性がしっかりと身に付いてから読むべきものです。

>前略
おのれを愛すべき
ものと知らば
つつしみて
おのれを護るべし
後略
(友松円諦『発句経』157)

>精進(はげみ)こそ不死の道
中略
精進の中に
こころはよろこび
聖者の心境に
こころはたのしむ
(同21〜22)

①確かに親子関係はサゲ気味ですが
>「我に子等あり
我に財あり」と
おろかなる者は
こころなやむ
(同62)

②師弟関係はアゲアゲです
>智あるひとに
中略
つかえなば
よきことありて
あしきことなし
(同76)

要するに「親だからって子の全責任を抱えこまなきゃ」という考えこそが邪(よこしま)なんです(参考:同288)。勉強の事なら良い講師を探し、人生の事なら善い導師を探し、子供にとって善い因縁を調えてあげましょうねという当たり前のことなんです。
https://hasunoha.jp/questions/31732

ちなみに「四恩」という原始経典から後世の経典まで頻出のワードがあります。その中に父母の恩が挙げられています。親子も完全にサゲているわけではないのですね。お釈迦さまもご両親を大切に思っていたのです。↓もそうです。

>前略
親族と相逢うがごとく
まことにたのしみなり
(同207)

「祇園精舎の鐘の声…」なんて文学的悲壮感でインド哲学を見てはいけません。「諸行無常?よっしゃー!この苦しみも永遠じゃないぜー!!!」的な感覚の人たちの間で交わされた問答ですから、もっと気楽に受け取りましょう

5ヶ月前

仏教の目当ては「あなた(私)」

ご相談拝読しました。大変よく学ばれていらっしゃいますね。頭の下がる思いがすると同時に、私ももっと学ばなければと刺激されるところでもあります。

さて、仏教の学びは「私」を外すとわけが分からないものになってしまいます。したがってお尋ねの問いは「一般論における子供をこの世にうむことの是非」ではなく「あなたが子供をこの世にうむことの是非」ということになります。

ですから、あなたがブッダの目覚めた教えに生きる姿勢として生殖の放棄が執着を離れることになるならばそうするとよいのではないでしょうか。

仏教を学び修すると必ず出てくる問題が解学と行学の問題です。

解学、つまりは知識として仏教を学ぶならば誰でも容易に覚り・涅槃についてまで知ることが出来るかもしれません。
しかしそれを実際に行じる、実践しようとするならば、必ずあなた自身の時・機が問われてきます。
時とはブッダが亡き後遠く時間を経て混迷が進むこの今という時はそれを成し遂げられる時代・社会なのかどうか。機とは崇高な教えにかなう身と心なのかどうか。

他の誰でもないあなたが自身が生殖を放棄することによって、今・この時において逆に執着を強めないか、苦の滅ではなくますます苦の渦中に沈んではいかないか、ということです。

教えは現実から問い返されます。そしてまたその現実を教えで問い直していくのが学びです。問い直して生きるのは現実です。
本当に教えのみに生きるのであれば一言一句、一挙手一投足をそうすればいいのですからね。

正信掲、歎異抄、大無量寿経を学ばれているということですのでおそらく親鸞聖人の生涯や教えにも触れている事と思います。
親鸞聖人は結婚し子をもうけ、世間において非僧非俗の身、煩悩具足の身として誰もが救われる仏道を歩みました。

教えの優劣ではなく、この私の身の問題です。あなたが救われる仏道を。

追記

>「生まれたくなかった。なぜ厭うべき仮の世に産んだのか」

この問いはあなたの子からあなたへの問いを想定していますが、他の誰でもないあなた自身の問いなのではないでしょうか?

仏教で得られるのはその「答え」ではなく、それを問いながら生きられる歩みではないでしょうか。それは握った答え(執着)を常に解体され続ける歩みです。

5ヶ月前

「基本の三身の構造をよく明らかにする燈明」

emma様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

いかに人(衆生)が輪廻の再生をうけるのかにつきましての文献をご紹介させて頂くならば、ヤンチェン・ガロ大師の「基本の三身の構造をよく明らかにする燈明」を是非、参考にして頂けましたらと存じます。

邦訳が、「ゲルク派版 チベット死者の書」(学研文庫)平岡宏一先生訳注にてございます。

もしも、「生まれたくなかった。なぜ厭うべき仮の世に産んだのか」と拙生が聞かれたとしましたら、「色々な因縁(原因と条件)が合わさってのことによるところであるけれども、主には、貴方自身の業による力が大きかったのだ」とお答えすることになるでしょう。

貴女様が子を授かる、授からないも、もちろん色々なご縁によるところでもありますし、子の業(人として産まれられる業)による力もなければ、非常に難しいことにもなります。

しかし、貴女様は、こうも考えられることもできることでしょう。もし、子を授かることができたとすれば、この輪廻から脱せられるための仏縁を与えることのできる機縁を、その子にもうけてあげられることもできるのではないかと。

共に仏道を歩み、共に悟りへの道を歩むこともできるのであります。そうなれば、誠に素晴らしいことであるのではないだろうかと存じます。

川口英俊 合掌

5ヶ月前

「子供のこと・子供との関係」問答一覧

「子供のこと・子供との関係」問答一覧をすべて見る
関連する問答
このページの先頭へ