hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

マスクをして葬儀

回答数回答 4
有り難し有り難し 87

先日、
主人のお母さんが亡くなり
葬儀を行いました。

その時に、
お経をあげてくれた
お坊さんは、葬儀の間ずっとマスク。

お経の途中で
お茶を飲む時だけ、
マスクをずらし
それ以外は
マスクをしたまま。

お坊さんも人間だから、
マスクをしなきゃいけない事もあるだろうと思います。

でも、
檀家さんの葬儀でお経をあげる時くらい
外せばいいのに…
と、思ってしまいました。

なんだか、
有難いはずのお経も
そう思う気持ちが半減してしまいました。

そう思う私がおかしいのでしょうか?

2019年1月18日 2:30

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

理由にもよる

たしかに、お坊さんの立場から考えても、できればマスクを外したい場面だと思います。
ただ、インフルエンザが流行っている季節です。
もしかしたら、お坊さんのご家族にインフルエンザの人がいるのかもしれません。そうだとしたら、お坊さんから皆様に感染させる可能性もあります。
また、お坊さんがすでに風邪をひいている場合、読経中に鼻水が垂れてくる状態かもしれませんので、鼻水を隠すためのマスクかもしれません。
マスクをしているお坊さんか、鼻水が垂れ流れているお坊さんかの2択なら、マスクの方がましな気がします。

怒りの煩悩は悩み苦しみの原因になります。
お坊さんがマスクをつけていたという事実に対して、執着すると怒りにつながり、ストレスの原因になります。
なので、「ま、そういうこともあるか。」とスルーしましょう。

2019年1月18日 3:46
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

やはり何か事情があったのだと思います。

マスクをしたままの読経は、
声がこもって聴きにくいですし、
呼吸も苦しいので、
できればマスクはしたくないはず。

ただ、
まあ様の他にも誤解した人もいらっしゃるでしょうから、
そのお坊さんも前もって説明した方が良かったですね。

2019年1月18日 17:47
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

会葬者に感染させないようにでしょう

 お悔やみを申し上げます。
 お義母さまのお葬式でお坊さんがマスクをしてお経をしていて不快なお気持ちになったのですね。ごめんなさい。

 お坊さんはだいたいひとつのお寺にひとりしかいないので、お葬式などの日に体調が悪くてもどうしても行かなくてはなりません。代わりのお坊さんもいないし、お葬式の日を代えることもできません。
 お経の途中でお茶などを飲むことも普通しませんので、そのお坊さんは非常に体調が悪いところを無理をして出てくださってものと想像します。マスクをしているところから、インフルエンザなど飛沫感染する病気にかかっていたかもしれません。
 お坊さん、体調悪いのに大変だな、というお気持ちでいていただくとありがたいです。

2019年1月18日 11:20
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

インフルエンザかもしれませんね

拝読させて頂きました。
そうですね、願譽浄史 師や光禪 師がおっしゃるようにやはり風邪やインフルエンザの可能性もあるかと思います。確かにマスクをしてお経をおとなえするのは作法に反するかもしれません。とはいえ日常生活の中でこの季節マスクをつけることもありますからね。予防の為にも。

昨年私はインフルエンザにかかりお葬式を5日ほど伸ばして頂いたことがありました。医師の診断に基づいて一応安全を見て日程調整しましたが、やはり治って間もないという事から枕経や通夜や葬儀や火葬供養も全てマスクを着けさせて頂きました。その際にはご親族の皆さんや葬儀社さんや参列なさる皆さんにもマスクを着けてお勤めさせて頂く旨ご説明して、了解を得てお勤めさせて頂きました。

そのお坊さんももしかしたら皆さんを気遣ってしていたのかもしれません。もし次お会いすることありやはりマスクをつけていらしたら「ご体調はいかがでしょうか?マスクをおつけなさっていらっしゃるのでお風邪などひかれておられるのかと思って等々」お話なさってみてはいかがでしょうか?

お話してみたら理由がわかって納得してたわいないことにも思えるかもしれませんからね。

皆様が心を込めてお母様をご供養なさって下さいますよう心より仏様にお祈りさせて頂きます。

2019年1月18日 13:25
{{count}}
有り難し
おきもち

Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして9年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラー...

質問者からのお礼

私のつまらない
質問に丁寧にご回答下さいまして
ありがとうございます。

もし、
マスクをして…という事について一言あれば、
私も納得したかもしれませんが、
その事に関しては、
何のお話もなかったので、
一般的にどういうものなのか
お聴きしたかったのです。

私が、ドラッグストアに勤めていた時にも、
仕事中、マスクをしている人に対して
お客様に対して失礼だ。と、
クレームが来ていたりしたので、
マスクをして人と対峙する事はあまり好ましくない事だと感じていたせいもあります。

まして、一生を終えた人を送る為の大切なお経をマスクを通してしか
送られなかった姑が
少し不憫に思えてしまったので…
一般的にはどうなんだろう?と
お坊さまというのは、
私には出来ない大切な式を行って下さる
そういう存在だと思っていたので、
今回の事はかなり私にはびっくりしたし、
今までいくつかの葬儀に参列しましたが、
マスクのまま。というのは、
初めてでつい、質問してしまいました。
田舎の小さなお寺のお坊さんなんで、
仕方のない事だと思い、
私が出来る弔いをしていこうと思います。

ありがとうございました。

「葬儀」問答一覧

うつ病で葬式に行けなかった

はじめまして。 年末のお忙しいところに申し訳ございませんが、どうしても苦しく罪悪感で体が内から張り裂けそうなのでどうか悩みをきいてください。 うつ病を患っています。HSP(highly sensitive person)の気があるとも言われました。以前は仕事もしておりましたがそれも辞め、ここ一年半ほどは自宅で休んでいます。最近は寒いせいかあまり元気が出ず、年賀状などもかけませんでした。 私はとにかく人より感受性が敏感らしく、ちょっとしたことでも驚いたり傷ついてしまいます。大好きな母に産んでもらったことに感謝はしていますが、人生はつらく悲しいことだらけで生きることに向いていないとも感じます。 そしてつい昨日のこと、突然母方の祖母が亡くなりました。 一緒に住んではおりませんでしたが、優しく接してくれた思い出は今も忘れません。 今日がお通夜で明日がお葬式です。行かなければ、と思いつつ、涙は止まらないし、うつ病が特に酷かった時期のように体がとにかく怠くて重くて動かなくて、日中横になって寝ていることしかできませんでした。 母(亡くなった祖母の娘)は今朝、私にお通夜とお葬式に出るように言いましたが、横になりながら泣き喚く私を見て、式には出ないでもいいから、家でお祈りしていてくれればいい、と気を遣ってくれました。日を改めて祖母の元にお参りする、ということになりました。 毎週祖母を見舞っていた母の方がつらいはずなのに…とか、血の繋がった祖母との最後のお別れの会に出ないなど…とか、とにかく罪悪感・自己嫌悪で心がズタズタです。でも、この状態で長い式に耐えられるとも思わないのです。今日だけで三度、家の仏壇で手を合わせるなどしましたがそれでも心は晴れません。とんだ不幸者だ、と自分を責める声が頭の中でずっと鳴り響いているのです。 うつという自分都合で親族のお葬式を欠席するのは許される行いでしょうか。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

菩提寺の住職に葬式を頼まない人

住職の予定を無視して、通夜葬儀の日程、場所を決めてきました。 このままだと、離檀になってしまいます。どう対処した方が良いかご相談です。 最初に決めて来た日程が住職の予定と合わずに出来ないので、その旨を伝えると、葬儀会社の紹介する5万円のお坊さんにやってもらうからいいとのこと。 だって、そちらは出来ないんでしょ?という感じでした。 葬儀会社さんは寺の檀家制度ご存知無いのでしょうか? 住職が戒名も付けず、通夜葬儀を他のお坊さんがなさる場合、離檀となる檀家規約が存在します。もちろん、葬儀の日程を調整する際に直にお渡ししていますし、説明しています。 お父様はずっと前に亡くなっています。今回お母様が亡くなられた方で、御歳90歳でした。 喪主の長男さんは入院中で、何番目かの弟さんが葬儀のために動いています。 その家は、代々地域の組、昔でいう講中、分かりやすい言い方だと、檀家さんで作る自治会みたいなところに所属している家です。 お寺には管理費や積立金などは存在せず、お檀家さんの付届け、お気持を年に5回、盆、暮正月、彼岸2回、お十夜、頂いてます。その任意の付届けも欠かさずいらっしゃっていて、施餓鬼などの塔婆もあげてらっしゃいました。 喪主の弟さんが言うには、「〇〇葬儀会社でやって、会場は〇〇斎場でやってほしい」と亡くなられたお母様がおっしゃっていた。遺言だからその通りにしたいと。 だったら、最初に提示して来た日ならば、〇〇時通夜、〇〇時から予定があるので、〇〇時の火葬だったら間に合います。葬儀屋さんと逆算して、相談して開式の時間決めてください。と伝えたのですが、葬儀会場が空いて無いようで、その日は「火葬場が空いていない」と言われました。火葬場には電話して、空きを確認済だったので、おどろきましたが、まあ、葬儀会社が押さえているところが空いてないのかな、と思いました。 ではその日がダメなら、〇〇日や〇〇日はどうですか?お金の面も心配されていたので、町内会館を使うと使用料が安くて、尚且つ、日にち空いているので、使えるという旨までお話ししました。 火葬場、会館の管理をしている方などにも電話をしたりして手を尽くしたのですが、聞き入れてもらえませんでした。 このままだと、離檀になってしまう危機感もお骨を持って次を探さなくてはいけない大変さも感じられません。

有り難し有り難し 43
回答数回答 3

お通夜で口論になってしまった

先日、兄弟の義親が亡くなったとの知らせを受け、私は遠方に住んでいるので葬儀場と日時が決まり次第ホテルと交通機関を手配しました。勿論お通夜と葬儀に参加する予定でした。 しかし、旅行会社の手配が済んだ後に、「大変だから葬儀には来なくて良い」との連絡が兄弟からありました。そのため私はお通夜にだけ参加し、葬儀の日には夕方まで時間を潰して帰宅することにしました。釈然としない思いでしたが、故人の方は血縁者ではないし、ほとんどお会いした事のない方だったので、一般客扱いになるのかなと自分なりに理解しました。 お通夜当日、私は朝から喪服や靴や様々な物を持ち電車に揺られて式場へ向かいました。ホテルで着替えて休む間もなく式場へ向かえば、15分前には間に合う予定で、実際に間に合いました。 ところが、スマホを手に取ると兄弟からラインが来ていて「親族扱いになるから、着いたら連絡して」とありました。着信は約2時間前、私が大荷物と格闘しながら電車を乗り継いでいた時間帯です。当然気がついていませんでした。 慌てて電話を入れると、「なーに⁈今頃着いたの‼︎」と、ひどく怒った兄弟が出ました。その後、受付まで出てきた兄弟は「アンタは親族扱いだって連絡したでしょ‼︎‼︎」等、物凄い剣幕でまくし立てました。 この人は今余裕がない。冷静に。大人の対応で… 一生懸命自分に言い聞かせていましたが、とうとう私もキレてしまいました。その後は大変後味が悪く、故人を悼むために遠路はるばる来たはずなのに、一体何をしに来たのだろうと、泣きたい気分でした。 今思い返しても、どこが悪かったかよく分かりません。 「大変だから来なくていい」というのは私を気遣ったのではなく、葬儀を準備する側が大変だから、お通夜の参列自体迷惑だったのか? 故人の方が私の親族に当たるとして、葬儀に「来なくていい」ことはあり得るのか。 親族の通夜で、15分前に式場に着くのが受付で罵倒されなければならないくらい失礼だったのか? 何分前なら常識の範囲内だったのか? 心の整理を助けてもらえると嬉しいです。 ちなみに兄弟と近距離にすむ私の両親は、小一時間前には式場に到着し、自由に時間を潰していたようです。葬儀への列席も断られる事もなく、「来なくていい」と言われた私の話を聞いて驚いていました。

有り難し有り難し 25
回答数回答 3

心が狭いのでしょうか

義理の姉が仕事が休まず祖父の一周忌に行けないと連絡がありました。 わたしは普段のことにはお互い様だと許せることなのですが、こういった冠婚葬祭等についてはきっちりしたい人間です。 諸事情により急な日程となった為難しいことは十分承知しておりますが、出席するのは当たり前のことであり、こちらも仕事の都合をつけていきます。 大好きだった祖父を軽んじてみられている、とまで思ってしまいます。 夫の親戚付き合い等はなかなか荷が重いのもわかります。 わたし自身も逃げ癖があり、何でもこいというような人間ではありません。ただ、嫌でも不安でも向き合わなければならないと、空回りしたり後悔したり自己嫌悪をすることもありますが、事を過ごしてきました。 もしかすると姉にとっても荷が重いことなのかもしれませんし、そういったことではなく、ただただ仕事なのだから仕方ないと思っているのかもしれませんが、前者にしろ後者にしろ納得できません。 このような自分の思考をおしつけるのも間違っているとは思うのですが、世間一般ではこのような場合には姉の立場としてはどうあるのが普通なのでしょうか? わたしの考えはやはり間違っているのでしょうか?

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る