hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

仏教を取り扱う芸術作品について

回答数回答 2
有り難し有り難し 23

こんにちは。
最近仏像や曼荼羅などの仏教美術にすごく興味があります。
私自身も何かを作る人間なので、自分の作品にも取り入れたいと思っています。

わからない事は自分なりに調べてみてはいるのですが、仏教に関する専門知識はほとんどありません。
何となくいいなと思った程度で作品を作ってしまって良いのでしょうか?

また、私の知り合いで宗教をモチーフに作った作品に誤った知識や解釈が含まれており、かなり厳しい批判をされてしまったという人もいます。

私も自分の作品をインターネットで公開したりします。作りたいものは決して仏教を貶すような内容の作品ではないのですが、宗教というデリケートな要素を含む作品は公開しない方が良いのでしょうか?よろしくお願いします。

2020年5月30日 0:38

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

創作は自由であれ。仏像に込められた教えを学ぶのも面白い

 創作活動は自由であって宜しいと思います。非常に手先が不器用であり創作能力が皆無である私には、羨ましいです。

 仏像や曼荼羅に興味を持たれていることは、良いことだと思います。それらをモチーフにした作品を作ったからと言って、仏様は怒りませんよ。「善哉、善哉(善きかな)」と言ってくれると思います。

 但し、模倣するにしても、モチーフとするにしても、或る程度基本的な知識を知っていた方が良いと思います。仏教美術のすべてを学びなさい、という意味ではありません。如来の姿には「三十二相八十種好」という特徴があります。また、仏像の手の位置や指の形(印契と言います)にはそれぞれ意味があります。いちいち覚えなくても良いですが、手本となる仏像についての基礎知識を確認した方が良いですね。観音様の持ち物、阿弥陀様の手の形、それぞれに意味が込められていますから、知っていた方が作品に思いを込めることが出来ると思います。
 基本書としては
 週刊朝日百科『日本の国宝』111冊
 『原色 日本の美術』30冊  小学館
どちらもだいぶ以前に刊行されていますが、図書館にはあると思います。また、東京国立博物館の資料室で仏教美術の書籍や資料を閲覧できますので、詳しく知りたい場合には役立つと思います。

webですと、松田瑞雲さんという仏師が『仏像 ドットコム』というサイトを公開しています。参考になると思います。

 新聞社や放送局で主催しているカルチャーセンターで仏教美術・仏像彫刻の講座を設けています。時間が合うなら受講されても良いのではないでしょうか。

 どうぞ、楽しんで良い作品を作ってください。

2020年5月30日 16:43
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

功徳

仏教を貶めることをする気がないならば、何も問題ないでしょう。

善い行いをしたことの報いを「功徳」と言います。
「幼い子供が砂で何気なく仏像を作ることでさえ功徳がある」と教えにあります。
どうぞ、沢山功徳を積まれて下さい。

2020年5月30日 10:13
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


初めまして。 精神障害(主に鬱病)を発症してから、間もなく20年を迎える...

質問者からのお礼

ありがとうございます。
これも功徳になるのですね。
頑張って完成させます。

調べるにしても何から調べようか少し迷っていたので、お勧めしていただいた本やウェブサイトから見てみようと思います。そして細部までこだわりを持って作品を仕上げたいと思っています。ありがとうございます。

「仏教全般」問答一覧

成仏とは

母が突然死しました。 数日前までとても元気に食事をし、健康診断も主治医から太鼓判を頂いたと喜んで報告してくれたので、しばらく信じられない気持ちでした。 きっと母自身も突然この世を去り驚いているだろうし、無念だったのではないかと気がかりでした。 母の死後、四十九日を待たずに地元で有名な霊能者の方にいろいろ視て頂きました。 信じる信じないは別として、ポッカリ空いた心を穴を埋めて欲しくて伺いました。 先生からの第一声が、母の生き方が素晴らしいとの事でした。 確かに母は誰にでも平等で優しく、穏やかな人でした。 しかし苦労が絶えず、娘の私から見ても果たして幸せな人生だったのか、そして誰にも看取られる事なく逝ってしまった最後が悲しすぎて後悔ばかりしておりました。 しかし、母は四十九日を待たずに天界へ登っているとの事でした。 すでに成仏しているとの事です。 例えて言うなら普通の方が徒歩で一歩ずつ天界へ登る所を、母はエレベーターで上がっていったようだとの事です。 今は6年前に亡くなった父よりも少し高い場所にいるとの事でした。 仏教は詳しくありませんが、人は亡くなってから四十九日間をかけて世話になった方等に挨拶周りをしてあの世への旅立つと祖母から教えてもらいました。 霊能者を疑ってるわけではありません。 それがでたらめでも心が救われたのは事実です。 そのまま胸に止めて生きていこうと思いましたが、ふとお坊様ならどうおっしゃるのだろうと気になりましたので質問させて頂きたいのです。 生前の生き方と言うのは成仏の仕方にも影響があるのでしょうか? 悪事を行えば地獄、良い行いをすれば天国。 それは子供の頃から頭の片隅に何となくありましたが、天国への上がり方にも生き方は反映するのでしょうか? 心が清らかな母だからそうなれたのでしょうか? そんな事って本当にあり得る事なのでしょうか? 母は悲しい最後で旅立ちましたが、人間、死に方ではなく生き方が全てと言う霊能者の言葉を信じても良いのでしょうか? 否定されても信じて行くつもりですが、仏様にお仕えするお立場からのご意見をお願い致します。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

こんなことをしていても大丈夫でしょうか?

もともとお線香の香りを楽しみたくて仏壇用のお線香をよくたいていました。 最近、1週間に1回お花が届く「お花の定期便」というものを始めたのですが、 そのお花と、お線香と、元々家にあるLEDろうそくを並べてみたら…三具足!?と思いました。3つ並べた状態でLEDろうそくをつけてお線香をたいてみたらなんだか仏壇に向かっているような気持ちになりました。 お線香に火をつけた後は何故か自然に手を合わせたい気持ちになるので手を合わせますが、この時の私の気持ちは何か1つを思うわけではなく、祖母や無くなった友人のことを思い出したり、大好きな仏様のことを考えたり色々です。 私の格好もお風呂上りだったりけっこうラフな格好で夜にこうしている事が多いです。 そして「この三具足のようなもの」はパソコン机の上なので、定位置に置いているわけでもありません。何か作業を始めたら隅っこに追いやってしまいますし、お線香が燃え尽きたらお花を移動させてしまうこともあります。 でも、もうすぐお盆ですし今度はお供え用のお菓子も置いてみようかな?と思い、お菓子を買ってきてしまったりもしています。 いつまでこれをやってみたいと思うのか自分でもわかりませんが、 今みたいな事をしていても大丈夫なのでしょうか?疑問に思い質問させて頂きました、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る