hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

坊さん

回答数回答 6
有り難し有り難し 950

あほか あんたら
適当なこと言って!
人には自分もできないアドバイスして
ふだんはお布施だなんだかんだ高い金ふんだくって
自分の身が危なくなると、逃げ腰で、
神仏を出して人を脅す
人の悩みにつけ込んで神様仏様気取るんじゃねえ
正々堂々してろってんだよ!

内輪もめでもしてろ

丁寧な言葉使っても騙されないよ

そんな坊さんがいました

2016年3月13日 23:07

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

だから何だ

これは質問では有りません
私は、仏様は気取って無いし
神様は神社に言ってくれ
堂々とプロフィール掲げてやっている
時によっては、汚い言葉だって使う。
自分の出来ないアドバイスでも、もしかしたら、その人なら出来るかもしれない。
解決できるかもしれない知恵があるから語る。
自分は何も出来ないと、目と耳を閉じていては居ないのと同じ。
今のここにいるからこそ、勇気を出して返事を書いている。
あなたが知っているお坊さんは何人だ。
ここには100人を超えるお坊さんがいる。
ネット社会だからこそ、批判を受けるかもしれないと言う恐怖と戦いながらも一つ一つ質問に答えている。
100人分とは言わないが、10人分でも答えを読んでみなさい。

2016年3月14日 0:17
{{count}}
有り難し
おきもち

私は日蓮宗 今治 寺町法華寺の住職をしております讃岐英昌(サヌキ エイショ...

よっしゃ、ほな正々堂々させてもらいましょか

あえて丁寧な言葉を使わんと話させてもらうで(`・ω・´)

「自分に出来ないことを人にアドバイスして」、って言うのはな、ほんまその通りやで、僕かて自分に出来てないけどもそういうことも相手には言うこともある
せやけどそれは頭ごなしに言うことでもなければ、自分を棚に上げてるつもりで言うてるわけでもない

「僕も出来てへん、でも出来るようになった方がいいことは分かるし相手にもそうなってもらいたい、でも僕も出来てへん、せやから一緒にそう出来るようにしましょう、一緒にそう考えていきましょう」
僕が大事にしたいと思ってるのはあくまでこういうスタンス、相手が出来てないからあかんとも言わんし言う資格もない

>お布施だなんだと高い金ふんだくって
そうですなぁ、昨今はただお金を集めてるだけの人ももしかしたら居るかもしれません
せやけどもそれは「これこれが必要なので寄付をいただけますか」「これこれの為に」と目的をはっきりさせてないのがあかんのであって、目的があって必要なのであればそれはいいのではないか、と思ってるんや

あとな、お坊さんも人間やからな、病気なるしな、インフルなるしな、怪我するしな
入院だってするしな、そういうときの治療費であるとかそういう蓄えもある程度は必要なんや、そして身体が資本やからな、やっぱりある程度普通に生活出来んとあかんのや

逃げ腰になってすぐ神仏を盾に後ろから石投げるようなのは僕から見てもそれはあかんと思うからね、そう思う気持ちはよう分かるで
せやけど盾にするんやなく横に置いて喋ってる人の話は聞いたってや

内輪もめはしたくないなぁ・・・そういうの嫌いというか苦手やし、争いはやめよ、あかん、苦手、競争社会嫌や

そんな坊さんが居たならもう忘れなさいな、忘れてしもてもっと信頼できる坊さんに巡り遭いましょ

2016年3月14日 0:11
{{count}}
有り難し
おきもち

私に直接「疑問」や「この回答どういうこと?」、「これが聞きたい」などがあれ...

いるいる。

おっしゃる通りですね。
私もよく言われます。

そんな坊さん、いっぱいいますよ。

本当に自分を知るには
やはり人という鏡がなくてはならない

と言ったお坊さんが昔いました。

温かなお礼の言葉ばかりだと、勘違いしそうなので
たまにこんな言葉いただくと、わが身を振り返るいいきっかけになります。

聴かせてくれてありがとうございました。

お坊さんのことは嫌いになっても、このhasunohaは嫌いにならないでくださいね。

2016年3月14日 6:59
{{count}}
有り難し
おきもち

『壊してしまうのは一瞬でできるから、大切に生きてと彼女は泣いた』 という...

同事!を生きる。

あなたには苦の先に苦しか見えないのでしょうか。
あなたの心は真実を探してもがき苦しんでいませんか?

二つの骸骨の絵を並べて描いて、その絵にこんな言葉を書いてあります。
「喧嘩しないで暮らそうじぅあないか、末は互いにこの姿。」
生きていた時には、親子喧嘩、夫婦喧嘩、兄弟喧嘩、嫁姑喧嘩、
友達、近所、など元気な時は喧嘩もしたが死んでしまえば皆同じ」
「気に要らぬ風もあろう柳かな」この言葉を思い出す。

2016年3月14日 1:29
{{count}}
有り難し
おきもち

褒めてる?

こんばんは。まぁ、匿名の立場から「正々堂々しろって…」って言ってもなぁ、と最初は思ったのですが、
最後のね、「そんな坊さんがいました」、これ、何だろう。

そこまでの全体、憤っている。で、「そんな坊さんがいました。」そんな憤っている坊さんに、あなたは出会ったの?そういう気概のある坊さんに?ということなの?

まぁ、私も「自分でもできないことをアドバイス」してること、あると思うけれど、薄っぺらい批判だなぁ。まぁ、女性らしい発想だとは感じますけど。アドバイスって、人に伝えることで自分もそれを問うているのよ?あなたが他人にアドバイスしたことあるか、分からないけど。「がんばろうよ」とかも?
人の悩みに付け込んで…気どるんじゃねぇ。 ああ、これ良く聞く話。坊さんはね、みんな人間よ。仏という字は、「人+ム」なのよ、人にあらず。キリスト様と混同しているのかなぁ。鎌倉時代からこのかた、大概の日本仏教は「自分は凡夫」をスタートにしてる。中学校でやったと思うんだけどなぁ。でも、お坊さんイコール仏様、と勘違いしている人、いるんですよね。霊能者みたいな?
でもきっと、「つけこまれた」ことがあるんでしょうね、大変でしたね、それは。
丁寧な言葉を使っても、騙されないよ…それはいいことだ。政治家の言葉とか、笑っちゃうこともあるよね。でもなぁ、騙そうと思って丁寧な言葉を使ってると思うなら、そこは間違いだね。特にここでは、気どる必要ありませんから。相手に寄り添おうと思って、ではないかな?

ということで、いくつか書いてきたけれど、私の最初の理解、「私は気概ある坊さんに会いました」というご報告なのかな?この理解、合ってる?そこは、できたら教えて欲しいです。

2016年3月14日 1:18
{{count}}
有り難し
おきもち

一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

不敢軽慢

かぶ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

自省申し上げます。

かぶ様も発心を起こされて、確かなる仏道を歩まれましたら、きっと仏さまに御成りになられることができますでしょう。

是非、これも機縁とし、より深く仏教を修習なさられていかれて下さいましたら、有り難く、尊いことでございます。

共に頑張って参りましょう。

「我深敬汝等 不敢軽慢 所以者何 汝等皆行菩薩道 当得作仏」

我深く汝等を敬う
敢えて軽慢せず
所以は何ん
汝等皆菩薩の道を行じて
当に作仏することを得べし

法華経・常不軽菩薩品第二十より

川口英俊 合掌

2016年3月14日 8:49
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

そんな坊さんに会いました。
これまで、人から殺されかけたり、裏切られたり、隠蔽されたり。人は信じられないと思ってました。
ある時、坊さんにであいました。私の弱さ甘さを言い、厳しい言葉をもらいました。でも、信用しました。感謝さえ感じました。
ところが、あることで具体的な提案をされました。私は、いろんな事から、それは出来ないと思いました。
坊さんは見放しました。
それだけならよかった。
同じような事が坊さんに起こりました。坊さんは私にアドバイスしたように自分も行動したが、立場が悪くなり、恐れおののき、私にまで文句を言ってきました。
知らねーよ!てめえの判断だろうが!あほか!

今言えることは、アドバイスを受け入れて行動しなくてよかった。
やっぱり人は信用してはいけないとわかったことです。

菩提寺を変えることにします。

お返事ありがとうございました。

讃岐さんに賛成した坊さん数が一番多い。
賛成した坊さんたち。がんばってください。

「お坊さん・僧侶全般」問答一覧

お坊さまって大変ですね…南無阿弥陀仏…

軟禁状態の私が言うのも何ですが… 私も微力ながら南無阿弥陀仏… 質問に戻ります 私の人生の中で 一番多いのが笑顔の時間 全部が笑顔らしい笑顔ではないけど 不思議と笑顔でいられるから不思議 偽りの笑顔の割合は意外と多い それでも私は笑顔でいる 心が泣いていても笑顔 イジメられていても笑顔 そんなんだから病気にもなる でも何故だか私は笑顔でいる 泣きたい時は泣いていいし 怒りたい時は怒ってもいい だって人間だもんね 私も人間らしさや人間臭さも嫌いじゃない だけどね それが出来ない人もいる 笑顔でいるしかない人もいる そういう自分がイヤになることだってある でもやっぱり笑顔になるんだなぁ それが良いとか悪いとかは 誰にも決められないこと 自分に正直でいたいと思う もっと素直にもっと感情豊かに 思いを表に出せる人を羨んだこともある それでも私は笑顔でいるのだから 私の笑顔のは単なる偽りの笑顔でなく それなりに笑顔らしい笑顔なのかなぁ それが今の私なのだから そういう自分を受け入れていたい 拒否したらおしまいになりそうだから そういう自分を受け入れていたい 涙を流しながらも笑顔でいたりもするけど 多分 それでも それなりに まだ頑張る余力が残っているのだと思う だからここhasunohaを頼ったりしながら 頑張って生きていこうと思う どう頼るとかは ちょっと意味とかもよく分からないけど 何とも言い様がないけど 何かこうして言葉にしているのだから 何か頑張れそうな気がする 決して1人じゃないと思えたから そんな私は今も笑顔 鏡の中の私が笑顔になっている お坊さまたちはどうなのかなぁ… 笑顔で過ごしているのかなぁ… そんなささやかな質問ですが お坊さまたちは今笑顔でいますか?

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

納得のいかない法話

質問させていただきます。 回答しづらければ、スルーでお願いします。 母の四十九日法要の和尚さんの法話でのことです。 「亡くなった人はどこへ行くか?」と和尚さんは私の甥に尋ねました。 小学生の甥は、「心の中」と答えました。 それは、亡くなった母が教えたことです。 母は「自分が死んでも、いつも見守ってるから」という意味で、生前、そのように話したのだと思います。 が、その和尚さんは、それを完全否定しました。 人は死んだら「無」になる、と。 何もなくなる、心の中ということはない、と。 実際に仏教でどのように考えられているかは知りません。 和尚さんが仰ることが正しいのかもしれません。 ですが、そこはあえて否定する必要があるのでしょうか? マチガイハ タダスベキということですか? 甥だって大人になるにつれ、母の言葉の意味は理解するだろうし、何より母の法要で母を否定されたような気がして、何とも言えない気持ちになりました。(「黙れクソ坊主がっ!」と思ったことは内緒です) また、その話の流れで、ホームレスは人間のクズだから地獄に堕ちるという話をされました。 いや、ちょっと待て! 人は死んだら無になるんじゃなかったのか? 無になったら、地獄も何もないのではないか? それとも、ソレとコレとは違うとでも言うのだろうか? それより、ホームレスが人間のクズとはどういうことなのか!? それが仏教なのか? 和尚さんの偏見ではないのか? 和尚さんに対しての怒りの感情と、母に対して申し訳ない思いと… お前が地獄に堕ちろ!とマジ思いました… ホームレスの方達に炊き出しをするボランティアをしていたので、色々と思うところがありました。 もう数年前のことですし、そのことを引きずって悩んでいる訳ではありません。 過去のことに上書きすることはできませんし、それはソレで、そういう事実があった、でよいです。 ただ、その本当のところが知りたいです。 数年前のことを、なぜ今、このタイミングで?と思われるかもしれませんが、今まで聞く人がいなかったからです。 hasunohaのサイトを最近知りました。(遅っ!) よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 142
回答数回答 6

住職と檀家

はじめまして、翔太郎と申します。お恥ずかしながら、48歳のここに至るまで、菩提寺が真言宗豊山派だということを深く考えずに生きてきました。 しかし、父親が亡くなったら寿命が尽きるまで、わたしが菩提を弔わなければなりません。 となれば、わたしは豊山派の檀家として、それ相応の作法を身に付けたいと思いました。 残念ながら、13年前に亡くなった母親は、ひどい精神疾患でした。兄にもわたしにも、その血は流れているようで、わたし自身、精神障害者手帳3級です。父親は精神疾患というものを本当には理解できないようで、今の状態のわたしにひどい言葉を言うこともあります。それでも晩年の母親に随分と暴言を吐かれながらも看病し、時に惨めな思いをしたこともある姿を近くで見ていた実の息子としては、亡くなった時、菩提寺で手厚く葬ってやりたいと思い。きちんとした檀家の作法を身に付けたいと思いました。 まずは、真言宗の開祖であるお大師様の時代からの仏教の歴史を調べ、なぜ、高野山から別れる形で豊山派ができたのか調べ、母親の戒名が飾られてから、線香をあげなくなった仏壇に線香をあげるようにしました。 次に檀家は正式には、毎日、仏壇の前でどのようなお経を唱えるべきか、菩提寺のご住職に電話で尋ねようとしたのですが、ここから流れが少しずつおかしくなって行きます。 たまにご住職が電話に出ても、これから外出するところで、話をしている余裕がない。キャッチホンが鳴ったので、またかけてもらえますかの繰り返しです。忙しいのは事実のようで、息も荒く疲れ切ってるのが伝わってきます。後日、父親から茨城県で三人しか選ばれない議員に選ばれたと伝聞で聞き、どういう事情でそこまで忙しいのか、今度こそ聞こうと思い、電話をかけたところ、今度は息子さんが出ました。副住職をされているそうです。初耳でした。ご住職が忙しいなら、電話を取った時、息子が副住職をしているので、そちらに聞いてもらえないかと言って欲しかったのですが、それは言ってもらえず、息子さんに檀家の作法をお聞きしました。ちなみに宗会議員になると、檀家の相手をする必要がないくらい忙しいものですか?僧階は2級の権野大僧正だそうですが、それくらい偉くなると、檀家の話などまともに聞く必要もなくなるものですか。わたしが傲慢な考えを持っているようでしたら、分かりやすく注意していただけると助かります。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る