hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

戒名・法名について。

回答数回答 6
有り難し有り難し 80

戒名・法名は、人が亡くなり仏になった事の名前だと良く聞くのですが、以前戒名等を調べた時に、生前に付けてもらっても良いと書かれていて、ミドルネームと一緒みたいなものだとも書かれていました。
何時から法名・戒名が、亡くなった時に付ける名前と言う認識に変わったのでしょうか?
それと、今は戒名・法名も付けない人が多いと
最近TVで見ました。
主人も付けなく良いと言っていますが、どうなんだろう?と、考えています。
実父が亡くなった時に遺言で、葬式するな・お骨拾うな・法名付けるなと言われましたが、結局法名をつけました。
生まれた時に付けてもらった名前が有るから良いと言う考え方も確かに出来ますが、どちらが良いのか分からないので、アドバイスをもらえないでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

戒名要らん = オレは自己中エゴエゴ教でいい を意味します

我々僧侶はみんな生きているうちに、生きながら戒名で生きています。
私の場合は「〇?覚元」が戒名に当たるものです。
ただし、誰であっても戒名をもらっただけでは、まだ人として半人前、と言っておきます。
なぜなら仏教は、戒名をもらってOKではない。
戒名を頂いて「仏の道に適った生き方」をしていなければ嘘ラベル。偽装ラベル。
「イイ人」でないのに仏の名前は付けられない。
付けられたからには「イイ人」であるように生きる。
亡くなった人の場合はもちろん遺族の方々がその課題です。
「お布施高けー」という人も居ます。安くもできます。
それよりもあなた自身の自分ラブな人生はいつ終わるのか?という問いかけ無しに戒名もホーリーネームもありません。
仏の道に適っていない生き方とは、自己中心的な生き方。エゴ、自分ラブ、マイ思想。
そういう生き方をしていると必ず苦しむ。
自分のことしかないから、世の中なんて良くならなくてもいいと思っている。
それではいかんと思う人は菩提心を起こす。世の中ガツンとよくしたいと思って自分のエゴを捨てて、精神向上、世のためになる事をする。
その為には、まず自分の精神が大切です。
私は戒名を頂いて、そして、ここで皆さんに人間としての最高の在り方を説いています。
死んでからでは遅いのです。
生きているうちにそういう人間になろうとする誓いが無ければあらゆる人間は無宗教者で死んでいくからです。
無宗教=自分のためだけに生きている姿なのです。
もちろん無宗教でも、無自覚にエゴを離れて仏教的な生き方とリンク・重なって生きている方もおられます。大切なのはラベルより、実質。素敵なラベルを頂いたならそれに恥じない生き方をすることです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

生前戒名が本来の姿

戒名・法名は、仏弟子になったときにいただく名前で、本来は生きているときにつけるものです。私たち僧侶は、得度を受けた時にいただきました。一般在家の方も生前戒名をいただいている方は結構いますよ。宗派によって異なりますが、1日ないし数日の講習と儀式に参加していただく場合が多いようです。菩提寺等のご縁のある寺で尋ねてみてください。毎年ないし数年に一回、行事をしているところがあります。また、随時戒名を授けていらっしゃる宗派もあるようです。
死んでから戒名を付けるのは生前ご縁のなかった方に後付けするもので、日本では千年以上前から行われたようです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


高野山真言宗権少僧正。高野山本山布教師心得。高野山大学密教文化研究所研究員...

名前が本体ではない

「戒名・法名はどうなのか」という論点は半歩ズレています。と言うのも、不殺生戒や不邪淫戒などの戒を受け、出家をする受戒(授戒)が本体であって、名前が本体ではないからです。(ただし浄土真宗さんはそもそも戒が存在しない特殊な宗派ですので例外。この回答でも言及しません)

ここが分かっていないからマルチメディアの葬儀観は素人論なんです。ああいうのは間に受けないで下さい。仏教系新聞の社説でも、観光系の記事はともかく「少しでも社会性を帯びた番組や記事」は「質の低い」「基本的知識に欠ける」と酷評されています。
http://www.chugainippoh.co.jp/editorial/2016/0316.html

さて、受戒というのは仏教では世界共通です。実はインドでも死後に葬儀で受戒するそうです。というか下のリンクを読むと形は違えど本質的には日本の葬儀と同じことをしているようです。少なくとも禅宗とは。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~zen9you/pada/syokus.htm
私はラオスで修行しましたが、ラオス仏教(タイ仏教の系譜)でもお坊さんがお葬式をします。誰だよお坊さんが葬儀をするのは日本だけとか言ったの!酷い大嘘やん!

受戒は生前が望ましいというのは私も同じ意見です。一日でも早い方がより善いです。
ただし出家するということは、お坊さんとしてのアイデンティティを得るのではなく、俺が俺が私が私がという自分勝手を抜いた状態なんです。だから人としての自分を終え、大自然に還ってゆくその時にスーッと効いてくるわけですよ。ご遺族への法話を込みとして。
親しい人を送り出すことを通じて、遺された人が自分自身の生き方を考えるのです。タイ仏教では親の葬儀で子が受戒します。受戒する主語はどちらでも良いのですが、結局はその受戒に触れる全ての人に、仏道のある生き方を考えていただきたいのですよ。

だから「私のために葬儀をしないでほしい」というご自分の希望はできるだけご遠慮いただきたいと思います。生命のことはいくら本を読んでも、ドラマや映画を見ても、本当に大切なところは学べません。実体験として実感するしか無いのです。そこで誰でも学べる機会が葬儀から供養へと続く一連の送り出しであり、その学びに善い方向性を与えるのが仏教です。お葬式の本質は名前ではなくコッチです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

私の意見は

戒名は元々生前に出家して僧侶になった時に与えられる名前です。
僧侶の証です。
そして、僧侶となった人は修行により覚りを目指すのです。

それが鎌倉時代、浄土宗などのように、生前に出家して修行して覚りに至ってなくても、阿弥陀仏にお願いして極楽浄土に連れて行って貰えばいい。
極楽浄土で仏様やご先祖様と共に修行して覚りを目指せばよい。
という教えが広がって、死後に僧侶になる儀式を行い、戒名が付けられるようになったようです。
死後に僧侶となって極楽浄土で覚りを目指すのです。

ただし、浄土宗の宗祖法然上人は極楽浄土に行く方法は、極楽浄土を作った阿弥陀仏にお願いすればいいと仏典は示していると教えています。
お願いするとはつまり南無阿弥陀仏と唱える事であります。
浄土真宗でも唱えているでしょう。
(もっとも浄土真宗では阿弥陀仏に救われることを感謝して念仏を唱えると思いますが。)
なので、戒名が無くても、南無阿弥陀仏と唱えれば極楽浄土に行けるのです。
極楽浄土に行ったら多くの仏様が居られるので、そこで仏門に入り戒名を貰うこともできるでしょう。
そう考えると、無理して生前に戒名を付け無くてもいいかもしれませんね。

他にもいろいろな考え方があると思います。
あなた達が納得する考え方を見つけてください。
一緒に勉強しましょうね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

新しい世界で、まっさらさらな名前をいただく。

 「お戒名」とはその名の通り、仏弟子(お釈迦さまのお弟子さま)になるための戒を授けられ、仏弟子となった証として付けられるものです。つまり、本来は生きている人が出家する時に付けてもらうものです。

 出家するって事は、今までの事は全部捨てて、誰も知らない新しい所で修行の身になるって事です。人生のリセットですね。ちょうど亡くなった時みたいですよね。曹洞宗のお葬式は、亡くなった方に戒と戒名を授け、お釈迦さまの弟子とさせる内容となっております。

 あなたがもし、今までの人生を全部捨て、全部リセットして、新しい世界で、誰にも見つからないように、もういっちょがんばってみたい、と思った時、どうでしょう?やっぱり新しい自分に新しい名前が欲しいですね?新しい世界で、まっさらさらな名前をいただく。それが戒名だと思うんです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

私も戒名要らないかも

遺言で、葬式するな・お骨拾うな・法名付けるなと言われても、
送る側の気持ちとして供養で何かしてあげたいものですね。
送られる側の気持ちも分かりますが、
送る側の気持ちを理解しての遺言なのでしょうか?
どちらが良いというよりも、自分が良いと思えばどちらもアリと思います。
形より気持ちが大切と思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

質問者からのお礼

渋谷宗寂様、やはり生前に戒名を付けてもやはり良いんですね。
戒名の頂き方まで教えて頂いて、ありがとうございました。

聖草様、前回の質問にも丁寧に回答して頂いて、ありがとうございます。
宗派によって、戒名に対する考え方が微妙に違うんですね。
もう少し自分なりに、戒名・法名を勉強してみます。

光禪様、戒名に関する新しい考え方を教えて頂いて、ありがとうございます。
今色々な意味で、もう一度自分を見直したいと
思っているので、今が戒名・法名を貰う時なのかと思ったりしました。
ありがとうございました。

水上昇真様、父がお葬式に関するテレビ番組を見て、この様な事を私に話してくれました。
理由を聞いてみたら、孫や娘達にお骨の面倒を見させるのが嫌と言う事と、葬式で無駄なお金を使わせたくないと言う事でした。
父らしい遺言だなと思いました。

皆さん、本当にありがとうございました。

丹下覚元様、回答して頂いて、ありがとうございました。
戒名・法名は、付けてもらった後の生き方も凄く大切なんだなと初めて知りました。
もう一度、戒名・法名の意味を考えてみたいと思います。
素敵な御言葉、ありがとうございました。

大慈様、回答して頂いてありがとうございます。
まず父の葬儀ですが、簡素では有りますが
娘が出来る最後の親孝行だと思い、真宗大谷派の御住職にお願いして、葬儀をしました。
戒名・法名ですが、主人はともかく私個人は
まずは、親に付けてもらった名前に恥じない生き方が出来ているかなと皆さんの回答を読んでいて思いました。
個人的には名前に負けない生き方が出来ているとは思えない自分がいます。
なので、もう少し自分の名前に自信が持てる様になってから、法名・戒名を考えてみたいと思います。

御住職方、本当にありがとうございました。

「戒名」問答一覧

師匠と、在家の弟子の関係について

先日、生前受戒について質問した者です。 その節は、多くのご回答を賜り、ありがとうございました。 その後、受戒はまだしないでおく方向に傾いています。 大きな理由としては、受戒するとご住職や他のお弟子さんたちとの関係が具体的にどうなるのかということがよくわかっておらず、こちらでアドバイス頂いたように、住職と直接お話をしたいと思ったのですが、それがなかなか叶わないということがあります。 住職はご多忙のため、弟子の方が対応してくださるのですが、先日の迷いについて相談したものの、お返事がないままです。(詳しく書けませんが、遠方なので、メールで相談しています。) このような状況で受戒して良いのかという迷いが大きいです。 この状態では、受戒してもしなくても住職との関係は変わらない気がします。 弟子の方とやりとりできるようになっても、先日こちらでご相談したように、弟子の方のおっしゃることに時々疑問を抱いてしまっていますので、かえって悩みが増えそうです。 そういう理由で、まずは自分で学びながら、自分に合ったお寺を探そうかと思っています。 そこで参考のためにお伺いしたいのですが、在家の場合、受戒して師匠と弟子の関係になったら、何か具体的に変わることがあるのですか? たとえば、相談したいことがあれば優先的に時間を割いていただけるようになったり、そのほかに、定期的にお会いする機会があったりということでしょうか。また、仕事の仕方や生活信条、お寺との関わり方について、兄弟子から厳しく言われたりするようになるのでしょうか。 それぞれお寺によって、人によって、状況は異なると思いますが、ご自身の場合やお知り合いのケースなど、ご教示いただければ幸いです。

有り難し有り難し 12
回答数回答 3

戒名と法名について

父が亡くなり、戒名と法名についてのご相談です。 4年前に兄を亡くし、現在は父の故郷に父が購入した浄土真宗の納骨堂にお骨を納めております。 そして、そちらのお寺さんで法名をいただいております。 つい最近、父が亡くなりました。 父は我が家に近い納骨堂を私が購入し、納骨する予定です。 父が生前、娘の近くが良い…と言っていた為、つい最近、我が家に近い納骨堂を購入したばかりでした。 こちらの納骨堂は宗派問わずですが、管理をされているお寺さんが真言宗です。 葬儀の際は家族葬にした為、葬儀屋さんに手配していただいた真言宗のお坊さまに火葬場でお経を読んでいただき、戒名や法名はいただきませんでした。 やはり戒名や法名は今後、いただいた方がよろしいでしょうか? 四十九日法要の後、納骨する予定です。 その際に、納骨堂を管理しているお寺のお坊さまに四十九日開眼納骨法要をしていただこうと考えております。 そこで戒名をいただくか…。 俗名のままにするか迷っています。 いずれ兄のお骨も分骨して、こちらの納骨堂へも持ってきたいと考えています。 その場合、法名の入った過去帳を入れても良いものでしょうか? 過去帳には私の祖父母の名前も入っています。 それとも、兄も分骨の際に戒名をまたいただいた方がよろしいのでしょうか? 何が良い方法なのかご教示いただけると幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 26
回答数回答 3

生前受戒について

生前受戒を考えています。 戒名をもらいさえすれば仏教の学びが深まるというものではなく、またもらっていないからといってきちんと学んでいないとは限らないと思いますが、そういった中でも、受戒するのとしないのとでは、自分にとって何かが変わるのでしょうか。 先日、生前受戒を申し込みました。しかし今になって、あることのため少し迷いが生じ、お坊様方のご意見をお伺いしたく、このような質問をさせていただきました。 すでに同じ宗派で受戒している在家の知り合いから、ある活動(仏教の普及に関わることで、半年間の継続的な学習と集会出席が必要)に誘われ、「仕事が忙しく、今は自分のことに集中したいから」と断ったところ、「熱心さがたりない」「視野が狭い」「忙しいというのは単なる言い訳」といった意味のことを言われました。 その時の状況は詳しく書けませんが、例えば美容院で髪を切ってもらっている最中のような身体を動かせない状況のまま、ずっとそのような言葉を聞かされ続け、少しトラウマになっています。 その方は私が戒名をつけていただこうと思っているご住職とは縁が深く、一番弟子を自認しています。そのお寺に関わる以上、その方とも少しは関わることになります。 その方とは、お店のオーナーと客(私が客)の関係ですが、受戒しようと思っていることをお話してから、その方の私に対する態度が変わり、会うたびに弟子に心得を教えるような長いお話をされます。 その内容はちょっと首をひねってしまうようなものが多いです。私の言葉の意味をわかってもらえず、うわべの表現だけを取って否定されることが多いです。 「これまでもずっと仏教の本を読んで自分なりに学んでいた」と言えば、「仏教というのは学ぶものではなくて実践するものだ」と言われ、「これからは仏教を心のよりどころにしたい」と言えば「仏教というのは自分をよりどころにするものだ」と言われます。それだけを取ってみればその通りだと思いますが… 他に知っているお寺もなく、受戒するならこのご住職に、と思っていました。が、周囲にこのような方がおられることを考えると、深く関わることが正しいことなのかどうか分からなくなり、そもそも受戒までする必要があるのだろうか、と疑問が生じました。 ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

有り難し有り難し 32
回答数回答 5

赤ちゃんの戒名(位牌)について※長文です

初めて質問させていただきます。 3週間前に愛娘が病気で亡くなりました。生後6ヶ月の赤ちゃんです。悲しみに浸るまもなく、あれよあれよと葬儀を終え、来月四十九日の法要をする予定です。 本位牌を手配するため戒名の意味など調べておりました。 義実家の菩提寺は天台宗で、普段よりお付き合いは全くなく、私はこの度初めてそのお寺の存在を知りました。そちらで書いていただいた仮のお位牌 では「満6ヶ月」と「数貮歳」の2つの表記があり、私に数え年の知識が無かったものですから、「なぜ2歳なのか?」ととても気になりました。電話をかけてご住職に伺いましたところ、数え年について説明もいただき、本位牌には両方入れてもどちらかだけでも良いとの回答をいただきました。自分でも数え年についていろいろ調べ、2つ書いていただいた意味も理解できましたが、本位牌には「満6ヶ月」だけにしたいと思いました。なぜなら私の感覚では娘は0歳の赤ちゃんで、病気のため身体も新生児ほどの大きさしかなかったのに、2歳という言葉(年齢)はあまりに違和感があるからです。 さらに戒名自体については、主に1歳くらいまでの赤ちゃんには「嬰女」、2~3歳くらいには「孩女」という位号をつけることが多いと言われているそうですが、うちの子は「孩女」とつけていただいていました。おそらく数え年で2歳だからなのかと思ったのですが、ここでも物凄く違和感を感じてしまい、なんだかモヤモヤしています。一瞬、「嬰女」に変えていただきたいとすら思いましたが、再度お電話差し上げる勇気もないですし、つけていただいた戒名に難癖つけたいわけでもないです。ただ、数え年を使う意味やメリットには、宗教的な考えもあるでしょうが、昔の時代背景による簡便化といったことばかりが出てきて、この戒名にちっとも納得出来ません。私は無宗教ですし。数え年で戒名をつくることに、少しでもプラスに考えられるようなお話があれば是非お聞かせ願いたいです。「昔は面倒臭かったから」なんてことではない理由が知りたくて調べているのに、調べれば調べるほど墓穴を掘ります。2歳の戒名でも良いんだと思えるようなお話をお願いします。可愛い可愛い愛してやまない娘です。モヤモヤしたまま位牌は作れないです。どうぞよろしくお願いします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る