hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

冥福を使うのは?

回答数回答 4
有り難し有り難し 592

以前、法座で冥福の冥は、暗闇の世界だから適切ではないと伺っております。テレビを見ていると泣くなった人に対して、アナウンサーは必ずと言って良いほど「ご冥福をお祈りします」と言っています。その度に違和感を感じてしまいます。

身内を亡くしているので、余計に感じます。

もちろん、言っている人は悪気はないのは承知していますし、間違っていると言う訳でもないのかなと。しかし私は、「お悔やみ申し上げます」を心がけています。

ずっと気掛かりだったので教えて下さい。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

冥土の幸福

カルさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

以前法座で「冥福の冥は、暗闇の世界」とお聞きになったのですね。
おそらくそれは、浄土真宗のお寺ではないかと思います。他の宗派や一般の方は概ね、人が亡くなった際に「冥福を祈る」と言いますが、浄土真宗ではこの言葉を使いません。

「冥福を祈る」というのは「冥土での幸福を祈る」という意味です。
冥土を辞書でひくと「死者が行く暗黒の世界。あの世。冥界(めいかい)。冥府」や「死者の霊魂の行く世界。あの世。地獄・餓鬼・畜生の三悪道をいう」などと出てきます。

要するに「冥福を祈る」という言葉を厳密に解釈すると、亡くなった方が地下の暗黒の世界に落ちている、ということを前提にしていると捉えられます。でもまあ、一般の方がそうと認識して言っているわけではないので、あまり気にする必要は無いでしょう。

私が口にするのは、カルさんと同じように「お悔やみ申し上げます」や「哀悼の意を表します」などです。

ちなみに浄土真宗では、命を終えて行く世界は「西方極楽浄土」と示されています。「無量光明土」とも呼ばれる光に満ちた世界ですから、「冥土」と正反対ですね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

あの世で幸せ?

カルさま

わたしも、その冥福を祈るの言葉に違和感を感じていました。
よく、葬儀屋さんが使うのです。意味もなくみんなで手を合せて、ご冥福をお祈りいたします。
なんていうのです。

そもそもあの世の幸せってなに?って思い、とある老師に聞いた事があります。
「その言葉にはなんの意味もない。なんとなく耳に心地よく入ってくるから使っている程度の話でしょう。」
とのことでした。

救われるのは死んだ後ではなく生きている今です。仏教は死んだ後に救われる教えではなく、生きている今、救われるものです(^ ^)

わたしの場合は、少し視点が違いましたが、そのように、冥福という言葉に違和感を感じていましたのでコメントいたしました。参考までに。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


なるほど

あまり気にしてなかったのですが、浄土宗としても合わない言葉ですね。
今後は使わないようにしようと思います。
勉強になりました。
ありがとうございます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

気にしていませんでした 補足します

 「望月仏教大辞典」という辞典があるのですが、そこには「冥福」という言葉はありませんでした。
 「冥途」という言葉があり、「地獄などの三途幽冥の所を冥途と名付けたり」、とあります。
 「三途」というのは、地獄・餓鬼・畜生の三悪道をいうそうですので、確かにあまり良くないですね。

 次に角川書店の「新字源」
 「冥」を引きますと
 確かに一番最初に「くらい」が出てきますね。
 そのほかに、遠い、空(そら)、心の奥底、あの世、目に見えない神仏の作用、なんてのもありました。
 「冥福」を引きますと、「死後の幸福」と出ていました。

 人が亡くなった後、どのようになるかはわかりません。誰も死んだ世界から帰ってきた人がいないからです。
 でも、天なのか地なのかわからない、どこか遠いところで幸せになっているといいなぁ、神仏のご加護があるといいなぁ、と心の奥底で願っています、って感じでみなさん使っていると思います。
 一方で、他のお坊さん方が書いて下さっているように、宗派によっては、あまりふさわしくない表現となる場合があるようですので、問いにありますように「お悔やみ申し上げます」を使うのが穏当かもしれませんね。
 「ご冥福を...」と言われてもあまり気になさらないように。何しろすでに一般的に使われている言葉ですので。

(それよりも、私は個人的には、弔辞で「天国で...」という言葉を使う方がいて、そちらの方が気になります。「極楽」や「草葉の陰」等の方が仏教らしいと思います)

補足します。
 「古事記」に、イザナギノミコトが、死んだイザナミノミコトに会いに行く話があります。そこでは死後の世界「黄泉の国」は地下にあり、真っ暗である、とされています。古代の日本人はそのような感覚を持っていたと想像します。その感覚が今にも残っていて「冥福をお祈りする」という言葉になっているのかもしれませんね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

質問者からのお礼

ご回答 ありがとうございます。

変に真面目なところがあり、気にしすぎていたようです。

なごみ庵の浦上さま 夜中に最速のご回答、感激致しました。

円通寺の邦元さま 圓常寺の聖章さま 同じ違和感を感じていらっしゃる事を知り、嬉しくなりました。

鳳林寺の光禪さま 「新字源」を引いて下さり、恐縮いたしました。

皆様と心が通ったようで穏やかな気持ちになりました。ありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

学ぶ方法が知りたい

仏教をもっと知りたくて、ネットを活用していたところ、 hasunohaさんを知りました。 過去のQ&Aを拝見させて頂くと、 実際の僧侶の方々のお答えの方が難しい言葉を並べた活字より、 私には馴染みやすいような気がします。 (以下はプロフィールと重複しますが) 縁あって(しかもまったく別件で2度)、真言宗に関わるようになり 30年近くになります。 その頃は少しずつ、作法等を教わったのですが、 2年ほどで絶縁したため、基本を知らず、現在に至ります。 昨年、不思議なご縁の下で ホントに自分がやりたい事は何か?を 時間を掛けて自分に問い、 やはりご縁のあった仏道を進みたい。 今世に生まれた意味を知りたい。 そして少しでも人様のお役に立つのなら・・・ まずは 読んでるお経の意味を知るべきよね、 仏教用語的な言葉の意味も知るべきよね、 と、ネットで検索三昧。 そうなるとどんどん拡大してしまって、 真言宗ってそもそも・・・ 父方は浄土真宗でお寺さんもすぐ近く。 浄土真宗ってどんな考え方なの? 大日如来、阿弥陀様やお釈迦様って? などいろいろと知りたいことが増えてしまいました。 言葉が適切かはわかりませんが、 効率的な学び方を教えて頂きたくてこの場をお借り致しました。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

成仏とは

母が突然死しました。 数日前までとても元気に食事をし、健康診断も主治医から太鼓判を頂いたと喜んで報告してくれたので、しばらく信じられない気持ちでした。 きっと母自身も突然この世を去り驚いているだろうし、無念だったのではないかと気がかりでした。 母の死後、四十九日を待たずに地元で有名な霊能者の方にいろいろ視て頂きました。 信じる信じないは別として、ポッカリ空いた心を穴を埋めて欲しくて伺いました。 先生からの第一声が、母の生き方が素晴らしいとの事でした。 確かに母は誰にでも平等で優しく、穏やかな人でした。 しかし苦労が絶えず、娘の私から見ても果たして幸せな人生だったのか、そして誰にも看取られる事なく逝ってしまった最後が悲しすぎて後悔ばかりしておりました。 しかし、母は四十九日を待たずに天界へ登っているとの事でした。 すでに成仏しているとの事です。 例えて言うなら普通の方が徒歩で一歩ずつ天界へ登る所を、母はエレベーターで上がっていったようだとの事です。 今は6年前に亡くなった父よりも少し高い場所にいるとの事でした。 仏教は詳しくありませんが、人は亡くなってから四十九日間をかけて世話になった方等に挨拶周りをしてあの世への旅立つと祖母から教えてもらいました。 霊能者を疑ってるわけではありません。 それがでたらめでも心が救われたのは事実です。 そのまま胸に止めて生きていこうと思いましたが、ふとお坊様ならどうおっしゃるのだろうと気になりましたので質問させて頂きたいのです。 生前の生き方と言うのは成仏の仕方にも影響があるのでしょうか? 悪事を行えば地獄、良い行いをすれば天国。 それは子供の頃から頭の片隅に何となくありましたが、天国への上がり方にも生き方は反映するのでしょうか? 心が清らかな母だからそうなれたのでしょうか? そんな事って本当にあり得る事なのでしょうか? 母は悲しい最後で旅立ちましたが、人間、死に方ではなく生き方が全てと言う霊能者の言葉を信じても良いのでしょうか? 否定されても信じて行くつもりですが、仏様にお仕えするお立場からのご意見をお願い致します。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

こんなことをしていても大丈夫でしょうか?

もともとお線香の香りを楽しみたくて仏壇用のお線香をよくたいていました。 最近、1週間に1回お花が届く「お花の定期便」というものを始めたのですが、 そのお花と、お線香と、元々家にあるLEDろうそくを並べてみたら…三具足!?と思いました。3つ並べた状態でLEDろうそくをつけてお線香をたいてみたらなんだか仏壇に向かっているような気持ちになりました。 お線香に火をつけた後は何故か自然に手を合わせたい気持ちになるので手を合わせますが、この時の私の気持ちは何か1つを思うわけではなく、祖母や無くなった友人のことを思い出したり、大好きな仏様のことを考えたり色々です。 私の格好もお風呂上りだったりけっこうラフな格好で夜にこうしている事が多いです。 そして「この三具足のようなもの」はパソコン机の上なので、定位置に置いているわけでもありません。何か作業を始めたら隅っこに追いやってしまいますし、お線香が燃え尽きたらお花を移動させてしまうこともあります。 でも、もうすぐお盆ですし今度はお供え用のお菓子も置いてみようかな?と思い、お菓子を買ってきてしまったりもしています。 いつまでこれをやってみたいと思うのか自分でもわかりませんが、 今みたいな事をしていても大丈夫なのでしょうか?疑問に思い質問させて頂きました、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る