hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

教えについて

回答数回答 1
有り難し有り難し 6

人は反省をして利他に生きる姿勢を築くのが人生だと考えています。
ですが、そのためには沢山の無駄ともいえる遠回りをして、一切皆苦の経験を必要とするのだと思えています。
沢山の無駄ともいえる遠回り。
こういう無駄を無くして、利他に生きる姿勢に、この世があって欲しいと願っています。
何故なら、最初から   人は、そういう道を求めていると考えるからです。
指針を失い迷い惑い、嘆き悲しみ、また道を探す。
それを是としなさいと、仏教では教えられるのでしょうか?
遠回りをしてきた私は、そういうものを無くしたくて仕方がありません。
悲しくて仕方ありません。
だからといって能力に優れてることもありません。
でも虐められて悲しみ苦しむ人の気持ちが痛いほど伝わります。
無視したくありません。
なのに前進することもままならず、健康や生活が損なわれ傷つきっぱなしです。
悲しくて仕方がないのです。
どうすれば良いのでしょうか?

2021年6月14日 10:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 1件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

※追記あり 業、輪廻の因縁

追記・・お礼を拝見しまして・・

まあ、世間における慈善事業、慈善活動が必ずしも仏教的に正しいとも限りません。似非、偽善も多いですから・・あるいはひどい場合は補助金詐取のためとかも・・

所詮は人間活動におけることですから・・

まあ、あまりそこに囚われることなく、生産活動、賃金を得る活動は別としてなさられるのも。

仏教では、全ての衆生のためにどうあるべきか、それは日々の生活内での行動でも少しずつできることでもあります。

例えば、人の為にはできなくても、アリやダンゴムシのためにできることなどはたくさんあります。下を見て踏まないように歩くことなどからでも。

たったそれだけのことでも、命を救うというモノ凄い慈善力となります。

そんなところからでもです。

いいたくないさま

慈悲、利他の心、菩提心の発心が起こしにくいのは、無明(根本的な無知)、倶生の諦執、真実執着という過去世から輪廻し続けてきてある根本的な問題によるところとなります。

また、その無明、煩悩による業(カルマ)は、過去世から引き続き背負ってあるため、今世、今生の僅かな善業だけで浄化するのは大変に難しくにもあります。

しかし、何も取り組まなければ、結局は同じように迷い苦しむことになります。

この業、輪廻の因縁の道理を理解して、そして、仏道に取り組むこと、また、他の全ての衆生たちも同じように救われる道を歩めるように少しでもお手伝いできることに取り組むのが肝要となって参ります。

智慧と福徳の二つの資糧を積みつつ、それらを一切衆生のためにとして回向して頂けましたらと存じます。

共に取り組んで参りましょう。

川口英俊 合掌

2021年6月14日 11:08
{{count}}
有り難し
おきもち


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究 この度、仏...

質問者からのお礼

川口 英俊 様
ご教示いただき、ありがとうございます。
勿論進路としましては、慈善事業の中で慈善活動を描きたく、そちら方面へと検討しているのですが、現在心身病んでおり複合的な問題を抱えております。
このような状況(ニートです)になりまして、4年ほどになるのです。
以前、慈善団体へ求人応募をしたこともありますが、結局お荷物といいますか。
心身健康ではないため、作成した作文を応募書類に同封できず、採用面接に挑みました。
その場では、受け付けて頂けなかったのは仕方ないほどに応募希望者は多くいらしていました。
他の業務に関しましても就職戦線の厳しい事情は理解しており譲るべきではないのかななどと考えてしまいます。
この点、改める方法がありましたら、またアドバイス下さると大変助かります。

追記のアドバイスを拝見させていただきました。
お言葉頂き、ありがとうございます。仏教的に正しいから、それをしたいという理由ではないのです。
できればNPOなど設立して、私なりの方法で弱り寂しく悲しい思いをしている人に笑顔を提供したい。
と、とんでもない野望も抱いたりしています。
能力や知識、折り合いの問題なのですが。
ご縁には恵まれません。
ですから、現在も知識は少ないですし、そういう場(慈善事業など)で活躍させていただければと考える次第なんです。
足るを知るです。
アリやダンゴムシのためにできることに意欲を燃やす発想につきましては些か難しいです。
かなり私の目指す未来とは乖離することです。
ご多忙の中、ありがとうございました。

アリやダンゴムシのためにできることに対して私の解釈に語弊があったかもしれません。
申し訳ありませんでした。
無論、人間以外外の生命を粗末に扱うような気持ちはありません。
数年前には金魚程度ならとおもい飼育してしまいましたが、二十年以上は肉食は致しませんし、ペットに癒されたい気持ちはあっても所有しようなどとも考えてはいません。
ペットに癒されるのは是か否かみたいな話も含んでしまいましたが、誤解なき用お願いいたします。
ありがとうございました。

終了します

失礼しました

一度終了しましたが、ご挨拶がしたくなり再訪問させていただきました。
いまの私には拘り続けた悲しみが、誰の意見をも素直に受け入れられないような気がしています。
人の言葉に耳を貸す余裕がないようです。
確かに、誰かの役に立たせてもらえるような状態ではないですね。
とても慈善の意識で何かするなんて、無理なのでしょう。
的確なアドバイスを頂いたと思ってます。
心がいっぱいいっぱいで、穢れすぎていて。
ここらが私の器の限界なんだなと感じてます。
どうしたらいいのかというのも、わかりませんが。
少し気が楽になりました。
ありがとうございました。

「仏教における修行」問答一覧

夏休みを利用した参禅の可否について

こんにちは 私は現在海外の大学にて哲学を学んでいますが、その興味の分野はもっぱら西田幾多郎や鈴木大拙などの俗にいう「東洋思想」にあります。そこで私は大学の夏休みを利用して、臨済宗のお寺に数ヶ月間参禅したいと考えているのですが、そういった短期の修行は可能なのでしょうか?また、もし可能であれば鈴木大拙の思想を深く学べるところを紹介していただけると幸いです。 上記の質問だけだとただ思想に魅了されただけの青二才という印象が否めないので、もう少しだけ「禅」を志す理由を明記させていただきたく思います。 私は幼少期の頃から嗜んでいた少林寺拳法と、中高で出会った先生方の影響により教育者になることを志しています。しかし現代教育におけるあまりにも多くの問題はロゴス的思考力ばかりを求め、心のあり方や感覚などのレンマ的なものを忘れ去ってしまっているように思われます。学問とは本来「学ぶことの楽しさ」を追求すべきなのに成績や偏差値と言った数字だけで縛りつけ、「合理的」という一点のみを求めてただの点取りゲームのようになってしまっている現状は、「歪んでいる」としか形容ができないものです。 「禅」の教えが、それは古くから日本文化が、そして日本人が慣れ親しんできた教えですが、そうした教えが「歪み」を直し、子供たちに「学ぶ」ことの楽しさや「健全な心」の育み方を教える大きなヒントになるではないかと西田幾多郎や鈴木大拙の著書を読んで感じ、より彼らの思想への理解を深めるために、修行をしたいと思い立ち、現在に至ります。 教育者を志しているので出家をし本格的に臨済宗の僧侶になることはいささか迷いがあるのは事実ですが、それでも自らの思想を育み、未来の少女少年たちに「禅」の教えを、そして「学び」の楽しさを教えることができる人間になれたらと思います、長々と失礼しましたが、何卒ご意見やご紹介のほどをよろしくお願いします。

有り難し有り難し 46
回答数回答 3

人間はなぜ修行しなければ悟れないのか?

ご質問させて頂きますハルソラと申します。 私は禅の思想に感銘を受け、座禅修行を念頭に日々の生活を送っております。 多数の書物やお話から理屈では「なるほど悟りとはこのようなものか」と理解しつつも、お坊さまはご存知の通り、頭の理解でどうにかなるものではなく悪戦苦闘の日々です。 そこで私はふと思いました。なぜ人間はこんなに修行しなければ悟れないのか?…と。 昔、文鳥を飼っていた事がありますが、文鳥は悟っていると思いました。 すべての行動が「作為なく自然体で、ありのまま」なのです。 例えば、指で突っつくと怒るのですが、次の瞬間に手のひらを差し出すと、怒っていた事はすっかり忘れて手のひらに乗って機嫌良くしているし、 晩年は羽の力も衰えて全く飛べなくなりましたが、そんな事を気にしたり落ち込んだりする様子もなく、シャカシャカと素早く走りいつも通りのご機嫌なのです。 動物植物などはそのように「ありのまま」生きている(…と思う私の推測ですが)のに何故に人間は長い間たくさんの修行をしてやっと悟れるか、あるいはそれでも悟れない、という言わば面倒な存在なのでしょうか? お坊さま方もお忙しい中まことに恐縮ですが、ご教授よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 32
回答数回答 5

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る