hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仏教は向上心を否定するか

回答数回答 3
有り難し有り難し 52

よろしければ皆様の意見をお聞かせください。


仏教は向上心を否定するか。
向上心とは現状に満足せず、さらに高い目標を目指す心の有り様を表す言葉です。
向上心は現代社会で広く受け入れられ、むしろ向上心が無いことは悪い事という風潮すらあります。

私は向上心の動機として、欲と執着は不可欠だと感じます。
小欲知足を基本とする仏教において、向上心は否定されるでしょうか。

否定される、と言うのが私の考えです。

現代社会は、キリスト教等の禁欲思想を否定し、
欲望を肯定し、それを達成する事で発展してきたように感じます。
ゆえに、欲望を受け入れ自らを切磋琢磨する向上心は、社会の発展に有意義なために広く受け入れられていると考えます。

人の無限の欲望をエネルギー源としている現代社会は、仏教思想と相容れない部分があると思います。
よって、仏教は向上心を否定すると考えます。

皆様はどのようにお考えでしょうか。また、お弟子さんやお子さん等、身の回りの方に向上心が見られない場合、どのように指導する(あるいは指導しない)か教えていただけると助かります。

2021年6月14日 12:25

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

何ら矛盾はないし、否定もしていない

こんにちは。

前回も縁があって回答しました。
私は、仏教を思想で論じるのではなく、自らの体験として仏教を問わないと、それは机上の空論になりますと指摘しました。

これに対して、あなたはご自身を「仏教徒になりきれない仏教徒」「実践の伴わない、頭でっかちの仏教ファン」だと返信で語っていました。

前回、あなたは釈尊の求道が「極端なニヒリズム」ではないか、と述べていました。今回、あなたは「仏教は向上心を否定する」という仮説を述べています。ご自身を「仏教徒」「仏教ファン」であると自認しながら、なぜ否定的、批判的問いを続けるのでしょう。

前回、あなたには仏教の言葉、概念について基本的な理解不足と、自らの人生、体験を重ね合わせていない問いであることを指摘ました。今回も、同様の傾向を感じます。

「向上心」を、一先ず人格や技術等を「向上」させるための「欲」である、と言い換えます。その「欲」自体を仏教は否定していません。世俗にあって社会生活を営むには、さまざまな「欲」がなければ成り立ちません。

しかし、その「欲」が行き過ぎたり、方向性が間違っていたりするところに苦しみが生まれますよ、それを「貪欲(とんよく)」というのですよ、と仏教は教えます。「小欲知足」して、行き過ぎを省みたり、方向性の修正をしましょう、と教えているに過ぎません。

つまり、そこに何ら矛盾はないという事です。

こういった理屈の展開は、やはり基礎が出来ていないとそもそも難しいのです。一度、簡単な仏教入門を通読することをお勧めします。

あなたに、真に「仏教徒」、「仏教ファン」になって欲しい心から書きました。

追記
ご返信ありがとうございました。
あなたの質問の意図は承知しました。

ただ、ご自身でもお気づきのように、仏教について基礎的な内容を踏まえないで、先鋭的に突っ込んだ応用的質問を一度ならず向けられると、批判ありきではないかと受け止められてしまいます。

どうぞ、遠慮なくこれらからも質問をして下さい。
その際は、例えば仏教を理解したい、こんなところが好きのなのですがわからないところがあります、などの好意的スタンスで質問されてはいかがでしょうか。

では。

2021年6月14日 15:32
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...
このお坊さんを応援する

仏教の目的

ジョージ真壁さま

やはり、悟り・涅槃という目的、結果への向上力、仏教では心の対治力となりますが、もちろん必要となります。

欲、執着、慢の力も全てが否定されるものではなく、特に密教では、それらをうまくコントロールして(特に利他のためとして)、疾速に、加持力を頂戴し、悟り・涅槃へと向かわしめるために使うところとなります。

要は何のための向上であるのか、というところで、仏教では、世俗の幸せや自分の私利私欲とかを満たすものではなく、菩提心、全ての衆生を救うために仏道を進めていくということが大切となります。

川口英俊 合掌

2021年6月14日 14:24
{{count}}
有り難し
おきもち


出家と在家

出家か在家かによって優先順位は変わるでしょう。
在家の場合、日常の社会生活における向上心を捨てる必要はないと思います。
また、仏様の智慧と慈悲の教えを社会生活に役立てることも可能でしょう。

2021年6月14日 12:59
{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

皆様、貴重なご意見いただきありがとうございます。
釋様、私は仏教を否定するつもりで書いている訳ではございません。
誤解を与える書き方をしたようで、深く反省しております。
仏教の実践とは何をすべきか、ゴータマシッタルダは何をなして、何を見出したのか。
また、2500年前と現代では社会的背景も異なります。また、仏教そのものも変わってきていると感じます。そのような中で仏教をどのように解釈し、どのように伝えるか考えての投稿になります。

「仏教全般」問答一覧

もしブッダがナイフで刺されたら【他2点】

仏教の初学者です。何卒よろしくお願い致します。   ①ブッダがナイフで刺されたら、どう反応されたでしょうか。  慈悲で相手を許されるかと思いますが、止血しようとしますか?  「生への執着」すら持たないのでしょうか。(想像で構いません)   ②より良い生のため、「知足」と「向上心」をどう両立させるか? 以下の4パターンを考えてみました。   【良さそうな例】 A「相手のため」×「向上心」 (例)より喜ばれる仕事をしたい B「自分のため」×「知 足」 (例)菜食で十分   【悪そうな例】 C「相手のため」×「知 足」 (例)今の仕事の質で十分 D「自分のため」×「向上心」 (例)より美味しい食事をしたい   しかし、諸法無我を考えると混乱します。 異なる線引きが適切でしょうか?     また、向上心は往々にして執着/煩悩に変わりそうですね。。   ③人間は「感覚」に「反応」して、喜んだり悲しんだりするかと。   A 感覚「喉が渇いた」etc. B 反応「不快だ」etc.   瞑想や修行で、A⇒Bの繋がりを弱めることは可能だと思います。 悟りとは、A⇒Bの繋がりが無くなる(=涅槃)との認識です。 そこで質問。悟ったら、生きてて楽しいのでしょうか? (批判する意図は全くありません)   一切皆苦を前提とした上で、喜んだり悲しんだり「いま」を味わうのが「生きる」とすると、悟ってどんな「いいこと」があるのでしょうか? (メタに考えると、一切皆苦から逃げたいという煩悩がある?)   或いは、煩悩と悟りの間でどうバランスを取られているのでしょうか?   長文失礼いたしました。 ピントがずれているかもですが、何卒宜しくお願い致します。  

有り難し有り難し 50
回答数回答 3

できる範囲での仏教でいいのか

短期間に多くの質問をして申し訳ありません。 hasunohaに出会って、自分の心と 向き合うための知恵や方法を少しずつですが知ることができました。 特に死生観や生きる意味については お経にしめされている教えや、hasunohaでの問答で 少しずつ道が見えてきたような気がして、 仏教の教えや考え方を取り入れて生活したいと 考えるようになりました。 そこで自分は、書籍などで仏教の作法やお経を調べて 実践しやすいものを生活に取り入れてみたのですが 家が檀家ではないし、近所にお寺が少ないので 自分がしていることが仏教的によいのかがわからなくて、 自分が読んだ本についても、今までの学の範囲内で 意味を考えているかもしれないので もしかしたら解釈が違ってしまっているかも、と不安です。 生兵法は大怪我のもと、のように 檀家でない人、制式に入信していない中途半端な人 が仏教の教えや作法などを生活の中に取り入れても 効果はないのでしょうか? 信仰はどこから有効なものなのでしょうか? また、今後自分がどうしていくべきか (どのように仏教と付き合い 生活の中に生かしていくべきか) を教えてください。 この質問が、今の仏教に対する冒涜のようになってしまっていたら 申し訳ありません。 乱文失礼しました。 追伸 今自分がしていること 寝る前に念仏を唱えて、阿弥陀さまにその日のことや 次の日のことについてご報告させていただくこと。 同じように空いた時間に念仏を唱えること。 お経や教えを心に留めて日常生活をすること。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺