hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

ラブストーリーは突然すぎて…

回答数回答 10
有り難し有り難し 1826

妻がいて、数か月後には子供も産まれます。
それなのに、他の女性に恋心を抱いてしまいました。
俗に言う、両想いです。

いけないと頭では理解しているのですが、どうしても気持ちに逆らえません。
どうしたら良いでしょうか???

もちろん妻のことも好きで、産まれてくる子供のことも嬉しく思っています。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 10件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自業自得と言う言葉を知っていますか?

 ラブストーリー、ふざけちゃいけない。あなたがそんなことを言ったら、世界中の恋人たちが憤慨しますよ。「いつから、不倫、裏切り、略奪をラブストーリーと言うようになったんだ。」と。世の中には、あなたのようなことをしちゃった人は、それなりに居られます。でも、そういう行為の後に、どういう結果を招くかそれなりの覚悟があるんでしょうね。

 奥さんはあなたから離れて行くでしょう。子供さんは物心つけば、自分の父親がどんなことをしでかしたか理解するようになるでしょう。そういう父親に対して、子供さんは憎しみの情を抱く事はあっても、愛情を抱く事は無いでしょう。

  今、あなたに惚れている(らしい)女性は、いずれあなたから離れ、違う男性になびいていくでしょう。だって、奥さんが居ることを承知であなたとくっつこうとしているんですから、その程度の倫理観の女性です。他の男性になびいていく可能性は高いですね。

家族を失い、愛人も失い、孤独な人生の末路を辿る。そういう結果を招いても、それはあなたが蒔いた種です。誰を恨んでもいけません。自業自得です。恨むなら、自分を恨みましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...
このお坊さんを応援する

洞然坊の大橋慈峰です。

始めまして、大橋です。
ご相談事、拝読いたしました。一言宜しいでしょうか?
大馬鹿物! 以上です。

{{count}}
有り難し
おきもち


大橋慈峰
始めまして、洞然坊の大橋慈峰です。小さな修験道のお寺で、住職しています。
このお坊さんを応援する

それはラブではなく、ゲーム。

おそらくあなたは、彼女の妊娠によって、かつて恋人であったあなたの愛すべき彼女が母親化していくことに目を背けたのでしょう。
妊娠中の彼女はかつて、あなたの❝恋人❞であり、いつでもあなたの一番のそばに居てくれた。
ところが妊娠によって彼女は、恋人から、別の存在に変化しつつある。
あなたに接する在り方やデートスタイルは変わってしまった。
(それは当然)
あなたは愛飢え男だからチヤホヤされていないと満足できない。
彼女に以前と変わらない自由なかかわり方を求め続ける。
ところがそれは妊娠によって制約ができたため、その自己愛・快楽を埋める為に見出された次の獲物が新しい彼女です。
茶化さず、変にラブストーリーなどと正当化しようとせんでもいいです。
世の自己愛的な男性は、かつて恋人関係であった相手が母親化することで❝冷めた❞気持ちになってしまう人も少なくありません。
でも、それは自己愛と都合でしかものを観ていない幼稚な精神だからです。
奧さんとはあまり話をしていないと思いますが、あなたは奥さんの表面化されない無言の愛情を感受するべきです。あなたに足りないのはそのセンサー。
その力を引き出さない限り一生、自己愛野郎ですよ。
仮にその不倫?相手との子供ができたとしても、あなたはまた別の女性に愛を求めるようになります。何故だかわかりますか。
あなたはラブ、と表現しましたが、それは愛じゃなくあなたにはゲームだからなんですよ。
いろんな女性から愛されたいがために、自分を愛してくれる獲物を探す「ゲーム」をしてるだけなのです。愛を語るには早すぎます。愛は愛でも自分を満たす自己愛。
大切なことは自分が今も「愛」だと思いこんできた感情が愛ではなく、自分の欲求を満たす欲望的感覚であったことを、いい大人なんですから気づいて恥じ、軌道修正する。
あなたの子供を宿して苦しい思いをしてくださっている彼女の身を我が事のように心配してあげてください。愛は愛という感覚が分からない人にとっては少しづつ育てて、培ってゆくべきものです。彼女の愛を感じ取れるようになれば自分の愚かさに目が覚めてブレーキが聞くようになるでしょう。
数年後彼女から、あなたは愛に溢れている、と言わせるほど愛を表現し続けてゆくべきです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

命がけで母子を守ってください。

ご自分を「そして父になる」と名乗られておいでですが…

母親が子供を産むのは命がけなのをご存知でしょうか?

10カ月間それはそれは大変な思いでお腹の子供を守るのです。
その間自分の好きな事など出来ません。
何かがひとつ間違うと母子ともに亡くなることも珍しいわけではないと思います。

あなたの子供を産むために、命がけで頑張っておられる奥様に対して
あなたは何をしているのでしょうか?

よくよく人として、胸に手を当てて考えて下さい。

あなたは命がけであなたの奥さんと生まれて来るお子さんを守る気概はありますか?

命がけというのは 遊びではありませんよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

「そして父になる」様。

どうもこうも…いい加減に目を覚ましなさい。甘えておいでです。

頭に血が上って、見境が付かないだけでしょうから、水行でも為さいまして、しゃっきりと為さいませ。
「そして父になる」様。

{{count}}
有り難し
おきもち


色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...
このお坊さんを応援する

“他の女性”との、ご縁はありません

そして父になるさん、こんにちは。

奥様がいて、数か月後にはお子さんが誕生されること。
まずは、おめでとうございます。

そして、奥様ではなく、他の女性に恋心を。しかも両想いになっていると・・・。
頭では理解しているけれども、どうしてもあなた自身の想いのに逆らえず、苦しんでいるのですね。

ちょっと厳しいことを言います。
まず、伺いたいのは、『あなたは本当にその“他の女性”と【両想い】だと思っていますか?』

結婚も子どもも出来るときは出来るのでしょう。
いろいろな感情や勢いで出来ることもあるでしょうし、論理や計画で出来ることもある。

しかし【両想い】はそう簡単にできません。ラブストーリーは突然なんてあり得ません。
それはそれは「ご縁ですね」とぼくも言うことはありますが、あなたには言いません。

間違いなく幸せな結論は、その“他の女性”と別れることです。もちろん、奥様にも、お子さんにも、全部ナイショ。ここに相談したことも秘密ですし、あなた自身も忘れましょう。あなたは自分で別れると決めた。これで解決です。

あなたが悩んでいること。それは、あなただけが苦しむことです。この苦しみに気付いた貴方ならば大丈夫です。別れられます。
それは試練です。あなたは「そして父になる」はずです。

そして、なにより、数か月後にはお子さんが誕生されることを御祝い申し上げます。

{{count}}
有り難し
おきもち


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...
このお坊さんを応援する

ご自身で選んで下さい。

そして父になる様
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。

あなた。
奥さん。
産まれてくるお子さん。
不倫相手。

その不倫相手とどこまで進んでいるのか分かりませんが、一線を超えているのだとしたら、すでに誰もが傷つかない道はありません。誰を傷つけるか、ご自身で選んで下さい。

それと、「どうしても気持ちに逆らえません」とありますが、気持ちに逆らえる可能性を持つのが、人間という生きものではないでしょうか。
ご自身で選んで下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

良縁はどこにあるのでしょう

そして父になる様、おはようございます。
世の中に婚活中の男女がどの位いるのでしょう?
子どもが欲しくて欲しくて仕方がない夫婦がどの位いるのでしょう?
お釈迦さまは『知足(ちそく)』。
つまり「足ることを知れ」と述べております。
もっと今ある幸せに気付くべきではないでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち


有坂脩岳(しゅうちゃん)
『般若心経』を梵語(サンスクリット語)で読める日本でも珍しいお坊さんです。...
このお坊さんを応援する

妻の妊娠中に夫が浮気するのはよくあるそうです。

 感情は自然に湧きあがってくるものですが、自分の行動は自制できるはず。ましてや奥様のことは好きなままなんですね。だったら迷うことなく、間もなく生まれてくる我が子を夫婦で楽しみに待ちましょう。

 でも、そのような家庭環境の男性を好きになる女性もいかがなものかと思います。どうか性欲に負けないでください。

{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

母子ともに健康にてのご安産を祈念申し上げます。

そして父になる様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

奥様はそろそろ臨月ぐらいに差し掛かっておられるでしょうか。。妊婦健診に付き添われていますかね。胎動も激しくなってくる頃、どうか話し掛けや胎動遊びなども奥様とご一緒になさられて赤ちゃんとコミュニケーションを取られて下さいませ。

さて、既に多くの僧侶の皆様からお叱りのお言葉を頂けているようでございまして、誠に有り難い限りでございます。

一つの悪い行いでも、状況によっては、ただその一つの悪い行いに留まらずに、「嘘つきは泥棒の始まり」と言いますように、複合的な悪い行いを幾つも積んでいくことにもなりかねないため、誠に注意が必要となります。その悪い行いの集まりである悪業の報いがいずれ訪れるのが、早いか遅いか、今世か来世かに拘らずに後悔するほどのものになってしまうことも当然にあり得ます。

特に不倫・浮気の代償・報いの多くは、今世のうちにおいて訪れることも多いのではないかと存じます。

まだ引き返せる今のうちにしっかりと改心して、どうか一人の大人として、父親としての自覚と責任を持って、子育て生活に勤しんで頂けましたらと存じております。

「幸せは失ってみて初めて気づくもの」ということをよく聞きますが、実際に失ってからでは正直遅いのです。

どうか、後々に嫌というほどに後悔する前に、この度は踏みとどまって頂きたくに存じます。

もちろん、自らで苦難の道を選ぶのも、そして父になる様の自由ではあります。先にて大いに苦しむ覚悟をお持ちであるならば無理に止めることは致しません。ご勝手にとなるでしょうが、しかし、私たち僧侶の立場においては、悪因悪果、善因善果の因果の理に偽りのないことをよく承知しておりますので、やはり、強く諌めなければならないというものとなります。どうかよくよくにお考えになられますことを祈念申し上げます。

また下記各問いの拙回答の内容もご参照賜われましたらと存じます。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/cat_339249.html
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/不邪淫戒

母子ともに健康にてのご安産を誠に祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


「不倫・既婚者と恋愛」問答一覧

W不倫の妊娠。中絶予約も一緒にいきたい

2年前から付き合いのある不倫相手(以後A)の子を妊娠しました。 私は既婚、夫との子ども2人。 子ども(小学生と幼児)はとても大切でかわいいです。下の子は年齢的にも甘えん坊です。 Aも既婚、同じくお子さんがいます。 判明後「あなたのどんな決断でもリクエストでも受け入れる」と言われています。 妊娠を夫に打ち明け離婚となれば、経済力と私の体力の問題で妊娠出産と2人育児を一人で担うは難しい、私も2人の子どもと離れ難くまた将来へ渡る子の心への影響も心配なため、夫には秘匿のまま中絶 の結論を出し本日検査の後手術の予約(年明け)をしました。 しかし 私とAとの責任をお腹の子一人に負わせるのは余りにも酷い。まだ感覚器官も背骨も無く痛みも無いかもしれないが、一人で空に行くのは辛くさびしかろと思います。 さみしくないようにお母さんも一緒に行くからね。一緒にいこうね。 そういう思いが胸にぐっと塊となっているのに、同時に2人の子も同じく私の子で置いてはいけないとも思うのです。 私はAと出会う前から子どもが成人したら夫と離婚するつもりでした。昨年夫の在宅勤務が始まってからは家の中では「居なくなりたい」「消滅したい」「早く全部を終わりにしたい」と毎日毎日思いながらも、子どもとAのおかげで思い止まり「これまでで10年、親離れするまで半分来た。あと半分頑張れるはず」と考えるようにしてきました。 10年ほど前から「僕に何の関係あるの?」と、私は夫に直接関係無い事を話しかけてはならず(子の事や私が通院などで子の面倒みてほしいなどの相談・連絡は可)何気ない会話をこちらが期待していた間は私にとっては苦しくなる相手でしたが、子にとっては大好きな父親。 自炊でき、酒癖も直り、家計を心配なく担ってくれ、賭け事もしない健康な社会人で、子どもの成育に無くてはならないありがたい存在です。 ですから、私が居なくなっても子らの肉体的経済的な心配は皆無。下の子も産めたので長じて親が死んでもひとりぼっちにはなりません。夫もカノジョか家政婦が決まるまで就業時間が減って家事と送迎の負担が増えるくらいです。 2人の子どもと一緒に居るために中絶が妥当と選んだのにそれなら私も赤ちゃんと一緒に行きたい、などと矛盾しており、思考が止まっているなと自覚しています。 別視点をご教示いただければ幸いです。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

不倫の代償

先日不倫の事で質問をさせていただきました。 慰謝料も払い、こちらのやるべきことはやったのであとは向こうのご夫婦の問題と教えていただきました。 もがくような気持ちで接触禁止を守り、相手も周りからみると異常な位距離をとっています。不自然すぎて悲しくなりますが、これも自分の罪の重さと飲み込んでいます。 日に日に、相手がやつれていくのが目にみえていきます。こちらも体重が毎日落ちていますので、相手もご家庭できっと悩み悩んでるのかと思います。 こちらにはまったく気持ちが無いことわかっているのですが、相手の弱っている所をみると罪の意識が重くのしかかります。 なにもすることができないし、何かをするというのは厚かましい話です。 向こうのご家族が上手く行くことを毎日毎時間祈ってます。 ですが、ふと「あちらは私のことなど一ミリも何も感じてないのに。むしろこいつがいたせいでと思っているかも」と考えてしまいます。 この期に及んでまだ、相手の気持ちを欲している厚かましく汚い自分がいます。 早く早く解放されたいと思ってますが、この罪は一生背負わなければいけないのだなとも、忘れられないと何度も考えてしまいます。 この気持ちが解放されるときが来るのでしょうか

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

既婚女性と不倫

彼女とはインターネットで出会い、最初はただの友達でした。次第にお互いの話をするようになり彼女には自閉症の息子とその他にもう1人子供がいること、離婚を旦那さんから提案されたことを聞きなんとか彼女を助けたいと思い交際を始めました。 ですが、今年の9月に彼女から「あなたを障害のある子供の父親にしたくない、あなたを愛しているけど負担になりたくない、でも1人で育てていく自信はないから離婚することをやめようと思う。」と伝えられました。 彼女も僕も海外に住んでいることもありなかなか会えず、今週やっと会うことができました。 そして昨日初めて彼女を抱きました。 とても幸せでしたが、終わった後は彼女も僕もやっと夢が叶ったと思うのと同時に罪悪感で、一緒にいたいけど、どうしたらいいのかわからなくなってしまいました。 彼女と旦那は今も家庭内別居中で子供のこともほとんど彼女が1人で面倒見ているみたいなのでなんとか助けたいと思うのですが、どうしたらいいのでしょうか? 何度か彼女に離婚しないなら子供達のためにも僕を忘れて旦那さんを好きにならなきゃ、と話したけど無理だと言われました。 彼女に僕との結婚してもらえるよう頑張ればいいのか、 旦那さんを好きになってもらえるように説得すればいいのか、 それともこのままの関係で心の支えとして居続ければいいのか、、 彼女の幸せが僕の1番の望みです どうしたらいいのでしょうか? どの道に彼女にとっての救いがあるのでしょうか? めちゃくちゃな文ですみません。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

不倫

不倫を行ってしまいました。相手は上司で、大人の態度に惹かれお誘いされ軽く食事をする間柄でしたが完全にのぼせ上がってしまい、肉体関係を結びました。 肉体関係を結んでからは何度も、相手からは体の関係と言われていたがこちら側が本気になってしまい、それでもいいからと逢い引きを重ねました。 相手のご家族にバレ、破局しました。 会社や家族にばらすと言われたのと、軽い気持ちでやったことがとても大事になってしまったことを感じ、恐ろしさと後悔で相場よりもかけ離れた莫大な慰謝料を支払いました。 あまりにも高い慰謝料だったので暫くはそちらに気が行ってしまい、示談の話し合いの時も半ば脅された感もあったので恐怖感が半端なく、不倫相手の全てこちら側が悪いとの物言いが辛くて怒りでなぜこちらだけと考えていました。 そして今、相手が離婚の危機をむかえ、向こうの家庭を壊してしまう恐怖、後悔、贖罪で頭がおかしくなりそうです。 本当に自業自得で、話し合いの際の恐ろしさ、相手の家庭を壊してしまった罪の重さ、相場以上の慰謝料を大人しく払ったのだから、離婚はするかしないかわからない、再構築すると言っていたのだからきっと大丈夫、終わった話と自分の都合のいいように思おうとしても心が嘘をつけません。 とんでもないことをしてしまいました。 この謝罪の気持ちが届いてほしいと厚かましいことを考えてしまいます。 これから先、身勝手であるのは承知の上で向こうのご家族の平穏、私の心の解放が訪れるには私はどうしたらいいのかわかりません。 混乱していて文章がおかしくて申し訳ありません。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

不倫への罪悪感/今後について

夫がいるにもかかわらず不倫をしてしまいました。 きっかけとしては 約一年前夫にお酒による暴力を振るわれ そこから夫への家族としての愛情が薄れてしまったタイミングで彼と出会ってしまい 関係を持ってしまいました。 数ヶ月後彼には既婚であることを告げられておらずでしたので本当のことを告げ、 謝罪をし、現在はお別れをしております。 夫とはまだ婚姻関係が続いておりますが 離婚の意を伝えており、もう少しだけ頑張らせてもらえないかといわれ私も一度覚悟を決めた結婚のため 再度考え直そうとしましたが気持ちは変わらずですので再度以前と変わらず 夫に対しての不安、お酒をそれでもやめられないこと、お互いの優先順位の違いなど今の気持ちを伝えようと思っています。 不倫したから離婚したいと思ってしまったのではないかと悩んだ時期もありましたが 彼ともお別れし、夫との生活に集中しましたが彼関係なく夫と生涯ともに生きていくことは辛いと感じてしまっています。 そんな中彼から連絡があり話をしたところ 残念ではあったが、私のことを軽蔑はしない今でも素敵な人だと思っていると告げられました。 またもし離婚をしたら友達関係からやりなおし納得できれば再度お付き合いできないかと言われています。 今はそんな先のstepまで考えられないし約束もできないので気持ちだけはありがとうと伝え終わっているところです。 このまま離婚をした後、自立し、 それでもなお、彼が求めていてくれるのであれば、お付き合いや結婚をこちらも考えていいものでしょうか。 また誰かとお付き合いする場合は、結婚を見据えて、と考えているのですが もし私自身が落ち着き再び恋愛や結婚に前向きになれた際、彼と結婚するという未来に向けて歩み寄ってもいいものなのか悩んでいます。 そもそも罪深いことをしてしまったことに対しては大きく反省しております。 こんな悩みを持つこと自体が問題なのかもしれませんがどうしたらいいか分かりません。 うまくまとめられていませんがご意見いただけると幸いです。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

不倫の罪悪感で押し潰されそうです

はじめまして。以前からこちらのサイトをよく拝見していて、今回初めてお世話になります。 タイトルの通りですが、半年前に妻子がある男性と不倫関係にありました。元は職場の上司でしたが、私にとって初めてお付き合いする方でした。半年ほどお付き合いをしましたが、奥様に携帯を見られてしまい、2人の関係がバレたことで関係を終えることとなりました。 別れてすぐは苦しくて辛かったですが、今は罪悪感と恐怖で押し潰されそうです。 奥様からは慰謝料請求もされず、謝罪の要求もありません。もう関わるなとそういうことだと捉えています。 職場も辞めよう、新しい恋愛も諦めようと思えば思うほど、なんて馬鹿なことをしたんだと後悔の念が襲ってきます。 いっそのこと慰謝料も支払って土下座して謝りたいと思いますが、奥様はそれを望んでいないでしょうから出来ません。 仕事辞めたくないな、いや人様の家庭を壊しておいてのうのうと前職にはとどまれない。新しい恋愛をしたいな、いや私にはそんな資格はない。と自分を毎日責めています。再構築をすると彼から聞きましたが、うまくいかず離婚になったら、それこそ罪悪感に耐えられないと思います。お付き合いしていたときは離婚したら一緒になりたいと思いましたが、もう復縁したいとは思いません。 今は何より再就職なんて出来るのだろうか、この先新しい恋愛が出来るのだろうか、そもそも彼の家族と会う可能性がある場所(今いる県)にいていいのかと一日中ぐるぐると考えが巡って落ち込んでしまいます。 新しい恋人もいないのに、新しい恋人に過去の不倫がバレたらどうなるか考えたりしてしまいます。そしてまた自分の身勝手さに嫌気が差します。 乱文で申し訳ないですが、こんな私にお言葉を頂けないでしょうか。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

過去の過ちへの罪悪感、将来への恐怖

既婚者、子持ちです。 夫と付き合い始める前に、妻子ある方と不倫関係になってしまったことがあります。 不倫相手には自分から別れを告げましたが、その後しばらくして、お相手の奥様から慰謝料を請求されました。 当然謝って済むことではありませんが、謝罪の上、慰謝料をお支払いしました。 その後、不倫相手と奥様は離婚してしまいました。私は子供の片親を奪ってしまい、家庭を壊してしまいました。 それ以来、不倫相手との関係はありません。 今の夫はとても優しく、心から愛しています。ただ、上記の過去については知りません。 夫の存在が大きくなるにつれ、夫との生活に幸せを感じるにつれ、こんな自分が幸せになってよいのか、夫に過去を黙っていてよいのか、いつかこの幸せが壊れてしまうのではないか、と胸が苦しくなります。 子供が生まれて改めて、自分のしたことの卑劣さを再認識し、強い後悔と罪悪感を感じています。子供の純粋な笑顔を見ると、涙が出てしまいます。 どれだけ時が経っても過去はなかったことにならないし、許されることではないと思っています。 この後悔と罪悪感を忘れずにいること、二度と同じ過ちを繰り返さないこと、夫や子供に誠実に向き合い愛情を注ぐことが、今の自分にできることだと思っています。 ですが、頭ではわかっていても、苦しい気持ちから抜け出すことができず、今の幸せに目を向けることができません。 自分本意な悩みですが、いつかこの幸せが壊れてしまうという妄想や恐怖から抜け出すことができません。 例えば、私の過去が原因で、子供が将来婚約破棄になってしまうような想像を毎日してしまいます。 質問させて頂きたいことは、以下の内容です。自分勝手な内容で大変恐縮ですが、毎日生きることが苦しく、このような質問をさせて頂くこと、ご容赦下さい。 夫に過去を伝えないままでよいでしょうか。また、こんな自分が幸せを望んでよいのでしょうか。 もしそれが許されるなら、どうしたら、幸せが壊れてしまう恐怖を感じずに、明るい気持ちで日々を過ごすことができるでしょうか。 ご教示頂けますと幸いです。

有り難し有り難し 36
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺