hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

絶対に許せん

回答数回答 7
有り難し有り難し 457

今、絶対に許せない人がいます。
もう人生どうでもいいので直接、そいつか家族に復讐してやろうかとさえ考えています。

仏教では怒り、絶対に許せないことや人に対して、どう考えますでしょうか?

2014年5月26日 23:41

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

最強の恨みの果たし方はそいつに無関心になることです

コンさん

どうもお怒りのご様子ですね。こんばんは。

さていきなり話は大きくなりますが、
いままで平穏に仏教徒が生きてこれたのは、仏教が諦めの宗教だからです。

お釈迦様はその昔、ある国の王子様でした。

しかし、のちに自分の国が滅ぼされても復讐をすることはありませんでした。

仏教にはこういう言葉があります。

『恨みは恨みによって果たされず、ただ忍を行ずることによってのみ恨みは果たされる』

仮にコンさんが恨み続けたとしましょう。

1年、3年、5年、10年……

おそらく数年もすると相手はコンさんに恨まれていることさえ忘れてしまいます。

でも、まだもしコンさんが恨みを抱いてるとしたら…

バカらしくないですか?
まるで相手から与えられた呪縛にコンさんだけが勝手にひとり取り残されているようです。

では、仮に復讐したとしましょう。
すると今度は相手がコンさんを恨みます。そしてまた復讐されるかもしれません。

また今度はコンさんが恨みます。

ずっとその無限ループは続いてしまうかもしれません。

そこで、さっきの言葉です。

『恨みは恨みによって果たされず、ただ忍を行ずることによってのみ恨みは果たされる』

忍とは忍ぶこと、耐えることです。

ここで、忍ぶことが出来ればさっきの無限ループは始まりません。
また、恨み続けることもありません。

さらにいえば、そのあと無関心になってしまえばコンさんの勝ちです。

したがって、恨みには、まず忍ぶこと。

そして、無関心になってしまえば、コンさん、あなたの世界にはもうすでにその相手はいません。

2014年5月27日 0:47
{{count}}
有り難し
おきもち

hasunoha共同代表 浄土宗光琳寺 副住職 佛教大学で浄土学を...

その気持ち解ります。

 コンさん、取り敢えず、仏教では十重禁戒で恨むことは禁じております。後で、調べてみて下さい。
 正論はここまでにして、その気持ちは人間生きていれば誰しもが持ち合わせることです。『怨み屋本舗』や『地獄少女』、ドラマ『アリスの棘』などでは酷いことをされた人が読み手に爽快感を持たせる復讐劇が展開されます。『半沢直樹』も結局父親の復讐劇でしたね。それらを観て自分もやってやろうと思うのでしょうか?どうも日本は仇討を美化してしまう傾向にあります。
 ワシも色々と復讐のしたい人がいます。いじめをした人を本当に殺してやりたいです。何度思ったか解りません。でもある日、いじめた人の大人になってからの自殺率が多いと聞かされた時にその心は大分収まりました。本当の弱さとはいじめられる人より、いじめる人の方が多いのかな。自分を振り返ると、僧侶らしからぬ発言ですが、子供のころいじめられたお蔭か、チョットやそっとの挫折には耐えられた気がします。皆が辛い辛いと思うことも自分には何とか乗り越えられたと思います。いじめた人には感謝はしませんが、同情ぐらいはしてやります。
 ワシから一言「いじめにあって苦しんでいる人、何があっても自殺はするんじゃない。あなたたちほど栄光をつかめる人はいません。」
《 結論 》復讐は止めなさい。自分がされたことは後戻りできませんが、それは滝に打たれたこととして、あなたが今後、どんな苦難にも耐えていける自信が身についたと考えましょう。それなりに自分が前向きに生きていればそれがその人に対する復讐です。まあ、気楽に気長にやってみてくださいよ。

2014年5月31日 8:13
{{count}}
有り難し
おきもち

ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

仏教者の怒り

コンさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。

「絶対に許せん」というタイトルを見て、その強い思いに驚いてしまいました。いったいどれだけ辛い思いをされたのでしょうか。私も、怒りや恨みの一つや二つ…三つや四つ…いやいや、心をほじくり返せばいくらでも出てくるような気がします。

でも「(ご自身の)人生どうでもいいので直接、そいつか家族に復讐してやろうかと」思うほどの恨みです。よほど辛い思いをされたのでしょうね。

私は以前、僧侶たるもの、仏教者たるもの、怒りの感情などいだくべきではない、と思っていました。しかしある時、チベット仏教のダライ・ラマ法王のご法話を聴く機会を頂きました。

驚くことに法王は「仏教者でも持ってよい怒りがある」と仰いました。その怒りとは、「相手が害を受けるような行動をしている時、その行動に対する怒りは持って良い」というものでした。

わかりにくいのでたとえ話をしますと、小さい子どもが熱いストーブに近づき、今まさに手を触れんとしている。その時「危ないっ!」と声を荒げ、その子どもを叩いたり突き飛ばしたりする。

その怒りは、その子が火傷をしないための慈悲から湧き出た怒りなので、それは持って良い、というのです。誤った「行い」に対しての怒りは持つべきだというのです。
簡単に言えば「罪を憎んで人を憎まず」という諺と同じ意味を持つ言葉だと思います。

煩悩が深く、怒り、ねたみ、恨む心を持っている私です。でも、法王の言葉のような心を持ちたいとも思っています。
コンさん。もしよろしければ共にその道を歩んで参りませんか?

2014年6月2日 0:19
{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

「うらんだ時間をかえしてほしい」

コンさん、こんにちは。

あなたにとって、許せない人がいるのですね。“その人か家族に復讐してやろう”と考えてみたり、モヤモヤと、モンモンと、時を過ごしているのですね。

コンさんは、“その人”にそうとう執着しているのでしょうか。

正直、楽しいでしょう。どうやって復讐してやろうかと色々と考える。考えあぐねる。
モヤモヤと、モンモンと、悩むことはとっても楽しいです。

でも、その楽しさは時間の無駄です。
ぜったい「うらんだ時間をかえしてほしい」と、過去の自分を許せなくなります。

絶対に許せないと思えば思うほど、『これだけ許せないと思ったのだから、なにかしないとモッタイナイ』と考え始めます。
そして、だいたい失敗します。
成功しても、失敗しても、ぜったい「うらんだ時間をかえしてほしい」と悔やみます。

もっと楽しいことが、世の中にはたくさんあります。

仏教では怒り、絶対に許せないことや人に対して、どう考えるか・・・。
大丈夫。コンさんがいま考えていることは、悩まなくていい問題だと置いておきましょう。

2014年5月27日 11:25
{{count}}
有り難し
おきもち

「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

このうらみはらさでおくべきか

藤子不二雄Aさんの発禁ギリギリ漫画「魔太郎が来る!!」という復讐マンガを御存じでしょうか。
「このうらみ はらさでおくべきか!」がキメ台詞です。
この主人公の魔太郎君は、いつもイジメにあうのですが、最後に必ず復讐します。
「このうらみはらさでおくべきか!」が「この紋どころが目に入らぬか!」的に悪人がボッコボコにやられる復讐始まりのゴングです。被害者側の立場で読むと「ザマ‐ミロ効果」で2次元的にスッキリすると思いますので実際に復讐してあなたが逮捕されるよりは、レッツお金で解決♪ぜひごAmazonでご購入を。 「この漫画、ポチらずにおくべきか!」(;゚Д゚)
しかし、この漫画、毎回いじめられる魔太郎君も不運ですが、いじめっ子側は毎回それ以上の不運に遭います。ひどい時にはアワワ相手を「仏にしてやる!」ホトケ違いで殺したりもします。
内容は忠臣蔵もビックリな痛快な仕返しストーリーとはいえ、現代的にはアウトなのでストーリーやセリフが削除されていない初版ものはネットで一冊2万円はします。幼少期に読むと、私のようにだらだらと回答が長くなり回答を読み飛ばされる危険性もありますので閲覧注意です。「この長文、飛ばさでおくべきか!」(;´・ω・)
ですが、ぶっちゃけ現実の世界で、何かをされた恨みの復讐を果たした後はどうなのでしょうか。仮にあなたが復讐の名の下で相手を殺せば、今度はあなたが相手の親兄弟から怨まれますよネ。仮にあなたが殺されればあなたの家族も苦しむ。
結局、怨みという精神の動かし方では、今後もあなたも含め「被害者」生み出し続ける負の連鎖になるだけなのです。
あなたと同じ悲しい被害者を生んでしまう負の連鎖づくりに加担するとあなたは結局、相手と同類になります。 よって結論、
  一つは、怨んだ相手を害して相手を被害者にしないこと。
もう一つは、自分が相手からの❝被害者にならない❞こと。※被害者意識を持つな。
「被害者意識こそを 分の心から らさでおくべきか!」🙍これが仏教です。
恨みは相手を成敗して晴らすのではありません。
その恨みの正体は自分の都合、自我意識です。
自分が生み出している被害者意識が自分の内なる幻影であることを見抜いて、そこから自由になる事が仏教的な復讐、修復、です。

2014年5月28日 11:35
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

瞋(いかり)

○○さん、おはようございます。
質問読ませて頂きました。
正しく『瞋(いかり)』ですね。
この瞋は生きていくのに必要な欲望です。
しかし「過ぎたるは及ばざるが如し」の通り、あなたのように大きすぎてはいけません。他人をも巻き添えにしますから。
よく煩悩は「滅」せよといいますが、正しくは「制」するです。
(中村元『般若心経 金剛般若経』(岩波文庫ワイド版)p31参照)
弘法大師は「生を離れた滅はなく、滅を離れた生はない」といいます。
(中村元『般若心経 金剛般若経』(岩波文庫ワイド版)p27参照)
  
今あなたに必要なのは、手放すことです。
握り拳をゆっくりと何度も何度も開いて下さい。
このようにして、あなたの瞋(いかり)を手放して下さい。
そうすれば、あなたは人としてこの世に生まれて来たことにきっと感謝できます!!
ぜひ人として生きて頂きたいと思います。

2014年5月27日 8:09
{{count}}
有り難し
おきもち

有坂脩岳(しゅうちゃん)
『般若心経』を梵語(サンスクリット語)で読める日本でも珍しいお坊さんです。...

「復讐」よりも「福修」を

コン様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

怒りでも、特に激しい怒りというものは、仏教用語で「瞋恚」(しんに)と申しまして、特に煩悩の三毒の一つで、貪欲(むさぼること)と愚痴(愚かさ、無知・無明)と同様にしっかりと対治していくことが望まれることとなります。

問い「どうしても身内や騙して金を取った奴らが許せない」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002972089.html

「感興の言葉・ウダーナヴァルガ」(中村元氏訳)・岩波文庫・第14章・「憎しみ」から・・

「実にこの世においては、およそ怨みに報いるに怨みを以てせば、ついに怨みの息むことがない。堪え忍ぶことによって、怨みは息(や)む。これは永遠の真理である。」

「怨みは怨みによっては決して静まらないであろう。怨みの状態は、怨みの無いことによって静まるであろう。怨みにつれて次々と現れることは、ためにならぬということが認められる。それ故にことわりを知る人は怨みをつくらない。」

「・・仏教では、憎しみや恨みは煩悩であり、そのような悪い感情に支配されての行為は、結局、悪い結果しかもたらさないため、当然に諌めなければならないこととなります。憎しみ、恨みを無くすには、耐え忍ぶこと(忍辱波羅蜜)と共に、慈悲の思いを向けることによって対治することが大切となります。

実は、仏教では自らを苦しめるモノ・コトがあってこそ、修行を進めることができると考えるところもあり、逆にそのようなモノ・コトに有り難さを思い、例えば、自らを害する敵にでさえも慈悲を向けることで、憎しみや恨みの感情を超えていくことが求められることになります。・・」

どうか怒りによる「復讐」よりも、慈悲によっての善い行いに勤め励めることでの福徳の修習としての「福修」をお薦め申し上げる次第でございます。

川口英俊 合掌

2014年6月22日 12:33
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

回答をいただいた皆様ありがとうございました。

何度も読み返したいと思います。

コン

回答ありがとうございます。

コン

回答ありがとうございます。

前回、書き忘れたのですが、もちろん復讐行為はしておりませんのでご安心下さい。

コン

回答ありがとうございます。

この質問を書いたとき、いろいろと怒りがあった時期でした。
私の性格は瞬間的に怒り、そのあと怒ったことを公開するんですよね。
そのような性格を治したいという思いも質問にはありました。

川口英俊様

回答ありがとうございます。

コン

「許せない人・できごと・許し方」問答一覧

人をゆるすにはどうすれば良いですか?

以前、こちらのサイトにも相談した内容にも関わる内容になります。 もうすぐ結婚予定の彼がいます。私は、彼を愛しています。とても優しいし、私は病気を持っているのですが、それも受け入れた上接してくれて、プロポーズをしてくれて、私も感情のまま同意しました。 結婚に向かう準備の途中、両家の価値観の違いから彼が私の母をとても嫌ってしまいました。 結婚話が進むにつれ、もう、両家の親の顔合わせもないまま入籍します。彼がうちの親に合いたがらないため、両家の親も了承済みです。 彼は私の事は愛しているといいながら、私の親の悪口を平然と言います。今の私があるのは両親が溢れんばかりの愛情を子供に注ぎ、苦労して働いて養育してくれたおかげです。私は、両親をとても深く愛し、感謝しています。 親の話にならなければ彼はとてもやさい真面目でよい人です。大好きです。 ただ、婚姻がちかずくにつれ、親の悪口を言われてしまう悲しさ、私の両親の良さをわかろうともしてくれない悲しさで苦しくなります。 (もしくは、私は精神的に親離れできていない娘なのでしょうか) この事はすでに私の心の傷口に根を下ろし始めてる気がします。 まずは、傷口の広がらないうちに私が彼をゆるし、彼のギスギスした心ををいたわってあげたいです。 どのようにすればよいでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

自分を騙した人の許し方

毎月渡される生活費があまりにも少なく、問いただした所、結婚7年目で、旦那に数百万の借金がある事が分かりました。 借金は結婚前に作ったもので、結婚後は、自転車操業で作った数万円 の借金はあったものの、それのみでした。 ずっと生活費には不審な点があり、何度となく、本人に収支を確認してはいたのですが、どうしても借金を見つける事が出来ず、7年という月日が流れてしまいました。 その間に子供も生まれました。発覚以来、私の中に「7年間騙されていた」「ある種の詐欺だ」との思いがずっとあり、旦那を全く信用できず、顔を見て話す事にも抵抗があり、旦那の話をスルーする事が多くなりました。 もし、結婚前に借金が分かっていたら、絶対に結婚はしませんでした。だから、どうしても「結婚詐欺だ」という思いが湧き出てきて、どうしようもありません。 借金が発覚する前、極たまにですが、暴言暴力を受けていました。それもあり、「散々偉そうな事を怒鳴り散らし、私たちの事を突き飛ばし、子供を足蹴りしていたくせに・・・その裏で借金があったなんて・・・それでよくあれだけ偉そうな事が言えていたものだ・・・。」と、腹が立って腹が立って仕方がない。 その思いが、どうしても消えません・・・・。 とは言え・・・子供の事、生活の事を考えると、離婚は得策ではないと思い、子供の手が離れるまでは、離婚は考えていません。 どうせ一緒に暮らさなければならないのなら、少しでも関係を改善していきたいと思ってはいます。思ってはいますが、どうすればいいのか全く分かりません。 旦那との信頼関係を回復するために、私はどうすればいいのでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

マナー違反が許せない

もの凄くいろいろな事が許せない訳ではないのですが。 最近では、私はホットヨガに通っています。そのスタジオの半分はマットが敷いており、そのマットは動かしてはいけないことになっています。 半分はマットを敷いていないスペースがあります。そこには、自分のバスタオルを敷いて使用します。 その理由は理解しておりますが、長くなるのでここでは避けます。 マットが敷いてある場所を使用するマイナス点は間隔が狭く、隣に人が来た場合、確実にぶつかるので、手を広げる動きはやりにくいのですが、マットの上で滑りにくいし、膝をついた時に痛くない。 直接の場合は、滑りやすいし、膝が痛くなる。ただ溶岩石に直で、その効果は感じやすく、また、その周辺は混みあわないので、気にせず手足を広げられる。 長くなりましたが、マットの移動は禁止されている事は、スタジオに入るドアに大きく書かれているのに、必ず数人は移動する人がいます。 それに対し、不快に思う人は多く、毎回そんな話になり、私は都度、スタッフに注意して貰うようにお願いするのですが、言えばスタッフは注意はしますが、今回はこのままで良いので、次回からはという緩い注意です。 私が直接、移動禁止の話をしたこともありますが、もの凄く嫌な顔をされ、レッスン中、睨まれました。 今日はスタッフにお願いしたら、その人は「はい、移動はだめです」で、話が止まり、注意して貰えませんかと話したら、なんでそんなことしなきゃいけないの的な顔をされました。 またも長くなりましたが、他のお客さんは、マット移動する人をみて、不快だ、ストレスだと言いながら、行動には移さず、なんだか私ばかり、それでもいいのですが いくたびに注意して貰うように話すのも、かといって放置しているのもストレスです。 数年前、息子のクラスで、ちょっと問題があり、私が意見したようですが、未だに○○君のお母さん、かっこいいね、みんなが言いたくて言えないことを代弁してくれたと言われて、息子も、自分も親になったら、子供の為にそんな親になると、それはいいのですが。 私は、この言わなきゃ気がすまない、回りのマナーが気になるのは、疲れてきて。 どうしたら、気にせず、過ごせるのでしょうか。 ある意味、無関心に生きたくなりました。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

やっぱり許せそうにない…

頭では母を許さなきゃいけない。って思ってて母の良いところも探すけど、やっぱり無理かもしれないです。 母と父が仲が悪く、5年前に母が私にだけ育児放棄宣言してから父は高校生になった私の面倒をずっとみてくれてました。制服を買ったのも父、3年間お弁当を作ったのも父、友達と遊ぶお金をくれるのも父、夜ご飯を作るのも、洗濯するのも、服を買いに行くのも、一緒に出かけるのも、何もかもが父。 私は父を凄く尊敬してるし親孝行もしなきゃなって思うし、家族の中で1番大好きです。 でも母は父が嫌いなんです。 9月に入ってから父は昼も夜も仕事をしてます。寝る時間は3時間くらい。それが後一週間も続くらしく、体調面がすごく心配です。 なのに母は心配どころか有り難いとも思わない。 何なら"どーせ、金がなくなってきたから働きだしたんだろ?"とか"よく働きもしないで飯食ってるよな"と大学から帰ってきた私に、この日も夜勤に出る父の悪口。 正直イライラします。父は自営業だけど、平日が休みでも、平日に休みがなくても土日に仕事がある週は多いです。 なのに、常に父の悪口ばかりの母が許せません。 何なら母は父に毎月振り込んでもらってるお金でやりくりしなければいけないのに、それ以上のことをするから足らなくなるのに考えないで実行する母の方が悪いと私は思います。 もういっその事離婚してくれれば良いのに、とも思ってしまうんです。 私の悪口なら私が苦しいだけで済むけど、仕事でいない父の悪口を私に言われるのは、苦しいだけじゃなくて何だかそれ以外の気持ちも湧き上がってきます。 どうしたら良いんでしょう。 母には更年期障害がきてるのも知ってるし、焦らなくてもいいって前も言ってくださったからわかってはいるんですけど、親不孝な気がしてしまいます。 私はこれで良いんでしょうか…。

有り難し有り難し 1
回答数回答 1

親を許せません

初めて投稿させていただきます。 数ヵ月前、私の実家の父が10年間家族に黙って借金をしていたことが判明しました。分かったのがもう実家が差し押さえになる寸前でしたので、なんとかしようと必死に弁護士事務所などに電話して、もうここまでくると弁護士は間に入れないから無理ですと何度も言われ、泣きながら毎日考えて考えて、なんとか消費者金融とも話をつけ、実家を守ることができました。 かなりの額だったのですが私の弟や親戚も出せるだけのお金を出してくれ、私の主人も協力してくれ、解決できました。 しかし借金をした父自身はあまり反省した様子がなく、必死に実家を守った私にも、お金を貸してくれた親戚(私の叔母)にも、非常に態度が悪いのです。 親戚は私が小さい頃から今もずっとよく面倒を見てくれて今もよく家に行くのですが、父が親戚に逆ギレしたり口答えしたことを知るたびに、助けてくれたのに何をしているんだと、心苦しくなります。 借金が発覚する以前は父のことをとても尊敬しており、実家は裕福ではないものの、家族を大切にする自慢の父だと思っていました。 それが10年家族を騙していたことや、後から後から、実はあのとき会社をクビになっていたなど知っていくうちに、まだ他にも隠しているのではないかとか、父のことを信じられなくなり、とても酷い言葉を吐いてしまいます。 200万円貸してくれた親戚に対する態度も、家族に一度も申し訳ないとかもうしないといった言葉を言おうとしないのも、腹が立って仕方ないんです。 実を言うと、心のどこかではもう父を許して以前のような仲の良い関係に戻りたい気持ちはあります。 でもその一方で、色んな人に迷惑をかけ、まだ独身の弟にもお金を出させ、それでも反省の言葉を口にしない、大金を出してくれた親戚にも偉そうにする父を見ると、絶対に許したくない気持ちになります。許してしまったら終わりだとも思います。 長くなって申し訳ありませんが、あまり人にも言えず悩んでいたのでこちらに投稿させていただきました。 私はこれからどう父と向き合えば良いのか、アドバイスをいただければと思います。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

どうして私が許さなければいけないのか

うつ病と更年期により日々ゴジラ化が進む母と仕事で家に帰ってこない父ですが、少し前にこんなことがありました。 私と母で病院に行った時、子供が多く、子供や賑やかなのが嫌いな母はグッタリとしてイライラしていました。 名前を呼ばれた時に「本当にうるさいね」と呟いていたので、何も口にしなくても…と思い「そんな事言わないの」と言ったのがまずかったのか、待合室でカバンを叩きつけ、私が病室に入った後も扉を開けてきて、「うるさくていられないから車に戻る」と言ってお金だけ置いて車に戻っていきました。 鞄を叩きつけた時の「鞄叩きつけるって…」と言った他の人の小声の話や視線が頭から離れません。 然し、私はまた病院に行って診察してもらわねばならず、父も帰ってこれないので、また母と行くことになります。 父には、更年期とうつ病だから許してあげてと言われました。 キツく当たられるならまだしも、公衆の面前であんな恥をかかされたのに、それでもまだ私に許せと言える神経がわかりません。 母親も明日病院行くからねと、自分がしたこと忘れたのかと思うほどあっけらかんとしていました。 絶対視線が痛いしあの時の~なんて噂されたっておかしくないし、私がどれだけ恥ずかしくて辛くて怖かったことか。 自分は他の女と嫌らしい会話をしていたくせにさも母が大事と言わんばかり。 散々嘘をついて来たくせに良くもまぁいけしゃあしゃあとそんなことが言えたもんだと思ってしまいます。 私は親に感謝はしますが好きではありません。 私はお前らから生まれたと考えるだけで吐き気がするし、お前らは忘れても私は忘れてない、誰のせいでこんなに私が傷ついているのかよく考えろと言いたいですが養ってもらってる以上文句ばっかり言ってられません。 今回の件で鬱病と更年期を理由に私はしょうがないと母を許すべきでしょうか。 私が軟弱なだけでしょうか。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る