hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

病気にとらわれず、元気に生きたい

回答数回答 4
有り難し有り難し 92

心の病で入院中です。

病気は、心の葛藤が身体にあらわれるもので、15年以上わずらっています。今の症状は、1ヶ月以上つづく、腹痛です。検査では、身体的には異常はありません。

痛みがやってくるたびに、辛さとともに、身体には異常がないのに、なんで…と悲しみと怒りの気もちがわいてきます。

心の問題なんだから、自分の力で闘うしかない、と病院では、誰ともコミュニケーションをとらず、個室にひとり、こもっています。

この病気を手放すことができたら、と思うのです。
いっぽ踏みだして、変わりたい、と思うのです。

しかし、どこにむかって、どう変わればいいのか、わかりません。

道標がほしいのです。

自信と力をもつには、どうすればよいのでしょう。

アドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

こころはこころだけでは解消しません。

ご投稿どうもありがとうございます。
15年以上わずらっているということで、あなたにとっては大変な日々だったことと案じます。
まず私より言っておきたいことは、こころはこころだけでは解消されないということです。
仏教には思想だけでなく、身体からアプローチすることによって、心と身体を同列に考え、生きている存在丸ごとを許し高め、元気にする方法がいくつもあります。

闘うのではなく善悪や快不快を抜きにして観察すること。
特に、呼吸を観察することが大切な方法です。
呼吸は人間の随意と不随意をつなぐ唯一の機能です。
わかりやすく言うと、呼吸というのは普段は勝手に動いているけれども、自分でもコントロールできるもの。
気持ちが落ち着きゆったりしている時は、呼吸もゆっくり深くなっているはずです。
呼吸と心は連携しているのです。
手始めに、目をつぶって数十回呼吸を観察してみて下さい。注意としては呼吸をコントロールするのではなく、あくまでも「観察」するのみです。また、観察し続けると出てくる想念も、善悪ではなく、客観的に観察し、沸き出させてあげて下さい。
身体は善悪なくフォーカスすることによって、認めてくれたと感じ、自然に善き方向に変化していきます。
「観察」に慣れてくると、「今ここ」にいる自分と向き合うことができるようになっていきます。
すると自分自身への微笑みが生まれてきます。
自分とコミュニケーションできるようになれば、他者とコミュニケーションできるように変化をしていきます。

まずは
「コミュニケーションをとらなければいけない」
「身心を治さなければいけない」
という善悪を含む固定観念から一時離れ、まずは現在の自分を観察してみること。それも知識や言葉でない自分の身心感覚を正直に観察すること。

あなたはどこにも向かいませんし、何も変わりません。
病気を手放すことも必要ありません。
自信も力もいりません。

道標は、今この瞬間だけということを自覚するだけで、
あなたは誰かからも、病気からも、自分自身にも囚われるのではない、
その瞬間は自分で自分を「生き」ています。
「生き」ている時間が少しずつ増えていけば、
きっと現実生活も少しずつ変化をしていくことでしょう。

あなたの今後の身心安楽な生活を祈念いたします。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


曹洞宗(禅宗)僧侶。整体師。愛知県豊橋市一月院副住職。八王子市在住。寺院に...

道標:自分をイジメることをやめればイイだけです。

人生の問題の9割は人間関係です。表面的にはそう感じなくとも根底に人間関係に由来しているものがほとんどです。
あなたの今の悩み、自分がそうなった原因も絶対に人間関係が問題になっていない、とは言えないはずでしょう。
まずは①原因に向き合い、その出来事を悪い評価のままにせず、視点を変えて肯定的にとらえることをお勧めします。過去を怨んだり呪ったりしてもまったく利益がないことを知り、変えられない過去への評価だけを変えるのです。
次に②悩みそのものを心で見抜いて、自分の心から自立することです。
あなたの心の扱いはあなたしかできません。
自分の心に使われて、自分で使いこなそうとしていないから自分の負の思いに支配されてしまうのです。
病だ病だとネガティブに自分をイジメたり、自分を卑下、貶め、凹み、落とさず、
まずは、何におびえているのではなく、❝誰に❞おびえているのか、誰に対して意識をはたかせているのか、誰にどうなってほしいのか、を具体的にしてからもう一度改めてご質問ください。
そして誰が自分を悩ませているのかがハッキリしたなら、それをこちらに表明してください。悩み相談はそれからです。
全部あなたがご自身で、ご自身を苦しめておられるです。
何故ならば、あなたは誰とも接していないでしょう。
あなた一人でしょう。あなたの心の中を動かしているのはあなたでしょう。
暗い事を考えたり、いやなこと、悪いこと、落ち込むことを考えて、自分を嫌な思いにさせているのも全部、自分という工場内部でしょう。
あなたの言う自信がない、といわれる時。
心の中で何をやっておられますか?
自分をイジメてはいませんか。
自信がない、ということを具体化してみてください。
心が落ち込む、悪いことを考え始める、フラッシュバック、過去の失敗経験の再発の恐れ。
仏道は自分の心で自分の心を見抜き、自分の心に苦しまなくなれる道です。
自分を見つめる事につとめてください。その中でどうあればいいかについて再質問してみてください。いつの世の誰であっても自分を苦しめるのは自分なのです。自分を自分から自由にしてあげてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

ご自身を追い込み続ける事だけは無いように

サン様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心の病で入院されておられて、しかも、検査では異常がないのに身体的な苦痛も現れてしまわれておられますこと、誠にお辛いことでございます・・

検査で異常がない・・でも激痛を伴って苦しむ・・異常がない、診断が出ていないだけに、周りの理解やサポートが得られずになお一層に苦しまれることになってしまう・・

膠原病や線維筋痛症、自己免疫疾患など、まだ十分な原因の解明が進んでおらず、治療法も確立されていない病気があることをなかなか世間も理解できていないところがあるのではないかとは存じております・・

本当にそれらの病気に対しての理解がないと、ただサボりたいからじゃないのか、楽したいからじゃないのかと、時に酷い偏見の目でみられてしまうこともあり、二重苦、三重苦に耐えられない場合もございます・・

サン様も恐らくそのような苦しみの中で闘っておいでであるのではないかと存じます・・

正直、自分の力で闘うしかないとはお考えにはならないで、無理にご自身を追い込んで孤立させるようなことはなさらずに、もっと周りの皆さんに対して、抱えておられる病気のことを理解してもらえるように、色々な人とコミュニケーションを取られていく、あるいは情報発信もされていく、例えば、無理でなければ、ブログやSNSなどで理解をしてもらえるように声なき声を上げられてみられることも一つかもしれません。

もちろん、ネット上では実名での怖い面もありますから、匿名でも構わないかとは存じますし、コメント欄等も規制を掛けられたりして、プライバシーの問題は慎重に考える必要があるかとは存じております。

やがて、色々とコミュニケーションが増えて参りますと改善へと向けたアドバイスや治療例についての情報を頂けたり、同じような苦しみを抱えている方たちとの交流や励まし合い、助け合い、支え合いにも繋がっていくかもしれません。もしか致しますと、完全に治癒へと向かう方策も見つかるかもしれません。

とにかく決してご自身を追い込み続ける事の無いようにだけは、どうかくれぐれも宜しくお願い申し上げる次第でございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

道標は・・・

サンさん。今の状態はおつらいでしょうね。

体の状態は、検査をしても大丈夫。

なのに、あなたのおなかは痛んでいるのですね。

他の人にはわからない、あなただけの苦しみだとお考えになり、心の問題だから、自分の力で戦うしかないとお考えになっている。

そのような状態であれば、誰も皆同じように考えるのかもしれません。

仏教では、「諸法無我」と申します。

一言で言えば、私という存在は関係性の中にある、ということになるでしょうか。

私が一番心配するのは、あなたがコミュニケーションをとらず、関係性を断とうとしているところです。

あなたの苦しみをわかってくれる人は、なかなか見つからないかもしれません。

でも、あなたが結んだ関係性の中にこそ、あなたがあるのです。

もしかすると、わかってもらえなくても、あなたの苦しみを和らげる関係性に出遇うかもしれません。

どうか、自ら周りとの関係性を断たずに、周りをちょっと見てみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

「病気と向き合う・看病」問答一覧

慢性疾患持ち、死にたくてどうしようもない

こんにちは。私は20代女性で、全身の痛みと倦怠感が主な症状である難病を患っています。 私はもういろいろなことに疲れたと感じて、大変不謹慎ではありますが、毎日死にたくてどうしようもない気持ちです。 病気になる前は、学業に励んでいました。成績や進学先も良かったので、主観的にはともかく、客観的には努力してきた生き方だったと思います。 ある時期から症状が出始めて、激しい倦怠感や節々の痛みが現れました。 結局、国家資格職を目指していたものの、なんとか資格を得ただけで、社会人経験なく現在に至ります。無職です。 一般的な同世代の人に比べて、積むべき社会経験をほとんど積まずにここまできてしまいました。 スキルも常識も身についていないと思うし、症状がしんどくて人付き合いもあまりできなかったので、友人と呼べる間柄の人はほとんどゼロです。 毎日、起き上がるのが辛い、歩くのが辛い、何か動作するのがいちいち辛い(椅子を引いたり、布団を自分に掛けるようなレベルでもかなりしんどい)、風呂に入るのがそれだけで涙が出るほど辛い、何もしていなくてもほぼ常に痛みがある、といった生活です。 社会的責任を果たすことも、プライベートの趣味や楽しいことも、何もできていません。幸い、「元気だったらこれをやってみたい(やってみたかった)」と思うものはありますが、現実としてそれに取り組めそうな状況ではありません。 医療費がかさみ、生活にも困窮しています。それなのに、基準の一部を満たさないため、社会的支援は受けられません。 今後どうやって生きていけばいいのかわかりません。 倦怠感と痛みに耐え、毎日身体に鞭を打って働くのも、正直かなりしんどいです。もう少し体調が良かった頃はそのようにして働いていましたが、現在は当時よりかなり体調が悪化しているので、現時点では難しいです。 自殺すると家族が悲しむとは思いますが、家族への負担は言うまでもなく減ります。なのに自殺すらできない自分が情けないです。死にたい死にたいと思うだけで何も行動に移せない自分に腹が立ちます。 治療に励んできたつもりでしたが、薬の副作用でさらに新たな疾患(臓器障害)を抱えることになりました。 闘病にも社会復帰にも、そもそも生きていたいと思えないので、何をモチベーションにして頑張ればいいのかわからないです。 とにかく辛い。 まとまりのない相談でごめんなさい。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

彼が病気。毎日怖くて不安で辛いです。

お付き合いしてる彼が入院して2ヶ月になります。肝炎や脳腫瘍、他にも病気があり彼にとってとても辛い状況になります。高額な治療費がかかってしまいお金が厳しいみたいで何かできることはないかと思い色々調べ生活保護というのを知り、彼にとって辛い選択になると思い進めるのも悩みましたが彼には不安なくちゃんと治療してほしい。病気が治って健康に過ごせることを願って…彼に進めましたが、ありがとう。の一言返信がありました。脳腫瘍もよくないみたいで、体調もとても辛そうです。コロナの影響でお見舞いにも行くこともできません。高額な治療費がかかってしまい治療費を払えないからと退院を考えてると今日言われました。それでもう一度進めたら…ありがたいけど、生活保護を受ける気はないと。バカにしないでくれる?など言われてしまいました。 バカにしてるつもりはなくてそんな風に言われとても悲しく、涙が出てきました。暫くラインは入れないでと返信もいらないと… 彼の病気は私も不安で怖いけど少しでも癒しや気持ちが楽になってほしいと思ってきてがんばってきたのに本当に辛いです。これからどうしたらいいでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

少しでも苦しみが消えますように

昨年も父のことで相談に乗って頂きました。 父は昨年の7月に転倒し、頭を打って以来、遷延性意識状態(植物状態)となり、ずっと入院しています。 自己呼吸はできるものの、気管切開をしているので、一滴の水も飲めず、何も食べられず、胃ろうをしています。 寝たきりの要介護5で動けません。 耳は聞こえているみたいなのですが、意志の疎通は難しいです。こちらの話をどこまで理解してくれているのか、表情もあまり変わらずわかりません。 何かを訴えようとしたり、発語をしようとする仕草もほとんどありません。 ただ、目を合わせると、じっとこちらを見てくれます。そして、たまに指をさしてくれます。 コロナ前では、家族が毎日病院に行き、手を握り、大好きだよ生きてくれて嬉しい、有り難うって伝えられていました。 でも3月以降、面談は3カ月に1回10分だけとなりました。 父に何もしてあげられることができず、そばにすら、いられません。 意志の疎通ができないだけで、ほんとは、水が飲みたいとか、お腹が空いたとか、そんな苦しみを味わっているのではないかと思うと、ただもう、やりきれなく辛いです。 手術をして、命を助けたせいで、こんな苦しみを与えてしまったのではないか。 いつまでこんな生き地獄を生きなくてはいけないのか。 そんな考えても仕方のないことを考えてしまいます。 それでも私の苦しみなんてどうでもいいです。 父は頑張って生きています。 そんな父を知ってほしくて、投稿しました。 そんな父のためにどうか祈って頂けますでしょうか。 少しでも苦痛がやわらぐために。 どうか、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

母の病気と今後の生き方について

一年前に母が癌になりました。 再発しやすく予後が悪いタイプの癌だったのである程度心構えはしていましたが、今日、再発したと連絡をもらいました。 . 去年の秋に発覚した際、友人4、5人に母が癌になったことを言いました。 家族には心配をかけたくなかったので、友人たちに弱音を吐いて、助けてほしかったのですが、同年代だとこのような経験がないからか、あまり真剣に受け止めてもらえなかったと感じています。 「親が数年で死ぬかもしれない」というところに考えが結びついていないのだろうな、という感じです。 . 私自身も、重い話をして友人を困らせてしまったこと、相手に無意識で期待しすぎてしまっていたと思い反省しましたが、信頼している人たちに悩みを理解されないことの寂しさを感じました。 . ですが、今回の知らせを受けて、やはり誰かに頼りたくなってしまい、こうなることは分かっていたのに自分の弱さに情けなくなりました。 . 私自身、兄弟などはおらず、友人にも友人の人生があるので、心置きなく誰かに頼るということに引け目を感じています。 将来、結婚してパートナーと支えあって生きていくことにも憧れがありますが、私自身お付き合いの経験がないこと、結婚する時には母はもういないのではないかということから、いつ現れるかも分からないものにすがるものでもないなと思い始めました。 . 前置きが長くなってしまいましたが、これらのことから、私はどの程度人に頼り、どの程度自立すべきなのか、今は全く分からない状態です。 . 母が亡くなった後、1人で生きていく自信がなくなってしまいましたが、もしそうなったとしても、私が幸せに暮らし続けることが親孝行になるのではとも考えており、頑張りたい気持ちもあります。 . もしよろしければご教示いただけますでしょうか。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る