hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

病気にとらわれず、元気に生きたい

回答数回答 4
有り難し有り難し 94

心の病で入院中です。

病気は、心の葛藤が身体にあらわれるもので、15年以上わずらっています。今の症状は、1ヶ月以上つづく、腹痛です。検査では、身体的には異常はありません。

痛みがやってくるたびに、辛さとともに、身体には異常がないのに、なんで…と悲しみと怒りの気もちがわいてきます。

心の問題なんだから、自分の力で闘うしかない、と病院では、誰ともコミュニケーションをとらず、個室にひとり、こもっています。

この病気を手放すことができたら、と思うのです。
いっぽ踏みだして、変わりたい、と思うのです。

しかし、どこにむかって、どう変わればいいのか、わかりません。

道標がほしいのです。

自信と力をもつには、どうすればよいのでしょう。

アドバイスいただけたら幸いです。よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

こころはこころだけでは解消しません。

ご投稿どうもありがとうございます。
15年以上わずらっているということで、あなたにとっては大変な日々だったことと案じます。
まず私より言っておきたいことは、こころはこころだけでは解消されないということです。
仏教には思想だけでなく、身体からアプローチすることによって、心と身体を同列に考え、生きている存在丸ごとを許し高め、元気にする方法がいくつもあります。

闘うのではなく善悪や快不快を抜きにして観察すること。
特に、呼吸を観察することが大切な方法です。
呼吸は人間の随意と不随意をつなぐ唯一の機能です。
わかりやすく言うと、呼吸というのは普段は勝手に動いているけれども、自分でもコントロールできるもの。
気持ちが落ち着きゆったりしている時は、呼吸もゆっくり深くなっているはずです。
呼吸と心は連携しているのです。
手始めに、目をつぶって数十回呼吸を観察してみて下さい。注意としては呼吸をコントロールするのではなく、あくまでも「観察」するのみです。また、観察し続けると出てくる想念も、善悪ではなく、客観的に観察し、沸き出させてあげて下さい。
身体は善悪なくフォーカスすることによって、認めてくれたと感じ、自然に善き方向に変化していきます。
「観察」に慣れてくると、「今ここ」にいる自分と向き合うことができるようになっていきます。
すると自分自身への微笑みが生まれてきます。
自分とコミュニケーションできるようになれば、他者とコミュニケーションできるように変化をしていきます。

まずは
「コミュニケーションをとらなければいけない」
「身心を治さなければいけない」
という善悪を含む固定観念から一時離れ、まずは現在の自分を観察してみること。それも知識や言葉でない自分の身心感覚を正直に観察すること。

あなたはどこにも向かいませんし、何も変わりません。
病気を手放すことも必要ありません。
自信も力もいりません。

道標は、今この瞬間だけということを自覚するだけで、
あなたは誰かからも、病気からも、自分自身にも囚われるのではない、
その瞬間は自分で自分を「生き」ています。
「生き」ている時間が少しずつ増えていけば、
きっと現実生活も少しずつ変化をしていくことでしょう。

あなたの今後の身心安楽な生活を祈念いたします。

{{count}}
有り難し
おきもち


曹洞宗(禅宗)僧侶。整体師。愛知県豊橋市一月院副住職。八王子市在住。寺院に...
このお坊さんを応援する

道標:自分をイジメることをやめればイイだけです。

人生の問題の9割は人間関係です。表面的にはそう感じなくとも根底に人間関係に由来しているものがほとんどです。
あなたの今の悩み、自分がそうなった原因も絶対に人間関係が問題になっていない、とは言えないはずでしょう。
まずは①原因に向き合い、その出来事を悪い評価のままにせず、視点を変えて肯定的にとらえることをお勧めします。過去を怨んだり呪ったりしてもまったく利益がないことを知り、変えられない過去への評価だけを変えるのです。
次に②悩みそのものを心で見抜いて、自分の心から自立することです。
あなたの心の扱いはあなたしかできません。
自分の心に使われて、自分で使いこなそうとしていないから自分の負の思いに支配されてしまうのです。
病だ病だとネガティブに自分をイジメたり、自分を卑下、貶め、凹み、落とさず、
まずは、何におびえているのではなく、❝誰に❞おびえているのか、誰に対して意識をはたかせているのか、誰にどうなってほしいのか、を具体的にしてからもう一度改めてご質問ください。
そして誰が自分を悩ませているのかがハッキリしたなら、それをこちらに表明してください。悩み相談はそれからです。
全部あなたがご自身で、ご自身を苦しめておられるです。
何故ならば、あなたは誰とも接していないでしょう。
あなた一人でしょう。あなたの心の中を動かしているのはあなたでしょう。
暗い事を考えたり、いやなこと、悪いこと、落ち込むことを考えて、自分を嫌な思いにさせているのも全部、自分という工場内部でしょう。
あなたの言う自信がない、といわれる時。
心の中で何をやっておられますか?
自分をイジメてはいませんか。
自信がない、ということを具体化してみてください。
心が落ち込む、悪いことを考え始める、フラッシュバック、過去の失敗経験の再発の恐れ。
仏道は自分の心で自分の心を見抜き、自分の心に苦しまなくなれる道です。
自分を見つめる事につとめてください。その中でどうあればいいかについて再質問してみてください。いつの世の誰であっても自分を苦しめるのは自分なのです。自分を自分から自由にしてあげてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

ご自身を追い込み続ける事だけは無いように

サン様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

心の病で入院されておられて、しかも、検査では異常がないのに身体的な苦痛も現れてしまわれておられますこと、誠にお辛いことでございます・・

検査で異常がない・・でも激痛を伴って苦しむ・・異常がない、診断が出ていないだけに、周りの理解やサポートが得られずになお一層に苦しまれることになってしまう・・

膠原病や線維筋痛症、自己免疫疾患など、まだ十分な原因の解明が進んでおらず、治療法も確立されていない病気があることをなかなか世間も理解できていないところがあるのではないかとは存じております・・

本当にそれらの病気に対しての理解がないと、ただサボりたいからじゃないのか、楽したいからじゃないのかと、時に酷い偏見の目でみられてしまうこともあり、二重苦、三重苦に耐えられない場合もございます・・

サン様も恐らくそのような苦しみの中で闘っておいでであるのではないかと存じます・・

正直、自分の力で闘うしかないとはお考えにはならないで、無理にご自身を追い込んで孤立させるようなことはなさらずに、もっと周りの皆さんに対して、抱えておられる病気のことを理解してもらえるように、色々な人とコミュニケーションを取られていく、あるいは情報発信もされていく、例えば、無理でなければ、ブログやSNSなどで理解をしてもらえるように声なき声を上げられてみられることも一つかもしれません。

もちろん、ネット上では実名での怖い面もありますから、匿名でも構わないかとは存じますし、コメント欄等も規制を掛けられたりして、プライバシーの問題は慎重に考える必要があるかとは存じております。

やがて、色々とコミュニケーションが増えて参りますと改善へと向けたアドバイスや治療例についての情報を頂けたり、同じような苦しみを抱えている方たちとの交流や励まし合い、助け合い、支え合いにも繋がっていくかもしれません。もしか致しますと、完全に治癒へと向かう方策も見つかるかもしれません。

とにかく決してご自身を追い込み続ける事の無いようにだけは、どうかくれぐれも宜しくお願い申し上げる次第でございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


道標は・・・

サンさん。今の状態はおつらいでしょうね。

体の状態は、検査をしても大丈夫。

なのに、あなたのおなかは痛んでいるのですね。

他の人にはわからない、あなただけの苦しみだとお考えになり、心の問題だから、自分の力で戦うしかないとお考えになっている。

そのような状態であれば、誰も皆同じように考えるのかもしれません。

仏教では、「諸法無我」と申します。

一言で言えば、私という存在は関係性の中にある、ということになるでしょうか。

私が一番心配するのは、あなたがコミュニケーションをとらず、関係性を断とうとしているところです。

あなたの苦しみをわかってくれる人は、なかなか見つからないかもしれません。

でも、あなたが結んだ関係性の中にこそ、あなたがあるのです。

もしかすると、わかってもらえなくても、あなたの苦しみを和らげる関係性に出遇うかもしれません。

どうか、自ら周りとの関係性を断たずに、周りをちょっと見てみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


「病気と向き合う・看病」問答一覧

心療内科に行きたいけど怖いです。

いつも相談する場を提供していただいて、そして悩みを聴いていただけて感謝しています。 また悩む事ができてしまったので相談させて下さい。 今、何か自分には精神的な欠陥があるのではと思っており、心療内科の受診を考えています。 具体的な症状は 日常生活  ・片付けられない  ・大事な物を無くす  ・時間が守れない、時間配分が苦手  ・匂いや音に過敏に反応  ・ひとつの事に集中しすぎる  ・すぐ別の物に気を取られる  ・大事な事をメモを取っても覚えられない  ・話しの要点が理解できない  ・大事な事を後回しにしてしまう  ・ボーっとする時間が多い  ・会話中、論点が分からなくなる  ・一方的に話してしまう 仕事  ・臨機応変な対応ができない  ・スピードが遅い  ・コミュニケーションが取れない  ・雑談が苦手  ・暗黙のルールが分からない  ・自分の能力が分からない  ・仕事の全体像を見るのが苦手 現在は職場のストレスで  •食欲や意欲の低下  •不眠  •気分の落ち込み 等があります。 ひとつの職場だけなら合わないだけかな?と思えます。しかしアルバイトやパート、長期•短期合わせて十数個やってきた中で、大抵の場で同じような状態になります。 学生時代もコミュニケーションが上手く取れず、険悪のまま疎遠になった人が沢山います。 幸い主人が理解のある人なので、病院に行ってもいいと言われますが、行く事がとても怖いです。  •病気と診断されたら今後どのように生きていけばいいのか。  •生活があるので、何か仕事は出来るのか。  •担当の先生が合わなかったら症状が悪化するんじゃないか。  •もし病気ではなく私がただのダメな人間だった場合、自分は今後生きていく自信を失わないか… 等色々考えてしまって行動に移せません。 自分の事を知りたいけど、とても怖いです。 何かアドバイスやお言葉をいただけると嬉しく思います。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 21
回答数回答 2

親の病気の発覚

今日、兄弟から母の病気について知りました。 母親が徐脈で、最近、心臓にペースメーカーをつけたそうです。 今まで健康そのもので周りより元気であったので、本当にショックでした。 私は、母には色々と気兼ねなく相談出来、母はいつも私の気持ちを汲んでくれました。 離婚協議のこと、子供のこと、自分の退職と就活のことなど、色々です。 友達に相談出来ない私は、いつも母に頼っていました。 ですが、母の病気に関して、母はまったく私に話してはくれませんでした。 母とは離れていて滅多に会えませんが、何度も何度も電話では近況などを話していました。 変わりない、とそう言っていました。 改めて母に電話をすると、会った時に話すつもりだった、心配させたくなかった、と言い、そっけなく電話を切られてしまいました。 そういえば最近、母は忙しそうで、私の話も聞いているようでいないことがあり、少し寂しく思っていました。 母の病状は寝耳に水でした。 母がこの世からいなくなってしまったら、私のことを想ってくれる人はいなくなってしまう、という不安と何で教えてくれなかったんだ、分かり合えていなかったのか、という失望を感じました。 相談してくれていたら、ペースメーカーをつけなくても良かった状況もあったかもしれない、自分はいつも自分のことばかりで、何も出来なかった、私が良い相手と結婚していれば、きちんと職業を持っていれば余裕が出来、もっと母の事を気遣ってあげられたのに、と悔やんでばかりです。 これから先、一生この不安と罪悪感を背負っていくのかと思うと、辛い。 1番、心身を案じなければいけないのは、母自身のことなのに、私は自分が辛くて仕方がない、自分勝手な、泣いても仕方がないのに、気持ちの整理がつけられない。 これから、どのように母に接し、どのようにしたら自分の心に平穏を取り戻せるのか、知りたいです。 母は何を望んでいるのでしょう。 それは私の望みとは違う気がします。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

家族が白血病になりました。心を保つには?

私には4つ下の可愛い妹がいます。 その妹が先日、急性白血病と診断され、本人と一緒に医師の説明を聞いてきました。 幸い、かなり早期の発見で、今は症状がまったくない状態です。 しかし、1週間もすれば歩くことも困難になり、病状は急激に悪くなっていくでしょうと説明がありました。 抗がん剤や、輸血、骨髄移植についての話も聞きました。 私からあげられるものならば、何だってあげたいし、妹が助かるなら何でもしたいです。 しかし骨髄の型が合うかどうかも、1か月ほど先でないとわかりませんし、 もし移植できても、合併症を起こせば致命的、死亡率も高いです。 白血病の中でもめずらしい型で、再発率が高いなど予後が良くないとのことであったり、 実家も私たち夫婦も決して裕福とは言えないので、これからかかる莫大な治療費のことであったりと心配です。 これまでずっと健康で、体力も気力も人より上の、エネルギーの固まりのような妹が、弱っていくのを想像すると、悲しくなります。 不安なことで頭がいっぱいです。 こんな中でも、まだ良かったなと思えることは、 早期の発見で、早い段階で治療に取りかかれること。 夫は、妹のことをよく知っており、私のことも支えてくれ、快く協力してくれること。 先月引っ越してきた地が、たまたま妹が入院することになった病院の近くであること。 です。 悪い中でも良かったことを考えるようにしようと思うのですが、何をしていても、これからが不安になり、泣いてしまいます。本人の方がつらいはずなのに。 たいへん明るく、愛想よく活動的な太陽のような子ですが、今回はさすがに参った様子でした。 姉として、支えになってやりたいと思っています。が、私がこんなことでは助けてやれません。 こんなときの上手な気持ちの持ち方、妹への言葉のかけ方、これからの行動など、お坊さんの意見をぜひ聞かせてくださると、嬉しいです。よろしくお願いします。 長文を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。妹の病気が治りますように。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

原因不明の体調悪化、生きる意味

初めまして。 これからの生き方について悩みスマホを眺めていたところ、こちらのサイトに行き着きました。初めて質問をさせていただきます。 以前から、原因不明の体調の悪化が見られ、家族に相談したり、様々な病院でいろいろな診療科を飛び回り検査して貰ったりしました。 ただ、そこで得られるのは「気持ちの問題」「人間の体のつくり的にそのような症状はありえない」という返答ばかり。現に私が今悩んでいる症状は、生物学的にはありえないものなのだそうです。 もしかしたらまだ発見されてもいない難病にかかってしまったのでは?もう一生治らないのでは?そう考えた途端、生きる気力が急速になくなりました。なにしろ苦しいのです。苦しいのに理解してもらえず、かといってその苦しみは目に見えるものでもなく普段は私もケロッとしているため、信じて貰えない。 この苦しみを抱えたまま生きるのは辛いです。気がつけば、自ら命を絶つ方法を無意識のうちに調べていました。 大好きな家族、大好きな友人、大勢います。彼ら彼女らを残したまま死ぬのは嫌ですが、死ねばその後悔すらも感じないのでは?そう考えてしまう自分がいます。 どうすればいいのかわかりません。体の不調のことはもう誰も信じてくれません。母にそれとなく死にたい気持ちを吐き出してしまいました。お願いだから死なないでくれと言われました。母のおかげで一旦ブレーキが効いています。しかし今後自分の気持ちがどうなるかはわかりません。 ご教授ください。私は体の異変に耐えながら生きるべきでしょうか。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

乳がん検診でひっかかり、不安が強い。

これまでも、20代の頃から卵巣の病気があり、検査や手術を続けてきましたが、、そちらは長い経過の末、心配の具合が減ってきました。 とはいえ、不安が高まるとあちこちの臓器が気になり、色々病院にかかったりしています。 このたび、そのついでに乳がん検診受けたところ、予想してないしこりを指摘されました。今のところ、大丈夫そうだけど、悪性の可能性もゼロではないようで、経過観察になりました。 次の予約が1月ですが、とても気持ちがもたないくらい不安定になっています。 そうなると死ぬのは怖くないと思える証拠をさがしてみたり、40までは生きれたのだからいいと思い込もうとしたり。でも自分でコントロールできないことが起こることが怖くて怖くて、居ても立っても居られないです。 そしてこちらのサイトに辿り着きました。時間を見つけて直接のご相談もしたいですが、 まずは今のこの気持ちをどうしたらいいか。どうしたらいいのか、荒波に放り出されたかのような気分で、グラグラと心が揺れています。普通に過ごす時間もあるけれど、こんなことをしてていいのだろうか、わたしは何か現状を変えるためにしなくてはいけないのでは、と考えては、焦燥感でいっぱいになります。 わたしはどうしたらいいのでしょうか。まだ病気と決まったわけではないのにこの状態で、私は果たして今後死に向き合えるのだろうか、とも思ってしまいます。 なお、死が怖いので50まで生きれれば本望と思ったりしていました。父と義母を私の1番恐れてるガンで亡くしたのも、影響を受けやすい私にはきつかったのかもしれません。 何かお言葉いただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

病の不安

先日行った人間ドックで肺に炎症性変化があり3ヶ月後の再検査となってしまいました。 現時点での医師の説明ではおそらく心配ないものであるが、可能性はゼロではないので念のためという事での再検査です。 CTを撮ると結構な人数の方が再検査になるらしく、風邪の炎症でもよく映り込むので癌ではない人が殆どですと。 医師の感触では否定的でした。 癌宣告を受けた訳ではないですが親を肺癌で亡くしているため、先々を考えると恐怖心が拭えません。 平常心を保とうと普通に生活し、歩いて気分転換を図ったりしていますが、また直ぐに考えてはネット検索してしまいます。 人間はいつか死ぬ事は身近な人の死から分かってはいるものの、やはり怖いです。 一人っ子の子供を置いて逝くのも忍びなく、できれば自分の親の年齢を超えるまでは一緒にいてあげたい。 それに施設にいる親の介護もある。 など、色々と考えてしまう心のざわつきを鎮める方法はありますでしょうか? プロフィールを読んで頂くと分かりますが、親や夫婦間で様々な問題に長いこと悩まされ、いけない事とは思いながらも他の男性と長期的にお付き合いを重ね、心のバランスを保ってきました。 この様な事をしているので天罰が当たったのかもしれません。 彼とは割り切った付き合いであるものの、付き合いも長いのでお互い情が入っています。 いつかは病や生活の変化で別れる時が来るだろうとも思っていましたが、お互い心の拠り所になっていたのは確かです。 病の心配と彼との今後について混同してしまいましたが、どうやって今後の人生に向き合ったら良いのか教えてください。

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

おばあちゃんに会いたいです。

初めまして。先月より祖母が急に弱ってしまい入院をしてしまいました。 もう食べることもできず、 点滴でのみ栄養を補給してる状態で、 意識があるのが奇跡だと言われています。 86歳で、認知症はなく会話はできるのですが、まだ頑張って生きてるのにコロナ禍のため病院での面会が叶わず、会うことができないのが辛くて悲しくて涙が止まりません。 今出来る最低限のことで、入院してから2回、 伝えたいことをしっかり手紙に書いて看護士さんに渡してもらいました。 祖母が直接読んでとても喜んでいた、と聞いてとても嬉しかったです。 会いたい気持ちが止まりません。 もう覚悟はしています...。 だけど、結婚前は実家で同居してたので、小さい頃からよく遊んでもらったり、旅行に連れてってもらったり、思い出が沢山あり過ぎて、何かと心配してくれた祖母がいなくなるのを考えるだけで本当に辛いです。 いつも優しくてニコニコしてて、感謝の気持ちを忘れない祖母なので、病院でも先生に恵まれ看護士さん達からも大変親切にしてもらっていたみたいです。 まだこのまま居させてもらえたら安心だったのですが、そうもいかず...昨日から一般診療もある療養病院へ転院することになりました。 心配が尽きないです。 もっと実家に帰ればよかった、もっとお話しすればよかった、一緒に写真も撮りたかった...と後悔が溢れてきます。 祖母は心配症で伝えないと気が済まないタイプなので、私も日常で「わかってるよ〜」とイライラしてしまったこともありました。 今になって、祖母から教わったことがいかに大切なことだったか実感しています。 ただただ元気になって帰ってきてほしい。 何をしていても集中できず、 胸が苦しいです。 たとえお迎えが来たとしても、 いつかまた会うことはできるでしょうか...? 来世も祖母の孫として生まれたい。 今はどのような気持ちでいればいいのでしょうか?少しでも強い気持ちを持ちたいです。 長々と申し訳ございません。 どうかご意見の程いただけましたら幸いです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺