hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お彼岸

回答数回答 4
有り難し有り難し 53

お彼岸のお墓参りのことで質問です。
彼岸入りに参った場合、彼岸明けにも参らないといけないと聞きましたがどうでしょうか?

2021年9月18日 7:54

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「彼岸」は「善い行いをする修行の期間」

こんにちは。ご質問ありがとうございます。知人から「コロナ禍でお彼岸中にお墓参りに行けないがどうしたら良いのか」という質問を受けたので、ここで合わせてそれについてのお答えも紹介させていただきます。

 もともと「彼岸」は「善い行いをする修行の期間」とされていましたが、それがいつの頃からか「先祖供養やお墓参りをする日」になっていったようです。昔の人は、身近な善行として先祖供養(お墓参り)を選んだのでしょう。

 さて地域によって考え方があるのかもしれませんが、私はお彼岸の入りと明けの2回お墓参りをしなくてはならない、という風習は聞いたことがありません。2回と聞くと思い浮かぶのが、お盆の時で、私の住む地域では、お盆の時は迎えと送りの2回お墓参りをする習俗があります。教えてくださった方はそれと混同しているのかもしれません。
 私はお彼岸中に2度お墓参りに行く必要はないと考えますが、これは「1回にすべき」という意味ではなくて、お気持ちがあれば何度でも、毎日でも良いと思います。

 現在コロナ禍でお墓参りが遠くてできない、という方もいるかと思いますが、そもそもをたどればお彼岸は「お墓参りの日」ではないので、元々の意味に従い、人のためになる善い行いをこころがけるのもよいかと思います。

2021年9月18日 9:31
{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

お参りの回数の縛りはありません。

もちろん何回お参りされても良いですし
1回だけのお参りでも充分です。

お参りが多いほど
徳を積むように感じられますが
徳を積むためにお参りされるのなら
本末転倒です。

2021年9月18日 10:56
{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

勘違いが多いお墓参り

 ひろさん、お墓参りに行かれるのはありがたいことです。私のお寺にも墓地がありますが、マナーだけは守ってお墓参りお願いいたします。
 彼岸時期に入りと明けに行かなくてはならないのは聞いたことはない。もしかしたらお盆と勘違いしてませんか?
 彼岸時期は一週間あるうちの一回は家族でお参りに下さい。そして、中日(秋分の日)はお寺参りお願いいたします。
 お墓参りは①ご先祖様を供養すること②自分の行いを見直し、反省する③お参りできる健やかさと平和に感謝する
最低この3つは念頭に入れて下さい。
 雑誌PRESIDENTにお墓参りし、ご先祖様の供養する人は仕事も上手くと書いてありました。仕事のためではありませんが、お墓参りに行く、心のゆとりは持ちたいですね。

2021年9月18日 9:58
{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

お彼岸のお参り

宗派にもよるのかもしれませんので明言は出来ませんが、彼岸の入りと明けにお参りするといったことを私は聞いたことがありません。
元々、お彼岸は仏道修行の期間であります。それが、先祖崇拝等と合体して今の形となっております。
先祖への恩をお返しすることも、とても大切な仏道修行なので、心を込めてお参りされたら、一度でも宜しいかと思います。
勿論、供養をさせて頂くという行いに上限はございませんので、何度も行かれても間違いではありません。
ご自身の出来る範囲で、懇ろにご供養されて下さいね。

2021年9月19日 8:33
{{count}}
有り難し
おきもち


初めまして。 精神障害(主に鬱病)を発症してから、間もなく20年を迎える...

「お盆・お彼岸」問答一覧

昨年亡くなった父の初盆について

昨年、持病で亡くなった父の初盆。 どの様に供養すれば良いのか分からず…、相談させて下さい…。   まず、父は離婚しており、親族は私(独身)と兄家族のみです。 兄とは元々折り合いが悪く長年疎遠で、父の葬儀等で会う機会が一時多くはなりましたが、49日法要が済んだ後はまた疎遠に戻りました。 上記で記載した通り兄は結婚しており、兄宅に父の仏壇があります。 私は小さな骨壷に父の分骨を手元供養として自宅に置いています。 そして、父のお墓は作らないと決まっています。   そこで100ヶ日の際も、私は法要をしたかったのですが、結局兄宅に上がれなかった為お供えのみを渡し、仏壇に手すら合わせられずに終わってしまいました…。   その後、亡くなって半年の命日や父の誕生日等、本来であればお墓参りや仏壇にお供えをして手を合わせたい所でしたが、どちらも出来ない為、自宅の骨壷に手を合わせていましたが、どうにも父を想うと心苦しく、辛く、なんとも言えない悲しさが込み上げてきます…。こんなことダケで、大好きだった父の供養になっているのだろうか…と。   そこで、前置きが長くなりましたが、父の初盆のことです。 兄からは何の連絡もないですし、おそらく何もしないのか、法要をするにしても私には参加して欲しくない為いつするのか知らせないつもりなのか、どちらにせよ初盆にお墓参りや仏壇に手を合わせることが出来ません。   その為、お墓や仏壇や位牌が無くても、私の自宅で法要をすることは可能なのでしょうか?(お坊さんにお願いして来ていただく、等。) 初盆に私自身が何もしないことが、自分で許せないと言うか、やはり父に申し訳なくて…。(もちろん自宅の骨壷に手を合わせることはしますが…。)   どうか良い方法などがございましたら、お教えいただけますでしょうか…。 何卒よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る