hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

空(くう)

回答数回答 4
有り難し有り難し 108

感情が無い、肉体、つまりただの「物質」になれという事とはまた違うのでしょうか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

空=無執着

ただの物質にはなれませんよ。生きてますから。空とは執着しないということです。楽になれと言っているのですよ。心配するなと言っているのです。感情をもっている私たちは色々なことで悩んだりしますが、そんなときは空を思い出して下さい。見方を変えましょう。空とは、私たちの心をリセットする有り難い観念です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


くう

私の理解の範囲で、「空」を説明させていただきます。(諸説あることをご了承下さい。)

この世に存在するあらゆるものは、私たちが勝手に「実体がある」と思い込んでるだけで、本当は実体を持っていないのです。

量子という言葉を知っていますか?
量子とは物理や力学などで「物理量の最小単位」といわれる。量子というのは「物理の最小単位」とはいっても、さらに突き止めてとらえると、もう「物質」ともいえなくなり、どちらかというと「エネルギーの振動」なのです。

このエネルギーの振動が密度を増していくと、人間が認識できる「物質」として形づくられます。逆にいえば、そのものがエネルギーとなります。つまり、物質も、そうじゃないものも、元をたどれば全部同じものでできているのです。
この宇宙に存在するありとあらゆるものは、実は「同じもの」で、「空」というのは、何もないってことではなくて、その量子エネルギーがこの世界に満ち満ちているということなのです。
その実体をとらえようがとらえられまいが、あらゆるものは「空」の中に存在しているのです。むしろ「空=存在」と言ったほうが的確かもしれない。たえずその振動を変化させつづけている無形の全体像が「空」ということなのです。そこには、一切の分離(何かと何かを分ける境界線)が存在しない。すべてはひと続きなのです。

たとえば、この「空」という存在は、「止まる」ということができない。流動し続けている。私たちだってそうなのです。ほんの一瞬でも、止まることはできないのです。昨日の自分と、今日の自分、同じように見えても若干変わっています。

このようなことから、実際に存在しているのは『空』という常に流動し動き続けている全体性だけであって、『自分』とか『ほかの何か』とか、他と分離して存在するものは、実は何一つなかったのです。すべてが連携しあった、ひと続きの同じ存在だったのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


皆様のお悩みを聞き、お答えすることで、 苦しみが少しでも和らいでくれれば...

「空と縁起」

苺様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「空」は、【感情が無い、肉体、つまりただの「物質」になれという事とは】、もちろん違います。

「空」とは・・

深遠なる真実義、勝義、了義へと向かうための智慧の真髄。

無明の闇を払う智慧の光。

「空」とは、「無実体・無自性・無自相」という事態を示す概念となりますが、簡単には、モノ・コトが、それ自体の側において、永久永遠に変わらずに存在し続けているような独立自存なる何かによって成り立っているのかどうかと言えば、そういった独立自存なるものは、何らとして見当たらないということになります。

もう少し述べるならば、他に(例えば、原因や条件等に)依存せずに独立自存として成り立っているものが何らとして見当たらないということであり、他に依存して成り立っているということを「縁起」(えんぎ)と申します。

ここで注意しなければならないのは、「空」は、「何も無い」という「絶無・虚無」ではない、ということもしっかりと理解しておかなければいけません。

貴女も私も、現に今、このように存在しています。

感情も肉体も物質も、確かにそれらも、現に、今、そのように存在しています。ただ、存在はしていますが、そのありようは、あくまでも「縁起」によって成り立っている「空」なるもの、ということになります。

是非、この「空」の理解につきましては、できれば、これからしっかりと仏教を学んで頂きまして、特に、龍樹(ナーガールジュナ)大師がご教示なされておられますような『「縁起」の見解に基づいた「空」の理解について』の学びも深めていかれますことをお勧め申し上げたいと存じます。

※「縁起」の理解では、主に三つの階層が考えられ、第一に、「原因と条件と結果のそれぞれとの依存関係」、第二に「部分と全体との依存関係」、第三に、「意識作用・概念作用・思惟分別作用により、仮名・仮説・仮設されることによっての依存関係」がございます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

般若心経にあります。

仏教における大切な概念の一つだと思います。お釈迦さまが、お弟子の舎利子さまにお話しになります。観世音菩薩さまが、偉大なる智慧の修行を完成さようとした時に・・・、色即是空、空即是色。『般若心経』の一節ですね。色(しき)はこれすなわち空であり、空はこれすなわち色である。たとえば、「色」は物質、存在するものですね。「空」は空っぽ、何もない。それがないことをいうのですが、それでは、実体があるように見えてその実は何にもない空っぽであると思えてします。さて本当にそういう意味なのでしょうか?物資としての存在するということと、何もない、空っぽな状態が同じとはとても思えませんよ。一体、お釈迦さまはなにが言いたいのでしょう。私は空気と同じように感じています。空気は我々にはその存在を認識することができません。つかめないし、一瞬たりともとどめおくことができません。しかし、お確実の存在しています、いな、その存在なしに我々は存在できないのです。人間という存在も、物質的な身体と、その本質となる魂(心)から成り立っている点では、あるようでないが、ないようであるといえるのではないでしょうか?我々は、日常のいろいろな問題に悩み苦しんでいますが、そうした煩悩(色)の中心は、空という心(魂)なのだから悩んでみても仕方がないということになりますね。ちょっと、話し過ぎましたか(笑)
どうぞ皆さまお元気で!!

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

質問者からのお礼

随心院・卓阿様
お忙しい中、ご回答ありがとうございます。
空(くう)とは執着しないということ。
何事にも囚われていない心という事でしょうか。ありがとうございます。

浄光寺・三浦康昭様
お忙しい中、ご回答ありがとうございました。
三浦様は、空気のような事だと思われているのですね。仏教を学ぶ上でぜひ参考にさせて頂きたいと思います。

岩瀧山 往生院六萬寺・川口英俊様
お忙しい中、ご回答頂きありがとうございました。
空(くう)を学ぶにあたり、「縁起」の事も理解しなければいけないとのこと。大変勉強になりました。
龍樹大師がご教授されている内容を勉強してみようと思います。

長興寺・安藤亮英様
お忙しい中、ご回答頂きありがとうございました。
むしろ「空=存在」とお考えとの事。大変参考になりました。
おそらく、空(くう)を理解するのはすごく難しく、実は言葉や文字には表せない、感じるもの…
うーん、難しいですが…ありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

三毒の瞋恚について

少し、仏教(日本の仏教、大乗仏教?かわかりませんが)を調べてみたのですが、三毒という概念が出てきました。そこの怒り、瞋は世の中を悪くする毒だという考え方に触れました。 ですが、私が思うにこの毒こそ、今の世の中に必要な薬ではないのでしょうか? 今のしらけきっている世の中では本当に救われる存在に対して別に心動かさない。私と関係ないという愛のない空気が漂っています。そんな中だからこそ、ちゃんと憎むべきだと思うのです。不正や、不義を見つけ、恨み、ほかの不正、不義に怒り、徳をかざすもの(徳の騎士)達の闘いこそが、この世の中に血を通わせると思うのです。確かに多くの人達が死ぬでしょう、正義もみつからないでしょう。ですが、不毛なものではないと思うのです。その痛みを知ったからこそ愛を求め、与えることができるのではないのでしょうか。転じて、少し仏教ディスをしますが、なぜそういった熱い魂を毒と切り捨て、平穏という退廃を望むのですか?それは持っているもののみ、自身の苦しみに気づかずに他人を傷つける愚者を増やすだけではないのでしょうか?それでは真に救うべき絶望に抗い、戦う者達に失礼ではないですか?そのものらは心の安寧のために戦っていると?一度、絶望したものは死ぬまで安寧とは無縁の人生を送るでしょう。そんな者達に安寧は残されていると?彼らはただ絶望と戦い、苛烈に人生という闘争の中、死ぬことだけが救いだと思うのですが、どうでしょうか?

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

学ぶ方法が知りたい

仏教をもっと知りたくて、ネットを活用していたところ、 hasunohaさんを知りました。 過去のQ&Aを拝見させて頂くと、 実際の僧侶の方々のお答えの方が難しい言葉を並べた活字より、 私には馴染みやすいような気がします。 (以下はプロフィールと重複しますが) 縁あって(しかもまったく別件で2度)、真言宗に関わるようになり 30年近くになります。 その頃は少しずつ、作法等を教わったのですが、 2年ほどで絶縁したため、基本を知らず、現在に至ります。 昨年、不思議なご縁の下で ホントに自分がやりたい事は何か?を 時間を掛けて自分に問い、 やはりご縁のあった仏道を進みたい。 今世に生まれた意味を知りたい。 そして少しでも人様のお役に立つのなら・・・ まずは 読んでるお経の意味を知るべきよね、 仏教用語的な言葉の意味も知るべきよね、 と、ネットで検索三昧。 そうなるとどんどん拡大してしまって、 真言宗ってそもそも・・・ 父方は浄土真宗でお寺さんもすぐ近く。 浄土真宗ってどんな考え方なの? 大日如来、阿弥陀様やお釈迦様って? などいろいろと知りたいことが増えてしまいました。 言葉が適切かはわかりませんが、 効率的な学び方を教えて頂きたくてこの場をお借り致しました。

有り難し有り難し 43
回答数回答 2

お金を積まないと成仏しないのでしょうか

先日同居していた独身の伯母が亡くなり、甥姪に遺産が分配されることになりました。 その相続人の中にMという従姉がいます。 Mは3年前に亡くなった伯母の一人娘なので600万円、私は姉と2人姉妹なので300万円ずつ分配される予定です。 私と姉は父が遺した莫大な借金のせいで自己破産して苦しい生活をしていたので伯母の遺産は生活を立て直す最後のチャンスだと思っています。 ところがMはある新興宗教にハマっていて(ネットで検索すると○○寺詐欺と出てくる有名な新興宗教です)、伯母と私の両親の供養をするから私と姉に600万払えと言ってきました。 Mが傾倒しているお寺の住職さんが 「伯母と私の両親が私と姉がお金を出さないので成仏できずに苦しんでいる」 と霊視で言われたと言うのです。 私の両親は檀那寺のお坊さまにきちんと供養していただいています。 なのでそれを断ると私たち全員地獄に堕ちると脅してきました。 そもそも亡くなった伯母はその宗教を嫌っていたのに、Mが勝手に自分が傾倒しているお寺で永代供養をすると言って遺産の中から800万払えとも言っています。 お骨もそのお寺(かなり遠方です)に持って行くと言っていて、私は伯母が何の縁もない土地に葬られるのが気の毒です。 伯母は祖父母が入っている納骨堂に入るものだと信じていたはずなのに、Mが勝手にお骨まで持って行くのが伯母に申し訳なく思います。 何百万円とお金を払わないと死者は成仏できないのでしょうか。 Mは生活費を削って借金をしてでも払えと言っています。 私の家は浄土真宗本願寺派でMがハマっているのは真言宗系の新興宗教です。 地獄の沙汰も金次第なのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 37
回答数回答 2

発菩提心について。

先日のご回答、ありがとうございました。 お陰様で、今の生活を充実させて楽しく暮らせています。 次の質問をお願い致します。 私は仏教が好きですが、ひとつ、モヤっとしていることがあります。 それは、仏になることを目指さなければいけないのか?!という点です。 悟ってしまったら楽しく無いんじゃないかなぁ?と今の私は思ってしまうんです。たとえば、素敵な異性に素敵だと思われたい欲、仲良くしたい欲、 そういうのも無くなるだろうなと。 現状は、そういう明るい欲が、生きている中での楽しみや張り合いになってる気がします。 そのようなわけで、仏教に興味持っていながら申し訳ないのですが、如来になるのを目指すということにコミットできていません。うやむやにしたまま、仏教ライフ送っています。 私が用いている勤行用の作法本に発菩提心真言も載っているので唱えていますが、 菩提心を本心から起こせていないのに 唱えてて良いのかな?とも思います。害はないのではと思うので、そのまま唱えていますが。  さんまや戒も唱えています。 如来を目指す決心はついてないよ、、だけどおつとめは好きだからするよ、という私に 何かアドバイスやヒントがありましたら、ご回答お願い致します。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

密教や色々な事にアドバイスをください

前の質問に回答くださったお坊さんにはとても感謝しています有難うございます 前に密教関係の別の方の質問の回答に 罪にはなりませんとか書かれていたのにそれを分かった上で質問してしまって 嘘をついたのではないかと不安になりました 仏様は罰を与える存在ではないことと知っていますしこの質問も前に聞いた質問を見て安心したのですがまた不安が出てきました、仏具屋さんの広告なども怖く感じてしまいます敬意を出来るだけ持ちたいのですが 回答を頂いた言葉をスクリーンショットして不安な時に見ているのですが駅などで見られたと不安になりました 私は毎日母の亡くなってしまった家族に水を渡して祈っているのですが不安で密教の事について助けてくださいと言ってしまいました、家族は仏教徒ではありません その密教道具の名前が頭にいきなり浮かび話したら駄目という気持ちが強く辛いです 歌を歌っている時にその道具の名前が浮かんできてその名前を言ってしまったかもしれません 喋っている時でもその道具の名前が出てきて言ってしまうんじゃないかもと不安になります もしかしたらもう言ってしまったかもしれません 前に管理人さんのブログに密教と検索したのですが全ての記事の写真や記事は見ても大丈夫ですか? 質問に書かれた情報とハスノハに出てきたお経の写真があったのですが大丈夫ですか? 検索などしてしまうかもしれないです 次に雑念についてです 私は教科書などで仏教などを見ていると くだらないとかニートじゃんとかくそとか綺麗事じゃんとか言葉が出てきます 車で神社かお寺に通りかかった時その頃は不安で不安でいきなり密教はクソとか汚い言葉が出てきてしまいました本心かもしれません 私は最終的には仏教を貶す気持ちは有りませんが どうしてもポロっと出てしまいます 私の祖母のことを考えた時ずっと元気でいてほしいと思っているのにお葬式の時を想像してしまいます他の人もあります 仏様の首が切れてしまう想像をしたりしてしまいます 寝る前に活発になるので「もし明日晴れたら仏様が言ったみたいなことだから○さんに会いに行く」 と言っても会いに行けず裏切ってしまったのではないかと不安になりました ご飯のお米一粒や机に落ちたものも食べないといけないと思ってしまいました 生活習慣の乱れもあり様々なことが不安になります病院にも通っています よろしくお願いします

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る