hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

お年寄りの心境について

回答数回答 2
有り難し有り難し 194

ここ最近亡くなった祖父母のことを思い出していて疑問に思ったことがあるので、お坊さんの意見を聞きたくて質問しました。
私の祖母は生前、「友達もみんな死んでしまった。早くお迎えが来てほしい。」とよく言っていました。
しかし、それと同時に毎月大量の健康食品を買っていました。
82歳で亡くなったので長生きした方だと思いますが、やはりお年寄りでも死ぬのが怖いのでしょうか。
私はまだ16歳なので、やりたいこともたくさんあるし、死ぬのが怖いです。
でも、80歳にもなれば自分の死を悟ってくるものだと思っていました。 父は、「歳をとると、ある程度悟ってくるもんだ。」と言っていましたが、
母は、「そんなこと考えたことない。」と驚いていました。
お年寄りがよく「お迎えに来てほしい」と言うのは、どういう心境で言っているのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

怖くはなくとも悲しませたくない

リンゴさんはきっとお祖母さん思いの方なんでしょうね。また、命というものに対し、非常に熱心に考えていることが伝わってまいりました。

新聞の片隅にある、どこかの誰かの死亡記事を読んでもほとんどの方はたいした感想を持たないでしょう。しかし、それが知り合いであったなら驚きますし、親しい方なら悲しいものです。そして、自分がその当事者になる事にたいしては、恐怖を持つのが普通です。

どうして、怖いのか、それは死んだらどうなるか分からないからではないでしょうか。リンゴさんも、もし目隠しをして目の前に何がいるかも分からずに「この動物に触りなさい」といわれたら、例えそれがかわいがっているペットであったとしても怖くはないでしょうか。

仏教では亡くなると仏さまの世界にいく訳ですが、例えおぼろげでもその事を信じている方、そうでない方では感じ方が違うと思います。年齢はあまり関係ありません。

また、お迎えに来て欲しい、という言葉と、死にたいはイコールではないと私は思います。小さな子どもさんと違い、大人は思った事をそのまま口に出す人は少ないからです。
「お出かけですか」「ちょっとそこまで」
「いいお日和ですね」「そうですね」
「お元気ですね」「おかげさまで」
そういった会話と同じように、歳を重ねた大人には
「早くお迎えに来て欲しい」「まだまだ先ですよ」という阿吽の呼吸があるのです。

お祖母様の場合、お友だちに先立たれて、さみしいという気持ちも大いにあったことでしょう。また、リンゴさんのお父様の言うように、怖さが薄らぐ人は多いです。でも同時にお祖母様には、リンゴさんたちともっと同じ時代を暮らしたいという気持ちもあったはずです。
お年寄りにとって死とは、怖くはなくとも悲しませたくないという気持ちもあるのだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

死は体験できない 

おばあさんは、自分の死にキチンと向き合っていたのではないかと思います。
年をとれば怖くなくなるか?と言えばそうではありません。
ちゃんと死に向き合っているかどうか、です。
若くとも死に対する正しい認識があれば死は恐れなくなります。
私もあなたくらいの頃は死ぬのが怖いと思ったことがありました。
ですが、仏教にであい、私というものを良く見つめる事によって、以前より死におびえることはなくなりました。
おばあさんの「早くお迎えに来てほしい」というのは「さびしい」ということでしょうね。仲のいい人たちや大好きな人達に先立たれてしまうと寂しいものです。分かってあげられなくてごめんね、とお仏壇にお手合わせしてあげてください。健康食品もあったくらいですから、本心は長くいきたかったと思います。
死は怖くなくなりますよ。
以下のことをしっかり読んでください。
アナタは誕生と死は体験できない様に生まれてきたのです。
生まれた瞬間を自覚できる人はいますか?
死ぬ瞬間も同じです。
この心身が死ぬ時に、死ぬことを自覚できる人は絶対にいません。
自覚するという事は、死んでいないのです。
生きている間に死を想うことがいくらあっても、死がこの体の上に実際に実現されること、死が起こることは一生涯ありません。
寝た瞬間に寝たことを知っている人はいません。それは寝ていないのです。
気絶した瞬間に気絶したことを知る人はいません。それは気絶していないのです。
だからいたずらに死を想うよりは、生きる事、生に力を注いでください。
「太陽と死は見つめてはならない」という言葉がありますが、死の事をずーっと考えたからって仕方のの無いことです。死のことを考える事の一番の利点は、ああ、もう死のことは考えなくてよいのか、という目覚めに到る事です。分からなければまたご質問ください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。
どれだけ歳を取ったかではなく、「死」をどう意識しているかが大事なのですね。
少し気持ちが晴れた気がします。
ありがとうございました。

「身近・大切な人の死・悲しみ・喪失」問答一覧

祖母の死

長文になりますがご了承ください。 先月、母方の祖母を亡くしました。 死因は入院先の病院で食事をとっていた際に喉を詰まらせてそのまま心臓が止まってしまったそうです。 入院は今回が初めてではなく過去に何度か熱が出て高齢のため念のため入院という事はありました。 しかし今回は治療も終わっており退院日も決定していて退院日前日の入院先での食事中の出来事だったようです。 100歳を超えていて自分で食事をすることはできなかったので看護師の方に食べさせてもらっていたんだと思います。 自分で食事をしていて喉を詰まらせてしまったのであれば百歩譲ってしょうがなかったのかなって思えるのですが、看護師が食べさせて喉を詰まらせたということが本当に納得できません。 祖母の食事を担当してくれていた方が注意してくれていれば喉に詰まらせる事はなかったのではないかとつい思ってしまいます。 帰省した際に父と2人きりで話す時間があり、父も死因に納得いっていない様子だったのですが、母は病院を責められないと言っていたそうで本人がそう言っている以上、母の気持ちを尊重しようということになりました。 小さいときからとても可愛がってもらっており、一人暮らしのため県外に住んでしまったのと最近だとコロナの影響もありなかなか会いに行けていなかったのですが、必ず祖母の誕生日には親戚一同、施設に集まってお祝いするのが恒例になっていました。 来年の誕生日会をするのをすごく楽しみにしていたので本当に悲しいです。 母は普段から辛い事や悲しい事はあまり表に出さない性格で、私も似ている部分はあるのでそんな私でも悲しみに耐えられず葬儀も涙が止まらなかったのに亡くなった連絡をくれたときも、霊安室に一緒に行ってくれたときも、葬儀中も母の涙を見ることがなく気丈に振る舞っている姿を見て胸が苦しくなり今も思い出すと涙が出てきます。 ずっと泣いてばかりではいけないしいつかは受け入れなくてはいけない事はわかっているのですが、死因に納得いっていないことが余計に引きずってしまいます。 身近な人の死を経験するのは今回が初めてではないですが、立ち直れる気がしません。 夜になると祖母のことを思い出しては泣いての繰り返しです。 どうしたらいいのかもうわかりません。 ご教示いただけますと幸いです。宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

8月末に母が亡くなりました

8月末に母が亡くなりました。 実家のマンションのリフォームの関係で悩んでおり、私も色々と協力したり、 お金の面でも工面すると話していました。 母は判断力も低下しており、寝不足気味の様でした。 私も話を聞いていて憔悴してしまっていました。 母に安定剤をもらいに病院に行こうと、話していた矢先、 母は「病気とかじゃないんだよ」と言っておりましたが、 父が自宅にいるときに黙って外出し、私も仕事をしていた時に母は川へ行った様で入水し、溺水で亡くなっていました。 あくる日、帰宅していないので、警察に捜索願を出していた所、散策をしていた方に中洲で亡き母を発見されたようです。 生前は一緒に出かけたり、ご飯を食べに行ったりと大変仲が良く、趣味も近く友達の様な存在で、もう一生会えないと思うと寂しくて悲しいです。 解剖の結果、死因は溺水で不慮の外因死ということでしたが、 今も気持ちの整理がつきません。 どうか安らかに眠ってほしいです。 母に寄り添ってあげられなかった罪悪感が拭えません。 この先気持ちを整えていくには何が出来るでしょうか? 母の事、大好きでしたので、母に会えない私の一生なんて、短くて構わないと思ってしまいます。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

友達の死について

先日僕の通っていた学校の友人Aが自らの手で命を断ちました。 その子とは同じ職種であり、良き友人としてこれからも色々僕たちでして行こうと約束していました。 実は学校在学中にも別の友人Bが自らの手で命を断ちました。 この二人も友人同士でした。 Bはもともと心がとても弱く未遂をたくさん起こして来ている子でした。 でも僕とAと接しているうちにだんだん症状が緩和されて来たのでたすが、突然心に負担のかかる出来事が重なってしまい、亡くなってしまいました。 僕とAは自分が力になれなかった事にとても後悔しそんなバカな事するべきでは無いと思いました。 こんな出来事がありAがこんな事をするなんて微塵も思いませんでした。 でもよく考えてみれば、僕とAの職業はとてもストレスがかかり将来の不安が付き纏います。地元からも離れ簡単に帰って来れる場所では無いど田舎に住んでいました。 相談できる友人もすぐ近くにいなかったと思います。 先月にも結婚をし家庭という不安をのしかかり 色々混ざり合っていたかもしれません 今回も色々重なり合っていたかもしれません。 先月に会った時はそんな予兆は感じられませんでした。 でもそれが間違いで何か小さいsosを出したかもせのしれません。 ただ僕がAのsosにBの事もあり勝手な思い込みで拾ってあげれなかっただけでは無いか 僕は何故同じ過ちを繰り返してしまったのか、Bは助けてあげれたのでは無いかと心がとても苦しいです。 この気持ちどう整理をつけたら良いでしょうか?

有り難し有り難し 28
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る