お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

お年寄りの心境について

ここ最近亡くなった祖父母のことを思い出していて疑問に思ったことがあるので、お坊さんの意見を聞きたくて質問しました。
私の祖母は生前、「友達もみんな死んでしまった。早くお迎えが来てほしい。」とよく言っていました。
しかし、それと同時に毎月大量の健康食品を買っていました。
82歳で亡くなったので長生きした方だと思いますが、やはりお年寄りでも死ぬのが怖いのでしょうか。
私はまだ16歳なので、やりたいこともたくさんあるし、死ぬのが怖いです。
でも、80歳にもなれば自分の死を悟ってくるものだと思っていました。 父は、「歳をとると、ある程度悟ってくるもんだ。」と言っていましたが、
母は、「そんなこと考えたことない。」と驚いていました。
お年寄りがよく「お迎えに来てほしい」と言うのは、どういう心境で言っているのでしょうか。

死について
有り難し 174
回答 2

質問投稿日: 2014年11月14日 12:28

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

怖くはなくとも悲しませたくない

リンゴさんはきっとお祖母さん思いの方なんでしょうね。また、命というものに対し、非常に熱心に考えていることが伝わってまいりました。

新聞の片隅にある、どこかの誰かの死亡記事を読んでもほとんどの方はたいした感想を持たないでしょう。しかし、それが知り合いであったなら驚きますし、親しい方なら悲しいものです。そして、自分がその当事者になる事にたいしては、恐怖を持つのが普通です。

どうして、怖いのか、それは死んだらどうなるか分からないからではないでしょうか。リンゴさんも、もし目隠しをして目の前に何がいるかも分からずに「この動物に触りなさい」といわれたら、例えそれがかわいがっているペットであったとしても怖くはないでしょうか。

仏教では亡くなると仏さまの世界にいく訳ですが、例えおぼろげでもその事を信じている方、そうでない方では感じ方が違うと思います。年齢はあまり関係ありません。

また、お迎えに来て欲しい、という言葉と、死にたいはイコールではないと私は思います。小さな子どもさんと違い、大人は思った事をそのまま口に出す人は少ないからです。
「お出かけですか」「ちょっとそこまで」
「いいお日和ですね」「そうですね」
「お元気ですね」「おかげさまで」
そういった会話と同じように、歳を重ねた大人には
「早くお迎えに来て欲しい」「まだまだ先ですよ」という阿吽の呼吸があるのです。

お祖母様の場合、お友だちに先立たれて、さみしいという気持ちも大いにあったことでしょう。また、リンゴさんのお父様の言うように、怖さが薄らぐ人は多いです。でも同時にお祖母様には、リンゴさんたちともっと同じ時代を暮らしたいという気持ちもあったはずです。
お年寄りにとって死とは、怖くはなくとも悲しませたくないという気持ちもあるのだと思います。

3年7ヶ月前

死は体験できない 

おばあさんは、自分の死にキチンと向き合っていたのではないかと思います。
年をとれば怖くなくなるか?と言えばそうではありません。
ちゃんと死に向き合っているかどうか、です。
若くとも死に対する正しい認識があれば死は恐れなくなります。
私もあなたくらいの頃は死ぬのが怖いと思ったことがありました。
ですが、仏教にであい、私というものを良く見つめる事によって、以前より死におびえることはなくなりました。
おばあさんの「早くお迎えに来てほしい」というのは「さびしい」ということでしょうね。仲のいい人たちや大好きな人達に先立たれてしまうと寂しいものです。分かってあげられなくてごめんね、とお仏壇にお手合わせしてあげてください。健康食品もあったくらいですから、本心は長くいきたかったと思います。
死は怖くなくなりますよ。
以下のことをしっかり読んでください。
アナタは誕生と死は体験できない様に生まれてきたのです。
生まれた瞬間を自覚できる人はいますか?
死ぬ瞬間も同じです。
この心身が死ぬ時に、死ぬことを自覚できる人は絶対にいません。
自覚するという事は、死んでいないのです。
生きている間に死を想うことがいくらあっても、死がこの体の上に実際に実現されること、死が起こることは一生涯ありません。
寝た瞬間に寝たことを知っている人はいません。それは寝ていないのです。
気絶した瞬間に気絶したことを知る人はいません。それは気絶していないのです。
だからいたずらに死を想うよりは、生きる事、生に力を注いでください。
「太陽と死は見つめてはならない」という言葉がありますが、死の事をずーっと考えたからって仕方のの無いことです。死のことを考える事の一番の利点は、ああ、もう死のことは考えなくてよいのか、という目覚めに到る事です。分からなければまたご質問ください。

3年7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

ご回答ありがとうございます。
どれだけ歳を取ったかではなく、「死」をどう意識しているかが大事なのですね。
少し気持ちが晴れた気がします。
ありがとうございました。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ