お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

明日の手術について

先日、相談させてもらったものです。また相談させて下さい。只今、妊娠10ヶ月、逆子で明日に帝王切開する事になりました。こんな大事な時ですが、もう母と絶縁したいです。理由は、逆子になり帝王切開する事になったと伝えた時は手術当日も病院に来る気満々で、身の回りの世話もすると言われました。しかし、今日になって「手術直後だし行っても意味がない」「結局、旦那さんがいれば良いんじゃない?」と言われました。あり得ないほどの自己中ではないですか?母は夜勤もある職業で、手術当日も夜勤です。しかし最初は「夜勤前でも行く!大丈夫だから!」と張り切ってました。いきなりめんどくさくなったとしか思えません。さすがに手術前日で我慢の限界で、「もういいです。」と電話を一方的に切った後、メールで「明日来なくて良いです。産まれても連絡しないし、このメールの返信もいりません。」とメールしました。出産後、実家に帰る予定でしたが、帰る気もないですし、もう会いたくもないです。私の考えはおかしいですか?

家族親族
有り難し 46
回答 7

質問投稿日: 2013年9月23日 17:25

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ゆうゆうさん

こんばんは。遅い時間にゴメンね。

いよいよ、明日なのですね。
帝王切開という不安の中、ゆうゆうさんが、どんな気持ちで お母さんからの連絡を受けたのだろうと思うと、悲しくなっちゃいました。

大丈夫◎ 余計なことは考えず、今は、もうすぐ会える わが子のことだけを想って♡
旦那様も、ついていてくれるよ。あかちゃんだって、早く 優しいママに会いたいって思っているよ。だから、落ち着いた気持ちで、深呼吸だよ。

産後のことは、あかちゃんの様子を見ながら、ゆうゆうさんが決めていけばいい。お母さんに振り回されず、自分の思う環境にしていきましょう。旦那様と相談しながらね。

大丈夫(*^^*)

4年7ヶ月前

大変なのはあなただけじゃない。でも、やっぱり大変ですね。

簡単に言うと、母ちゃんには母ちゃんの都合や予定や、優先すべきことや、人間関係や、あれこれいろいろと考え抜いた総合的判断やなんかがあるんですよ。
あなたのこの世の主人公は、あなたです。
でも、母ちゃんのこの世での主人公は、母ちゃん自身なのですから。
あんまり自分の都合に巻き込んじゃダメ。
母ちゃんなりに、あなたのことはきちんと考えていると思います。
母親というのは、子供が結婚したあとは、本心では子供に会いたくても、あまりでしゃばってはいけない、親離れもしなくちゃいけない(あなたも親離れをしなくちゃいけない)という昭和の?ルールがあるのをご存知でしょうか(^.^)お母さんもそれなりに考えて善意のことなのですから、あまり悪意に捉えないようにしましょう。
でも、あなたが一番わかってもらいたいのは、自分が始めての出産で大変な時期にあるということ、不安をわかってもらいたいということ、自分の親だったら、このくらいはして欲しい、という信頼と甘えの心情が沸き起こっているということ、などなど…である おではないかとも思います。それが裏切られたからあなたは心の行き場所が失われて憤りを感じているのかもしれませんね。今日のところは赦してあげてください。生まれてくるお子さんもその方がきっと穏やかな子になると思いますよ。無事を祈っております。

4年7ヶ月前

まずは明日に備えて

ゆうゆうさま
なごみ庵の浦上哲也ともうします。前回のご質問も読ませて頂きました。

出産を1ヶ月後に控えた前回も、帝王切開を明日に控えた今日も、母親のコロコロ変わる態度にご立腹のご様子ですね。

私は質問文を読んでいて、ゆうゆうさんが本当は母親を頼りとしたい、支えて欲しい、信頼したい、という気持ちがあるのではないかと感じました(違っていたらごめんなさい)。

そして、そういったお気持ちがあるのに覆されてしまったから、余計に怒りが湧いてしまうのではないでしょうか。はじめから興味もなく頼りにもしていない相手であれば、それほど怒りもしないでしょう。

お母さんのお考えは私にはわかりませんが、女手ひとつでゆうゆうさんを育て、その成長を喜んでいらっしゃったのではないでしょうか。そのゆうゆうさんが母となり孫が生まれる、そのことを楽しみにしているのは間違いの無いことと思います。

ともあれ、明日は大事な日です。緊張もなさっているでしょうし、不安もあると思います。いったんお母さんのことは忘れて、万全の備えをなさって下さい。
そして明日の出産が無事に済み、やがてお母さまとも仲直り出来るよう、私は念じております。

4年7ヶ月前

あなたがそういう気持ちになるのは仕方がありません。

前回の相談からして今までもこういうことが多々有ったのではないでしょうか?
もしそうだとしたら今後もずっと続くかもしれません。
自分に被害のない距離を保っていた方が良いかもしれません。
母親の感情は子どもも感じます。
ゆったりとした気持ちで出産に臨んで下さい。
元気なお子さんのご誕生をお祈りします。

P.S
お母様より、ご主人との絆を深めて生まれてくる子の
誕生を大切にしていく方が大事ではないでしょうか。
私の妻も子どもを産む時、母親に頼る気持ちが全くなく
夫である私が居ればそれだけで十分だと言ってました。

4年7ヶ月前
回答僧

観音寺

大鐵

今は感情的になっているだけと言いたい。

最近、良くあったのですが、私は急な予定が入ったとき仕事を変わってくれれば、良いのですが。誰も変わってくれなかったら、結局自分が予定をキャンセルするしかない。相手には「大丈夫。」と思わせぶりな態度をとりましたが、誰も予定が合わなくて結局自分の予定をキャンセルしました。その時はテンパって、相手の気持ちなど考えない発言もした気がします。
 あなたのお母さんも同じです。最初は仕事を変わってもらって、娘の看病をしたかったでしょう。でも、誰も変わってくれなくて、結局自分の予定を削るしかなかったと思います。仕事の疲れ、夜勤のことを考えると体力温存して仕事をしないと夜勤には望めません。年を重ねるほど夜勤は辛い仕事なのです。ゆうゆうさんには悪いですが、私は母親の気持ちが痛いほどわかります。
 ゆうゆうさん、もう時間が遅いので、寝ていると思います。恐らく、この回答を見るのが明日か、手術の後になるかもしれません。私がその場にいたら今すぐにお母さんに謝れ!と言いたい。「メール返信もいりません」はメールのやり取りで結構残酷な言葉です。私もそんなメールを受け取ったことがありますが傷つくというか、腹が立ちました。もし体調が良かったら、本当に謝りのメールを送ってください。手術の後でも良いので、結果報告と一緒でいいので必ず送ってください。
帝王切開が無事に成功することを祈ります。
追伸
やっぱり今回も厳しい回答になりました。反省します。

4年7ヶ月前

退院後のことを考えて

ゆうゆう様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

いよいよ明日、いや今日になりましたが、赤ちゃんとのご対面。誠に楽しみですね。旦那様が側で見守ってくれることになるのでしょうかね。

帝王切開になられるとのこと、初めてのことで不安いっぱいでナーバスになるのも無理はありません。

帝王切開の場合は7~10日間ほどの入院になるかとは存じますが、入院中は確かに御母様に身の回りの世話をしてもらわなくても、産院スタッフが全てしてくれるかとは思います。食事は出ますし、洗濯も院内でできるかとも思いますし、買い物や必要備品、簡単な身の回りのものであれば、院内の売店で済ませたり、旦那様に言付けて買ってきてもらえる程度かとも思います。

実際には拙妻の時でも入院中にお義母さんは顔見せ程度だけで、あとはしいて言うならば、洗濯物のことや少しの買い物ぐらいで、そんな長時間お世話をするほどにいなければならないということもなく、やはり問題はなんと言っても退院後となります。(実は今、第二子出産後20日目でお義母様には大変にお世話になっております。有り難しでございます。)

また、何よりも入院中のスケジュールが、回診や検温や授乳や講座やらと・・結構大変で慌ただしく、お見舞いの者も例え身内であってもそうゆっくりとはできないものであるかとも思います。赤ちゃんとの対面もタイミングが悪ければ身内でも会えないことさえもあります。

ですので、ある程度は御母様のおっしゃられていることにも実は一理あります。

まあ、まあ、そう、怒らずに、退院後のことを考えますと、やはり御母様には手伝ってもらって、少し身体も休める環境づくりをしないと、このままでは負担が重くなりすぎて、赤ちゃん、旦那様にも迷惑を掛けてしまいかねないことになりかねません。

できるだけ入院中に御母様とは仲直りをして、退院後にできるだけお手伝いを頂けるように致すべきであるかと存じております。

ご無事のご出産を心から祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

4年7ヶ月前

最後は自分です

ゆうゆう様へ

返信が遅くなってしまいすみません。
その後いかがお過ごしでしょうか。

感情的になってしまうお気持ちお察しいたします。
今の状況になって今一度どうでしょう?
その出た気持ちに従うことが大切ではないでしょうか。

実家に戻るもいいでしょうし
家にいるのもいいでしょう。
最後に決めるのはやはり自分です。合掌

4年6ヶ月前

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ