hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

私の修行をチェックしてください

回答数回答 4
有り難し有り難し 34

仏教の修行において師との対話が大切だと思ったので、私の修行をチェックしていただこうと思い投稿することにしました。

座禅を組み「ぎゃーてぃぎゃーてぃ」と呪文を唱え頭を空にし、
歯磨きなどの行為の間も頭を空にしました。

一日中この修行をしていると、心が水のようになり、世界が静かになりました。
さらに頭もすっきりとして、座禅を組まなくてもこの状態が続き、
あらゆる事柄も自分も、まるで他人ごとのように流れとして感じるようになりました。

この状態は修業が良い方向に進んでいることを示していますか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

とりあえずOKです。ですが「その時だけ」ではイカンです

こんにちは。日本仏教に悟りをトリモロス会の幹事長ジョー・悟りアーニです。
最近の出来事ですか?ハイ。月9の坊さんドラマを観ていましたら5歳の息子が山pの弟、寺の次男役に「なんでトッキュージャー1号が悪者なの?」にうまく回答できませんでした。
それはさておき、大変結構なことです。
さらに進めていてください。
ですが、今ぶっちゃけどうですか?
単なるトランス状態で無いことを祈ります。
マインドフルネス業界のカリスマ、ジョン・カバッドジン。講義を5000円も払って受けに行きました。講義を終えた後の質問タイム「あなたは今マインドフルネス状態ですか?」という質問者に対して「NO!」と言い放ったことが興味深かったです。眠かった私はガバッと目が覚めマインドフルネス以上の明晰性を養いました。あべし!(お金返して!)
そんなカモにならない為にも以下を参考にして、正しい悟りアーニ(覚者)になって下さい。
時は20XX年。世界はエゴの炎に包まれた!
人々は悟りを求め仏道修行に励むのであった。
これは世紀末(末法)の世にありて、仏道修行をしたものの道を外した悲しい修行者たちの真実の物語である。
①「お前の坐禅は何だったんだ」
北斗の県在住の山田サウザーさん(仮名)は坐禅歴10年以上。僧堂で坐禅指導の役職にも就いていましたが若い子をこき使いイジメで問題を起こし僧堂の指導役を首になりました。あべし!
イタタタタ!
②「何しに行ったんだ」
おなじく北斗の県在住の山田ケンシロウさん(仮名)はお遍路さんに3か月行って帰って来たその晩に夫婦ゲンカをしたそうです。たわば!
「何しに行ったの…?」「何しに行ったのだろう」 痛たたたた!
③「お前の筆は泣いている」
サイタマ県在住の山田ハート様(仮名)は写経を終え清らかな気持ちでいました。茶を持ってきてくれた人がうっかりハート様の写経用紙の上にお茶をこぼし温厚な気持ちはどこへやら。ブチキレたそうです。「痛えよ~~~!!」
仏のハートで仏の字を書いてもアクシデント一つでダウン。 ひでぶ!!
『世紀末痛い修行者たち列伝』より
そうです。日常こそ大事なのです。
それをやっている時だけ悟りアーニでも意味がありません。
坐禅でない時も、静かな心で居られるようになったというのはかなりいい感じの進歩です。 
以上の点を踏まえてさらに精進してください。あたたたた! 

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

人間くささの中

泣いて笑って喧嘩して

そんな人間くささの中に悟りがあるので
あなたがどこに向かっているのかはわかりませんが、もしも、成仏を目標としているのでしたら、他人事のようになるのではなく、人の心に寄り添って一緒に一喜一憂できる人間になってください。
すべてが他人事だなんてちょっとさみしい思いになりました。
----------
仏様はこの世の中の人々はことごとく皆我が子なりと法華経譬喩品でお説きです。
私達の目標が成仏ならばこの金言のように
世の中のすべてに関し我が子と思って接する、愛しさをもって接する、厳父のように接するということが進むべき方向だと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...
このお坊さんを応援する

良いのでは

私は他人の心を読めるわけではありませんが、心が世界が静かになる、静かにできるというのは、良いことではないでしょうか。
私は、仏教は、
悩み苦しみの原因(欲・怒り・怠け・プライドなど)を制御したり消したりして、
悩み苦しみを制御したり消したりするのを目指す教えだと思っています。
ですから、修行するときも、煩悩を制御する、煩悩を克服する、という方向からそれないように注意すべきでしょう。
修行の成果について「オレはすごい」「オレは才能がある」とかいう余計なプライドが出るとまずいのです。
自分の愚かさを知る、自分の煩悩を知る、ということが大事ではないでしょうか。
そして、他人への慈しみ(誰でも見捨てない仏様のような心)も忘れない方が良いでしょう。
静かな心と穏やかな心をキープできると良いですね。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

それはなにより

わたくし自身が人を評価するに値しないとは、思いますが、修行をす住めていく中で心穏やかに過ごすことができるということは、なによりのことだと存じます。

必ず当たる壁としては、これで本当にいいのかと探ることです。うまくいっているのかどうか眺める自分の存在があるはずです。

本来は眺めたり観察する必要もなく、全ての現象がそこにあるということのみです。

頭から離れちゃうのです。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

丹下 覚元様
面白くためになる教えに感謝します。
北斗の拳世代なので非常に面白かったです。
効果は今のところ持続しています。
ですがやはり、まだまだ先があるような気がします。
もっと心を深く、それでいて広くできるような気がします。
さらには、自分と世界が接続した感じるなるのではないかという気がします。
心が静かな感触はあるのですが、あくまでも修行をする前と比べての事なのでもっと精進せねばと思います。
油断せずに頑張ります。

邦元様
ご指導ありがとうございます。
少し自分を客観視できるようになりましたが、まだそこまでの境地に達していません。
より上の境地を知り、俄然やる気が出てきました。

願誉浄史様
的確な忠告有難うございます。
下手なプライドが出ないように厳重に注意します。

四次元 法華塔様
温かきご指導ありがとうございます。
確かにおっしゃる通りで、他人ごとになりすぎると、人間性がない冷たい人になってしまいます。
今、心が動かない反面、冷めた状態になってしまっているので、平常心を保ちつつ、温かさを持つように心がけます。

今日、いいことに気付きました。
ここ最近暗いニュースばかり見聞きして、ちょっと暗くなっていたのですが、心を静かにしていると、周りの小さな温かさに気付きました。
ニュースにならないけども、道を譲りあう、物を落とした人を手助けする、レジを譲る、といった小さな親切は意外と沢山あるのですね。
花鳥風月を美しいと思っていましたが、人込みにも美しい光景があると気付きました。
もっと修行を続けてよりよい人間になろうと思います。

「仏教における修行」問答一覧

夏休みを利用した参禅の可否について

こんにちは 私は現在海外の大学にて哲学を学んでいますが、その興味の分野はもっぱら西田幾多郎や鈴木大拙などの俗にいう「東洋思想」にあります。そこで私は大学の夏休みを利用して、臨済宗のお寺に数ヶ月間参禅したいと考えているのですが、そういった短期の修行は可能なのでしょうか?また、もし可能であれば鈴木大拙の思想を深く学べるところを紹介していただけると幸いです。 上記の質問だけだとただ思想に魅了されただけの青二才という印象が否めないので、もう少しだけ「禅」を志す理由を明記させていただきたく思います。 私は幼少期の頃から嗜んでいた少林寺拳法と、中高で出会った先生方の影響により教育者になることを志しています。しかし現代教育におけるあまりにも多くの問題はロゴス的思考力ばかりを求め、心のあり方や感覚などのレンマ的なものを忘れ去ってしまっているように思われます。学問とは本来「学ぶことの楽しさ」を追求すべきなのに成績や偏差値と言った数字だけで縛りつけ、「合理的」という一点のみを求めてただの点取りゲームのようになってしまっている現状は、「歪んでいる」としか形容ができないものです。 「禅」の教えが、それは古くから日本文化が、そして日本人が慣れ親しんできた教えですが、そうした教えが「歪み」を直し、子供たちに「学ぶ」ことの楽しさや「健全な心」の育み方を教える大きなヒントになるではないかと西田幾多郎や鈴木大拙の著書を読んで感じ、より彼らの思想への理解を深めるために、修行をしたいと思い立ち、現在に至ります。 教育者を志しているので出家をし本格的に臨済宗の僧侶になることはいささか迷いがあるのは事実ですが、それでも自らの思想を育み、未来の少女少年たちに「禅」の教えを、そして「学び」の楽しさを教えることができる人間になれたらと思います、長々と失礼しましたが、何卒ご意見やご紹介のほどをよろしくお願いします。

有り難し有り難し 46
回答数回答 3

人間はなぜ修行しなければ悟れないのか?

ご質問させて頂きますハルソラと申します。 私は禅の思想に感銘を受け、座禅修行を念頭に日々の生活を送っております。 多数の書物やお話から理屈では「なるほど悟りとはこのようなものか」と理解しつつも、お坊さまはご存知の通り、頭の理解でどうにかなるものではなく悪戦苦闘の日々です。 そこで私はふと思いました。なぜ人間はこんなに修行しなければ悟れないのか?…と。 昔、文鳥を飼っていた事がありますが、文鳥は悟っていると思いました。 すべての行動が「作為なく自然体で、ありのまま」なのです。 例えば、指で突っつくと怒るのですが、次の瞬間に手のひらを差し出すと、怒っていた事はすっかり忘れて手のひらに乗って機嫌良くしているし、 晩年は羽の力も衰えて全く飛べなくなりましたが、そんな事を気にしたり落ち込んだりする様子もなく、シャカシャカと素早く走りいつも通りのご機嫌なのです。 動物植物などはそのように「ありのまま」生きている(…と思う私の推測ですが)のに何故に人間は長い間たくさんの修行をしてやっと悟れるか、あるいはそれでも悟れない、という言わば面倒な存在なのでしょうか? お坊さま方もお忙しい中まことに恐縮ですが、ご教授よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 37
回答数回答 5

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺