お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

逃げ癖を直したいです

切羽詰まると全て放り投げて逃げてしまう癖があります。
ある程度追い詰められるとエンジンがかかるタイプなのか、窮屈な生活が好きなのか、苦しい状況に自分を持っていきがちです。
逃げずに立ち向かえば大概は自分の思った通りに進んだり、思ったより簡単に事が済むのですが、8割方「もういやだ!」と放り投げて逃げてしまいます。
いやだ!と思わずに前に進めばいいのですが、その気持ちになるまでに多大なる時間を無駄にしています。
自分で招いた状況から逃げずに、いやだなと思わずに立ち向かえるようになるには、どうしたら良いのでしょうか?

後悔・自己嫌悪
有り難し 98
回答 5

質問投稿日: 2013年11月12日 11:59

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

㊙ ウコンの神様

(-"-)ついにこの話をしなければならない時がきましたか…。以下閲覧注意。
私が禅の修行道場で洗礼を受けたのはトイレ掃除でした。
そこで出会ったは5人のトイレの神様の話をいたしましょう。
①1人目は、トイレ掃除の後「汚くない。洗えば手はきれいになる!」と教えてくれえました。
「ああ、なるほど」と若き青年僧ウンゲ(私)は思いました。
②2人目は、棒つきブラシで掃除していた私を「そんなもん使ってんじゃねえ、こうやるんだ!」なんと!大便器の中に素手でスポンジだけで洗いました。
「OH、グレイト」青年僧ウンゲは綺麗・汚いを超越したその方をスゲーと思いました。
③その話を先輩僧にしたら「俺らの時は素手で便器を洗わされた」「確認のために便座を舐めさせられた」と。「OH、クレイジー」青年ウンゲは敬愛の念を越え軽くヒきました。(笑うとこ)
④トイレの入り口には「ウスサマ明王」という神様が祀られています。
トイレは大小便に満ちた汚いところだと思っていないか?それは元々誰のものでどこにあったものか。頂いた命。きれい・汚いの心はどこにありや?清濁や苦楽を超えた心こそ仏心・清浄心であると説いています。
これは、すべてにおいて言えることです。
「仕事がイヤだ、あいつが嫌だ、よいの悪いの、そういうコメント煩悩一切を離れて嫌な事もフンジャーと流して忘れながら読んでいる時、あなたの心のトイレに何の汚れも問題のないこと学びなさいと言うことなのです。
コトに臨むときには、そういう気持ちで合掌一礼して為すべきを為しなさい、との禅の教えに
「OHその通り」だと思いました。
⑤最後の神様
ところが実家の寺の洋式便器を勢いよくジャブジャブと洗っている時に、かえり汚水を浴びました。「ウワッ」慣れきって大丈夫だと思っていたのに心が乱れたのです。でも手を休めては綺麗にならない①~④までのコトを思い出しながら「本当のところはどうなんだろう」と、ジャブジャブと無心に手を動かしていました。…その時です!
無心に手を動かしている私こそ、キレイも汚いもウ○ンもすべて忘ぜられていたことに気づいたのです!
「ああ、これが好き嫌いを離れた心、キレイ汚いが生まれる前の心か!」
「OH MY GOD」その時、私は初めてトイレの神様の真意が理解されたのです。
ありがたくて手が合わさりました。ウ○ンのついたその両手で。

4年5ヶ月前

「逃げ」=「悪いこと」ではない

みみずく様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「逃げ」については、良い逃げと悪い逃げがあり、責任放棄や背信的放棄はもちろん宜しくは無いのですが、一様に「逃げ」が全て悪いと考えてしまってはいけないかと存じます。

時に「逃げ」は本能的な危険回避行動の場合もあります。このことにつきましては、下記の論説が参考になるのではないかと存じます。

「逃げる」のは悪いこと?―ウツの人にもよく向けられる精神論
http://diamond.jp/articles/-/3889

無理に「逃げ」=「悪いこと」とはあまり思いすぎずに、時と場合、状況も考える必要があり、良い「逃げ」もあるのだと思って頂きたいと存じます。「三十六計逃げるに如かず」という故事もございますしね。

みみずく様が、もしか致しますと逃げたいとどこかで思ってしまうということは、本来の自分のやりたいことや自分にとっての楽しいこと、遣り甲斐があると思っていることではない可能性もあります。

もしもそうであれば、そこはあまり無理はせずに、転職や新たな取り組み、次の展開を図られることも必要になる場合があります。本当の心の声を聞いてみるチャンスかも知れませんしね。

例えば、本能的な危険回避行動としての「逃げ」を否定し続けて、やがて無理が祟って心の病になったり、自分を追い込んでどうしょうも無くなってしまってもいけないことであります。

上記のことを理解して頂いた上で、一応、下記のような参考となるまとめもございますので、ご覧になって下さいませ。

「逃げ癖はこうして克服できる」
http://matome.naver.jp/odai/2135064366930992401

丹下様のご回答の内容は、特に一番目の項目のことのわかりやすいご説明となってございます。

とにかく、まずは、「逃げ」=「悪いこと」とはあまり考えすぎずに、実際の自分と今一度向き合っての解決を目指されていかれましたらと存じます。

川口英俊 合掌

4年5ヶ月前

嫌なことはイヤ、好きなことは好きな素直なタイプ

イヤになる前に思った通りに進めるにはどうしたら良いかを考える。
「何を最初にやるか」
「やりかけのことはないか」
など考える癖をつける。
そして確認を人の5倍行う。その為に確認の速度を上げること。
また紙にでもふせんにでも目に付くところにメモを書いて張っておく。
メモとペンをなるべく目立たないような形で首から下げる、
忘れそうな事はすぐメモる準備をする練習をしましょう。

イヤと思いそうになったら、鼻からの腹式呼吸をたくさんしながら
深呼吸をしてなるべく落ち着くように努める。
出来そうですか?

4年5ヶ月前
回答僧

観音寺

大鐵

あなたは20代。若さの特権だー!

 みみずくさんの投稿を見ていると私と似て非なる素晴らしい方とお見受けしました。あなたのその態度、これは昔私が出会った名言「電通鬼十則」を実践している人ではないか。
1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。
これが実践出来ればもう完璧な仕事人いや社会人ではないだろうか。5番目が足りないとな嘆いておりますが、あなたの仕事ぶりは必ず周囲に味方を得る日が必ず来ます。ひたむきに行いましょう。文字制限のため以上。

4年5ヶ月前

いいイメージを持ちましょう

みみずく様へ

8割方放り投げて逃げているということは
残りの2割方は逃げていないということですね。
文章の中にありました
「逃げずに立ち向かえば大概は自分の思った通りに進んだり、思ったより簡単に事が済むのですが」
そのイメージを持つことが大切なのではないでしょうか。

意外と思ったよりもできてしまうこと、多いと思います。合掌

4年5ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

みなさんありがとうございます。

大鐵さんの「電通鬼十則」を初めて見ましたが、仕事をするならこれくらい徹底しなければならないなと思いました。
頼まれると嫌と言えないので、いっそのこと何もかもを引き受けて、かつ完璧に仕上げてやろうと思えばやれるような気がしてきました。

丹下さんの烏枢沙摩明王のお話は、以前読んだ漫画に同じ雰囲気のお話があったので、やや懐かしいなと思いだしながら読ませていただきました。
淡々となすべきことをなす、そこに理由を求めないようにします。

水上さんの嫌なことは嫌、好きなことは好きというタイトル通り、すぐに好き嫌いで判断してしまうのも直したい癖です。
メモと確認の鬼になるよう、嫌だなと思ったら深呼吸して落ち着くよう、心がけます。

少しずつ、逃げないようにその場で踏みとどまるよう、頑張ります。
ありがとうございました。

関連する問答
このページの先頭へ