hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

仏教

回答数回答 4
有り難し有り難し 84

本当の意味で仏教に出会う人はとても少なく、出会わない方のほうが多いのはなぜですか?
又、仮に出会えたとしても
「魚の子は多けれども、魚となるは少し」という言葉のように、
本当に信心を持って仏教に触れ合うことができる方は極めて少ないのはなぜですか?
仏教が必要でない人たちばかりだということですか?

2018年12月4日 5:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

【時節到来】【時機純熟】待ってました!?

”本当の意味で仏教に出会う人はとても少なく”
そもそも仏教は【仏道】とも申します。日本の仏教は大乗仏教の系統なので、【菩薩道】なんて言ったりもします。柔道、剣道、合気道、空手道、書道、華道、茶道…そして仏道。全部『道』なんです。ある意味、ゴールはありません。どこまでもどこまでも進んでいくべき方向であり、技や理解がいよいよ深まっていくという事があっても、極めたという事はないのかもしれません。誰かと比べて圧倒的に卓越していても、やっぱりどこか未完成。それが『道』なのではなでしょうか。そう教えるのが仏の教え、つまり【仏教】なのだと私は思います。

”出会わない方のほうが多いのはなぜですか? ”
【無上甚深微妙法 百千万劫難遭遇】『開経偈』

コップ一杯の単なる水道水も、砂漠のど真ん中で干からびそうになっている人にとっては金銀財宝よりも価値があるように、せっかく目の前に仏教が転がっていたとしても、それなりに【機が熟す】という事がなければその価値に気がつくのは無理な話でしょう。
つまり、みんなはまだ出会っていないだけで、全員いつかは出会えると考えます。でも、できれば、この身、今生で出会っておきたいものです。今期を逃せば、次はいつ人の身で生まれてくることができるのやら…。

2018年12月4日 9:53
{{count}}
有り難し
おきもち

となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

その気持ちをずっともっていて下さい。

おはようございます。望月と申します。

質問拝見させて頂きました。

まず仏教は必要な方には必要ですし、不要な方には不要なのかなと思います。

例えば、綿棒みたいなものです。綿棒は耳のゴミをきれいするためにあり、「汚れ」を落としたい人が使います。

しかし、もちろん、綿棒を要らないと考える人もいます。綿棒がないからといって、人は死なないですし、綿棒が煩いと感じる人もいるでしょう。

このように、仏教で心の「汚れ」を落としたいと思えれば、その人は仏教を信仰すべきでしょうし、

僕には、特に必要ないな と思えばそれまでなのです。

そして。この不必要な人が多いがのは、時代が末法だからです。

例えば、ミスチルという開祖がいて、ミスチルファンがいたとします。親が子に語り継ぐように、100年、200年はある程度のファンがいるでしょう。

しかし、2600年後はどうでしょう? おそらくミスチルの曲も聞いたことないし、見たこともないという人がほとんどではないでしょうか?
そうすると、そういった方に信仰は生まれやすいのでしょうか?

仏教は約2600年前に伝えられました。今のような現状があるのは、ある意味必然であるのです。

しかし、こういった時代だからこそ仏教が必要だ と思わなくてはない、そうおしゃったのがなつさんも引用されている日蓮上人です。

なつさんが仏教を必要だとしたのは、必要だったからでしょう。

その気持ちを忘れずに、是非とも、自分が仏教を学ぶと同時に、周りにも伝えていって頂ければ幸いです。

2018年12月4日 9:56
{{count}}
有り難し
おきもち

こんにちは。望月亮徳と申します。 宗派は日蓮宗です。なぜハスノハを...

伝える側、受ける側

そうかもしれませんね。聞く耳がない方にはいくら説いても伝わりません。ただ、今日わからなくても、明日はストンと落ちる事もあります。伝える側は仏教を解き続けることしかないでしょう。

そして、僧侶の中にもそちらの方に意識を向けている人が少ないのも事実です。お経屋さんになってしまっている方、ビジネスになってしまっている方も多いと思います。伝える側の数も少ないし、そこを大事だと思ってくれる人もなぜか少ないのです。

世界共通で誰にとっても大切な事でありますのに、わかっていただけないのは残念です。

なつさんのようにそこに気づかれている方が、仏道を歩まれている中で、必要な時に共に声にしていただけると救われる方も増えていくのだと思います。個人のためだけの仏道にはしてはいけないのですね。

2018年12月4日 5:54
{{count}}
有り難し
おきもち

「無明」

なつ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

それは、「無明」というものが、相当に強烈な邪魔者であるからであります。

近くに仏法と出逢う縁があったとしても、出逢えなくさせられてしまう、隠されてしまうのであります。

また、仏法を理解して実践できる境遇(有暇具足)に生まれられるのも、本当に稀有なること、ましてや、仏法の無い世界に生まれること、全く余裕のない存在に生まれることも往々にしてありますゆえ。

しかし、いつまでも無明のいいようにさせていてはいけません。このままでは、無明と悪い業により、輪廻の迷い苦しみの中をずっと彷徨うことになりますから。

輪廻から脱するための教え、仏教と出逢えた今こそ、仏縁を強固にし、しっかりと修習に努めて参りたいものでございます。

川口英俊 合掌

2018年12月4日 13:57
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

「仏教全般」問答一覧

「師匠無しは外道です。仏教は世界を救うためにあります」

坐禅会で副住さんと二人きりだった。 気候に依るか、今日は二人だけという縁に依るものであったのか、僕がムカつく顔をしていたのか…なるようにして、そうなったのでしょうが…。 会話量は僕が2、お坊様が8くらいでした。法話聞きに行ってるので。 風の吹き方一つで虫の居所も変わるでしょうし…なるようになったのか? 「山には色んな入口と登り方があり、諸宗教も同じですよ。」 僕「山なんて本来無いのでは?」 「貴方と話してるとウンザリするんですよ…こう言うのも面倒くさいんです(半笑い)」 「えっ」 突然だったので驚きました。これは何らかの方便なのでしょうか? 縁が整った故の個人的な考えですが、神様には個々人の内に誕生日があって、各々が見聞していく中で神々の造形や威光が深められていき、その信徒が己の生み考えた偶像にひれ伏すようになっていく。そういった一切は縁起に依り、各々が思うように仕立て上げていると気付くために坐禅等の諸行によって三昧、思い込みの縄を解き、無自性=縁起に気付き、よくよく見極めていく。 「自覚」縁起の教えが仏教。そこが諸宗教と一線を画する所では? と考えています。 そう思える縁が整っただけですが…。 上記のような屁理屈だって蹴倒れる程に悲しい。 因縁仮和合云々並び立てても殴られりゃ痛いし、彼の軽蔑は悲しい。 それで心相続していって変遷していく。 またその場の気分も風の吹き方一つで変わるので、次はお寺に行くかもしれないし、行かないかもしれない。嵐か地震が来るかもしれないし、実際は考えに依ってくれないし。 世界を救うって何を…? 僕「師がいなくて外道なら、在家信者は外道ですか?」 「師ならそこらじゅうのお寺にいるでしょう。 解釈に囚われているから、そういった考えになるんです」 僕「はい」 「ウチは檀家100件を超えておりますが、法事をして救いもして、救いもしない事が救いになる事もありますよ」 「師について学ばないとオウムと変わりませんよ。空だから〇してもいいっていう」 僕「え?(なんで突然オウム?そもそも誰かを〇すなんて)」 彼が気に入るだろう答案を提出できる縁に僕は恵まれなかった。 痛い位に今日の彼から伝わってきたのはもう僕に二度と会いたくないってこと。 僕が出来るのって出来る限り接する人に親切にしていこうと願う事位。 世界を救うって何?彼の真意は何でしょう?

有り難し有り難し 74
回答数回答 2

仏教では女は差別されるのですか?

初めて質問させていただきます。 ここ3年神仏に惹かれて近くのお寺にお参りなどさせていただいているのですが仏教では女だと差別される、等など聞いてしまい、ネットなどで見てみたらそんな話が色々書いてありました。 例えば女だと成仏出来ない、女は汚れているだの書かれていました(泣) 本当にそんな差別などお釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さんがするのか知りたいです。 そんな事を仏さまは思ったりしていないと思うのですが… 女だと汚れているからと思っているお坊さんはこの時代いるのでしょうか? もし、本当にお釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さんが思っていたらお 参りすることって出来ないですよね…? 悲しい事が書かれていたので凄く落ち込んでいます… 今まで一生懸命感謝の気持ち、これからもよろしくお願いしますと手をあわせていたのが意味もないんだと思ってしまいました。 実際、以前土俵に女性が上がったのが問題になったのがありましたよね? (土俵は神社系だと思いますが) なので、結局神仏どちらも女性軽視になるのですか? 神社で女性の神主さんは見たことがあります。 仏教はどうなのでしょうか? お釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さん達は実際本当に女性軽視なのですか? 子供を産むのは女性なのに悲しいものを読んでしまいショックです。

有り難し有り難し 30
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る