hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

呼び名について

回答数回答 6
有り難し有り難し 76

御坊さまたちは、一般人と会話をする際にご自身のことを何と呼ぶのでしょうか? また御坊さま同士はどう呼び合うのでしょうか? そして、同じお寺に複数の御坊さまいらっしゃる場合、先輩後輩の別があると思うのですが、先輩後輩関係ではどう呼び合っているのでしょうか? 教えていただきたくお願い致します。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私も「私」ですね。

お坊さん同士では、
寺号の「〇〇寺さん」が普通で、
仲の良い同士なら苗字で「△△さん」と呼び合います。
後輩には下の名で呼ぶ場合もあります。

一般の方からは、
寺号の「〇〇寺さん」か、
「住職さん」・「ご住職」と呼ばれます。
苗字で呼ばれることは少ないです。

ちなみに、
浄土真宗寺院の住職の妻は、
「坊守(ぼうもり)さん」と呼ばれています。

{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

私は私と呼びます。

自分では「私」と呼んでいます。
檀家さんからは副住職と呼ばれています。
職業としては「僧侶」です。
副住職の知り合いを呼び合う時は下の名前で
先輩にはさん付けをしています。
住職の場合は住職、または寺の名前で◯◯寺さんと呼んでいます。
曹洞宗では住職のことを「方丈(ほうじょう)」とも言います。
奥さんが住職を呼ぶ時など方丈を使ったりします。

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...
このお坊さんを応援する

「拙僧」…というのは冗談で

トオルさま。
「ワタシ」横浜 浄土真宗なごみ庵 浦上哲也と申します。

面白い問いを頂き、有り難うございます。僧侶やその配偶者の呼び方は、地域や宗派によってかなりバリエーションがありそうです。なので私の宗派や地域を最初に書いてみました。

自分自身は最初に書いた通り「私」ですね。時代劇のように「拙僧(せっそう)」を実際に使う方は、お会いしたことはありません。

呼ばれたことがあるのは…
・住職:「ご住職さま」まで言われるとくすぐったい感じです。
・庵主(あんじゅ):私の寺が「なごみ庵」なので、庵の主ということです。
・お上人(しょうにん):「え? 私のことですか?」という反応をしてしまいました。
・和尚(おしょう又はわじょう):これも「え? 私?」となりました。

あと葬祭業界(葬儀社さんや仏具店さん)の方には「先生」と呼ばれることが多いです。

親しい先輩後輩の間柄だと、フランクに名前に〜〜さん付けや、ニックネームでも呼んだりしますよ。

他にも面白い回答が出てくるかもしれませんね。私も楽しみです。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

わたしたちはもともと名無しの存在

お望みのご質問の答えは出尽くされた感がありますが、ご質問とは直接的に関係ないかもしれませんが、ちょっと大事な話を一つ。
禅宗では「じぶん」「わたし」という言葉が仮に自分を指す言葉として会話で使われても、あまり「わたし」という意識をふんだんに用いる事を認めません。
認めないというのは、私意識を固定的にさせない、私意識を中心にものを考えさせない、私フィルター越しにものを観ない、そのために「わたし」とか「ぼく」をふんだんに使いません。
昭和の傑僧、玄魯(井上)義衍という禅僧は、提唱という禅のお話をなさるときに、自分の事を指で示しながら自己をあらわす言葉として「このもの」という表現をよく使っておられたそうです。
自分の身体を指して「わたし」とか「自分」とか「自分の名前」で呼ばない理由は、
聞く人たちにも、自分「このもの」という大自然の一部としての活動体である、この法の身が、もともと認識の上で名前をつけて取り扱われるような存在の仕方ではないことを気づくことが大切だからです。
それに気づかせることが、むかしの法話の核心だったのです。
◎自分意識を無くしていくと、自分と外の境界がなくなって、法の活動のありようとして、この身と法界(法の海とゆかいな仲間たち)とのやりとりがある「だけ」になる。

無心、無我といってもこの体がなくなることではなく、自分意識が絶せられた状態なわけですから、向かったものになり、出会っているものになる。
この所を道元禅師「魚行きて魚の如し、鳥飛んで鳥の如し」とお示しです。
自分が自分を忘じて(仏道をならうというは自己を忘るるなり)
鳥が映り、声が響けば、このもの全身が、鳥の如くになりきっている状態こそ、悟りの状態です。
そういう意味では、あなたも一度、名前を忘れきって、自分も忘れきってみてはいかがでしょうか。その時にあなたが自分をさして、何というコトバが出てくるでしょうか。
はたして言葉になるかどうか。
それを知る事がご質問の一番の答えです。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話  自己を明らかにするために絶対に必要なこと 「非思量」 ...
このお坊さんを応援する

自分はワシと言います。

 私は「ワシ」と言います。中学生の時から、時代劇が好きだったので、癖でそう言います。皆さんは初めビックリします。
 人のことは「○○さん」と言います。修行時代に修行に来た人に敬意を払う意味でも先輩同輩後輩関係なく必ず、○○さんと呼びなさいと教わりました。たまに呼び捨てもしますが、なるべくさん付けするようにしています。

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

名前はあくまでも仮の一時のラベルでしかない

トオル様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

丹下様の誠に示唆に富むご回答の内容に触発されまして、少し述べさせて頂きたくに存じます。

問い「お経の種類」
http://hasunoha.jp/questions/186

の拙回答から、

「経典は、真なる「仏智」を顕しうるのかどうか・・」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52135786.html

という小論の中にて、『・・一切が空であるこの世界において、モノ・コトの実体は決して捉えられない以上は、それが本当は何ものであるのかは真なるところ「語り得ないもの」でしかないはずなのであります。自分という実体は何かと聞かれても誰も「これが私という実体です」として示せるものはどこを探しても見あたらないことからでも、このことは少しくは理解できるはずであります。言葉・言語活動はあくまでも世間の慣習、世間の常識を頼りに、便宜的・一時的に「仮」として実体を捉えたつもりのものとして成り立っているだけであり、単語など名称も同じく単なる一時の「仮」のラベルでしかないのであります。言葉・言語活動においては、本来一切は無自性なる空であるということをできる限りに理解しておかないと、煩悩などによる様々な弊害が生じてしまうこととなります。もちろんこの世の存在は、「無」ではなく、確かに存在は存在しています。でもそのありようは、「縁起」にて成り立っている「空・無自性」なるありようなのであります。・・』

と述べさせて頂いております。

問題は、私たちはこの一時の「仮」でしかないラベルの向こう側に、まるであたかも、それがそれとしてその側から実体として成り立っているかのようなとらわれを起こして、迷い苦しむことになってしまっているありようでございます。

もちろん、存在は、何も無いということでありません、存在は縁起によって確かに存在していますが、そのありようを緻密に分析すると、どこにも実体が見い出せない、そのため、このことを「幻の如くのありよう」、「虚空の如くのありよう」と表現することとなります。

上記のことも併せて、丹下様のご回答の道元禅師「魚行きて魚の如し、鳥飛んで鳥の如し」の内容を考える上でも少しく参考になるのではないかと存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


質問者からのお礼

ご回答を頂いた皆様、誠にありがとうございました。宗派によっても違う。確かに自身に関係するのは檀家となってご縁を結んでいるお寺(宗派)だけとなりますが、いやー、正直ややこしい世界だなと感じております。

当方、お経や僧侶の皆様の日々の過ごし方などに興味がありまして、それでこのサイトにたどり着きました。このようなサイトがあるとは実にありがたく、またこのサイトにて諸宗派のお寺の皆様と触れ合うことが出来るとは誠嬉しい限りでございます。

これからもいろいろ勉強させていただきますので、よろしくお願いいたします。

追記:

覚元さま、英俊さま、ご回答ありがとうございます。深遠なる内容にして、愚昧なるこの身にはまだまだ理解が及ばぬ気が致します。

ただ日頃感じていることを申し述べたいと思います。

この世はすべて仮のもの。この肉体すらも仮の宿りです。しかし、その仮の宿りに籠もるがゆえに、さまざまな煩悩、欲を持ち、人は日々活動し生きていると実感しています。そうすることで、人は人としての成を形作り、あらゆるものとの縁をつないでいます。ですが、時に人はこの欲にとらわれ過ぎて、何かを見失ってしまう。あるいは悩み苦しむ。

しかし、人が本来のあり様、即ち空であり無である自分に気がつけば、私達はいつでも救いの道を得ることが出来るのだと思います。なぜなら、その空であり無の世界こそが、御仏に通じる世界だからでしょう。そのことを忘れさえしなければ、人はいつでも御仏とつながることが出来る。すべてはこの身にあって生ずること。そう思いが至れば、心に余裕も出てくるというものでしょう。

私は、お二人のお言葉からやはり『執着(固執)』という教示が見えてきます。人は空(無)の中にありながら、敢えてこの身(色)を生きている。この色に染まりつつも、本来は空であることを忘れずにいれば、私達は如何様にも別の色を生きることも出来る。空にして色と一体と成す。この空という意識を、忘れてはいけないのですね。

私見による勝手な解釈ですが、お二人のご回答から得たものでございます。これからもご指導、ご教授を何卒お願い申し上げます。

ご回答くださった皆様、このサイトにたどり着いたのもご縁なのでしょう。私は御仏がここに連れてきてくださったのだと思っています。

まだ一週間も経っていないと思いますが、このような勉強の場が出来て、心よりうれしく思います。もう少し年をとって、いろんなところに行けるようになったら、皆様のお寺に参りお詣りするのもまた楽しきかなと思い始めております。

ありがとうございました。

「お坊さん・僧侶全般」問答一覧

お坊さんから見たキリスト教について

相談というよりほぼ愚痴なんですが… 私は神仏との間にご縁を求めて神社やお寺でお参りしたりネットや本で世界の宗教を調べたりしています。 それで最近私は引っ越しがあり、たまたま近所にキリスト教の小さな教会があるのを見つけたので興味本位で飛び込んでみました。 で、特に教会の人たちに拒まれる事もなく私を受け入れて聖書講読が行われたのですが…正直嫌な気持ちになりました。 牧師さんの言葉にも新約聖書の中にも「神は人の作った宮にお住みになりません」といった言葉がありました。 ふ~ん…といった感じで聞いていたのですが牧師さんは更に噛み砕いて説明して下さりました。 その噛み砕いた言葉の中には「全知全能の神が神社の社に収まるなど人が小さな犬小屋に住むのと同じ事なのです!」 「お地蔵さんにはよだれ掛けや頭巾がありますが人がそのように面倒を見ないと何もできないのです!」 「更には巨石や大木に神が宿るなど私は呆れました!常々おかしいと感じていました!」 …などと、人差し指を立てながら声高に言っておられました 私は牧師さんのお話を聞いている内に「何?ふざけるなよ?」と怒りが込み上げたその後に頭が真っ白になり腹がズ~ンと重くなっていました。 キリスト教の教えの中には「偶像礼拝」という罰(?)があります 唯一神であるイエス・キリストを背き偶像(社や仏像)を拝むなどとんでもない、そのような罪人は永遠の火の池(地獄)に投げ込まれるんですって… なんだろ、日本に生まれて神道や仏教が身近にありすぎる為か、私がそれらばかり勉強していたからか知りませんが私の今までの参拝やちょっとした勉強、ひいては日本人のあり方や宗教感を根本から否定された気分でした。 キリスト教では愛の精神を持つ事など優れた教えがあるようなんですが、ならば他の宗教を悉く否定するのって「そうじゃないでしょう?」と思うんですよね。 ちなみに牧師さんと2人だけでお話する機会があり、これからの集会にも誘って下さいました。 とても真面目であり良い人でしたよ、他の宗教を引き合いに出して否定するだけという点以外は。 イマイチ答えにくいとは思いますが仏教のお坊さんはキリスト教をどう思いますか? 私はキリスト教にも優れた教えがあると思いますが正直な所もうウンザリしたので「キリスト教は…もう勉強しなくていいか…」と思いました。

有り難し有り難し 33
回答数回答 2

お坊さんが憎いです。

私の妻とお坊さんが不倫をしました。同じ会社で勤めていたことから関係がスタートしたようです。発覚から、半年程連絡もなく手紙だけをよこして謝罪終了。 手紙の内容もどこからか引用したようなもの。 お坊さんだけでなく私にも妻にも原因はあると思います。 また、そのお坊さんとはお世話になっているお寺の息子さんで、高校からの知り合いということもあり、特にお坊さんを責め立てると言うことはせず、穏便に済ますことにしました。 しかし、後日知人からそのお坊さんが結婚式を挙げたと聞きました。 また、そのお坊さんは私の叔父の会社に私が紹介して勤めており、何食わぬ顔で未だその会社に勤めています。(叔父は不倫のことを知っています) 妻は退職し、私は叔父や関係者に謝罪に回りました。 その間お坊さんは何もせず、普段と変わらぬ生活を送っていたようです。 手紙には1人のお坊さんとして、人間として信頼を取り戻せるように努力すると書いてありましたが、謝罪もなく謝罪の手紙を出す前に結婚式を挙げる人をどう再度信頼すれば良いのか。 何故、それで信頼を取り戻せるように努力すると言えたのか不思議でなりません。 私はそのお坊さんに対しての怒りが収まりません。 この怒りはいけないものでしょうか? いけないものであれば、どのように収めればいいのでしょうか。 お坊さんも1人の人間です。時には過ちもあると思いますが、あまりにも不誠実と思えて仕方ありません。 決してそうではないと思いながらも、お坊さんはこのような方ばかりではないのかと思うようになってしまいました。 このままお坊さん、お寺、仏教を嫌いになるということは避けたいです。 新たにお坊さんと出会う方法はないでしょいか? 伝わりにくく、拙い長文失礼しました。 よろしくお願いします。

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

尼僧になるかどうか悩んでいます

現在大学生で、卒業後に実家を継ぐべきか、自分の夢を追いかけるべきかで悩んでいます。 実家が日蓮宗のお寺で、父が住職をしています。父は数年前に病気をし、現在は退院していますが、いつ働けなくなるかわからないそうです。 私には兄がいるのですが、先日一般企業への就職が決まり、とりあえずは継がずに夢に向かって働くようです。 私はまだ、将来について決まっていませんが、海外で仕事がしたいという夢があります。 しかし、あとを継がなくてはならないのではないかという義務感も感じてしまっているのです。 父は「もし誰も継がなくても、代わりに入ってくれる人を探すから、お前は自分の進みたい道に進みなさい。」と言ってくれています。 しかし、ご先祖さまが代々続けてきたものを、私が途絶えさせてしまっていいのかと不安に思うのです。 私は尼僧になることが嫌なわけではありません。ただ、自信がないのです。 住職として多くの人の支えとなる父の姿を尊敬していますし、憧れています。しかし、自分がそうなれる自信が全くないのです。 また、私は今までそこまで信仰心が強い方ではなく、寺の娘として何かやってきたかといえば、そうではありません。 もし私が「尼僧になり、実家を継ぎたい」と言えば、父は私の師僧となってくれるでしょう。 しかし、こんな自信も信仰心も中途半端な人間が、尼僧になることなどできるのか、なったとしても父のように尼僧としての責務を果たせるのかと考えてしまい、覚悟を決めることもできません。 話が長くなってしまいましたが、このようなことを悩み続け気づけば2年の時が経ってしまいました。選択の時が近づいています。 解決に向けて少しでも進展させるために、アドバイスをしていただけたら幸いです。 最後に決断するのは自分自身であるとわかっているので、あくまで皆様の考えを聞かせていただきたいです。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 44
回答数回答 3

お墓、お坊さんのことでどうしたらいい?

真言宗の先祖のお墓に父が入りました ◯お坊さんだけでは、管理手入れができない広いお墓です。墓守りさんは、だいぶ前に出て行かれました。 その為、お寺の入り口には、粗大ごみが置いてあり、草木はぼうぼうで、車から降りると、蚊が群れをなして襲ってきます。尋常な数ではありません、孫や母は、刺されすぎて熱が出るほどです、その為お墓参りは、時期を見てさっと行くしかありません。一度住職に、木や草が生えてて蚊がすごくて〜となんとなく伝えたのですが、木や草は空気の浄化をするから何もしないとのこと粗大ゴミや家の不用品も見えるところに、かなり置いてあり、かたす様子も全くありません ◯7回忌が終わり未だに墓誌を彫ってもらえないので、一度お願いしたところまとまったら、私が彫るからってことでした。 まとまったらとは、どう言うことなのか?石屋さんが彫るのではないのか?とにかく直接石屋さんに話はさせない住職です ◯父のお葬式の時どのくらい包んだらと母が聞いたら50万と車代と言われ包みました。これは相場なのでしょうか?父の戒名、院とか立派なのはついてません一般的と親戚の人が言ってました 母の時はそんなに包まないと思います ◯7回忌が過ぎた後、お寺から7回忌の法要のお手紙が来ました。もうお布施も送り終わってるはずなのに、えっもしかして何もしてもらえてないのかと不安になりました。 ◯父は生前、お墓石をきれいに建て直しました。その時もかなりな金額を言われ父は仕方なく住職の言う通り450万できれいにしました墓石は立派な石ではありません   住職とは話をしても中々こちらの話は伝わりません。母もあの住職はお金しか頭にないとあのお墓には入らず祖父と父のお骨だけ他に移して墓じまいしたいと言ってます たぶんあの住職の事ですかなりの金額を請求されるか阻止されると思います どうしたらいいかわからず、相談させていただきました。よろしくお願いします

有り難し有り難し 21
回答数回答 1

お坊さんとのお付き合いに関して

質問をご覧いただきありがとうございます。20代学生のものです。 先日知人から紹介を受けて数回お食事にいった方に告白をされました。しかし、告白された時に慌ててしまい「いま忙しいから」とはぐらかしてしまいました。また「いま好きな人はいない」と嘘をついてしまいました。 その方はお坊さんの卵で来年には本山の方へ修行、下山後も実家(私の居住地からは車で3-4時間ほどの場所です)へ帰ってしまうようです。私自身も彼のことは異性として好きだと感じています。しかしその上でお付き合いするうえで来年から会えなくなってしまう、私自身の将来(就きたい職業があります)等色々考えお付き合いをするのは無謀なことなのかなと感じています。彼との会話から将来を見据えてお付き合いをしたいといった趣旨も見受けられます。私も周りからも彼自身はいいと思うけど将来的にはお付き合いするのは難しいのではないか、といわれています。 反対される理由は自分でも分かり切ったことなのですが、先日の発言をとても後悔しています。彼は優しい人で「自分はyayaのことを好きだけど友達として会えるうちは会いたい」といってくれています。また私もまだ彼のことが好きで未練タラタラな状況です。お互いまだ付き合えるチャンスがあるかもしれないと腹の探り合いをしているような状況です。好きだから付き合いたいという気持ちはあるのですが普通のカップルのように会えるのももう一年もないのだと考えると軽率に付き合うのは良くないと感じます。 私はこのまま意志通り付き合わないのが正解なのでしょうか?それとも短い間でも好きだから付き合うのが正解なのでしょうか? 身の回りでお坊さんとお付き合いしている方がいないのでここで書かせて頂きました。拙い文章で申し訳ございません。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

高名なお坊さんへの相談に意味はあるか

私は仕事のサボり癖が抜けず長い間悩んでいます。そのため様々な方に相談させていただきいろいろなアドバイスをいただきました。結局は問題はあまり解決していませんが、こんな相談を聞いていただいた方皆に感謝しています。 さて、この悩みを一度だけお坊さんに相談させていただいたことがあります。妻が昔、評判のよいある高名な僧侶に相談をしたことがあり、その伝手で私もお話を聞いていただけることになりました。 ただし、すでにかなりご高齢であったため、そのお寺に連絡した時点では残念なことにその僧侶の方はお隠れになられていて、跡を継いだ和尚様がいらっしゃいましたので、その御方にお話を聞いていただけることになったのです。 そのこと自体は大変有り難く、またその和尚様が比較的若いとはいえ不満を覚えたわけでもないのですが、しかし、やはりモヤモヤとするものが残ってしまったのです。 はっきり言って、20年近い間に多くの人に相談しておいて未だに解決しないものは、誰に相談しようがどんないい方法だろうが到底変わらないだろうことは感じつつあります。それでも、人生経験が豊富な方や、長年多くの人の悩みに向き合って来た方であれば何かあるのではないか、という考えが頭を離れません。 自分は有能な人や名声のある人に弱いのはわかっていて、それだけでは必ずしも意味はない、と言葉では頭に入れたことがあるものの、本当の意味では身についておらず、すごい人についていきたい、という願望が抜けません。 当時はありませんでしたが、このウェブサイトではたくさんの僧侶の方が様々な悩みにご回答されていて有り難く思います。私自身は仏教の業界にはまったく疎いのでどなたが高名か、などといったことはわかりませんが、しかし仮に評判のよい高名な僧侶の方がいたとして、そのような御方に相談することは意味があることと思えますでしょうか?

有り難し有り難し 121
回答数回答 4

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺