hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

老後や最期が目標になっています。

回答数回答 3
有り難し有り難し 37

はじめまして、よろしくお願い致します。

結婚して、在宅ワークなどをしながら主婦生活を送っています。

子供は産まない予定なので、現在の生きる目標が、不自由のない老後・悲惨でない最期です。

具体的に言うと、夫婦共に病気のさいは病院にかかり、介護が必要になった時はも施設やヘルパーなどにお願いしたいと考えています。
また、最期は貧困から、餓死や凍死などになる事を避けたいと考えております。
その為に、ある程度貯金を計画中です。

また、急死した時の為に、無駄な物を整理し、資産や親戚関係の事などをまとめております。

しかし、ふと、30代の目標が老後や最期の事なのはどうなんだろうと思いました。
とはいえ他に目標もなく、趣味なども楽しんでおりますが、最終的な関心事はやはり老後や最期の事です。

もう少し30代らしい?生き方をしたいと考えております。
アドバイス等して頂きますと幸いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

短期・中期・長期目標という発想。

こんにちは。

まず道をつくり、道ができたらそこをどう渡っていこうか。
道には始まりがあり、仕舞いがある。
始まりと仕舞いが明らかになって、中身の充実を図っていく。

福祉の試験に出てくるマズローさんという心理学者も
まず安全、安心の土台の上に自己実現などの欲求がのってくるという説を話していました。

私は質問文を拝見していて、
老後と最後が目標とおっしゃってますが、
それはナビでいう目的地の設定であり、
生きる意味としての目的は迷惑をかけない、不安要素を少なくする。
そう感じています。

手堅さと面白さは相反する部分ありますが、
目標は一つじゃなくてもいいと思います。
短期目標、中期目標、長期目標という視点で楽しみを入れることもいいんじゃないでしょうか。
健康で過ごす。
ぐっすり眠る。
おいしいもの食べる。
静かな時間を過ごせるゆとりを持つ。
その他。

別に大きなことを考えなくてもいいので、ささやかな楽しみが
人生に豊かさをそえる。
そんな方法もありますが、昔の人もらぶぜいさんと似た考えだったのかもしれないなと思いました。
老後や最期が関心事だったからこそ、老後や最期に依りどころとするお寺に、文化となりうる彫刻や絵画、建築デザインが込められたのかなと思いました。

思いのままにいろいろ話してしまいましたが、参考になる部分がありましたら活用くださいませ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


宗派は浄土真宗 なむあみだぶつです。 北陸の小さな田舎町で住職して...

何故?や如何にして? をも 越えた本来の境地がある。

人は真実の満足のある生き方というものが最初からちゃんとセットアップされています。
ヒントは「何をするかではなく、如何にするか」。
どんなことでも
❝響き❞が大事です。
コトバを話す、放つにしても響かせ方。
お寺で鳴らす鐘も、撞きかた、響かせ方が大事。
撞く人のその心の在り方が問われます。
和尚さんたちは、毎日鐘の音を聞いているから人の鳴らす鐘の音にも敏感です。
群馬のとあるお寺で、明治の時代に奕堂さんという立派なお坊さんがいました。
ゴーン
今日の鐘の音は、ただものではない。
鐘を撞いていたものを連れてきなさい。
呼ばれた修行僧は叱られるものかとびくびくしていました。
「別に怒りはせん。お前さんはどういう気持ちで鐘を撞いていたのか」
「師匠から、何をするにしてもそこに仏を生み出すつもりで行いなさいと言われ…」
奕堂禅師(後の大本山総持寺の禅師)はその修行僧を褒め、さらに精進するように励ましました。
その修行僧ものちに永平寺の禅師様になられた立派な方でした。
鐘を撞くという何気ない行為の中にもその人の全身全霊が打ち出されています。
何をするかではなく、如何にするか。
ここまでは美談です。
ですが、さらに素晴らしい境涯は、
ただ、その通りに「ごーん」と聞けることです。
ただ、その通りに「ごーん」と響かせることです。
あなたが何をするにも「わたくし」なく、ただ、行ずる事です。
「わたくしプラン」が強すぎればそれがかえって自らを縛ることもあるでしょう。
先日40代で出産された方がいました。
子供を持つ持たないも人生プラン。ですが人間の体には命を産むための力が元々授かっているという事実もお忘れなく。
欲しくても持てない方もいます。
あまり突っ込んではいけないことかもしれませんが、お子さんを持たれることで、あなたの30代ならではの不足感が満たされる事もあるとも思います。
あなたもご主人も生まれてきた。出逢えた。授かった。悲しみもあれば喜びもあります。それは、産んでくれた両親がいるから。
自らの思想、プランとして、産まないと決断してしまうのではなく、自らの本当の本心、良心、自身の性に問いかけて、それでも子供は要らない、というのであればそのまま進まれることです。
余計な事を申し上げました、(>_

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
かくげん和尚の電話おなやみ相談  📞08020659278 そのモ...

30代らしい考えは何でしょうか?

 偉い!の一言に尽きます。目標、目的、楽しみ、が無くては人生は過ごせませんか?そうではないでしょう。人は「他人の世話にはならないで、早く死にたい。」と思っても中々死ねるものではありません。どんなに周りから嫌味や中傷を言われようとも『アリとキリギリス』のアリのようにコツコツいざという時のために溜めた者の勝ち?ですよ。
どうしたら、「夫婦共に病気のさいは病院にかかり、介護が必要になった時はも施設やヘルパーなどにお願いしたいと考えています。ある程度貯金を計画中です。また、急死した時の為に、無駄な物を整理し、資産や親戚関係の事などをまとめております。」のように考えられるか私が教授し欲しいくらいです。
 だから、不安にならずにあなたの思った道を突き進んでください。また道に詰まった時は質問してください。待ってます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

質問者からのお礼

泰庵様
ご回答頂きありがとうございます。
「老後や最期は目的地の設定であり、目的は目的は迷惑をかけない、不安要素を少なくする。」
まさにそのとおりだと思いました。
目的地と目的がごちゃごちゃになっていたようです。
考えを整理して頂いたおかげで、なんだかスッキリしました。

また、短期・中期・長期目標という視点、とても参考になりました。
最期を考えながらも小さな楽しみを味わい、1日1日を豊かに生きて行きたいと思います。
丁寧なご回答ありがとうございました。
またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

大鐵様
ご回答頂きありがとうございます。
「不安にならずにあなたの思った道を突き進んでください」
というお言葉に、非常に励まされました。
それと同時に、まわりの人と比べ、不安になっていた事を気づかされました。

あまりまわりにとらわれず、地道に生きて行こうと思います。
親身なご回答ありがとうございました。
またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

丹下 覚元様
ご回答頂きありがとうございます。
「何をするかではなく、如何にするか」…響き方…
非常に心に染み入りました。
長年生活する中で結果を求められる事が多く、また自分自身も「何をするか」に捕われていたと気付かされました。
そんな中で自然と我が強くなっていってしまった事を反省致します。

子供は、産む事にはそれほど関心はありませんが、育てる事は関心があります。
ですが、色々な事情で出産は難しかったりします(^^;)
しかし、丹下 覚元様にご指摘頂いたおかげで
自分の我の強さや「わたくしプラン」に捕われている事に気付きました。

何をするにも「わたくし」なく、ただ、行ずる事
なかなか難しい事ですが、心がけていきたいと思います。
丁寧なご回答ありがとうございました。
またの機会がございましたら宜しくお願い致します。

「老い・老後」問答一覧

歳を重ねることへの不安があります

久しぶりに相談させて頂きます。 私は30代前半の女性ですが、歳を重ねることに恐怖や不安ばかり感じます。 きっかけは、自分の体型に関することでした。 30歳になって半年経った頃から、明らかに太りやすくなったのです。 私は甘い物を食べる事が大好きで、今まではどれだけ食べても普通体型でいられたのに、運動しても食べる物に気をつけても中々痩せず、ひたすらダイエット食品とサプリを買い漁りました。 体型が変わっていくことが耐えられず、定期的に断食する日を作る始末で、今でもそれは変わっていません。 これは歳をとったのだから仕方のないことだと頭では分かるのですが、中々その事を気持ちの上で受け入れられないのです。 相談したいのはここからです。 30代になってすぐにこれで、これから先歳を重ねてもっと色々と変化を迎えるにあたり、どのような心構えをしておくべきかアドバイスを頂きたいのです。 身近な人には言えませんが、体型が維持できないというだけで、時には死にたいとまで思ってしまい、このままさらに歳を重ねることに不安が絶えません。 変化を受け入れるには、どのような考え方をすればいいのでしょうか。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

五十代からの老病死のとらえかた

こちらではいつもお世話になっております。五十代半ばの男性です。ここ何年か題名の通り、老病死を強く意識するようになりました。それまでは頭にはあったもののほとんど気にしないで生きて来ました。 (老)に関しては、平均寿命から残り何年いきられるか?とか実感するようになったり、いつの間にか回りやテレビで活躍する人達がみんな年下で、二回りも下もいたり。またあと数年で還暦というと愕然とします。なにもできないまま年だけとったように、そんなはずではなかったのに等と考えてしまいます。ケアはするようにしていますが体力も目に見えて衰えて来ました。白髪も増え、目も悪くなって来ました。 (病)(死)に関しては今のところ大きな健康問題はないのですが、両親を内臓系の悪性腫瘍で亡くしているので、毎年の人間ドックが異常に不安です。食生活に気を配り、毎日ウォーキングをしたり等てできる限りの事はしていますが、両親の闘病から亡くなるまでのつらい経験が恐怖を増しているのかもしれません。 老病死という誰もが避けられない苦が急に身近というか、現実見をおびてきた感じでしょうか。 普通に結婚して子供に恵まれ、企業の管理職として並みの生活、人生なのかもしれません。ただなぜか急に老病死が受け入れ難いのです。 これからの余生の心構えについて是非アドバイスを頂けますと深甚に存じます。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

老化ですか?

社会人もうすぐ10年目になりますが、最近物事に興味がわきません。 私は小さい頃からアニメやゲームが好きで、学生時代は寝食を忘れるほど熱中していました。 また、なんでもない景色や人の発言から空想したり、イラストを描くことも好きでした。 自分が空想の世界に惹かれ、世間知らずなところがあると思っていたので、就職が決まったときは「これからは地に足をつけた社会人になりたい」という気持ちがありました。 今の仕事は感情労働特有のしんどさこそありますが、ブラックな労働環境でもなく人間関係も悪くありません。 楽しいこともあるし、勉強になることもあります。 ただ、社会に出る前に感じていたような好奇心とかワクワク感とか想像力とか、そういう生きてる感覚が最近あまり感じられません。 好きだったゲームやアニメにも惰性的に触れている状態になってしまっています。 仕事や生活といった現実的なことで頭がいっぱいで、空想する元気がありません。 かといって新しい趣味も見付からず、最近は何を食べたいのかもよく分からなくなってきました。 時折無性に寂しさや焦りのようなものを感じます。 これらの気持ちとの付き合い方のようなものがあれば、ご教示いただけますと幸いです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 35
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る