hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

住職さんと知り合うには

回答数回答 6
有り難し有り難し 50

私は、昔、仏事専門の書家として活動していたので、自然とお坊さんにひかれました。でも、出会いがないため、寺で働くにはどうすれば?又、お坊さんと知り合うには?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

御法座にいかれてはいかがでしょう。

住職と知り合いたい。お寺で働きたいという趣旨かと思います。

出会いがないというのも、具体的にどういうことか、いろいろと不明確ですが、

宗派や何をしたいかを鑑みて、お寺の御法座に連なってみたらいかがでしょうか。

御法座に連なっていただけば、住職さんとお話しするのも、そう難しくないことと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

本山クラスの大規模なお寺に就職

お寺は大きな規模となると一般の方が事務員としてお勤めしている所があります。
まずは就活としてお寺業界に入ることをお勧めいたします。
「寺院 事(寺)務員の募集」などで探されてみてはいかがでしょうか?('ω')
割とお坊さんと結婚してゆく人は多いです。
幼稚園を経営しているお寺に就職
法話会 坐禅会 お寺のイベントを検索
仏教の法話、講話の講演会などは沢山のぷりいすとがいますよ。僧侶側も出会いが無いのでぜひぜひ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

ぜひ婚活の場へ

某有名テーマパークに勤める方に「希望していた職場なので、非常にやりがいがあるし、楽しいです。しかし、デートや家族で来ることは今後一生無いと思っています」と伺いました。

例えば、僧侶の拝んでいる姿が好きだという方が、もし僧侶と結婚すると、その拝んでいる最中は、裏方として走りまわっている時間で、その姿を見ることはできなくなってしまいますことをご承知おきください。
また、寺院や職場は恋愛をするための場所ではありません。私が採用係ならそういう目的の方には大切な仕事を任せられません。

厳しいことを言って申し訳ございませんでした。もし、玉鳳さんが、僧侶と話をしたり、お寺という空間で暮らしたいというのなら、それはこちらとしても大変ありがたい限りです。私の属する宗派では、以前、一般女性と僧侶の婚活の会を開きましたし、今後もあると思います(もちろん他宗派でも)ので、ぜひご参加いただきたいと思います。まずは近くのお寺にいってそういう会があったら連絡してほしいとご住職にお伝えしておかれたらいかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

思いつくまま

玉凰さま。
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。素敵なお名前ですね、雅号なのでしょうか。

お尋ねの件ですが、私の知人で川崎大師という大きなお寺に勤めている女性がいらっしゃいます。その方はお寺出身ではない一般の方ですが、事務をしたり、書道が上手なので筆を使った仕事をしている、と仰っていました。
すぐそばにそういった大きなお寺はないかもしれませんが、通勤可能な距離にはありませんでしょうか? 雑誌やネットで求人しているかどうか分かりませんが、実際に行くと求人しているかもしれません。

あとご法座についてですが(お礼を拝見しました)、地域によってはお寺の檀家数が少なく兼業が多いと思いますが、中には外の仕事をしていないお寺もあるでしょうし、兼業でも法話会や写経会をしているお寺もあるのでは、と思いますがいかがでしょうか。
「浄土真宗の法話案内」というHPがあるので、よろしかったらご覧下さい。
http://shinshuhouwa.info

あとは、神社仏閣が好きな男女が集まる「寺社コン」というHPもあります。
http://jisyacon.com
各地で開催しているようですし、お坊さんが参加することもあるようです。

思いつくままに書いてみました。
少しでもご参考になれば幸いです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

お寺の事(寺)務員・筆耕の募集があればご一報下さいませ。

玉凰様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

仏事専門書道とは素晴らしい次第です。梵字もお書きになられるのでしょうかね。。

正直、書道は拙生、苦労しました・・元々筆不精で、まあ、今もですが・・本格的に書道教室に通い始めて現在六年目(今は半年のお休み中ですが・・)、毛筆四段となり、塔婆に書く文字も随分とましに。ましになっただけで、もちろん十分ではありませんが・・慣れるにはまだ数年は掛かりそうな気配です・・

もちろん、位牌や塔婆の文字の良し悪しで御供養云々ではありませんが、どうしても気になるところで目に付いてしまうものでございます。

さて、この度は、お坊さんに惹かれるところがあり、お坊さんとの出会いの場、知り合える場をお探しとのことですが、他の皆さんのご回答にもありますように、出会いの場、知り合える場は色々とあるかとは存じます。近年は開かれたお寺を目指して、お寺や僧侶が開催しているイベントも多くなってきております。とりあえずとなりましたら、そうですね、、拙生は僧侶となる前、もうかれこれ十数年前に一度行ったきりですが・・「坊主バー」なるものが大阪にございます。

大坂 坊主BAR
http://www.vowsbar.com/

また、お寺で働くとなりましたら、白木の位牌や卒塔婆の作成、または過去帳書き、朱印書き等、筆耕としてか、事(寺)務員としてかでしょうが、それも結構有名な大寺院として余裕のあるところに限られますかね。。

それも大抵の場合、事(寺)務員を僧侶の家族や親戚、法類か知り合いかコネで済ますところもあるかと思いますのでなかなか一般では難しいかもしれませんが、拙生のフェイスブックでは僧侶の友達が結構多くございますので、この問答を見られて拙生に募集の情報が寄せられましたら、また運営者を通じてでもご連絡させて頂きたいと存じます。

是非、お坊さんとの良い縁談にも繋がり、お坊さん、お寺、仏法を支える良い坊守となって下さいましたら幸いに存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


仏教のどういう分野に興味をお持ちでしょうか?。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


みなさん、こんにちわ。童楽寺の副住職の小林裕淳(ゆうじゅん)といいます。悩...

質問者からのお礼

田舎では、ごほうざと言うのがなく、住職職では、食べていけないので教職を掛け持ちでされてます。私が、出会いがほしいのは、仏事専門書道をいかしてお寺で働けないかと言うことと、御寺がすき神仏が好きなので、お坊さんと、仲良く慣れて嫁げたらと考えています。

「お坊さんと出会い、恋愛、結婚」問答一覧

お坊さんが好きで辛いです

先日、既婚のお坊さんが気になるという内容の相談をさせていただいた者です。その節は本当にありがとうございました! また相談したいことが出てきてしまい、長くなりますが、読んでくださると幸いです。 ㅤ 先日、法事がありました。 その時に、私が気になっている既婚で妻子持ちのお坊さんが来られてお経をあげて下さいました。 ㅤ 諸々終わり、みんなで歩いて帰っていると そのお坊さんが横にいて、、会話内容です↓ 坊「今日はお休みとられたんですか?」 私「いや、土日休みです!」 坊「へえ、いいですねえ(笑)」 私「その服装(お坊さんが来てる服)、ばり暑くないですか?」 坊「ばり暑いよ〜(笑)」 私「ですよね〜、夏用とかあるんですか?」 坊「あるある!これ夏用!それでも暑い〜」 私「わあ、、暑そうだなってずっと思ってましたw」 坊「(笑)、○○で働いてるん?」 私「あ、前そこで働いてました!今は○○に行ってます!」 坊「そーなんだ!(そう思った理由)」 私「(笑)」 ㅤ 家に着いたので会話終了(笑) (最後にそこで働いているとおもった理由をいわれたのですが、伝わりにくいので省略してますw) ㅤㅤ という、内容は大したこと話してないんですが.. この、夏用の話の時にお坊さんが腕をあげて、服の素材を見せてくれたので、私は普通にお坊さんの袖?を触りました。 ㅤ その時は、特に深い意味は無くとった行動でしたがあとあと考えると、お坊さんの大事なあの服を私が気軽に触ってよかったのかと不安です。 ㅤㅤ 諦めようと決めたのに、お坊さんを見ると 好きだなって、、次の法事までしばらく会えないと思うと寂しいのが本音です。 ㅤㅤㅤ そのお坊さんと私は20歳年の差があり さらに既婚で妻子持ちなので、、これ以上の進展を望んではないのですが、私だけ思ってるこの状況がしんどいです.. ㅤㅤ 今回聞きたいのは.. ◎お坊さんの服を檀家の私が触った行為、ダメでしたか? ◎既婚で妻子持ちのお坊さんが、20歳も年下の女から好意持たれたら迷惑ですよね? ◎私はこれからこの気持ちをどうしたらいいですか?進展したらみんなが不幸せになるのは重々承知してます。ただ、どうしたらいいのか分からなくなっちゃいました.. ㅤㅤ お言葉をいただけると嬉しいです、、 ㅤㅤㅤ 長文失礼いたしました。 どうぞよろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

お坊さんとお友達になりたいです!!

初めて質問させていただきます‼︎ 私はもともと、お坊さんがお経を唱える?読み上げる?時の声が好きで、お坊さんに興味がありました。 3年前くらいに、親戚の家で法事があり、いつものように60〜70歳くらいの住職さんが来られるのかなと思っていたら、若いお坊さん(20代後半〜30代前半)の方も来られて、その方の読経が素晴らしくタイプでした‼︎ 一度、お話してみたいな〜って思ったのですが、檀家でもなければ宗派も違うので、お寺に行ってもいいのだろうか…?と思いながら三年も経ってしまい…でもやっぱり一度だけでもいいからお話とかご挨拶したいなーって思う気持ちがあり…これは行かねば後悔するかも!と思ってます! ○檀家でもない、宗派も違う人間がど田舎のお寺に顔を出すと不審に思われますか…?!(一応アポはとるつもりです)(ど田舎なんです~汗) ○お坊さん的に、読経の声が好きとか言われたら引きますか…?! ○この方に限らず、お坊さんとお喋りしてみたい、お友達になってほしい!と思うのですが、こういう気持ちで行くのは失礼ですか…?! 他の方の質問とかぶってたらすみません!ご回答お待ちしております…!(>_<)

有り難し有り難し 37
回答数回答 4

既婚のお坊さんが好きです..

くだらない内容で申し訳ございません。 そうそう周りにいえる内容ではないので こちらに相談させていただきます.. ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 私の家には、いつもお経をあげにこられる 担当(?)のお坊さんがいます。 前から、かっこいいなとは思っていたのですが特に接点もなく時が過ぎていました。 (そのお坊さんは既婚者で妻子持ちです) ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ですが、先日わたしの祖父が他界し その関係でいつものそのお坊さんが 毎週7日のお経をあげにわたしの家にこられています。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 毎週見ればみるほど、 そのお坊さんの良さがみえて、、 だめだと分かっているのですが そのお坊さんが好きだなって痛感してしまいます。 ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 少し前に、たまたま そのお坊さんと私ら家族で 近所のお墓に歩いていく機会があり、 そのとき私が立ち止まったら そのお坊さんもわたしの横でとまってくれて、、(語彙力なくてすみません) ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ たまたまだったでしょうし、 ただそれだけなのにきゅんって してしまいました... ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 不倫をしようとかは思ってませんが、 あんなにかっこいい年上の男性が どんなかんじなのか一夜でいいので 一緒に過ごしてみたいって思っちゃいます.. ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 相当おかしいことを言っているのは 重々承知しているのですが、、 やはりこんなことは 早く忘れたほうがいいでしょうか??? ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ しかも、お坊さんという立場で 不倫もしくはワンナイトって 不謹慎すぎてされないですよね.. ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ こんな質問ですみません。 お言葉をいただけたら幸いです.. ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ 長々となってしまい申し訳ございません。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

彼が修行僧です。

こんにちは。 私がお付き合いしている方が、修行のため3月から上山致しました。彼のお父さんと、一緒に上山を見送り、今でも彼のお父さんお母さんから、彼の様子がわかると連絡を頂いています。その連絡が今の私にとって励みでもあり本当に、感謝しています。今、私はただ彼を想い、毎日が無事に終わることを願うばかりです。 彼の宗派は曹洞宗です。上山前、彼から100日間は外部との連絡がとれず、100日後に手紙がやっと書けると言われました。また、春上山した者は、8月末から面会との事でした。当時の私は、手紙を書こう面会に行こうと思っていましたが、実際それが正しいことなのか、彼の為になるのか、彼が上山してから自分で調べ、考えているうちにわからなくなりました。 家族でもない私が手紙を送ること、面会することで、上の方から何か言われたり目をつけられたりしないか、悪い方向ばかり考えてしまいます。自分で調べている時に、このような場を知り、実際に修行をした皆さんに聞くのが良いのではないかと考え、今回このような形で相談させていただきました。 そして補足ですが、今世の中が大変な時期で、夏になって仮に落ち着いたとしても、面会に行こうとは考えていません。 このような時期に、私事の相談で大変恐縮ですが、もしご自身の経験から、少しでも何か回答を頂けましたら幸いです。宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

お寺で働いていた小僧さんと仲良くなるには

先日、厄除けで有名な日蓮宗のお寺へお参りに行きました。 ご縁日で参る人も多く、お寺側もたくさんの人が働いていましたが、その中で対応して頂いた学生…よりも少し歳上(23~5才位)の若いお坊さん(小僧さん)と再びお話がしたい、仲良くなりたいです。 その方が私の御朱印、御首題を担当して下さり、書いて頂く間とその後も少しお話したのですが、 とても良いことを言って下さり、悩みが晴れて心が軽くなりました。 またお会いしてお話したいと思っていますが、 名前もわからないし、どのような役職の方なのか、 25才位と思いますが実はまだ学生だったりしたら…アルバイトの方かもしれないとか、 わからないことが多すぎて、 お話のお礼が言いたくお寺に問い合わせようにも情報が少なく困っています。 またお会いしてお話が出来るようになるにはどうしたら良いでしょう? 相手の方は、 ・御朱印授与、その他雑務をやっているようでした ・茶色っぽい袈裟?と橙色の服装 ・彼の隣にいた、彼と同年代くらいの方に檀家さんが今何年目になった?と質問し『今年で5年目になります』と言っていた。(修行期間の話かな?と勝手に想像…) 少ない情報ですが、彼はどのような方なんでしょう? 日蓮宗のお寺の内情もわからず、年が若くても実は凄い役職の方だったりしたら、 (お話の内容もかなりしっかりされていて、頂いた御朱印、御首題も驚くほど達筆でした) 気安く話しかけてはいけなかったのかな?とも。 ご時勢が落ち着きましたらまた縁日に参ろうかと思っていますが、人が多いので、うまく見つけられるか不安です。 日蓮宗のお坊様、または内情に詳しい方、少ない情報からですが彼の役職をご推測頂きたいのと、 今後も仲良くなるために話しかけて良いか、アドバイスを下さい。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

僧侶をしている彼の人間性

私は僧侶と交際しています。 以前に何度も相談させていただいていますが、いまだ別れられずにいます。 先日、友人と些細なトラブルがありました。 無料で譲ってもらえると思っていたものが、あとから金銭を要求されたのです。 高額ではなく、私の認識違いもあったので支払うことにしました。 しかし彼は、金銭授受の関係が発生するような友達とは関係を切れと言いました。 彼と知り合う前からの友人で、私の認識不足でのことなのにです。 彼は私から100万近くの借金をしています。なんとか返済してもらい残り25万程になりましたが、自分のことは棚に上げて何言ってるんだろうと思いました。 彼に貸したお金というのは、彼が京都にある本山や静岡や仙台などのお寺に行くための交通費や滞在費が手持ちになかったためです。 それが少しずつ遊ぶためのお金になりました。 そしてそのお金のために私は債務整理をすることになりました。 弁護士さんからは自己破産もすすめられましたが、それをすると家族に知られるのと、借りたお金は返したいので債務整理を選びました。 ですが、自己破産にしようかなと漏らした時に彼は、そんなことしたら別れると言いました。 お金のことに対して私も甘かったので、それについては反省しています。 ですが、彼はそれを言える立場ではないでしょう?と思ってしまいます。 それなのに彼は、そんな変な友達がいる女、自己破産するような女と関係があることが寺にバレれば、自分の立場がなくなり破門になるだろうし、親兄弟も反対するだろうと言います。 もし私が逆の立場なら、今の自分の立場や家族より好きな人を選びます。男性と女性は違うのでしょうか。 私は彼の財布がわりにあてにされていただけなのでしょうか。 自分の親に借りるなり、消費者金融やクレカ・・・いくらでも自分で用立てる方法はあったはず。なのに自分は傷つかないで私だけ・・・。共倒れですが。 私が彼の声を聞きたくて電話してもいいかメールすると断りますが、彼の都合で電話は来ます。お金の無心です。 約束の日にお金を返して貰えないこともあります。 寺の事務方さんの手違いだったりもしますが、そんな約束通りにならなかった時は「自分の思い通りにならないことを諸行無常という」などと、都合のいいことを言います。 別れればいいのでしょうがまだ彼が好きで離れられないのです。

有り難し有り難し 30
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る