hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自死について

回答数回答 2
有り難し有り難し 31

私は難病に罹患しており毎日その症状と向かいあっております。
『治療法は残念ながらありません』とドクターに言われても痛みに耐えられないので何度も病院に行き、せめて症状を緩和する方法や薬などないかドクターに聞くと。
『だから難病なんですよ』と言われてしまいました。
口腔内の痛み
鼻の痛み
喉の痛み
舌の痛み
気道の痛み
呼吸をするたびにドライヤーの風を吹き付けられているような症状等々。
痛み止めは効かないです。
痛みと苦しみがエンドレスで半永久的な辛さで少しずつ進行しております。
気が遠くなるような長い闘いですが頑張ってきました。
毎日24時間続く痛みを緩和する方法はないか自分なりに試行錯誤して工夫して来ました。
西洋医学だけでなく東洋医学も試しました。
この難病を受け入れて上手く付き合っていこう。と夫と子供達にも励まされ一日一日を頑張って生きてきました。
現代の医学をもっても『この痛みを緩和する方法はない』と言われても、私はあきらめず自分自身で色々な事を試しましたが痛みを緩和する事ができませんでした。

自ら命を経つのは良くない事だとは分かっています。だからこそ家族の為にも今まで病気と向き合いながら生きてきました。
私も本心は家族と別れたくはありません。ずっと一緒に居たいです。

しかし最近はあまりの痛みに、死んだらこの永遠に続く痛みから解放されるのかもしれない。痛みのない所に行きたいのです。

家族と一緒に居たい自分がいるのに、痛みの支配が大きくて痛みには勝てません。
自ら命を経てば阿弥陀如来さまに地獄に落とされますか?
現世では難病でこのような日々を過ごし。
来世もまた地獄に行きますか?

どうかお教え下さい。

2020年9月4日 10:56

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

阿弥陀様は落とす側の役割ではありません。
地獄に落とされたと思うようなしんどさや辛さでも、何とか救う方法がないかはたらきかけをする側の如来です。

うちの家族にも辛い痛みを訴えて旅立った者がいました。

痛さによる辛さの大変さ、全部は汲み取ることはできませんが、心中お察しします。

ご自身というより、病気がいろいろな思いを呼び起こすこともあるかと思いますが、、痛いものは痛く辛いですよね。
神経の痛みに対する過敏な反応を和らげる緩和ケアも効果が薄いでしょうか。

このお話を聞くことしかできず申し訳ないですが、痛みは地獄行きと関係ないですよ。
難病発症以後だけが人生の歩みではなかったと思います。
家族との出会いや生活、発症までの生活の尊さが忘れさられないよう念じ申し上げることしかできずすいません。

2020年9月4日 12:55
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


あれこれ指図されるのは苦手です。 誰かが責められたり、傷つくことも悲しい...

楽も苦も過去の業が今出ている

と、仏教では見ます。その、過去の業の結果としての楽や苦を受けながら、それに反応して、新たに善行為や悪行為を、身体、言葉、心で作ります。
 宝くじに当たったとか難病で苦しむとかは、何か大きな善悪の業が、たまたま今出ていると見ます。それによって新たに何をするかで、将来(来世)への影響が変わります。
 宝くじが当たったら、自分のためにも周りのためにも使って、ついでにどこかに援助とか寄付をしたりして良い使い方をすべきです。
 難病で痛みや苦しみがひどく、しかも続くとなると、心もつらくなります。
 輪廻の中では、地獄では、どうして自分がこんな痛み苦しみを受けているのだろうと考える余裕もないほど痛い苦しいがずっと続きます。
 畜生は、結構苦しい生活ですが、それが本人たちに認知されているかどうか。
 餓鬼(幽霊)は、苦しみ痛みや嫉妬や憎しみを自分の心だけで堂々巡りさせて、「ああ苦しい」とグルグルしています。
 天人は楽を受けるだけ。
 人間は、楽も苦も受けて、良いことや悪いことを、思ったり言ったり体でしたりします。今は、苦しくても、やはり人間として生きていますね。
 この現状の中で、つらい苦しい思いをしながら、過去の悪業をどんどん消費しています。悪業と善業を同じくらいしてきたとすると、その中の悪業が減ると、相対的に、善業が増えます。
 ついでに、身体は痛くて苦しくても、心は、何とかそんな自分や自分を支えてくれる周りの人々を慈しんで生きると、それは心の善行為です。感謝の言葉を伝えたりすると言葉の善行為になります。病床にあっても、できる善行為はいっぱいあります。
 どうにもならない、死ぬときの苦しみは、今時はモルヒネなどで緩和してくれるでしょう。それまでの、まだ意識がある中の痛み苦しみは、それを感受しながら、できることに励むと良いと思います。
 スマナサーラ長老が業についてもyoutubeで説法したり本を出したりしています。

2020年9月5日 8:41
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本...

「自殺・自死」問答一覧

迷惑をかけずに死にたいです。

死にたい気持ちはあるのに死ぬことができません。 それは死ぬことによって誰かに迷惑をかけるからです。 両親は私のことを心配してくれているからきっと大変なショックをうけるでしょう。そして自分を責めてしまうと思うのです。友人は話題のネタにする人もいれば、本当に悔やむ人もいるでしょう。職場ではお世話になった方々が責められ白い目で見られるかもしれません。私が悪いのに。 ただでさえ現状職場や家族にも迷惑や心配をかけてるのに、死ぬことでさらに迷惑かけるなんて考えただけで胃が痛いです。 それでも、もうこれ以上誰にも迷惑かけたくなくて、楽になりたくて、死にたくなるのです。 そして1番死ねない理由は、お金です。私が死ぬと、この20年間私に両親が投資してきたお金(食費や塾の費用、一人暮らしの仕送り)これらが全て水の泡になるのです。自分たちの老後もあるのにこんなダメ人間なんかにお金かけて。 いつかお金持ちになって、自分にかかった費用全て返済してから死のう。 そう考えて生きてきました。 でも世の中そんな甘くないですね。お金は貯まらないし、死にたいの気持ちは増していくばかり。葛藤がしんどいです。 答えが見えないです。どうしたらよいのでしょうか。 支離滅裂で申し訳ございません。

有り難し有り難し 23
回答数回答 1

子供を残して自殺することについて

もうすぐ2歳になる男の子と主人の3人暮らしです。夫婦仲は良く、子供のことは誰よりも大切で愛しています。経済的な不安等、特段思い詰めるような原因はありません。普通の幸せな家族です。 その状況で私は死にたいという思いが強くなる一方で、これが鬱病なのか気質なのか、そのどちらであっても私の死にたいという気持ちを消してくれる可能性があるなら教えて頂きたく存じます。私はその気持ちを消したいのです。 私は物心ついた頃から死にたい・消えたいという願望が常に頭の片隅に張り付いています。楽しい時や悲しい時など、その時の状況・感情に応じて出るものではなく、常にです。死にたいというより、最初から自分の存在をなかったものにしたい。それと同時にこの世の全てが自分の夢の中なのではないかと思います。 私は人に全て話せるような普通の家庭環境ではありませんでした。それでも誰よりも辛く苦しい悲惨なものでもきっとありません。ただ、子供がしなくても良い経験を色々としてしまったのだと思います。 それが恐らく私の感覚を普通とは変えてしまった要因の一つだと感じています。恐らく普通の人より常に悲しく存在意義がなく、生きてる実感が鈍いです。みんなが抱えるような悩み云々ではなく、悩みなどなくてもひたすら暗いのです。 家庭環境に恵まれなかったので、私はサザエさんのような幸せな家庭に強い憧れがあり、それを今手に入れることが叶っています。それでも私の気持ちは明るくならず辛く重い一方で、もう限界なのかなと思っています。 今まで必死に前向きに、この暗い気持ちを消したくて頑張ってきたつもりですが、はたから見たら実に幸せな家庭を手に入れましたが、それでも私の気持ちは変わらないのです。もう頑張れる目標・気力が見つからないのです。 今、子供を残して死ぬのか、子供と一緒に死ぬのか、その選択で迷っています。 親を失う子供の気持ちは痛いほどわかっています。だから一緒に連れて行きたい。でもこの子の人生を私が奪ってしまっていいわけがない。それでも私は死にたい。その繰り返しで後は勢いで判断するしかないのかなという状況です。 死ぬのはいけない、というのはわかっています。死に方に悩むなら生き方に悩めと自分でもわかっています。だから、そもそものこの死にたい気持ちを消したいんです。 助けて下さい。お願いします。

有り難し有り難し 167
回答数回答 5

自殺はなぜダメなんですか?

私はとある私立大学の学生で、現在はオンラインと対面の両方で講義を受けています。 対面の時は、学校に行くのですが、その大学内でキモい、目が死んでる、まじで、学校来んなと言われています。 さらに、アルバイト先でも、必死で笑顔を作って接客しても目が怖いといわれ、さらに声も気持ち悪いから、早くやめてくれとも言われます。 勿論この事は、誰にも相談できませんし、この顔なり、と声から、彼女も出来たことがありません。 高校生から、今に至るまで、全く色のない生活を送ってきてもう、自殺しようかと考えている所です。 そんなかんじですが、なんとか思い踏みとどまろうと、とある心の重荷をとる本を読んで頑張ってますが、その本の内容の中に、人は何千回、何万回と生まれ変わっていて、世の中の犯罪は、皆が経験、或いはこれから、訪れるものであるため、世の中に悪い事など、存在しないものだと書かれていたんです。 それなら、自殺もむしろ悪い事ではないのではないか?それで救われるのではないか?と思うのですが、この事について、お坊さんはどうお考えをお持ちなのか教えていただけませんか?よろしくお願いします。 このままだと、自分が、いけない事に、手を染めてしまいそうです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る