hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

初めまして

回答数回答 4
有り難し有り難し 34

私は強迫性障害と呼ばれる精神障害者です。例を挙げるなら手洗いを何回もやらないと気が済まない、外出の際、家の玄関の鍵を何度も確認してしまう等です。今一番苦労しているのが、車を運転する際、極度の加害恐怖症のようになってしまい安全運転を心がけているにもかかわらず本来なら楽しいはずの運転がとても、苦になってしまっている事です。

毎日、毎日この繰り返しで正直、本当に生き苦しい毎日です。ちなみに余計な事かもしれませんが心療内科には通い続けています。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

考えを主人公にせず、自分の事実を主人公としよう

①まずは小さい車がイイでしょう。ぶつかる確率は減りますからね。私も大きな車、一つも傷ついていない車の運転は過剰防衛になり心が疲れます。
②失うことを無くしましょう。
「失うという事は心の中で、失った感を思い起こしたその時だけが失った感が起こるだけなのであって、それ以外の時は何も失われていません。」
この道理、このマントラを30回唱えてみてください。
③自意識過剰を減らす。
「誰もわたしの事など気にしていない」「気にしているんじゃないかと、私が想っているだけであって、みんな自分ん事をやっている。だから私も自分の事を静かに全うしよう」これも納得するまで唱えてみてください。
④本当の恐れは、相手ではなく、自分。
実はあなたは外の事を恐れているように見えて、自分の心の働かせているときにネガティブなエネルギーが大量に放出しているだけです。
⑤自分の本当の姿を知る。
参禅をお勧めします。目的は坐禅ではなく、自分の思いを一切離れて静かな心に帰る事です。
岡山に井上貫道老師が参禅会を開かれています。
坐禅をしに行くのではなく、自分が迷っていることをお尋ねください。
きちんと進むべき方向を示してくださると思います。
⑥自分がいかに観念的であるかを思い知る
手はそれほど洗わずとも汚れてはいません。
そもそも汚れって何か。
汚れたと思うのは何故か。
綺麗であろうとするなら、本当の綺麗さは、キレイと汚いの両方の考えを離れたものである。
この意味がお分かりになるまで参禅してみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

これは直す直さないの問題ではありません。

 ヒロイズムさん。この障害は医療が発達すれば治る可能性がありますが、それ以外に精神修養や修行で治るものではありません。
 『バリバラ』というTV番組でも放映されておりましたが、ワシは社会が障害に対して理解をするしかないのかもしれません。そもそもこれを障害と見るか個性と見るかは紙一重だと思います。
 本当に苦しいなら、皆に話すことが1番の解決方法かもしれません。聞いてくれる人いますが聞いてくれない人もいます。それでも独り言のように話すべきです。ワシもほとんど主張を聞いてくれません。理由はうるさいかららしいですが・・・。でも、自分は言わないよりストレスが緩和されます。そのうちに気の毒になり聞いてくれる人が増えていきました。これは時には孤独を覚悟しなくてはなりませんが・・・。
 どうしても聞いてくれない人が居ましたら、今はSNSという手段もありますのでいくらでもぶつけましょう。hasunohaでもいいかもしれません。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

菩薩の道

ヒロイズムさま
なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

私も、ヒロイズムさんほどの苦しみではないかもしれませんが、家を出て少しすると「鍵を締めたかな」「ガスは消したかな」と思い、家に戻ることもしばしばです。
実際に施錠していなかったり火が点けっぱなしだったことはないので、ホッとしたり自分にイライラしたり、言いがたい感情が湧いてきます。

また、私は日ごろスクーターで移動していますが、やはり「事故を起こしたら、多くの人に迷惑をかけてしまう」と思い、慎重に運転するよう心がけています。

こういった慎重すぎる姿勢は、ヒロイズムさんご自身の苦しみとなってしまっていて、辛いこととおもいます。でも、施錠を忘れて空き巣に入られたり、運転していて人を傷つけたりという事があれば、多くの人を苦しめることになります。

ヒロイズムさんの苦しみは、他の方が背負うかもしれない苦しみを代わりに背負っているのだ、とお考えになってみてはいかがでしょうか。仏教では凡夫の苦しみを背負う存在を菩薩といいます。自分は菩薩の道を歩んでいるのだ、と思うことが出来れば、ヒロイズムさんの苦悩にも前向きな光が当たるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

より良い幸せのために

ヒロイズム様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「強迫性障害」という心の病をお抱えであるとのこと・・そのために慎重に慎重に物事をなさられておられるご様子・・

浦上様のお答えにもありますように、誰かのために役立っている善き行いと捉えることができれば、少しは苦しみも癒えていくのではないかと存じます。

例えば、手洗いをしっかりとすることは、色々な悪い菌を媒介させることもなく、風邪も移すこともない、家の戸締まりをきちっとすることは、盗みという罪を犯させるということがない、慎重に安全運転することで、事故で被害を与えることもない・・という善き行いとなります。

善き行いは、善き報いのために大切な因・縁となります。そしてできるものであれば、その動機も善き心にて調えることが望まれます。是非、それらの行いは他に役立つもの、他の為となるものであると少し意識して行われてみられてもどうかと存じます。

また、「○○障がい」・「○○症」・「○○依存症」といったものに、変にマイナスに囚われてしまわれずに、私たちそれぞれにおいてのより良い幸せのためには、それぞれの心をより良くに変容させていくことが必要となります。このことも少しご理解頂けましたら有り難くに存じております。

問い「女なのか、男なのか。」
http://hasunoha.jp/questions/470

『・・「障がい」と言ってしまうと、どこか嫌悪感が生じてしまうかもしれませんが、本来、現代社会で一概に規定されているような「障がい」の有無に関係なく、私たちは皆一様に、無明(根本的無知)・煩悩・悪業(つまり、煩悩障・所知障)という障り、つまり、「障がい」を抱えており、日々生きていく上で様々な悩み・迷い・苦しみがあるかと存じます。

それをこれは「障がい」で、これは「障がいではない」と一律に決めつけてしまうのではなくて、そんなことよりも、それぞれにおいて、その心のありようを改善させ、成長させていくことにより、悩み、迷い、苦しみを解決させて、より良く幸せに過ごすことができるように調えていくことが大切になるのではないかと存じております。

仏教は誠にその一助として良き処方箋になるのではないかと存じます。是非この機会からも学びを進めていかれますことをお勧め申し上げる次第でございます。・・』

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

ありがとうございました。

「心・体の障害と向き合う」問答一覧

障害を受け入れられない主人

はじめまして。 約3年前に結婚をし、結婚してすぐに主人が免疫系の難病と診断されました。免疫が暴走すると自分の筋肉を攻撃し、破壊してしまうという厄介な病気です(筋肉痛が続くようなかんじ)。幸いなことに、肺炎などの合併症などにならなければ死に至る病気ではないのですが、よくなったり悪くなったりを繰り返す病気のようです。 昨年は筋肉が弱ったことにより転倒してしまい、腰椎にヒビが入り、そのまま約半年間入院となりました。 リハビリのため、約1年休職をしていたのですが、この春から職場復帰を目指しています。車椅子からようやく立てるようになりましたが、今は筋肉のバランスが悪いためまだまだヨチヨチ歩きといった状況で、歩きにくい場所や初めていく場所には必ず杖を使って歩くようにしています。 ここからが相談なのですが、主人が「周りに変に同情されたくない」と、杖を持っていくことを拒否しているのです。主人の職場は私立高校なのですが、段差などもあり、完全なバリアフリーではないため、私は心配で仕方ありません。 主人は元体育教師ですので、過去のバリバリ動けていた自分と、今の障害を持った自分とを受け入れられないのかもしれません。 特に、教え子の前で杖をつくことを強く拒んでいる様子で、杖をつくくらいならもう一年休職したい、と言っています。 もちろん、もう少し休めば完全に良くなるのであればそうしたらいいと思いますが、難病のため絶対に良くなる保証もありません。 わたしとしては、今後長く付き合っていかないといけない病気ですので、はやくプライドを捨てて、杖を使い安全な状態で復職して欲しいのですが、 頭ではわかっていても、心で受け入れる、ということができていない主人の姿をみるとなんと声をかけていいのかわかりません。 お坊様であれば、どうやって説得をするか、アドバイスをいただけないでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

自身の強迫性障害による罪の償いについて

https://hasunoha.jp/questions/44463 約半年前にこのようなご相談をこちらでさせて頂きました。(あまりに文章が長くなってしまうため、こちらにURLを添付させて頂きます。申し訳ございません。) ここで言うお地蔵様に対する残忍で残酷なイメージ(強迫観念)とは、強迫性障害によるものですが、ただ本当に思ってしまったことはまるで殺人者のような事でした。 「死ね」や「殺す」などを何度も心の中で叫びながら、何度も何度もお地蔵様に残酷な事をしているのです。本当にイメージの中では、自分はまさに殺人者のようでした。 最初はまだ軽いイメージなのですが、そのイメージを掻き消したい!自分は違うと思いたい!と思うが故にその残忍なイメージは膨らんでいき、それを再び掻き消そう(強迫行為)と思うと、"その"イメージの自分に一旦同化して、これは違う!(自分ではない)と思う必要があるため、どんどん悪化していき、最終的には手に負えない程の残虐なイメージとなってしまいました。 その後も、何故いつもこうなんだ、なんでこんな事になってしまったんだ、と思うと(これも強迫性障害のせいか分かりませんが)、何故かお地蔵様に怒りの矛先が向いてしまい、お地蔵様の死のイメージが一瞬浮かんでしまい、本当に自分は人として最低最悪な人間なんだと思いました。 そこで、本当にお地蔵様に謝りたいと思うのですが、それがまた強迫行為につながると思うと怖くて出来ず、自分でもこのまま行くと強迫性障害の地獄の輪の中から脱することができないと思い、思い留まりました。 そこでこちらで親切なお坊さんにオンラインで何度か個別相談させてもらい、 「それは優しいお地蔵さんだから思っても良いんだよ」 「それはお地蔵さんが一緒に苦しもうと言ってらっしゃるんだよ」 と言って頂き、この半年間強迫行為をせずに必死に耐えてきました。 その甲斐あってか、今まで一生背負っていくとさえ思っていた強迫性障害がほぼ完治と言って良い程に良くなりました。 ただやはり自分が殺人者のような気持ちが未だ拭えず、また、あの時にお地蔵様に思った事が許せず、許してもらえているとも思えません。 毎日心の中には靄がかかったようで、心の底から笑う事ができません。 本当に、僕はどうすればこの地獄の輪の中から脱する事ができるでしょうか? 僕は、どうすれば良いでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

これからどうするか

今回、朝起きるのは相変わらず遅く、一人暮らしする人の起き方ではないと言われてしまう。 元三人姉妹の次女だった妹と母と今の妹と楽しんでいる夢を見ましたが、その頃には二度と戻れません。私のせいで母と実の妹が仲が悪くなった。 怒られる自分も悪いですから嫌だと言える立場ではないですよね。 今の自分には、一人暮らしは、無理だと言われました。お金を使いすぎたり、学費を無駄にして、嘘までついて、態度も悪いし。 精神科では、適応障害が見てもらいたいけど先生がやめられ、なかなか難しいところ。 まだ、大人として働いておらず、あんたこれからどうするの?同級生はみんな働いてお金をためていると。 グループホームに入れお前がいると母さんが悩むし、うるさいし、迷惑だから 私には一人暮らしも稼ぐことも、人として生きることもできないのでしょうか お聖天様のおみくじのメッセージには、たまを磨かずば光らん(自分を磨いて、かわりなさい)と去年と同じことをいわれました。 私には、グループホームの道しかないのかもしれないです。 お母さんは、許してないのに私が裏切っても信じてなんとか一人暮らしさせようと思っていて、母の先輩方もいつも相談に載ってくれて、私を応援しておりました。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る