hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

坊さん世界がしんどい

回答数回答 7
有り難し有り難し 395

私は本来なら回答者側にいるはずの坊さん見習い。世襲によって住職になってしまった、檀家さんに顔向けできない三流のダメ坊主です。

仏教大学を卒業してこの世界に入って思ったんだけど
・飲み会多すぎない?
・不必要な会議多すぎない?
・下品なやつ多すぎない?
・どうでもいい修行多すぎない?
って思っています。(最後のはうちの宗派だけかもしれない)

元々体育会系のノリでの人付き合いがあんまり好きじゃないコミュ障なので、マジで会議後の飲み会とかいうダブルコンボが辛いです。
なぜ抜苦与楽のために仏教やってるのに私自身が苦しんでるの???ってなってきてます。

下品な坊主多すぎない?って思っています。「どこどこの修行を何回やった」みたいな謎のマウント取りがそのまま地域内での寺ヒエラルキーに影響するような世界に辟易としてます。

実家が寺なので寺そのものを捨てると家族が路頭に迷う関係上、俗世間を離れるのはできないんですけど正直したいくらいに今仏教に疲れています。

ここにご回答して下さるお坊さんの方は、そういうことを思ったりとか、しませんか?
したなら、どうやって折り合いってつけてますか?

2020年12月15日 20:52

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

世界の仏教に触れて下さい

ご質問を拝読しました。

全くあなたの違和感というのは、正しい違和感です。上下関係も古い体質なので、昭和のような雰囲気がお坊さんの世界にはありますよね。

法脈がうまく伝わっていないのが原因です。何故ならば仏教とは、教えを体現して菩薩となった方が、人から人へと法のバトンを渡していくものだからです。

バトンを渡す側も本物でなくてはなりませんし、バトンを渡される側も教えを求めてそれを実践し完成させるだけの器が必要です。

しかし現状はそう優れた関係性は稀です。その結果として、多くのお坊さんも迷い苦しみの中にいるのです。世間の価値観のなかに溺れて、出世間の法に触れる機会がありません。

これにはいくつかの歴史的な背景があります。ひとつは明治期の廃仏毀釈で、仏教が廃れたこと。そして妻帯によって世襲制になったこと。そして戦後の近代教育と研究方法に仏教の伝統が破壊されたことです。

ここでは特に最後の教育と研究についてです。日本は戦前戦後にかけて、西洋に圧倒されました。そのため、義務教育を取り入れて、お寺に入るような小僧さんも近代教育を受けるようになりました。仏教的な教えを身につけるべき大事な時間を、すっかり西洋的価値観を真似た教育のなかで過ごすことになりました。その時点で、かなりの仏教的な教えが失われました。

更に、西洋で行われていた仏教の研究方法まで真似てしまいました。ヨーロッパ人が仏教を発見した時に、あまりにも様々な教えがあるので、このように解釈しました。「何か元の教えがあって、それに時代がたってヒンドゥー教などの影響があって、教えが変わっていったのだろう」と。そのために、仏教の教えとは違う、西洋的時間軸で仏教の教えを整理して、ゴータマシッダールタが教祖であり元の教えであり、それ以外は後からの創作であると(乱暴な言い方をすると)そのように整理しました。そのため「原始仏教」などという学者の作った新ジャンルまで登場しました。

本当は全てブッダの教えなのです。そして、その教えは体現した者が伝えるものです。にも関わらず、仏教を文献学にしてしまったのが近代の仏教研究でした。お坊さんまで東大のインド哲学科のような研究を始めたものだから、教えを体現することは重要視されなくなりました。インド仏教の伝統のような教え方も廃れてしまいました。

ただ、世界には必ず本物がいます。
文字数が

2020年12月15日 21:50
{{count}}
有り難し
おきもち


ご覧頂き有難うございます。夫婦で2児の子育てをしながら僧侶をしています。少...
このお坊さんを応援する

会議会合の中にも、学びの機会があります。気づいていないだけ。

・飲み会多すぎない? ・不必要な会議多すぎない?
・下品なやつ多すぎない? ・どうでもいい修行多すぎない?

 確かに、にささんに共感出来る部分はあります。回答僧の方々で同じような経験をした方は多いでしょう。住職になって30年以上、無駄な飲み会、無駄な会議も結構経験してきたかも。でも、私はそれらを全否定するつもりはありません。
 今のあなたには無駄にしか思えないかもしれませんが、日頃の同業者間との大事なコミュニケーションの機会だと思います。寺に居て住職をしていれば、必ず晋山式や本葬等大きな行事を行わざるを得ません。日頃の積み重ねが、いざという時の輪となり助力となります。
 無駄話や昔話ばかりで退屈に感じることも多いと思います。でも、先輩方の無駄話や昔話の中にも、有益なものもたくさんあります。同じ宗派の同じ地域の寺院でも、其々の寺の運営は異なります。反面教師とするしかない残念な面もあるかもしれません。でも、其々の住職が力量を発揮して其々の寺院をうまく運営し、檀信徒を化導している場合も多い筈です。無駄話昔話と切り捨てるような姿勢では、大事な部分を見落としている場合も多いと思います。

 修行道場での修行だって、やらされている修行では「どうでもいい修行」にしか見えないでしょう。参師聞法という言葉のごとく、道場の役寮や先輩たちに参じて教えを乞う姿勢を持たなければ修行の何たるかをわからないまま、修行期間を過ごしてしまうでしょう。

 今の仏教寺院の僧侶は、世襲の僧侶の割合の方が多いでしょう。確かに、仕方が無く僧侶となり、仕方が無く宗門の大学に行き、宗門の修行道場に行く人も多いと思います。でも、寺に生まれ仏飯を頂いて育ってきたということは、素晴らしいご縁であり有難いご縁です。檀家さんもいろいろ居られると思いますが、住職を信頼しお寺のお子さんたちにお寺の未来と檀信徒の未来を託してくれる檀家さんも大勢いると思います。仏飯を頂き檀家さんの応援いただいたことを機縁として、仏道に励んでください。
 大学だけで本当に仏教を学んだとは言えません、修行道場に一年や二年居たって修行のすべてがわかる訳ではありません。自坊を自分の修行道場とし、檀信徒を化導する教化の場にしていくことが大事です。更に学び行を重ね、もっと目を見開き、耳を欹てて話を聞いてみましょう。

 

2020年12月16日 0:38
{{count}}
有り難し
おきもち


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...
このお坊さんを応援する

単立化の検討も

にささま

これが当たり前と思ってしまうと終わりです(笑)

疑問に思われるだけ、良識、常識、見識がおありで素晴らしいことであるかと存じます。三流でなく、一流であるかと思います。

拙生の場合は、会下会、地域仏教会も含めて全て行きません。

理由は簡単で、煩わしい、アホらしい、何もためにならないからです。

まあ、拙寺は、単立寺院ということもありますから、横縦の繋がりはほとんどなく、行かなくても済み、その点、かなり恵まれております。すみません・・

単立化はさほど難しくなく、総代会、責任役員会等の議決と役所への手続きで可能ですから、今後、ご検討なさられることも。

・飲み会多すぎない?
→一切行かないです。そもそも酒を飲むこと自体、アウトです。

・不必要な会議多すぎない?
→一切行かない。だいたいはメールやネット活用で済むことが多い。

・下品なやつ多すぎない?
→世間と感覚がズレている者が多い。まあ、拙生もそうだとは思いますが。。

・どうでもいい修行多すぎない?
→修道が確立されていない。チベット仏教を学ぶと、どれだけ無駄、意味のないことが多いかがよくわかります。我慢大会に付き合うのは時間と労力の無駄ですね・・

もし宜しければ、この発心を大事になさられて、仏教の基本から学び直されますのも。拙生も、そこからでした。

川口英俊 合掌

2020年12月16日 8:52
{{count}}
有り難し
おきもち


一定不変

こんにちは。

 私はサラリーマン経験がありますが、サラリーマン時代は「これは仕事の手を止めてまで集まる必要があるのか」と思うような会議もたくさんありました。仕事の後の慰労会、同期会などがありました。お坊さんになったら、お坊さんの同じ宗派の様々な集まり他の宗派との集まり、地元では自治会の活動やボランティアなど、様々な団体に入ったり抜けたりしましたが、どこに行っても同じです。同じように会合があり飲み会があり、下品な人がいたりマウントを取ろうとする人がいます。そういうのって一定不変なのだと思います。もしあなたがお坊さんをやめて自営業をしたとしても、同業者の組合や商店会など集まりに入る必要があるでしょう。多分その割合は一定不変でしょう。

 今回はお坊さんとしてのお悩みですが、誰もが同じような問題を抱えていると思います。私も人と会うのが苦手なので、お気持ちはとてもよくわかります。

 今「一定不変」と書きましたが、下品な人やマウントを取りたい人は少数ですが声が大きいので目立つのです。だから多いように見えるのです。実際は少ないはずです。ひとりひとり見ていくと、あなたと気が合う人もきっといます。しっかりと耳をすませ、人を見てみましょう。

2020年12月16日 19:28
{{count}}
有り難し
おきもち


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...
このお坊さんを応援する

しんどいですよね

にささん、こんにちは。書き込みありがとうございます。

概ね共感しますよ。

まあ、下品なやつ多すぎない?については共感する部分もありながら、一方で、そう思っている私は一体何者なのかという視点は忘れないようにしたいとは思ってますが。

折り合いはつけません。最近は、だんだんぶつかるのも億劫になってきてスルーしてしまうことも増えましたが、不必要な会議や下品云々についてはぶつかります。変に、折り合いをつけるのは、結局同じことをやっているような気がして、とことんぶつかります。正論うざいと言われても(笑)

難しいですよね。

だから、周りは全部間違えている。他の僧侶や寺院との交流は全て断つというのは、私は酷く独善的な気がして、勧めません。

超宗派の繋がりは、自分の発想とは違う人たちに出会えるのは楽しく、また熱意ある人たちともいっぱい知り合えましたが、一方で、宗派内<超宗派という考えには私は賛同できませんし、超宗派の集まりは超宗派の集まりでひとつの世間だよなとは私の実感です。

そうですね。私とにささんは宗旨が異なりますし、全然見当違いと思われるかもしれませんが、私は、にささん、あなたがプロフィールに書かれていること、そこを認めて、まずはそこから歩み始めるのが良いと思いますよ。にささんのプロフィールは、お坊さんのみに紹介とされているので、ここでは詳しくは言及できませんが。

人付き合いに折り合いはつけても良いけど、あなたの仏道に折り合いはつけて欲しくない。一人の僧侶として私はそう思います。

もうひとつ、坊さん世界がしんどければ、色んな人と会ってみると楽しいですよ。仏教の学びは寺の中だけには留まりません。宗派の中の勉強会もあるでしょうし、超宗派もありますし、あるいは仏教と全然関係のないところで学んだって良いと思います。コミュ障でも、幸い、今はオンラインのイベントも多いですから、色々学ばれると良いと思いますよ。

にささん、どうかあなたの仏道を大事にしてください。

2020年12月17日 23:26
{{count}}
有り難し
おきもち


真宗大谷派僧侶。共に悩める場所を求めてこちらに参りました。
このお坊さんを応援する

全く同感です!

私は会議だけ出て懇親会には出ません。
その他の付き合いもほとんど関わっていません。
自分が有益だと思われるものだけに限って
参加すれば良いと思います。

同じ価値観の方々との
超宗派の研修会の方は
本当に楽しいです。

仲間内での付き合いより
お檀家さんとの付き合いの方が重要です。

2020年12月16日 11:35
{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

離れてもいいと思います。

拝読させて頂きました。
あなたのお気持ちよくわかります。もしも嫌なら逃げてもいいと思います。しばらくお付き合いなさらなくてもいいのではないでしょうか。
私も若い時は修業を終えてから一切宗派のお付き合いをしませんでしたし、本山にも行きませんでした。大体20年ぐらいはほっておきましたよ。そしてしばらくお寺を離れて会社員として勤めて一切お寺のこともしませんでした。
そういう時間があってもいいと思います。お寺だけが全てではありませんからね。逆にお寺を離れてみていろんな方々とお付き合いなさってみたりするのもいいかと思います。
それぞれ生き方は様々です。
あなたが志す道をあなた自身が考えて検討して判断なさってみて下さいね。いずれその道を振り返る時がきます。その時また考えてみて下さいね。
どうか頑張って下さいね!

2020年12月16日 10:03
{{count}}
有り難し
おきもち


Kousyo Kuuyo Azuma
脱サラして10年が経ちました。栃木県佐野市の一向寺に勤めています。(佐野ラ...
このお坊さんを応援する

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんも、悪いことをしたことはある?

お坊さんにも、悪いことをしたことがありますか? 間違ったことをしてしまったこともあるのでしょうか? 昔の罪や自分を許せないことはありますか? 過去の自分を許せない時、どのように立ち直れば良いのでしょうか。 私は悪いことをした自分が目標の仕事に就きたいなんて思っていいのか、と自分を責める気持ちがあります。 お坊さん方も、自分がお坊さんになることに対して躊躇した経験や、自分がこの仕事をしていいのか、と考えたことはありますか? お坊さんは善人というイメージが個人的に強い様に感じます。しかしハスノハの回答を見ていると、お坊さんでも過去に罪を犯してしまった方もいるようです。 私のなりたい職業よりも、お坊さんは善や心、道徳を大事にする部分が多いため、葛藤もあったのではないか、と疑問に思いました。 罪を犯した自分が夢を追いかけることに対してどうしても罪悪感が拭いきれないため、お話を聞かせていたたけたら有り難いです。 どのようにして罪や過去の自分、今の自分、そして仕事に向き合っていますか? 僧侶や仏教、宗教というものにあまり詳しくないため、検討違いな文章になっているかもしれません。 僧侶を職業だと認識して、仕事として書いておりますが、お坊さん方は「仕事ではない」と認識されているかもしれません。 知識不足でご不快な文章になっていましたら申し訳ないです。

有り難し有り難し 55
回答数回答 2

食前・食後の 言葉

ずいぶんと久しぶりに、こちらに伺いました。 あれからもう、二年半以上が経ったのかと、感慨深く。 現在は、実家からさほど離れてはいませんが、独り暮らしを始め、コンビニのアルバイトと、国からの障害年金・福祉ヘルパーさんたちに支えて頂きながら、自立生活・リハビリに努めています。 家族間の溝は、どうしても多少なりとて残ってはしまっていますが… 最近になって、父の世代の下に当たる 現在宗派を率いる世代 の方たちと、父経由ではない形でお話しをする機会を得ました。 今後の私のライフワークとなっていくだろう〝ヘルプマーク〟などについて興味を持って頂いて。 ちょっとずつ… 父とは違う形で、宗派 その他に関わっていくかもしれません。 本当は、〝つぶやき〟に書くべき徒然ではありますが。 字数制限に合いませんでしたので、こちらに書かせて頂きました。 【質問】 皆さまの宗派の、  ・食前の言葉  ・食後の言葉 など、宜しかったらお教えください。 各宗派・地域によって、瑣末に違ってくるだろう。 そして現在は、わりと廃れてきているのかな… という、この言葉を、少しでも残しておきたいと思いました。 ちなみにうちでは 「一粒一滴 皆 御恩。 不足を言ってはもったいない。 感謝で美味しく頂きましょう。 いただきます」 「今、尊い食を終わりて。 心豊かに、力 身に満つる。 この心身をもって、己が技に励みましょう。 ごちそうさまでした」 だったかな。 伝えていきたい言葉だと思います。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

跡継ぎの悩み。お坊さんとしての在り方とは

 実家が寺院です。  住職をしている父親の在り方に疑問を覚えるとともに、自分の将来について悩んでいます。  現在、人々のお寺への関心は少しずつ薄れているものと思います。そんな中、私の実家は今でも多くの檀家の方々に支えられ、お寺として成り立っています。しかし、父はその有り難さが分かっていないように思うのです。    具体的な収入(僧侶が頂くお金を収入と呼ぶのは語弊があるかもしれません)を私は知りませんが、高級車を何台も乗り継ぎ、沢山の娯楽品を購入し、暴飲暴食…。具体的な発言があったわけではありませんが、「僧侶も職業だ。稼いだ収入を好き勝手使ってもいいだろう」というような気持ちが根底にあるように思います。  お寺の管理として沢山の工事も行い、綺麗なお堂を建てる一方で、景観として素晴らしい大きな木を何本も切り倒すようなこともありました。  非常に恥ずかしく思うとともに、悲しく、また、檀家の皆様に申し訳なく思います。そんな父の「粗さ」に母親が涙する日も増えました。ただ、私もまた、そんな父の援助があって、仏教科ではない別県の大学へ進学しているため、やっていることは本質的に父と変わりないのだと思うと、苦しくなるばかりです。  父親のような僧侶にはなりたくないと思います。ただ、日々誰かの死と向き合う仕事ですし、お寺としての管理も父なりに苦しんで考えているものと思います。大きなストレスもあるでしょう。父がどんな気持ちで高級車を乗り回しているのか、分かる気もします。改めて、現代におけるお寺や僧侶というものの在り方の難しさを感じます。「苦しすぎて私にはとても継げない。」「自由に暮らしたい。」「普通の家庭に生まれたかった。」そんなことを連連と考えてしまいます。  悩みやすい性格で、父親のことも悩みの一端に過ぎません。ただ、お寺の道に進むのか否か選択を迫られる時期が近づいてきており、「お坊さん」として生きていらっしゃる方々の言葉を聞いてみたいと思い投稿しました。  お坊さんとしてお金とどう向き合っているか。お寺への関心薄れる現代において、お坊さん・お寺として、今後どう在るべきか。また、悩んだ末に実家を継いだ方がいらっしゃいましたら、その決断に至るまでのお話など、相談としては漠然としており申し訳ないですが、何かご意見頂けると有り難く思います。

有り難し有り難し 117
回答数回答 6

お坊様方の葛藤や苦悩、教えについて。

はじめまして。 先日、こちらで投稿をさせて頂き、道標をいただきました。 一進ニ退の日もありますが、先ずは己のために少しずつ仏教の教えや考えにふれたいと思うようになりました。 貴重なお時間をいただく事になりますが、質問をさせて頂きます。 申し訳ありません。 沢山の問答を拝読致しました。 今は自分が出来そうな事から、出来る日には、はじめています。 変えられない過去やわからない未来、辛い事が浮かんだ時には、(体の都合で座る事ができなくても)目を閉じて今の空間や呼吸に集中してみる 心を静めたい時等、南無阿弥陀仏と心の中で唱えてみる 自分の考えに偏ったり、様々な執着を手放すように心に留める など、容易くはない事柄もありますが、今の私にできそうな、まだまだ小さな一歩ですが、この事を知らなかった、しなかった時に比べると心のありようが違うと感じています。 お坊様方にも私達質問者と内容は違えど、苦悩や葛藤が過去におありだったり、今尚、もたれている事もおありかとは思いますが、過去に迎えられた苦しみや葛藤の中、どういう心の動きがおありでしたでしょうか?(葛藤の内容については複数の方々が見られるかもしれませんので、省いて頂いて大丈夫です。) また、その時やその後、スッと心に入ってこられたり、感銘を受けられた仏教の教えや考え方が(仏教の教え以外の親、友人、恩師等からの言葉でも)おありでしたら、お教え願えますでしょうか? お時間をさいて頂く事になり、申し訳ありませんが、可能でしたら宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺