hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生きる意味回答受付中

回答数回答 4
有り難し有り難し 29

科学的に見れば生きる意味などなく、生物は子孫を残すために生きており子孫を残してきたことや進化も結果にすぎず目的などないそうです。
宇宙には究極的な意志や目的など何もないそうです。
ならば生きる理由は各々が勝手に決めることなのですが、今幸せじゃないしこれからも幸せになる見込みがないなら死ぬというのも勝手だと思うのですがなぜみんな批判するのでしょう?
最近本当に人生辛いし、今まで生きてきても良いことなんてほとんどなかったしこれからもある見込みもありません。これ以上辛い思いをするくらいなら死んだほうがマシと思っているのですが何がいけないのでしょう?

2021年3月30日 23:36

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

7つの罪 と 善導精神

7つの罪
 理念なき政治 
 労働なき富
 良心なき快楽
 人格なき学識
 道徳なき商業
 人間性なき科学
 献身なき信仰
 〜マハトマ・ガンジー〜

総じて人間性・モラルの無い人間の活動はすべて「救われ」のないものです。

あなたも今まさに「その救いの無いもの」に縛られとらわれているのではないでしょうか。
そこから目を覚まして、確かな心の向かう先、導き先、向上精神、血の通った人間性を持つことがあなたの進むべき方向でしょう。
たとえ「科学的に」そうだということが「言える」としても、それはまさに科学的にというドライ目線。科学だって人の血の気の通った科学者は人間世界で困っている人が少なくなるようにという熱意で研究されている方もおられるでしょう。
科学もドライな結論しか出せないのであれば科学を学ぶ資質が無い人と言えましょう。教育も事務的になれば生徒も死にます。医療もお金優先になれば人命軽視。中国で問題視されている臓器収奪ビジネスなどは狂気の医療。
ウィルスの研究でウィルスが漏洩すれば世界がパニックになる。そんな研究であればそれは世界の害悪ですからやらない方がよかったのでしょう。
核も兵器として利用・悪用されれば殺人兵器や脅威になる。
人が人として本当に優先すべきものを間違えているからではないでしょうか。
この世は力を持たせてはいけない人間が力を持つと独裁者が弱気ものをいじめる世の中が作られる。だからこそ、持つべきものは人間性。それを仏教では菩提心とも言います。菩提心とは悟りや涅槃を求め、その利益(りやく)を多くの人たちにめぐらし向けん、とする善導の精神です。
善導する。
人間の存在意義はこの一言に尽きるといってもいいでしょう。
ならばこそあなたはあなたの迷いの心や停滞する心をも、人間性を喪失した科学にも疑問を持って一切を善導するべきなのです。
実際問題、今の心がモヤモヤした状態では救われ・救いがなくスッキリしないのではないでしょうか。
ぜひ、これを機縁として心の本当の在り方は「どうあればいいのか?」という疑問と追求心を持ってみてください。実はそれこそが仏教の原点だからです。
人には誰にでも心がある。
そのわがこころを人として、人間として本当に向かうべき方向に向かわせてこの上ない確かな心に向かわせることが仏教の導き先です。

2021年3月31日 11:40
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

死んで欲しくないからでは

仏教的には、生への執着も煩悩です。
生きる意味などないのが真理かもしれませんね。
ただ、実際に身内や周囲の人に死なれると色々と面倒な後処理やら手続きやらがありますから、簡単に死なれたくないと思うのが人情です。
自殺とかされたら面倒くさいから普通に生きてくれと。

2021年3月31日 8:29
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

あなたにも、人生に意味を見出し生きていってほしい。

こんにちは。亀山純史と申します。

まず初めに回答するにあたって、“最近本当に人生辛いし、今まで生きてきても良いことなんてほとんどなかったしこれからもある見込みもありません。これ以上辛い思いをするくらいなら死んだほうがマシと思っているのです”という心境に、少しでもお役に立てればと思っています。

さて、「科学的に見れば生きる意味などなく…」とのことですが、そもそも、「生きる意味」は科学で答えが出るテーマではありません。それは「意味」とは「価値」を問うものだからですね。科学は価値を問うことはありません。たとえば、核融合を研究するのは科学ですが、それを研究する意味は、科学のテーマではありません。ですから、核融合を軍事目的のために研究するか否かは、科学ではありません。そうすれば、私たちの命をどんなに科学的に分析してみても、そこに「生きる意味」は見いだせないのです。

その時に、“生きる理由は各々が勝手に決めることなのですが、今幸せじゃないしこれからも幸せになる見込みがないなら死ぬというのも勝手だと思う”とのことですが、ここでのキーワードは、「生きる」です。様々な事柄に理由はありますが、ここでは「生きる」理由です。「生きる」理由は各々が決めていいことでしょう。しかし、それは勝手に「死ぬ」ことも許される、ということではないのですね。

ガラス製品は壊れやすいから、丁寧に扱おうとします。その時、どのように丁寧に扱うかは、人それぞれでよいでしょう。しかし、ガラス製品はいずれ壊れるものだから、どのように扱ってもいい、とはならないはずです。それは、私たちは、ガラス製品に何かしらの価値を見出しているからでしょう。私たちの命も、いずれ死する存在です。しかし、そのような命に、私たちは何からの価値を見出しているのです。

仏教の開祖のお釈迦様は、自身の人生があまりに辛いものであることを知り、ブッダ(目覚めた人)を目指し、お悟りを開かれたのです。ブッダを目指したところに、お釈迦様にとっての「生きる意味」があったのです。あなたにも、辛い人生であっても、それに意味を見出し生きていってほしいと、切に願っています。

2021年3月31日 16:34
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...

全ては縁起し空である。

micuenさま

全ては縁起し空である。

意味や目的、幸せや不幸せ、良いも悪いも、全ては、因縁(原因と条件)次第なるもので、実体としてあるわけではないということになります。

もちろん、実体が無いとしても、何もないという「無」ではありません。

それは、一応、因縁によってあり得ているというものになります。

因縁次第で、意味や目的、幸せや不幸せ、良いも悪いもあり得ており、因縁次第で調えることもできるというものになります。

仏教では、迷い苦しむ存在としての輪廻のありようを見直し、迷い苦しみを無くすための因縁(仏道)に取り組むことで、悟り・涅槃を目指すものとなります。

全ては、因縁次第。善いも悪いも。ならば、善い結果への因縁に取り組むのが得策となります。

是非、仏教を学び修していって頂けましたら有り難いです。

川口英俊 合掌

2021年3月31日 12:59
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る