hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仏教の目指す解脱とは何か

回答数回答 3
有り難し有り難し 38

この世は迷い苦しみの世界であり、私たちはこの世界を生まれ変わり死に変わり、終わること無く繰り返しています。

仏教の目標は、この六道からの解脱だと伺っております。

しかし苦しみから開放された不変の世界があるとする事は諸行無常や空説に反していないでしょうか。

仏陀は「愛は苦しみの原因」と仰られました。
他にも、様々な欲求は苦しみの原因だと仰りました。

仏陀の仰る通りだと思います。
人は手に入らなければ悩み、手に入るともっと欲しくなりまた悩みます。
そして手に入れた物はいつか失います。
失うと悲しみます。

しかし何も求めず、何も持たないのが苦しみからの開放に繋がると言うのは
極端なニヒリズムに感じます。

仏陀の目指した解脱とは何だったのでしょうか。

2021年6月5日 5:59

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 3件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏教を成分表で見ていますか、味わっていますか

こんにちは。

仏教とご縁があったのですね。
大変喜ばしいことです。

学んでいる人だからこその問だと思います。

ただ、このような議論の際に根本的に問題になるのは、自分がどのようなスタンスでいるのかという問題です。仏教徒としてか、それとも無宗教、教養を学ぶという立場であるか、では問題の向き合い方に大きな違いがでます。

また、仏教は思想にのみにとどまらず行という実践が伴ってこそ、仏教を学ぶということになります。簡単に言えば、お味噌汁を成分表で論じるか、飲んで美味しいという観点で論じるか、では現実性が全く違います。

また、あなたの問に「ニヒリズム」の文言があります。
これは、後の近代西洋哲学等において議論になっていることで、物事の意義や目的といったものは存在しない、自分自身の存在を含めて全てが無価値だとする考え方や態度のこと、を指すようです。これは、仏教の教えを哲学という一視点で捉えようという問いになっていますね。答えられなくもないですが、そもそもの思想体系が違うという点を意識して問うていますか。

以上の前提で回答します。
「何も求めず、何も持たないのが苦しみからの開放に繋がると言うのは極端なニヒリズムに感じます」とあります。あなたは、釈尊の教説を聞いて「何も求めず、何も持たないのが苦しみからの開放」だと思ったのなら、釈尊が出家という手段をとったことが順当な筋道だとは思いませんか。

我執、我所執という、自らが自らに執着し、自らが所有するものに執着するのが人間です。その執着する対象を、できるだけ少なくするために「何も持たない」ように環境を整えるために出家する。とても理にかなったことです。

お金があればお金の増減、いやもっと求める方向に人間の心は動きがちです。そこでできるだけ「何も求め」ないように出家する。これも理にかなったことです。

それだけ、釈尊は苦しみの元になることを厳しく見つめられたのです。

あなたは、その苦しみのもとになる様々な生活上の物柄に対して、どれだけ苦しみ悲しみを生み出すものだという実感がありますか。故に私は尋ねたのです。あなたは、仏教を成分表で見ていますか、味わっていますかと。

味わっているなら、釈尊の教説が益々よく分かるはずで、「極端なニヒリズム」という切り口は生じないと思います。
問い自体をまず一度整理してみて下さい(字数制限)

2021年6月5日 8:03
{{count}}
有り難し
おきもち


釋 悠水(しゃくゆうすい)
浄土真宗本願寺派報恩寺住職(兵庫県三木市) 本願寺派布教使 元本願寺布...
このお坊さんを応援する

満たされきった様子がある

苦しみからの解脱。それはどこか遠くにあることではなく、めざすものでもありません。
ご自身の生活そのものの中に解脱があります。

以前、悟りの老師から「煩悩の数だけ悟りがあります」と聞きました。

生まれ変わるのは今この世に生きている、ここで生まれ変わるのです。お釈迦様が気づかれた、人としての根本に気づくのです。

人間には欲望があります。欲しいもの、したいこと。これがなくなったら生きていけません。こうしたものが自然の働きとして起こる。それを否定せず受け入れる。しかし、そちらの想いに振り回されたら餓鬼道に落ちてしまう。

心は禅定でゆったりとしつつ、六根の働きに目を向けてまずは観察してみることから始まります。人間の作りが理解できたら、観察することもやめて、ありのままにいるのです。
私は禅宗の坊さんなので、お釈迦様のように坐禅をお勧めしますが、徹底的に自分から何かしない事で見えてくるものがあるのです。

2021年6月5日 6:28
{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

愛=欲求=渇愛がなくなれば悟り=解脱なのですが

その状態が、私たち悟っていない人々に想像つくでしょうか。解脱が何か分からない間は、ニヒリズムではないかとか分からないとか悩むことになると思います。こういう分からないという感じも、悟っていないからこそで……つまり、悟ったら、悟りとは何か分かり、悟らない間は、どうしても分からないので、○○のようなものではないだろうかなどと想像するしかないのです。
 渇愛とは、何か足りない、何か満たされないという衝動です。何かを持っていても他の何かと比べて、まだもっと、と思ってしまう。持っていなければなおさらです。そう考えてはいけないんだ、満足しなければいけないんだなどという思考の問題ではなく、瞬間的に感じてしまう衝動なので、これをなくすのは至難の業です。
 なくしたら、死ぬときも満足しているので生まれ変わりません。まだもっとという気持ちがあると、それが力になって何かに生まれ変わります。死ぬときに「ああ、息が止まる」と観察するだけならよいのですが、「苦しい。息が吸いたい」と飢渇するだけで、生まれ変わります。

 悟り=解脱について日本語で曲がりなりにも語れているのは、スマナサーラ長老だけだと思います。(むしろ、どうせ悟らないうちは分かりようがないことだし、解脱のイメージを作ってしまうと、修行するときにその観念=妄想が邪魔になるので語らないようにはしておられるようです。)スマナサーラ長老のご本をあれこれ探して読んでみるとかyoutubeで説法を聞いてみるとかすると良いのではないかと思います。

2021年6月5日 9:05
{{count}}
有り難し
おきもち


初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

皆様、お忙しい中ご回答頂き誠にありがとうございます。
大変励みになります。

私が仏教徒か無宗教かによって変わる、とのコメントを頂きました。
私は仏教徒になりきれない仏教徒、と言った所でしょうか
実践の伴わない、頭でっかちの仏教ファンと言い換えてもいいかも知れません。

これからもご縁がありましたらご回答頂けると幸いです。

「仏教全般」問答一覧

神様の前で誓ったことを破ってしまった

こんにちは。初めて相談させていただきます。 私は今年、本厄の年です。 ネットで過去に本厄を経験された方のお話を読んだところ、嫌なことがたくさん起こったとか、自分だけでなく家族にも被害が及んだなど、とても怖い内容ばかり書かれていました。 でも数年前からパートも辞め、変化のない引きこもりに近い生活を送っている私は、特に気にすることもなくこれまで過ごしてきたのですが、今年の初めに、叔母さんが倒れたから来てという緊急の電話が親の元にかかってきたことから、やはりキチンと厄払いに行っておくべきだという考えに至ったのです。 親はひどく落ち込んでいて、これは全部私が厄年だからだ…と改めて恐怖を感じました。 久しぶりに外に出て、近所の神社に向かいました。厄払いのあと、叔母さんの体調がよくなるようにと絵馬を書き、賽銭箱の前で手を合わせ、『これから頑張るのでどうか叔母さんの体調を良くしてください』と神様の前で誓いのようなものをたてました。 その後叔母さんの容態は安定し、自宅で過ごしていたのですが、数カ月前に再び緊急入院することとなってしまいました。 私はその時、『これは私が神様との約束を守らないでいつまでも引きこもっているからだ、今からでも動き出せば間に合うかも』と思い、いつ働きに出てもいいように、髪を切りに美容室と、ワクチンも打ちに行きました。 叔母さんは、いつ亡くなってもおかしくないと家族へ医者から告げられていたようでした。 親は動揺して、たまに泣いているところも見たり、常にそのことが頭を離れないようでした。 でも私はあと一歩がどうしても踏み出せませんでした。数年のブランク、そもそも人付き合いが苦手でまともに仕事も出来ない、働きに出るのが怖くて怖くて仕方なかったのです。 そして一昨日、叔母さんが亡くなったと親のところに連絡が来ました。 これは私のせいですか。約束を破ったからですか。そもそも神様の前で簡単に約束してはいけないのだということも知らずに、出来もしない誓いをたててしまったせいですか。ネットで調べたら神様がひどく怒っているのだと書かれていました。 私が頑張って動き出していたら、叔母さんは死なずに済んだかもしれないと思うと親に申し訳なくて言葉になりません。私はこれからどうしたらいいですか。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1

死生観や魂についてご教示いただきたいです

 看取りを目的とした入院患者の多い病棟で勤務している看護師です。仕事柄、死というものは身近に感じております。  緩和医療の分野において、スピリチュアルケアという考え方があります。  世界保健機関で健康とは身体的、精神的、社会的に良好な状態であり病気の有無に関わらないと定義されているのですが、そこにspiritual health(霊的な健康)という概念を追加してはどうかという提案が2000年頃にありました。現在において、霊的な健康は概念に追加されていませんが、看取りの場において霊という概念は必要であると愚考しています。  私は人間を「尊厳を持つ存在」「胎児の頃から逝去されたのち、遺された人の心から消えるまで」と考えています。命が尽きると人間でなくなるのであれば、遺体はただの物体であり、丁寧に扱う必要のないモノとなってしまうと思うからです。看護は患者が逝去したのち、死化粧をし、身体を洗い、着衣を整え、御遺族へ患者という人間を引き継ぐ役目があると思っています。  私の考えの根底に魂というものがあるが故に、上記のような考えをしているのだと思いますが、不勉強ゆえ魂というものを言語化できません。地獄や憂き世、極楽といった様々な宗教観の言葉がある日本において、皆様は魂をどのように捉えているのか知りたく思い、質問させていただきました。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

生きている人への「回向」と、私の仏教観

 いつもお世話になっております。このほど、私の尊敬している 学者の先生が、てんかんをお持ちだということがわかりました。 先生は、お仕事で危険な薬品をお使いになります。万が一の事が、 非常に心配です。  そこで、休日に酷暑の中スーツを着て、たくさんお寺や神社を回り、 先生をお守りくださいと神様や仏様にお願いをしました。営業さんの ようです。  ちなみに、私は本来、願い事が嫌いです。願掛けや縁起物、 お守り等に依存するのは本来の仏様の教えからは逸れる (親鸞上人の「正像末和讃」に、とても共感しました)、仏様の 教えは、「ヒト」をバックアップし、パフォーマンスを引き上げて くれるもの、「お見守り」だと考えているからです。  巷で妄信されているような、「拝んでいれば大丈夫」ではないと 考えています。  大学入試に例えると、受けるのは自分、周りの方は、叱咤激励、 応援してくれるだけ。それが受験生さんの大きな支えとなりますが、 「私が代わりに受けてあげる!」まではいきませんよね。  なので、自分が試験を受けたり、自分の障害の寛解について などの願掛けはしたことがありません。お守りも、持っていません。  護摩札はありますが、それは、「本尊」として拝んでいます。 ちなみに願意は、「御礼」です。  回向というと対象は死者、というイメージでしたが、法話で 「自分以外の生きている人を守り給えと祈ることも、回向に入る」 と伺った気がします。これには、なるほどと思いました。  しかし、若干「願い」にも入る気がするので、願った後は、 現実的な事をしようと思いました。例えば、 ・先生は動画配信をなさっているので、動画を拝見する ・ご自身のホームページでアフィリエイトもなさっているので、 ページのリンクからサイトにアクセスし、その商品を購入する ・てんかんについて勉強し、応急処置など、理解を深め、いざと いうときに行動できるよう備えておく  仏教は「神秘主義」ではなく、「現実重視」と思って、「相手を苦から 遠ざけ、楽を得る一助となる事をする」「自分のためには、正しく事物 を見極め、邪見に惑わされぬよう努力する」これが、私の仏教観だと 思っています。  長くなりましたが、私の回向、仏教観について、先生方のご高見 を賜りたく存じます。

有り難し有り難し 8
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺