hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

死ぬとどうなるのでしょうか

回答数回答 4
有り難し有り難し 63

死ぬと苦しいでしょうか、楽になるでしょうか、その人の生き方次第でしょうか?

2013年5月18日 22:14

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人は自分の死は体験できません。

先に結論から申し上げます。
「他人の死を知ることはできても、
自分の死は、一生体験することはできません。」
これが答えです。

変な表現ですが「人は死ぬことはできない」のです。
まさか、と思われるでしょうが、以下の内容をよくお考えください。

①今夜あなたが🌙フトンをかぶってお休みになられる時、
「ああ、寝るぞ寝るぞ…」と思って眠りについてみてください。
😩「ムニャムニャ…、あー、眠くなってきた…、zzz…、
zzz… 💤」👈こうなったら寝ていることを自覚はできませんよね?

②では、寝ている時の自分を自覚することができますでしょうか?
👉夢は見たとしても寝ているから自覚できませんよね。

③寝る瞬間のことを自覚できるでしょうか?
👉寝る直前の1秒ぐらい前までは、自覚はあっても寝たら自覚はできませんよね?

🌙布団で眠りにつく直前までは意識があっても、寝てしまえば意識がない。
…と、いうのと同じように、

😇永遠の眠りにつく直前までは意識はあっても、死んでしまえば意識はありません。

死ぬ直前まで、死ぬぞ死ぬぞ…と思っても、生きているうちは絶対に生きているんです。
「死ぬかもしれない、死ぬかもしれない」と思っていても、それを考えられているうちは絶対に!死んでいないのです。それはチャンと生きている証拠です。

よって、今日からこう考えてください。
「他人の死は知ることができても、自分の死は一生体験することはできない」と。
この道理が理解できれば死に対する不安は消えます。

生きている間に死後についていくら考えても、それは死についてアレコレと想像をめぐらしたというだけです。死後の世界について根拠のないコトを言われる人には「あなたは死んだことがあるのですか」と尋ねてみてください。

だから、今日からこう👇明るい希望を持って生きていただきたいと思います。
「死を迎える、その時が来るまで私は絶対に死ねないのだから、その時まではいくら死について考えてもしょうがないので、しっかりと、今を生きよう」と。
苦しいか楽になるか。
死は平等です。格差はありません。亡くなるまでは苦しい、安楽であるか、という差はあります。ですが死によって、一切の感覚から解放され離れるので「苦楽はない」と、私は確信いたしております。

2013年5月20日 14:34
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

死ぬと楽になる保証はありません。

死ぬと苦しいです。
苦しんだままの死、残された人の悲しみや自責と後悔、寂しさは、この問答欄をはじめ今までたくさん目にしてきました。

死は自らの味方にはなってくれません。

死ぬと楽になると思いたくなるくらいのしんどさや生き辛さを感じてらっしゃる方からの相談はいつも心配になります。
頭の中ではお辛い気持ちが占める日もあるかもしれませんが、どうか、お体は大切になさってください。

頭の中で色々なことを考えるときも、身体は細胞の代謝を繰り返し、血液を運び、呼吸を続け、傷ができるとカサブタをつくり治そうとし、誰の目を気にすることなくその役割を務めています。
そのことは心の片隅に留めていただけると幸いです。

あまりにお辛いようなら、医療機関や相談機関の活用も選択肢のひとつかと思います。

大袈裟に考えすぎていたら、すいません。

2013年5月19日 9:11
{{count}}
有り難し
おきもち

『助けて』 「当たり前だ!」 って海賊みたいに強い敵を蹴散らす...

「因果応報論・業論」

りい様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

どのようなご意図にて本ご質問を成されるに至られたのかは図りかねますが、仏教は、「因果応報論・業論」を扱います。

下記拙回答におきましても扱わせて頂いております。

問い「悪いやつらが幸せに生き残る時代」
http://hasunoha.jp/questions/32

問い「因果応報」
http://hasunoha.jp/questions/45

仏教に慣れていない初学者にとりましては誠に理解することが難しいとは存じますが、平たく述べますと、「善いことをすれば善い結果となり、悪いことをすれば悪い結果になる」ということであります。

この縁起により成り立っている世界においては、原因や条件を無視して、絶対に結果は成り立ちません。必ず結果には、原因や条件があります。善い結果を出すためには、善いことを行う努力が必要となります。それを怠っていては善い結果は生じません。もちろん、一体何が「善い行い」というものになるのかについては、慎重に考える必要があります。仏教的には、下記問いにても述べさせて頂きましたように「慈悲・利他」を旨として行うことが求められるものであるかとは存じております。

問い「仏教における徳積みとは?」
http://hasunoha.jp/questions/119

「菩提心論」
http://t.co/aSBtLQQI

死後の有り様は、確かにりい様のおっしゃられますように、「生き方次第」であり、それもできうる限りの「善い」生き方が望まれるものとなります。

死後の輪廻においては、(空なる)心(相続)のありようが大きな作用を持つものであると考えられております。無明(根本的無知)・煩悩・悪業などの悪い因を抱えた状態での死後の赴きは、非常に厳しいもの(悪趣世界・・地獄・餓鬼・畜生など)になる可能性が高くなってしまうと言われております。

何とか確かなる「仏縁」により、心(相続)を浄らかに保ちて、死後以降も仏道修行の歩める状態にて、悟り・涅槃へと向けて精進努力して参りたいものでございます。

真なる楽(悟り・涅槃)を得たいと願うのであれば、しっかりと「善い」生き方を心掛けていく必要があるかと存じております。善い行いが積めれますように共に頑張って参りましょう。

川口英俊 合掌

2013年5月19日 7:57
{{count}}
有り難し
おきもち

りい様。

貴女様がご質問に有ります様に、「その人の生き方次第で…」死した後は変わります。

川口 英俊 師の仰る様に
「善いことをすれば善い結果となり、悪いことをすれば悪い結果になる」という事ですね。

2013年5月20日 15:36
{{count}}
有り難し
おきもち

色々の悩み事がこの世には沢山有ります。 大学の卒論で密教天文暦法を研究致...

「死後の世界・死んだらどうなる」問答一覧

自殺すると魂はどこへいくのですか?

単身赴任中の夫から先月突然LINEにて離婚を切り出されました。女性の陰は正直わかりません。しかし、春には私と幼児2人も夫の所へ行き家族で一緒に暮らす予定で動いていました。夫とは離れている分、電話やLINEで喧嘩をした事はなく、月2回戻ってきた時に子供のことで少し意見が違ったり勘違いから言葉が足りずに口喧嘩する事はありましたが、些細な事でお互いモラハラ発言までもはいかなかったです。今回もLINEでのやりとりで勘違いから話がおかしくなり、どういうこと?と問い詰めていたところ、突然キレられた形です。しかし、義母は私のことを良く思っていなかったので、義母が義父と離婚調停中ということもあり、夫に「あんたも別れたら〜。」と言っていて、夫は義母の言いなりなので、私からしたら突然のことでも夫からしたら突然ではなく虎視眈々と準備して機会を狙っていたのかもしれません。そして、話し合いにも全く応じてくれず、今のままでは調停や裁判でも私が有利となり離婚できないとわかっているので、別居期間をひたすら延ばして夫婦関係の破綻で離婚しようとしているのが見え見えです。 そのことで、今は実家で暮らしているんですが、実父は元々癇癪が強い人で、昔から沸点がわからないところで突然キレて場所構わず大声で私を怒鳴りつけ、頭や顔をひっぱたかれたり、皿や醤油瓶を私目がけて投げつけることも多々あります。母もそのようにされてきて、鼻を骨折までしているので母は怖くて私を庇ってはくれません。弟は警察官になってから父からのDVを一切受けなくなりました。私は父が嫌で18歳で実家を出て一人暮らしをしていましたが、双子が生まれ人手が足りず渋々実家へ戻りました。父は孫にも時々手を出します。 そして本題ですが、私が夫から離婚を言われたことで父は私に暴言とDVの激しさと頻度が増しました。しかし私は現在無職で看護学校に通う学生の身です。実家から出ると生活もできません。夫からは話し合いに応じないと言われ早く離婚届に判を押すよう言われ、父からは毎日言葉の暴力、時々物が飛んでくる、もう毎日が辛いです。双子を連れて死にたいと毎日思うようになり、可愛い我が子をなるべく綺麗な遺体で死なせてあげたいなぁと思って死に方を探しています。3人一緒にあの世にいけますか?私は子供を道連れにするので一緒の世界にはいけませんか?

有り難し有り難し 27
回答数回答 3

自死した者の死後について

前回自死してしまった娘のことでご相談したのですが、 とある僧侶の方から自殺した者はすぐに仏様の元へ行くことはできないと考えている。なぜなら辛くとも最後まで精一杯生き抜いた人と途中で諦めた人が評価が同じではないからと言われました。 私はそうは思えません。 自死する人はみな心の病が原因だと思うのです。普通の精神状態であれば誰が自ら死を選ぶでしょう。諦めたのではない、それしかもう選択肢が無かったのだと思います。 心の病も身体的な病も同じものではないのですか。 また闘病されて亡くなった方でも生前に悪行ばかり行った方もいるでしょう。それでも自死してしまった人間がすぐには行けない極楽へ行けるのですか? 娘は苦しみ抜いて自ら死を選んでしまいました。 精神科へ通院入院もしていましたしカウンセリングへも通いました。それでも病は少しも良くはならなかったのです。 これも立派な闘病だと思います。 娘は生前、抗ガン剤治療で髪を失った方の為に長い時をかけて髪を伸ばしヘアドネーションへ32センチもの毛髪を寄付しました。 免許証の裏面の臓器提供の欄にサインしてあったのを知っていたので、死後に角膜提供もしました。 子供の頃から人の悪口を言ったり無責任な噂話をするのも嫌いな子でした。 親バカかもしれないですが、こんな心の美しい子が自死してしまったからと言って、生きるのを諦めたから生から逃げたから、病死の人と違うからすぐに極楽へは行けないというのは本当に哀しく気持ちの持っていきようがありません。 その僧侶の方は残された私どもの行い次第で娘は成仏するのだと言われました。私達が娘のために功徳を積むのは当然と考えますが、 だからと言ってそれをしなければ娘が成仏できないとは考えられません。娘の人生は短かったかもしれないけれど、立派に生きたと思います。 残されたものが功徳を積まなければ成仏できないのであれば天涯孤独で自死してしまった人はどうすればいいのですか。 自死を選んでしまった人間は本当にすぐには極楽に行けないのでしょうか。 私の前回の質問への回答を読まれてしまった同じような自死遺族の方々もショックを受けられるのではないかと心を痛めております。 自死を容認できないからと言ってわざわざ自殺と言う言葉を使う僧侶の方は回答なさらないでください。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る