hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

心に余裕がなくて他人まで考えられない

回答数回答 4
有り難し有り難し 170

自分のことで精いっぱい。
仕事も覚えることがたくさんで毎日忙しい。他人に優しくとか言われるけど、人のことまで気にかけるなんてとてもできない。自分が大事。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

おもてとうら

けいた 様
はじめまして。私の回答をさせていただきます。

誰しも自分が一番大切です。
今自分のことで精一杯できていることに、まず幸せを感じてください。
そして、その幸せの裏の部分では他者の存在が必ずどこかにあることを思い出してください。
今は分からなくてもいつかその日がきます。
そのときにはぜひ他者に感謝し、優しくしてあげてください。
合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

新しいことや仕事に追われているときは自分のことで精一杯になって当然ですよ。
でも、けいたさんは「他人を気にかける」ことをしようとしているのですから、いつかそういう気持ちになったときに誰かに優しくあげて下さいね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


hasunoha共同代表 浄土宗光琳寺 副住職 佛教大学で浄土学を...

けいた 様
 川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。
 「自分のことで精一杯」、これは誰もが普通にそうであり、そのように思うのは仕方のないことであるかと存じます。
 誰もが自分を愛し、自分を大切にし、自分が、自分は、自分の、自分に・・となってしまいます。
 仏教では、自分にとらわれて執着してしまっていることを「我執」として、最も退治すべき執着として扱います。
 しかし、いきなり「我執を退治せよ」と言われても私たち凡夫には非常に難しいところでもあります。
 そのため、一度、冷静になってみて、「自分」、「自分」と言っている、その「自分」とはいったい何であるのかを吟味してじっくりと分析してみることをお薦め致します。その際には、仏教の様々な教書・論書の智慧を頼りに少しずつ進められるのが良いでしょう。
 やがて、その「自分」とはどこを探しても、そのように捉えられるような「自分」が見あたらないことに気づくこととなって参ります。「自分とは実体の無い空なる存在である」と。もちろん、気づくだけではダメであり、少しずつ己の心・習性・実践へもその気づきを馴染ませて、自分や自分に関わることでの様々な執着を離していくことが必要となって参ります。
 ただ、上記の理解だけによって絶無・虚無に陥ってしまってはいけません。実体が無い、空であるとは言えども、あなたは確かに存在しているのであります。
 その存在のありようは「縁起として」、であります。ここで「縁起」の三層の解説を詳しく述べますのは字数制限の関係上難しいため、至極簡単に分かり易く述べますと、あなたは今も、これまでも、そしてこれからも様々な無数の「縁」によって支えられて成り立っている存在であるということであります。月並みな表現で申し訳ありませんが、様々な「縁」により生かされて生きている存在であるということであります。
 この「生かされて生きている」という存在であることを十分に理解でき、少しなりともその無数の「縁」への感謝・報恩・慈悲の心が芽生え始めると、ようやくに他人のことが考えられるようになるのではないかと存じております。
 まずは、少しずつでも「自分」とはいったい何であるのかを分析することから始められてみてはいかがでしょうか。けいた様に智慧の光が射し込みますことを祈念申し上げます。
 川口英俊合掌
 

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

心に余裕がなくて他人まで考えられないのですね

けいたさん、こんにちは。

自分のことで精いっぱいなのですね。
仕事も覚えることがたくさんで毎日忙しかったり。他人に優しくとか言われるけど、人のことまで気にかけるなんてとてもできないのですね。
自分が大事だと。

独白のようで質問には見えないのですが、思ったことを書きます。
質問から時間がたっているようですから(この回答は2013/02/23)、仕事も覚えてきたでしょうか?
仕事でも個人的なことでも、なにか結果をもとめるならば、その根源の部分から他人と協力する必要があります。もちろん、自分と協力する必要も。

自分以外の他人にも喜び・やさしさを与えつつ、自分のしたいこと・願いをかなえていかないと・・・結果的に損することになるかもしれません。

けいたさんは「心に余裕がなくて他人まで考えられない自分」に気付いていらっしゃるようです。引き寄せの法則・・ではありませんが、「心に余裕がある自分」「他人に気にかける自分」を意識したら、まわりからの反応も変わるかもしれません。周囲からの助けを借りつつ、ハッピーを目指してみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


「~です」とは、「~だと、ぼくは思うのです」ということです。 回答は、書...

「心に余裕・ゆとり・広く大きな心」問答一覧

恋人の職場文化について

恋人の職場文化に悩んでおります。 恋人が働いている業界は超体育会系の実力社会であり、セクハラやモラハラも未だに横行している様です。 たまに職場の話を聞くと「これが令和の時代の職場の話か?」と耳を疑うようなエピソードが飛び出てきます。 一方私は比較的大きな組織に所属しており、俗に言うホワイト職場で働かせて頂いております。 恋人自身は心も病まず、仕事に精を出しており、特に問題は無い様なのですが、 私がどうしても恋人の上司や職場を認める事が出来ません。 世の中には色々な価値観・文化がある。自分の考えだけが正義では無い。と頭では分かっていても、 ついつい恋人に対して「そんな職場環境はまともでは無い」「そんな上司は人として尊敬できない」と思ってしまいます。 人の仕事や上司を否定する事など許されないと堪えているものの、何かが胸につかえた様な感覚があり、 いつか言葉に出してしまい、喧嘩に発展してしまうのではないかと不安になっております。 どうすれば自分の度量を広げる事が出来るのでしょうか。 自分と違う社会・文化・世界にいる人をどう理解し受け入れれば良いのでしょうか。 以上、長い話を読んでくださりありがとうございます。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

瞋恚を克服したい

2年ほど前に「カタツムリの外見が苦手なのだが見た目でモノを判断するのはどうなんだ」という相談をして、「恨むほどでもないなら別に嫌いでもいいじゃない」といった旨の助言などを頂いたのですが、そのお陰なのか今では手で触れられる(寄生虫がたまについてるらしいので手は洗いますが)ほど克服してしまい、当時を思い返しては内心で驚いています。 ただ、自分の価値判断を省みる中で一つ気がかりな事を見つけて、その事が少々悩みの種になっています。 というのも、これまで蛇蝎の如く嫌っていたカタツムリを克服した事で心持ちに相当の余裕は出来たのですが、自身が本来したかったことはいわゆる瞋恚の克服であり、しかもカタツムリに関しては貝類の図鑑を眺めたりしてどうしたら克服できるか考えあぐねていたはずがいつのまにか慣れてしまったこともあり、実は本当の問題が解決していないのではないか…と思い悩んでいるのです。 浅学の身で大変僭越ではありますが、私の知る限り悟りというのは本来その実利を全く求めずに明鏡止水の心持ちで行を繰り返す事であると聞きます。 ですが、自分はたまにカタツムリの画像を見ては「どうすれば好きになれるかなぁ」と欲望まみれでひとりごちていただけで具体的なことは殆ど何もやってなかったと思うのです。 今は不便こそしていないものの、もし克服したと思った心持ちが来年変わったら…もし再び嫌いはじめたら…と思ってしまうとゾッとします。 それ故、この心持ちが偶然で終わる前に揺るがなくなるような方法を教えて頂きたいのです。 これは、嫌いなものを増やさない為だけではありません。 自身の身に合わないと思ったものを排斥することに執着しない為でもあります。 これは拙い持論ではありますが、人は好きな物事を愛で続けるより、嫌いな物事を憎み、気がすむまで叩きのめすことにより快感を感じる傾向にあると思っています。 しかし、排斥することに味を占めると終わらない闘争の火種になりますし、何より自身の不満不幸に執着し続け、目の前の満足や幸福を取りこぼす事が自分には一番の災厄だと思います。 物事の全てを愛でるには自分はちっぽけではありますが、せめて恨むなら「恨む」という事そのものだけに留めておきたいと思うのです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

心に余裕がなくて辛いです

閲覧ありがとうございます。 学生、女子です。 長く読みにくい文章になると思いますが、よければご助言お願いいたします。 最近、心に余裕がなくて辛いです。 小さな事でイライラしたり、不安になる事、泣いてしまいたくなる事が多くなりました。 その度に、偉人の名言を見たり、歌を聞いて気分転換したり、自分に言い聞かしているのですが、持続的ではなくて、すぐに不安になったり、どうしようもなくイライラしたり悲しい気持ちが湧き出します。 普段は特に気にしていないようなことでも、すぐに情緒が不安定になり、泣きたくなってしまいます。 いつも苦しいわけじゃないけど、どうしようもない時があります。 勉強も不安だし、人間関係も良好とはいえ正直心は疲弊気味です。趣味の方も心から楽しめなくなりました。 原因は沢山思い当たるはずなのですが、どれもそれほど大きなつっかえになっているのかな、とは思います。 最近では受験生でテスト前なのに、たまに胸が苦しくなって、どうしようもない時があります。 『しんどい、辛い』という気持ちと、『勉強しなきゃ』という気持ちの狭間で、切羽詰まっています。 切り替えは早い方だと思っていたのですが、最近は(特にコロナウイルスの影響で休校になってから)数ヶ月この状態です。 どうすればこの状況から脱することができるのでしょうか……。 全ては自分の考え次第だとは思っているのですが、どうしても心の余裕が持てません。

有り難し有り難し 22
回答数回答 2

死んだ心を取り戻したい

去年引っ越しと退職をし生活状況が変わりました。 引っ越しについては離婚後も元夫名義の持ち家に住んでいましたが10年経ち下の子が高校卒業したので明け渡してほしいということで賃貸マンションを借りました。 退職については正社員で事務職をしていましたが上司のセクハラがしつこく社長に訴えてもただの冗談捉え方の問題などと改善されずむしろ該当上司を庇う言動に耐えきれなかった為です。 生きていく為には働かないといけないのにやりたいこともやれることもありません。 事務職に復帰したくても年齢で当然のように落とされます。 倉庫などの肉体労働しかなくしばらく通ってましたが疲労から自分はいったい何をしてるんだろう、何の為に生きてるんだろう、という気持ちばかりわいてしまいます。 4年ほどになる半同棲状態の男性がいて優しいし一緒にいて楽しいですが相手が10歳年下ということ、わたしに離婚歴があり成人しているとはいえ子供がふたりいること、いつまた別れるかわからないこと、など最近はネガティブなことばかり思い悩んでしまいます。 それもこれもこの先の自分の生き方に無気力になってるせいです。 ダメ人間なのはわかってるのでなんとか抜け出したいと先ずはしたいしたくない関わらず与えられた仕事を全うすべきと思い直すも朝になるとこのまま生きててもいいことなんかないなと考えてしまいます。 生活環境が変わるまではエステや習い事や旅行など精一杯楽しく過ごしてました。 それがこの数ヶ月で何もする気が起きなくなりました。家族友人に優しい言葉をかけられるたび感謝よりこんなダメ人間に申し訳ない気持ちになります。 この人たちの為にも頑張らないとと思うと応えられない自分が本当に情けなくがっかりさせたくなくて身近な人になればなるほど本音や弱音を言えなくなりました。 これはただ自分の見栄なんでしょうか。 今こんなに墜ちて弱ってるなんて思われたくないというくだらないプライドという気もしなくもないです。 悩み相談というより愚痴レベルになってしまいました。 長々と申し訳ありませんでした。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る