hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

宗派にとらわれない仏教思想の学び方について

回答数回答 8
有り難し有り難し 207

10年ほど前、職場やプライベートの過度なストレスから
パニック障害→鬱となり、仕事ができない状況になって職を離れました。

それまでは、フルタイムでバリバリ働き帰りは終電、
帰宅後や週末も時々在宅や出先で別の仕事をかけ持つなど
無茶もしていた時期もありました。
それくらい動けていたのが突然何もできなくり、愕然としました。

投薬治療で少しずつ動けるようになってきたものの、未だに完治とならず
相変わらず波がありゆられながらギリギリで過ごしています。

それまでの様な生き方、暮らし方はもう出来ない状況です。

そんな中、自分の生き方を振り返りながら、
ふと子供の頃から生き辛さを感じ続けていた事に気づかされました。

そこで、色々と勉強(通信制で通学もある大学で)を始め、
数年前に(明治維新以降ではなくそれ以前の仏教の考え方)仏教の
教えに触れる事ができ、そこから色々と(亀の様な歩みではありますが)
物事の捉え方を修正できてきている実感ができるようになってきました。

授業だけでは物足りず、参考文献など少しずつ読みながら独学を進めております。
最近は、どこかのお寺で勉強会などがあるなら行ってみようか?
と考えてみたりするようになりましたが、
宗派にとらわれずにお坊さんから学ぶ術はないのだろうか?
という疑問が湧いてきております。

今後学んで行くために何か良いアドバイスがいただければ幸いに存じます。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 8件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

仏教という知識を学んでもぶっちゃけ救われない。

「仏道をならふといふは自己をならふなり」と道元禅師。
タイトルはすこし矛盾したような言いぶんに感じられるかもしれませんが、仏教を学ぶという姿勢よりも、自分自身の心を学び、自分の本当のありようを知ることの方が、より仏教の真意を学んでいることに近いと言えましょう。
私も知らずに陥ってしまったのですが、多くの人や僧侶は仏教の知識や作法、行法を学ばれることイコール仏教を学んでいることであると誤解をされしまいがちです。
私は、仏教を学ぶにあたり、何をどう学んで良いやらわからず、いたずらに仏教知識を集めてばかりでした。
それは残念ながら仏教を学んでいるようで、仏教を学んでいることにはならなかったようです。
何故なら「自分自身が心底救われていかなかった」からです。
知識をインストールしただけです。知識だけ集めたモン勝ち?なら仏教系大学の教授が一番仏教をよく学ばれている、ということになります。ところが、ある有名教授の補佐の方が「○○教授は教壇から降りた途端に別人になる」人間性に問題がある点を指摘をされました。
私も仏教知識コレクターになっていましたから人から仏教のことを尋ねられたら知識の範囲で答えることはできます。それが布教だと思い誤っていたことさえあります。これは大罪です。
でも一生救われるような救いはそこにはありませんでした。
もし本腰いれて学ばれるのであれば、以下の点には用心なさって下さい。

自問自答
「自分が学んだ仏教は仏教であるに違いはないだろうけど、果たして私は…
本当に心が晴れやかになったか、迷いはないか、怒りや感情に支配されていないか、人間性は穏やかであるか、智慧・慈悲円満であると言えるか?」
この問いを自分に投げかければ、お坊さんであっても再出家せねばならないという方がわんさか出てきます。

タイトルからしても大変鋭い観点ですね。私はそういう方をお待ちしておりました。
うちのお寺も宗派根性はありませんので純粋にご自身に参じてみてください。
こちらもぜひ。
http://tosenin.e-tera.jp/inouekandourousi/inouekandourousi.html

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

ここはどうですか。

 私は通信教育で勉強した以上に学ぶことは無いと思います。ここからは実践行です。修行するのではなく、研修に参加するのがいいと思います。机の上での勉強はここまで。これからは実践行です。宗派にとらわれない勉強より、色々な宗派のお寺を回って、見聞することをお勧めします。その中で共通点を見いだせると自分自身深く、客観的な見方ができると思います。
 鬱やストレスで身も心も調子が悪い時は人との交流が助けてくれることもあります。私もそうでした。
 2年前ほど役僧の職場でいじめられ身も心もボロボロだった私は仏教伝道協会の研修に行き、色々な僧侶と交流を重ねるうちに精神的なゆとりが出来、今年6月にあった研修の時、ある僧侶から「君、生き生きした顔しているね。」などと言われました。自分に合っていたのですね。
 いいですよ仏教伝道協会の研修は年に1回、6月初旬ごろかな?志があれば、申し込み可能ですよ。色々な宗派の本山に2泊3日研修し、参拝し、ディスカッションし充実した研修です。一度問い合わせて見て下さい。『仏教聖典』を出版している協会なので安心ですよ。
 ※別に仏教伝道協会のまわしものではありません。客観的に一般の方が参加しやすいかなと思っただけです。悪意も善意もないのでよろしくお願いします。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

法を知る一番の近道は、聴聞であり、一番大事なことなんです◎

体調は、いかがですか?
宗派にとらわれない仏教思想の学びということですが。。。

まずは、お寺へ参られ、ご聴聞なさっていただきたいなと思います。
浄土真宗では、法を知る一番の近道は、聴聞であり、これが一番大事なことなんです◎

そこから 本当の私が、どう歩んでいけばよいのか、見えてくると思いますよ。
仏法を学び深めることが、救いに繋がるわけではありません。
如来の大悲に抱かれている安心、共に念仏申す仲間がいる喜びが、私を支えて下さっているのです(*^o^*)

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、高校生の息子の母親...

もし行を学ばんとおもわば、必ず有縁の法によれ

紅緒様
はじめまして。

フルタイムでバリバリ働いていたのに、急に仕事ができなくなってしまったとのこと。
たいへんお辛いことと思います。

さて、
>宗派にとらわれずにお坊さんから学ぶ術はないのだろうか?
とのこと。

だんだんと仏教を学ぶ途上、それでもまだ宗派という集団は空恐ろしいところなのかもしれません。
または、そのなかで自分にあう宗派を選びたいのかもしれません。

しかし、経典にも
「もし行を学ばんとおもわば、必ず有縁の法によれ、少し功労を用いるに多く益を得ればなりと。」(『観経疏』善導大師)
とあります。

今まで読んで感動した本の著者や宗派で、勉強会などに行かれてはいかがでしょうか。
結局、宗派などと申しても、人によって少しづつ言っていることが違ったりします。
なぜならば、それぞれが負った業(悩み苦しみ)がちがうので、ひとりひとり聞こえ方は違うからです。

紅緒様に聞こえた声はどんな声でしょうか。
その声をたよりに、歩みだしてみてはいかがでしょうか。
たとえ思った通りの結果でなくとも、同じように思い悩んできた先達たち(お釈迦さまや法然・親鸞・道元など)の歩んできた道が紅緒様に響いてくることがあるかもしれません。

結局仏道を歩むとは、その悩んできた道を訪ねることだけだと思います。

南無阿弥陀仏
南無阿弥陀仏

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


平松理薫(釈理薫)
真宗大谷派(東本願寺)僧侶 東京品川 日夜山正徳寺 住職 主な活動...

確かなるご仏縁へ向けて

紅緒様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

心の病となられて、「生き辛さを感じ続けていた事」への気づきから仏教へと向かわれましたこと、これは「出離心」(この輪廻の苦の大海を厭い逃れたいと思う心)の動機の一つと捉えて頂いて構わないかとは存じます。「出離心」につきましては、下記問いにても扱わせて頂いております。

http://hasunoha.jp/questions/163

http://hasunoha.jp/questions/36

上記36の問いにて詳しく述べさせて頂いておりますように、出離心の次には、更に菩提心を起こして、確かなる仏縁の下で「聞・思・修」と修行を一歩一歩進めることが望まれることとなります。

また、仏道を歩むには、その基本としての「戒・定・慧」の三学を修めることが必要であるとも言われます。「戒・定・慧」の三学につきましては、詳しく下記問いにて扱わせて頂いております。

http://hasunoha.jp/questions/70

正式に仏教を学ばれるのであれば、確かなる師・先生をお探しになられて、その師・先生の下にて進められるのが最も良いでしょうし、授戒・得度も受けられてとなりますと尚更に良いかとは存じます。

しかし、その前にまずは自ら自身で学びを進めてみて、偏見や差別をできる限り省いた状態にて、特定の宗旨にはとらわれずに、ある程度一定、仏教を基本から学び、そしてやがて全体(初期仏教から密教まで)を鳥瞰視した上にて、確かなるご仏縁により正式に仏道の歩みを進められていくことも大切であるかとも存じます。

まずは基本的な仏教の学びの中で、浦上様の挙げておられる東方学院さんは、誠にレベルが高くありますが、ある程度既に学びを進められている紅緒様には良いのではないかとも存じます。もちろん、お金・時間の問題もありますから興味のある分野、固めたい分野を受講して、あとはやはり文献に頼るのが良いのかもしれません。

拙生が一から仏教を学ぶ上における文献について参考にさせて頂いたのが、下記紹介のおすすめ仏教書のコーナーとなります。初心者から上級者向きに分類されており、誠に参考となりました。

http://kongoukoji.fc2web.com/

是非、これからも共に頑張って仏教を学び進めて参りましょう。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

ご無理なさらず学ばれて下さい

紅緒さま
なごみ庵の浦上哲也と申します、よろしくお願いします。

10年前に体調を崩し、完治しておられないとのこと。
それまではバリバリ働いていたのですから、その変化にご自身も驚かれたのではないでしょうか。

そんな中、仏教に出逢い、学ばれているのですね。しかも独学もされ、かなりお詳しくなっているのではないでしょうか。
多くのお寺で法話会をしていますが、そのお寺の宗派に沿った内容になるでしょう。でも、色々なお寺に行けばそれぞれの宗派の考え方を学べますね。
「檀家じゃないけど法話を聞かせて欲しい」と言えば、意外と受け入れてくれると思います。

もっと専門的にということであれば、お茶の水にある東方学院という学校があります。様々な講師がいて多くの授業があり、好きな科目を取れるようです。授業料はかかってしまいますが。
http://www.toho.or.jp/gakuin.php

私は築地本願寺内の東京仏教学院という学校に通いました。
ここは浄土真宗の学校ですが、インド仏教史や日本仏教史、各宗要義という教科もあり、聴講も可能です。
http://www.tsukijihongwanji.jp/toubutsu/

ご参考になりますでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

ぜひ学んでください

紅緒様へ

いろいろとご苦労をされているようで
その後体調はいかがでしょうか。
体が悲鳴をあげたのですね。

いろいろと学ぶことは人生において大切なことであると思います。
最近はいろいろなお寺で学びの場を開いております。
当然、当山でもいろいろな学びの場を設けております。
自分が興味をもつもの、ネットなどにてぜひ探していただきまして
ご参加いただければと思います。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

とりあえず東京の情報です。

こちらの講座には私も行ったことがあります。
どの講座も無料です。
http://www.baisouin.or.jp/gyouji/bukkyou/h25butsu2.html

曹洞宗の法話会の情報。下の方に法話会の情報があります。
http://www.soto-kanto.net/zazenkai.htm

その他、探せば色々あると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1400件を超えました


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

「仏教全般」問答一覧

人徳とは何でしょうか?

 年末多忙の時期、しかもコロナ禍のさなか、恐れ入ります。  かれこれ10年前、勤めていた職場をリストラで追われ、どうにか生き延びて参りました。10年をへて、その当時の慢心や、先般ついに手帳まで頂いた障害など、自分自身の上に反省すべき点も多々見い出しつつあります。  にもかかわらず、その当時、とある方から言われた言葉がやはり折に触れて脳裡に甦ります。しかも抗弁しようにも、その方は数年前に急逝なされ、いまはお浄土に。その言葉とは、   「ピンチに出くわして、すぐに救いの手が伸びて来ないのは、人徳がない証拠」 というものです。なるほどな、とも思わされますが、同時にやはり、「ちょっと待ってくださいよ!」という思いもございます。  そのかたは生前、仏教者として特色ある活動をなさった人であり、みだりに批判することは倫理的にも強く躊躇(ためら)われます。それでも、そのかたがお遺しになった会社が、今般のコロナ禍でかなり四苦八苦している様子を人づてに聞かされますと、心の中に「どうしました?人徳がないから左前になるんですよね?」という、どす黒い思いが湧いてこないと言えばウソになってしまいます。  そのかたとは私がリストラされるまで、ご縁あって、幾度か帰り道に御一緒したこともあるのですが、10年前、突然の(……会社側からすれば兼ねて計画していたとおりの)リストラで苦痛の極にあった私へ、「君の声は某宗教の布教師どもの声そっくりだ。不快きわまる!」というお言葉もいただいております。自分は声がやや甲高いので、それが不快感を与えてしまったのか…と思い余った末、喉仏に男性ホルモンか何かを注射して治してもらおうとすら考え、これは家族みんなに止められました。  さて、ようやく立ち直ろうとしている今、この疑問に対する自分なりの答えも日ましに脳裡で形をなしつつあります。このうえ回答僧諸師をお煩わせするのはいかにも申し訳ないと思いつつも、皆様の多年にわたる御回答経験の中から、大所高所に立ったお言葉を頂けたらと念じております。  もっとお苦しみのかたが沢山いらっしゃいます。でも、どなたかお手すきの折に何か無形の御守りともなりそうなお言葉を頂けたら幸甚です。以上、ここまでお読みくださいまして、誠にありがとうございます。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

仏教で気持ちが楽にならないです。

全体: 仏教はこの世が苦しくてたまらない人が解脱or楽になる為に信仰している。 今回のタイトル: 全く楽にならない。 なぜ 1楽にならない助けて!というと本人の思考、もしくは生まれる前の前世が最悪だったからというどうしようもない提案をされる。 さてその本人の考え自身も、彼自身が会得したものではないという事すら苦しみなのです。 人を殺めていいという環境に生まれた人が、別環境に押し込められて考え方を根性で変えよ!というような暴論。 また前世は証明されたわけではないのにどうしようもない変えようがない物をあげて耐えろ!という暴論。 2信じないのなら離れろ!という暴論 信じないのなら離れて、消えて。みたいな事を言われます。だとしたら楽にならないけど仏教を続けて一部の人は楽になるのに一部の人は楽にならないわけでそれ自身が苦しみになるのでは? ブッダの考え方はとても好きだけど、その後の仏教の考え方が嫌いな場合でも信仰をやめて離れろよ?的な暴論が苦しい。 論理を求めたから仏教にたどり着くのに論理がしたいなら仏教の論文でも書け!みたいな無理な事を求めるのは根拠はない!根拠は俺!みたいな考えではないですか?それこそ私が嫌いなものです苦しみの根源です。 3圧倒的な不幸な人より煩悩にまみれた仏教徒の方が幸せ スマホに、結婚や性行為に、家に、車に、欲しい物に、他の生物を食べて生きる事、を普通にやってて、それ以下の苦しみしか得てない人は一切幸福が得れない。 結局煩悩を満たす為に欲を満たすしか方法がないという事なのではないか?という結論に至りそう。 4論理的に反論できない時は、修行が足りないorその人に聞いてみろ。その人の不幸は実際に本人の気持ちにならないとわからないという逃げ。そしてその中に内包するお前はそんな事情も知らないで嘆いてるんだろ?という攻撃。 修行なんていつまで続けるか?という区切りがありません。だとしたら楽にならないのでは?という事。また早く死ぬ可能性もあるわけで惨憺たる人生のまま亡くなってしまう事もあるわけでその人自身は苦しむ為に生まれたの?を否定できなくなる。 5織田信長は天下を取れたという事。 彼は焼き討ちしたのに幸福な人生を生きた。 ↓ 楽になりたいのです。さて上の説明を含めてどうすれば良いでしょうか?

有り難し有り難し 65
回答数回答 2

不審と信心と往生について

1年前にも同じような質問をしたのですが 41願のことを「信心を得たものは諸根が具足する」と書いてある本があって(蜂屋賢喜代という方の四十八願講話という本です)、それなら 身体が具足することが信心を得た証拠になるじゃないか、おかしいじゃないかと思っていろいろな善知識の方に相談しました。 すると先生のように、身体は関係ない、と様々な方からいろいろな理由で言われました。香月院深励師の本には『初住以上の菩薩』と書かれてありました。 そこで素直に「そうだな、合理的に考えて41願以降の願が念仏者に向けられているとは考えられないし、41願のことは考えなくていい」と思えればよかったのですが、なぜか「41願によって信心を得たものは諸根が具足する」という思いが1年ほど強迫観念のように頭にありました。 今も、前ほどではありませんが、1日に何度も「41」という数字が頭に浮かびます。これは疑いなのでしょうか? この不審があっても、往生の障りにはならないのでしょうか。念仏や生起本末には疑いがないのですが、この不審が頭に浮かぶたびに 「こんな心じゃ往生できない」と思ってしまいます。 けれど今はもう不審の「内容」は嘘だと分かっていて、41願の内容は念仏者ではない菩薩のことだと思っています。 この心は蓮如上人の言葉で言うと、自力の心を振り捨てて、の自力の心なのか、妄念妄執がおこるのもとどめるにあらず、の妄念妄執の心なのか、専門的に言えばどちらなのでしょうか 長文失礼しました。変な質問ですみません。ご返事いただければ幸いです。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る