お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

肉食妻帯並びに出家と在家の違い

日本の仏教(浄土真宗を除く)は何故『肉食妻帯』が許されるのでしょうか?
浄土真宗を除く宗派は『肉食妻帯』の禁止が前提で作られていたのでは無いのですか。

肉食関して仏陀は肉食を禁止していないや三種の浄肉をおっしゃる方が多くいますが、その部分だけを引用するとそう解釈できるか分からないですけど、当時は「托鉢」や「午後の食事の禁止」が前提の話で、日本の僧は「托鉢」や「午後の食事の禁止」をしているわけではないのに、その部分だけを引用するのは如何なものでしょうか。

また中国経由の日本の仏教には関係のない話であり、仏陀は肉食を禁止されなかったという個々の考えがあるのであれば、上座部やチベット、真宗などに改宗するか新たに肉食を禁止されない宗派を開宗すべきで妻帯の禁止及び菜食主義であった既存の宗派を変える事は以ての外ではないでしょうか

私は肉食妻帯に対して反対しているのではなく、真宗以外の諸派は肉食妻帯な禁止が前提として作られているのだからそこは徹底的にして欲しいのです。

妻帯については後継者問題があるからとは言いますが、なぜそこまで出家にこだわるのに、妻帯の禁止にはこだわらないのでしょうか。出家せずとも知識ある在家としてお寺を見守る家系として生きていけばいいではありませんか。
出家しているのに妻帯だと在家とあまり違いが無いではありませんか。

これは勝手な私論ですが
末法無戒を、唱えた日蓮上人ですら肉食妻帯をしていませんよね?それは「僧が袈裟を着る事」や「人が人を殺す事はいけない事」と同じ様なもので、その当時は肉食妻帯はしないのが当然なので末法無戒には含まれないからでは無いのでしょうか。

もし政府が「僧の服の着用勝手たるべし」とでも法令出したとしても、日蓮上人は直接は言及していないが、服を着るのは当然でその上で末法無戒と言ってるなんて誰でも分かるじゃないですか。

まとめると肉食妻帯の容認を当初からしている真宗以外は、かつてと大きく肉食妻帯に対しての意識が変化しているのにも関わらず、別宗派を作らず元の宗派を名乗ったまま肉食妻帯を許しているのか。
また現在における出家と在家の違いはなんなのかです?

お坊さん
有り難し 48
回答 5

質問投稿日: 2018年4月7日 1:07

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。
回答僧

大慈

千字じゃ無理ですよ…

上座部系の四分律には「肉食禁止は提婆達多が言い出した。最近の若い僧侶が惑わされて困ったものだ」と明言されています。大衆部系の摩訶僧祇律でも肉や魚は「正食」です。

日本における肉食禁止は中国の律令に倣い、奈良時代の養老律令で規定されました。つまり仏教の戒律ではなく、国の法律を守らせることで僧侶を国家権力の管理下に置きました。(ということは本来真宗だからは通用しないハズ)

私は東南アジアで上座部の出家をしましたが、各種肉もハチの幼虫もイナゴみたいなやつも貝も出てきましたよ。

南伝涅槃経ではお釈迦さまは茸ではなく豚肉を食べて亡くなっています。正直バブル期に「お坊さんは肉食しないから偉い!」と言っていた事の方がはるかに黒歴史です。(江戸期まで四つ足を食べないのはお坊さんに限りませんでした)
ウチの道元禅師はそれに気付いたのでしょうね。どちらにも言い逃れできるように記述されています。

妻帯は確かに日本は制度的にはクリーンでありませんが、実態としては南方も日本も同じでした。
南方ではある程度出家生活をすると還俗するのが一般的です。既婚者が出家しても出家期間中は結婚していないと見なされ、還俗すると元の家庭に戻ります。
その間も妻との縁は切れず、むしろ出家生活を経済的に支える『出家のママ』は妻や母がなるのが普通です。妻子と会話もしますし、立派に修行して家族に法話をするのは名誉なことです。

日本で本山など修行&地方寺院に帰ってからも摂心や泊まり込み研修会などで安居状態になっている時と普段で別れているのと同じです。
結婚=ヤリまくりという発想も結婚に夢を見過ぎですし…

生涯を出家で過ごす指導者クラスの僧侶は別ですが、日本でも本山で指導するような人は離婚スレスレの別居生活をかろうじて続けている老師がたくさんいます。

お釈迦さまは出家した時は家族から離れましたが、一人前になると父親以外の家族親族根こそぎ出家させて弟子としました。
日本で縁を切ることが修行だと語られていたことは本当にナンセンスな発想であり、異常なことです。一切衆生を救います。でも家族は避けます。それがオカシイと思えない仏教家は偽物です。
このような批判が広まったのは20世紀後半、カルト団体の布教が盛んになり、一方では赤化の熱が高まった時期と連動します。ご注意下さい

字数で出家在家書けません質問多過ぎです

19日前

そうですね

拝読させて頂きました。
なるほどあなたのおっしゃる通りですね。仏教界は伝来以来全ての面で国家や権力によって統制管理されて参りました。
各宗派ごとに僧侶の人員も決められて法度も決められて参りました。
明治になり国家から肉食妻帯しても良いと定められて今その通りになっていますね。
ですから宗派や教団はそれぞれ自主的に守ってきたと言うよりも国家からの命令に対して従順に従ってきたのが今までの状況かと思います。
そのような命令に従わない或いは自主的に戒律を守ってきた数多の仏教者もいた、或いは今でもいますけれど、それは限られた方々や一部の教団だけかもしれませんね。
今でも肉食妻帯一切なさらない方々もいらっしゃいますからね。
とはいえ今の宗派や教団のような組織では現状社会や国家や法律に従順に従っていますから肉食妻帯一切禁止にはならないと思います。

或いは肉食妻帯について仏教的には一切禁止ではありませんからね。
出家であれば本来なら妻帯しないことが望ましいとは思いますが今の状況では禁止には至らないかと思います。

苦しみから救われて悟りを開いて仏となることが仏教の目的ですから、その助けとなることや信仰の妨げにならないのであるならば禁止する意味はないでしょうからね。

仮に妻帯しなければ欲望が消えるかと言えば消えることはありません。
逃げるような言い方に聞こえるかもしれませんけれど肉食妻帯の禁止は一切悟りを開いて仏となることとは直接関わりないことかと思います。
あくまでも個人個人の信仰のあり方かと思います。
もし悟りを開いて仏となる為には一切肉食妻帯してはいけない、或いは肉食妻帯が悟りを開いく為には邪魔だと思うならば一切なさらないこともありかと思いますからね。

或いは考え方としては戒律にある通り、生き物の生命を大切にすること、己れの欲望に任せて邪な関係を持たないことなど誠実に生きていくことが仏教者としては大事なことかと思います。

子供を持つことで初めて親のありがたみがわかるかもしれませんし、魚や肉や野菜を食べて初めて頂く生き物の生命のありがたみがわかるでしょうからね。
その実体験を通して初めて人として正しいことを学んで体得していき、初めて人に対して誠実に接してお話しできるようにもなるかと感じます。

ですからあなたにとって仏教者はどうあるべきかということが大切かと思います。

19日前
回答僧

願誉浄史

日本仏教は在家仏教でしょうね。

日本仏教は、お釈迦様の時代と比較する場合、在家仏教と言えるでしょうね。
ただ、在家仏教の「お坊さん」も、お釈迦様の弟子の弟子の弟子の…弟子として、お釈迦様から続く仏教の教えを次世代に伝えたいと思っています。

仏教は、悩み苦しみの原因である煩悩を制御したり消したりするためのノウハウです。
戒を守るという生活習慣の修行は、煩悩を制御したり消したりするのに役立つと思います。
他に仏教の修行としては、
精神集中の修行(禅定)と、悟りの修行(観察・智慧)があります。

一方で仏教には、戒・禅定・智慧の修行が難しい人でも救われる教えもあります。

日本仏教では、皆がもれなく救われる教えが重要視されています。
出家でも在家でも、その救いによって、悩み苦しみが減らす方法があるのです。

19日前

在家修行者として

あわご様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

確かに僧侶の戒律の問題は、日本仏教界に長らく影を落としている問題の一つであります。

正式な戒壇と共に、正式な戒師がいないのが問題となっています・・受戒には、必ず複数人の戒律を厳格に守れている僧侶が必要となります。

現在、インドのチベット仏教ゲルク派の密教僧院であるギュメ僧院に留学されておられる方のブログの記事からも、厳格に僧侶の戒律(比丘戒/別解脱戒/具足戒)が守られている海外からは、日本の僧侶は僧侶と認められていないことが見て取れます・・これは南方上座部系からも当たり前の如くに言われてしまうことでありますでしょう。

「比丘になる方法と守護尊の決め方」チベット寺院留学日記
http://ratna.samgha.asia/koei/2018/03/24/dgeslong_yidam/

もちろん、僧侶でないからといっても、仏道を歩めないわけではありません。

以前には、下記の問答にても戒律の問題に関しまして扱わせて頂いております。

問い「日本のお坊さんの不思議」
https://hasunoha.jp/questions/22559

「・・問題は、僧侶であれ、在家であれ、半僧半俗であれども、しっかりと堅固な菩提心を持って、仏教を修習しているかどうか次第であるかと存じます。もちろん、伝統的には、厳格な戒律を遵守できる僧侶であれば、仏道を前に進めやすいということはあるでしょうが、その他の者は仏道を進められないというわけではありませんし、場合によっては、僧侶よりか、在家、半僧半俗の方がより進められるということだって否定はできません。過去の偉大なる成就者たちの中には、妻帯し子供のいる者だってもちろんおります。それは、その者における気質、機縁、仏縁、更には、過去世からの因縁によるところでもあると言えるでしょう。・・」

拙生の場合は、正式には、在家の信者戒・菩薩戒・大乗戒・三昧耶戒を頂いてはいるものの、比丘戒は頂いていないため、自分を僧侶とは思ってはおらず、在家修行者として行に励ませて頂いていると、常々に自覚しております。

それでも仏道を前へと歩めないわけではなく、今の自分の機縁、仏縁のありようの中においても、悟りを目指して更に精進して参りたいと存じております。

川口英俊 合掌

19日前

ご質問を拝読させて頂きました。
私もあなたのように「出家と在家の違い」について考える方ですから言っている事はわかります。世間の方々から見れば、そりゃあ違いはありませんよね。私もそう思います。だから私は在り方を考えてお酒をやめました。妻帯はしていますが。
さて、日本仏教というものは導入当初より国家が包括していたので律を持ちません。律がない以上は統制出来ませんから、極言すると個人の裁量に任せられます。そういう土壌に次から次に今日の仏教各派が輸入されてきていますので、セクト意識は強くなってもそこに拘束力はありませんでした。それが明治以降に形式上は国家の包括が外れましたが、律がない以上、肉食妻帯を許すも何もどこの誰がそれを管理するのですか。
仏教はその国と時代によって変異をします。それが良くも悪くもオリジナルからは離れてしまう要因にもなりますが、そうでなければ、今日まで続いていなかったのも事実です。
上座部圏の仏教においても一部では貨幣の取り扱いに変化が表れています。仮に上座部仏教を日本に移植しても輪廻転生を信じていない日本では成り立ちません。政治の世界でも主義主張の異なる政党から政党に移れないように、日本仏教の各セクトも思想が異なる以上、肉食妻帯を理由に改宗する事なんて出来ません。

出家と在家の違いは「身に法衣を付けて、思い俗塵に染む」という文言がありますが、基本的に個人裁量な以上は「心と生き方」ではないかと思います。そこが「実践」出来ているならば、肉食妻帯は形式上の些細なものになります。大半は実践出来ていないと思いますが。

追記
それは、さすがに律を軽視しすぎです。
今のあなたは自分の認識と知識の範囲で、理解出来ないから「日本のお坊さんは出家じゃない。なぜ拘るんだ。」と否定的なお話をされていますが、それでは今回の話をするには知識が明らかに不足しています。まずは、律がどういうもので、日本の仏教受容の経緯を知らないと出来ないお話ですよ。
私は決して日本仏教を否定するなと言っているわけではありません。むしろ、今回のようなご指摘は日本仏教を活性化させるために必要だと思っています。
ただ、するならもう少しお勉強されてからでないと議論になりません。

19日前

質問者からの有り難し - お礼

日本の仏教に対して疑問があったので、長文で同じ事をたらたらと申し訳ありませんでした。
このサイトのシステムがあまりよくわからないのですが、恐らくここで異議を唱えてもお坊さんは返事出来ず一方的なものになってしまうので、今日のお話を有り難く頂戴し、真摯に受け止めさせていただきます。
夜中や朝早くからの、回答本当にありがとうございました。

川口英俊様へ
他の方へお礼を書いている最中の回答でしたので気付きませんでしたが、回答有り難う御座います。
肉食妻帯をするなら在家修行者として生きる方がいいだと思います。

ここからは川口様には直接関係ありまさんが私論を語らせてもらいます。

肉食妻帯の禁止をしなくても・・・という事は分かりますが、しかしそれならばそれ以上に意味のなさ無い形式上に過ぎない、出家などなぜなされるのか?私には理解が出来ません。
半僧半俗=出家では無く、それはただの在家なのです。
中国経由の大乗仏教の出家僧ならば肉食妻帯の禁止は当たり前なのに、肉食妻帯の禁止には執着せず、出家や僧侶という名に執着しすぎではありませんか。

日本仏教は律を持たないのは、律なんて無くとも当初は道徳心がある出家者のみで、それらの者には分かるためでわざわざ作らなかったのではないでしょうか。
ですから国が法令を出したのは、「律」が無ければ「道徳心」も分からない出家者がいた為であるのです。
「殺人罪が無ければ人を殺すのか」と言う問いと同じで、道徳心や大乗仏教的思想がきちんとあれば律などあっても無くてもどちらでも良く肉食妻帯は当然禁止なのです。

「肉食妻帯の禁止にこだわらないが、仏法を学びたい」それならば在家で事足りる話でしょう。

柳原貫道様へ
大乗仏教自体が律を、軽視しているではありませんか。

知識が不足している者にも簡潔かつ的確に答えるのが仏道を歩む者の本文であってあなたは知識が不足していると片付けるのは如何なものではありませんか。

たとえ思ってもそんな事人の上に立とうする者は言うべきものではないのです。

また仏から見れば人などすべてが知識不足なのです。

まあ私の様な知識の乏しい者に説明するには字数が足り無いとか言われそうなのでもう結構ですが…

肉食妻帯をしている僧に禁止かどうか問うたところで、最初は質問者に「そうですね」と同感し、最終的には肉食妻帯を正当化する流れ持っていき、それでも理解を示さない者には細々とした一部分を指摘し、あなたには「知識が無い」から出直せと言われてしまうのは必至なので「出家僧ならば肉食妻帯の禁止」には拘らない考え方になる様に勉強し直します。
本日はどうも有り難う御座いました。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ