お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

親戚に会いに行きました。

2日前に相談させていただきました。親戚に会いに行きました。
叔母さんに会えました。顔は見せてくれましたが、私を見て(みすぼらしいね、何?私は間に入らないからね。)と言われました。私は、(もし親と連絡をとれる状態なら連絡とってもらいたいなと思って来ました。)と答えました。そしたら(私は間に入らないから)と10回以上続けて言われました。(わかりました。)とだけ言うより早く玄関を閉められてしまいました。
私がきたことについてはビックリもしておらず来るだろうと知っていたようでした。親から根回しもあったように感じました。一番優しくしてくれた叔母さんだったのでこんな感じだったので、後2件親戚の家に行くつもりだったけどやめました。でも、叔母さんが今も元気に生きていて良かったと思いました。
今起きたことだから整理もつかないのですが、親戚はまた別かもしれませんが、親と子の血の繋がりの意味が全くわからなくなりました。
親子って何でしょう、血の繋がりって何でしょう、教えてほしいです。

家族親族
有り難し 21
回答 3

質問投稿日: 2015年12月23日 12:55

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

あせらないことです

あせらないことです。あせったところで、望むような結果は得られません。

 まず、叔母さんはどうしてあなたにこういう態度を取ったのでしょうか?他人である私でも或る程度想像できます。当事者であるあなたなら、もっとわかると思います。理由はわかっても、現実にそういう応対をされるとつらいですね。

 同じ訪問するにしても、「あまえの両親への顔をあるから、家にあげる訳にはいかないんだ。ごめんね。でも、おまえもたいへんだったんだね。」と言ってもらいたいですよね。でもね、そう言ってもらうためには、事情を理解してもらわないと無理ですよね。そのための準備と根回しが有った方が良かったのではないかと思います。

 取りあえず、叔母さんに手紙を書いたらいかがですか。
  1、突然の訪問を詫びる。
  2、「叔母さんが今も元気に生きていて良かったと思いました。」という気持ちを伝える。
  3、手紙に自分の住所を書いていない理由を簡単に伝える。

以後、寒中見舞い、桜の季節の時候の挨拶、暑中見舞いぐらいの手紙を出す。その後、「間に入らなくて構わないから、離婚の事情だけは知ってもらいたい。」と言う手紙を書く。というくらいの段階を踏んだ方が良いのではないでしょうか?そうすれば、話を聞いてもらえるくらいの段階までは、進むことはできるかもしれません。

 当然、御両親へも時候の挨拶の手紙は出し続けましょう。「返信を出すつもりはない。」という意思を元夫から言われていますし、住所を伝えられる状況じゃないでしょう。でも、手紙を出し続けることは大事です。あと10回ぐらい(この回数が妥当かどうか、保証できませんが)手紙を出してから、御両親に電話だけでも架けてみたら、どうでしょう。「声だけでも聴きたかったから、電話してみました。お元気ですか。」ぐらいで十分だと思います。
  

2年7ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

残念な結果でしたね

あまり追い込みすぎず、他の道も探りつつ、少し時間をかけて行動することも必要かもしれませんね。
ご自分もご両親も時間が経つにつれ変化があるかもしれません。
今は、ショックが大きく、お辛いでしょうから少し休みながら、ご自分の生活をしっかり立て直しながら、少しゆったりと時間を過ごされてもいいかもわかりませんね。

2年7ヶ月前
回答僧

立正寺

常在

断られるのは、はじめからわかっていたこと

現れた現象に対処療法的に考えても
現象の根本から目をそらしていては
解決にはつながりません。
血の繫がりより愛情の歴史を重んじる事です。

2年7ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

四次元 法華塔さま。どうもありがとうございます。確かにその通りです。
恥ずかしいです。

邦元様。
今回も回答いただきありがとうございます。
何もやる気でなくなりました。区切りをつけます。

吉田俊英様。
今回も回答ありがとうございます。
色々焦ってしまって、失敗しました。
やっぱりゆっくり過ごしながら、自分自身を
振り返ろうと思います。

今回も私のために、みなさんに回答していただき感謝しています。
自分の中で、親との関係、家族との関係は、人間関係の基礎の部分だから、大事だと思い込みすぎて
焦ってしまっていました。親と関係修復できなくて焦っていました。もっとよく考えて行動したいと思いました。
ここで質問させていただき心が救われました。うれしくて涙も出ました。ありがとうございました。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ