しんどいです

昔から運が無いようで人に騙されたり楽しい思い出は消えてしまいます。
正直、私は真面目です。
ゴミ分別で間違えてしまったときなども役場に電話して謝ったりします。

長年婚活しています。
お付き合いしても会うのが苦痛になったり相手から見捨てられるなど短期間で駄目になります。
見捨てられる理由はあまりにも私が我が儘を言わないようです。
嫌なことをされても怒らず我慢しているところがあります。
結婚相談所で出会ったかたと一年近く付き合いましたが次第に冷たくなりました。離れたくてそうしているのか聞いたら違うといい、こじれるのを避けたいから距離を置きたいといわれそうしていたら違う人とお付き合いしていたことがわかったりと悲しい結果になりました。
過去には婚活詐欺にもあい辛いことが続きます。
大抵おもしろいくらいに悪化し駄目になります。
半年もてばよいくらいです。
相手から優しさが感じられないと恐怖心になり何も言えなくなります。

あるお寺さんに霊視をしてもらったところ先祖の因縁とかで今のままだとどんなに頑張っても結果がでないといわれました。
毎月12000円で最低三年続けることで先祖供養できますがと提案をいただいていますがまた騙されているような気がしてしまい悩んでいます。

運命・見えない力
有り難し 103
回答 4
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ただでいいのでウチの寺にお越しやす

毎週日曜坐禅会をやってます。
気を使い過ぎる、自分の妄想に押しつぶされそうな人には効果絶大です。
自分こそがそういう妄想を作りだしているという事にこういう文字ではなく、実際に気づく為にはリアルに出向くしかないと思います。
それに立ち向かおうと足を一歩踏み出せばもう問題の40パーセントは解決したと言ってもいいでしょう。
月に12000円は高いですな。
うちなら毎週500円であなたの問題はスッキリおさらばでしょう。
初回~5回まではただで結構。治らなかったらお金も要りません。
坐禅とは、あなたのような人のためにもあるのです。
自分に向き合いたくなたらお越しください。
ただし、うちのお寺は仏教や禅を学ぶところではありません。
自分を学ぶ場です。
お釈迦様と同じく、お釈迦様も仏教や禅を学んだのではなく、自分自身が自分自身の本源を悟られたという事ですから、仏教を学ぶ場所だとは思わないでください。

2年1ヶ月前
回答僧

立正寺

常在

因縁を考える前にしたいこと

確かに先祖からの因縁はあります。これはあなたに限らす人間誰しもが持っているものですから特別な事ではないのです。
----------
真面目な人にくだけろと言っても無理な話。その真面目さは大切にしましょう。
その上で書道など習い事で趣味を持ちあなたの魅力向上につとめましょう。
魅力が向上すれば騙す人が近付かなくなる上に良いご縁も増えて参ります。
先祖の因縁を考えるのはそれからでも遅くはありません。
----------
ちなみに、毎月いくらで先祖供養ができるというのは、やめておきましょう。

2年1ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

脅すようなことを言う僧侶を信じてはダメ

真面目なことは悪いことではないでしょう(^-^)
人を心から信じることができることも素晴らしいことでしょう。

過去に大変な経験をされたとのこと。そのことで人を信用しないというのは、少し違うように思います。過去に騙した人と、これから出会う人は違う人です。比べたり、重ねてみるようなことがあっては、本当に相手を見ることができません。

その人そのものを、あなたの過去をつけずに見てください。そして、見定めてください。

男は甘えられる事で相手を大切にしようと思ったりするものです。自分に完璧を求めず、少し抜けているぐらいで、相手に甘えることができたら、大切にもしてもらえるのではないでしょうか。

人はロボットではないから、間違えもします。ごめんねが言えればいいのです。そしてあなたが相手を本当に大切に思うことが大切でしょう。時には相手が振り向いてくれないこともあるかもしれません。それもそれとして、また次の出会いを期待するのみです。

2年1ヶ月前

「因縁」について

まさこ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、「因縁」ということにつきまして、少し詳しく述べさせて頂いておきたいと存じます。

これまでにも「因縁」に関することは、下記の各問いにても述べさせて頂いておりますので、こちらは、またお時間のございます時に、参考になさられて下さいませ。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/因縁

まず、「因縁」は、単に、「原因と条件」のことで、先祖の因縁が・・とか、前世の因縁が・・とか、因縁をつける・・とか、というのは、正直、間違った使い方となります。

どうしても、世間で使われてしまう「因縁」という言葉は、悪いイメージとなってしまっていますが、本来は、ニュートラル、中性なものであり、ただこの世におけるモノ・コトのありよう、事象・現象世界のありようを説明する際に使われるものであるとお考え頂けましたらと存じます。

結果、また、これからの結果も全て「原因と条件」次第ということになります。因縁は、変えれないとか、永久不滅とか、いうのも間違いとなります。

仏教では、永久永遠に変わらない何か独立自存なる実体(・自性・自相)というものは、否定されるものとなります。

因縁が、結果として、また、その結果が、何らかの因縁となることもあって、また結果を生じさせることもあり、またその結果が・・といったように変化していくものとなります。

そこで、もしも、悪い流れがあるのであれば、どこかで、良い因縁、良い原因や良い条件を調えてあげていければ、変えることだってできるものであります。

先祖、前世の因縁云々も、まあ多少なりともその流れが引き継がれていることもあるかもしれませんし、否定もしませんが、何よりも直接にこれからの流れ、結果へと向けて大切となって参りますのは、ご自身における因縁次第が重要なこととなります。

先祖供養につきましては、「供養」という字の通り、「供(とも)に養う」、何をかと言いますと、悟りへと向けた「善行・功徳」であり、ご先祖様、あるいは全て一切衆生と、皆供に、悟りへと向けて養う行いが大切となります。そのような「善行・功徳」となる行いについても、少しこの機会にお考えを頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

2年1ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

みなさま

ご回答ありがとうございます。

甘えたり、我が儘というものがよくわからず仕事でも自分の立場では難しい状況になっても対応を続けていたりと生きずらいです。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ