hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

死を考えてしまう

回答数回答 5
有り難し有り難し 87

以前友人を自死で亡くした事があります。
だいぶ乗り越えてはいますが、ふとした時に急にものすごい悲しみにおそわれる時があります。
でも、それは仕方のない事と受け入れていましたが最近また違う感情に悩んでいます。
今とくに悩みや死にたいと思う事があるわけではないのに、自分が死ぬ事ばかり考えてしまいます。自分が首をつっている所や胸に包丁をつきさしたり、そのような事が頭にうかんできます。
死にたいわけではないのに、そうしたくなるんです。
とくに疲れている時や、自死した友人の事を思い出すときに。。
鬱なのかなぁ、と思いますが自分が突発的に死んでしまうのではと不安になります。だけど、深い悲しみからか心が壊れてしまい、死ぬ事に対して怖いとか感情もなく無の感情になる時もあります。
自死した遺体も見ていますので、その光景が頭から離れない時があります。自分が認識しているより心のショックが大きいかもしれません。
どのように心をもっていっていいかわからず、早急になにか心を変える言葉をいただきたく書かせていただきました


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

本当は死が怖いんじゃない、という考えを、持つべし、持つべし。

(^o^)私も、学生時代に自殺を考えた男であり、どん底から這い上がり立ち直った男です。
あなたの心のサポートとしてボクシングでいう所のセコンド的な立場(丹下段平風に)としてアドバイスいたします。
ジョークをを交えて申し上げていますが、貴女に明るくなってもらうためですので容赦ください。(^o^) 
あしたのために結論その1
私が死を恐れたときに最終的に気づいたことは「死が恐ろしい」のではなく「①死に関することを考えた時に②オプション的に付随する暗い思いがキライ」なのだ、と気が付きました。←コレ、ホント大事なのヨ。
多くの人は、死が嫌だ、死はいけない、死はダメだ、死は終わりだ、とか言って遠ざけますが、①死、そのものは良いも悪いもありません。それよりも②のネガティブな、ダークな、おぞましい、暗い悪い思いこそが私たちが一番おびえているものの正体ではないでしょうか。
「恐れるのは死ではない、死が不明なるモノゆえにそれに付随する暗い思いに恐怖するのだ」という丹下の格言(名はかくげん)です。

あしたのためにその2
そもそも死なんて、日常、毎日そこらじゅうにあります。
米を食べれば、コメの命も死にます。サンマ食えば、サンマは死にます。
納豆食えば、ひとパック何万もの納豆菌が胃液によってホトケ?になります。
ヨーグルトを飲めば、体の中の何億もの悪玉菌を殺すことになります。
心も悪玉菌はやっつけなければならない。
だからこそ頂いた命を「活かす」生き方が私たちに問われているのです。
花は決して自ら命を断たない。花が頂いた命を全うするように咲き続けること。
「死」というもの自体には良いも悪いもないのです。
「❝死❞に関して、オプション的に付随する、悪い思いこそが、あなたを今、暗い思いで支配する最大の悪玉菌なのではないでしょうか」というあなたの心のセコンド、丹下の格言(名もかくげん)でした。
あしたの為にその3
つまり死が悪いのではなく、死に対する暗い思いこそが恐怖するものの正体であると悟れば、あとはその思いだけを寄せ付けない生活をすればよい。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...

僕もよく自分が死ぬ事を考えます。バスタオルで首つれば楽なのかなぁとか、練炭中毒って苦しくないのかなぁとか。自死しても阿弥陀様怒らないかなぁとか…
でもいつもその時に思うことは死にたく無いのに死が迫ってきている病気と戦っている友人のことです。
彼とは高校1年からの付き合いでもう30年以上の友達です。
彼は発病するとだんだんからだが動かなくなり、寝たきりになって最後はアルツハイマー病のようになり発病して10年で必ず死ぬ病気にかかってしまいました。
彼のそばにいて見守っているのは彼と20年近く一緒に暮らしている一人の女性です。
僕はいつも彼の事を考えて生きる事を考えています。
明日、僕は久しぶりに休日に休みを取ることができて、高校の時の友人と7年ぶりに彼に会いに行ってきます。
そして彼に友人でいてくれる事を感謝して、出逢えた喜びをもう一度伝えて、彼の素晴らしい生きざまを決して忘れずに彼から学んだ事を伝えて生きて行く事を誓ってこようと思っています。
答えになっていませんが取り急ぎ書かせていただきました。

{{count}}
有り難し
おきもち


一般家庭に育ち会社勤めをしていましたが28歳の時に得度。2年間の研修を終え...

御仏の慈悲にいだかれて安らかでありますように

tae様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

自死なされてしまわれたご友人のことで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)でお悩みのご様子、皆様のご回答にありますように、一つは、心理カウンセリングを受けられるか、または、心療内科へ受診なさられるか、あるいは、浦上様もおっしゃられている「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の「いのちの集い」に一度参加なさられるのも良いのではないかと存じます。

やはり、それだけご友人の自死がショックで、心に大きな動揺が生じたのであろうかと推察申し上げます・・

どのようにしてご友人の死を受け入れて、そしてご供養していくべきであるのか・・

仏教では、業論・輪廻論という難しい思想がございまして、この肉体の死後も、心(相続)が続いていくものであるとして、「死=終わり」とは捉えません。

問題は、死後も続いていく、その心(相続)のありようとなります。心(相続)のありようで、死後の次の様態が決まっていくこととなります(厳密には、業・カルマが大いに関係して参ります)。代表的には、六道としての天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄とありますが、これはあくまでも心(相続)の様態における象徴的・代表的な一つの分類となります。いずれにしましても、輪廻の中にある限りは、迷い苦しみの中にあることに変わりがありません。この迷い苦しみの輪廻から離れるためには、悪い行いをなさずに、善い行いに勤め励み、心を清らかに保ち、確かなる仏道を歩むことが望まれることとなります。

私たちにできることは、何とかそのご友人の心(相続)のありようにおける迷い苦しみが、少しでも和らぎ、癒されて、更に、確かなるご仏縁を戴くことで、迷い苦しみから離れるための悟りを目指すことができますようにとして、ご供養申し上げることが大切になるのではないかと存じております。

どうか、ご友人のために、お墓参り、お仏壇参り、お寺参りなどを成さられる際には、ご友人のお心がどうか安らかにありますように、大慈大悲の御仏様の御心にいだかれて、仏道を歩まれておられますようにとして、手を合わせてお念じ頂けますことからでも構いませんので、ご供養して頂けましたらと存じております。拙生もtae様のご友人へ日々のご供養を向けさせて頂きたくに存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究 この度、仏...

心をコントロールする手法

言葉ではありませんが、鍼のツボを指でタッピングして
精神をコントロールする手法があります。
簡単な精神的不安を取り除くに効果があります。
簡単にどこでもすぐできます。
個人カウンセリングを行うともっと深い問題も解決されます。
http://www.jatft.org/
私も森川綾女さんのカウンセリングを受けました。
私はこれで先端恐怖症が克服できました。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/s?ie=UTF8&field-author=%E6%A3%AE%E5%B7%9D%20%E7%B6%BE%E5%A5%B3&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E6%A3%AE%E5%B7%9D%20%E7%B6%BE%E5%A5%B3

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

少々トラウマでしょうか?

taeさま。
なごみ庵の浦上哲也と申します。

以前、ご友人を自死で亡くされたとのこと。「自死した遺体もみています」というのは、その友人のことでしょうか。ご質問を拝見して感じたのは、taeさんはそのことがトラウマになっているのではないか、という事です。

現代の日本では、死はあまり身近にありません。けれど親しい方のそれを見てしまった。そのストレスが心に残り、おりおり自分自身の死について考えてしまうのではないか、という気がいたします。

自分でどうにか解決する、というよりも、人に対してその思いを吐き出した方が良いように思います。カウンセリングを受けるのも良いでしょうし、傾聴をする僧侶でも良いでしょう。どうぞ、おひとりで溜め込んでしまいませぬように。

私が所属する「自死・自殺に向き合う僧侶の会」では、自死に関する手紙相談や、分かち合いの会などを開催しています。よかったらHPご覧下さいませ。
http://www.bouzsanga.org

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

「自殺・自死」問答一覧

もう少しで自殺をすると思います。

離婚をしました。 一人息子がいましたが、私が繊細で精神的に弱く、大事な跡継ぎだと親戚からずっと言われていたため、親権は元夫になりました。仕方なく譲るしかありませんでした。 会いたくて会いたくて仕方がありません。胸が苦しいです。 元夫がキャバクラ(仕事の付き合いですが…)からコロナを持ってきて、私も感染しました。 軽症でも凄くきつかったです。それ以上に周りに迷惑をかけてしまったのが一番辛かったです。 田舎なのですぐに特定されました。視線が痛く、挨拶も無視されました。 元夫は開き直り、退院後また会食三昧。 2年前からモラハラ気味だったので限界を迎えました。 離婚後、実家に戻り2週間が経ちました。 両親は少し休みなさいと見守ってくれていますが、申し訳なさで苦しいです。 それなのに体が動かなくてほぼ寝たきりです。 コロナが怖くて外に出るのも怖いです。 元々やる気も気力もないような人間で、仕事も何も続きません。 子どもがいたから6年田舎にいられたんだろうなぁと思います。 鬱っぽくて視野が狭まってるのだと思うのですが、もう少しで自殺すると思います。 毎日死ぬことばかり考えています。 自殺をやめたとしても、ずっとずっと引きこもって寝たきりになると思います。 もう十分頑張ったかなぁと思います。 というかこれ以上頑張れません。 自殺は悪だと言いますが、そんなにいけないことなのでしょうか?

有り難し有り難し 38
回答数回答 2

まとも生きられない自分が嫌だ

はじめまして。 他の方からの過去の相談にあった#自殺・自死のカテゴリが見つからなかったため、こちらのカテゴリで相談させていただきます。 私は現在大学院の博士課程に通う25歳です。 まともな生活を送ることができない自分に嫌気がさし、自殺を考えています。 自身の状況を自覚したのは去年の10月でした。突然大学に行くのが嫌になり、ほとんどの人と連絡を絶って大学に行かなくなりました。 この頃は復学したいという意思はあり、精神科にかかりつつも精神状態の安定を目指し、今年度から復学することができました。 しかし、しばらくして、今の私には以下のような問題があることがわかりました。 ・時間や締切を守れない ・起きられない。寝坊で済む問題ではなく、5日間ほど寝続けてしまう ・研究に関することをしようとすると頭が真っ白になりなにも手につかない これらのことについて、当然教授からも叱責を受けました。その際、教授と話していくうちに、これらの兆候が今に始まったことではなく、高校やその前からあったことであることを自覚しました。 そして、これまでも真っ当に生きることが出来ていなかったのにもかかわらず、真人間のように振る舞っていた自分にひどい嫌悪感がわいてきました。 教授と面談を重ね、私は教授に自殺を考えていたことを打ち明けました。その際、教授からは、「たくさんの人が君のためにいろいろしてくれている。だから変なことは考えるな」と言われました。他の友人や精神科の先生にも同じようなことを話しましたが、帰ってくる反応は同じでした。 ここまでを客観的に見ると、私は自分に甘いが故にただ目の前の困難から逃げているだけなのだと思います。そして、その認識が私自身への嫌悪感を増幅させます。 思考が堂々巡りを繰り返すなかで、つい最近、結論を出しました。教授が言うようにたくさんの人が自分に対し労力を払っているのであれば、私が死ぬことでその労力は払われずに済むと思うのです。どうせまともな人間ではないのですから、排除した方が幸せだと思っています。 前置きが長くなりましたが、本題に入ります。これらのことを理解してもらうにはどうしたらいいでしょうか。私が死んでも何も変わらないと説明しても、わかってもらえません。 どうせ死ぬなら経緯くらいは納得してもらいたいのです。 とりとめのない文章で恐縮ですが、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

自殺すると、どこへ行きどうなるのか?

お世話になっております。 最近よく拝見させて頂いております。 僕が聞きたいことは、 「自殺をした者はどこへ行き、どうなるか?」 ということです。 僕は20代前半、男、実家暮らしです。 最近、仕事関係で、うつ病を発症したのに加え、生まれつきの適応障害や重度のHSP、中学辺りからの、親や兄弟に対しての場面緘黙症など、精神面で人間として欠陥を抱えてきたものがここ数日で限界に達してきました。 「みんなホントにすごいな…。」とただただ、その感想しか出てきません。 この世界で生きていくにはあまりにも辛すぎます。 なんでおれはこんなゴミなんだと自己嫌悪で、毎日死ぬことばかり考えています。 僕の家は真宗大谷派という宗教に属しております。 しかし、お恥ずかしながら、僕は最近まで全くと言っていいほど、関心もなければ念仏さえもまともにしてきませんでした。 都合が良すぎるだとか、卑怯極まりないとは重々承知してはおりますが、自殺すると考えると神様やお釈迦様、来世の存在を信じ、縋りたい気持ちでいっぱいです。 自分がやれる罪滅ぼしとして、自分の貯金はすべて、孤児院などで暮らしている恵まれない子供たちに寄付してくれと、メモを残すぐらいしかありません。 あとは、祖父の墓に最後の挨拶をしてきます。 身辺整理もほとんど終わりました。 死ぬ当日に、仲のいい女性に手紙を日時指定で送る準備ももうじき終わります。 自分がやれることはもうやり切りました。未練はありません。 長々と語ってしまい申し訳ないです。 こんな僕は、やはり地獄だったり畜生や餓鬼に生まれ変わるしかないのでしょうか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

自殺しそうな自分を止めたい。生きていたい

私が小学6年になるまで毎日、同じ年頃の従兄弟(男2人女1人)の3人が家に預けられていました。私が小学校にあがるまでの幼少期は毎日、従兄弟3人から「何でいんの?」「消えろ」「キモ」と言われいじめられていました。小学生4年頃、従兄弟(次男・同級生)から性的虐待をうけ守れたのは処女だけでした。小学校高学年になるとクラス内で軽いイジメをうけました、何も話さずニコニコ笑って過ごしていたらイジメられなくなり友達も増え少し安堵しました。中学校にあがると、イジメられているAちゃんという子がいました。黙ってイジメをみていることができなかった私はAちゃんと行動を共にするようになりました、そうしたらターゲットは私になり鞄の中はチョークの粉をいれられたり、靴の中には虫の死骸をいれられたり聞こえるように悪口を言われました。私はイジメられても何も感じなくなっていて、あまり辛いとも感じていませんでした。ただ勉強と部活を頑張ってテストは90点以上が普通、部活も1年生でレギュラーになり、それだけが生きがいでした。私はAちゃんから暴力をうけるようになっていました。毎日「うちら仲良しだよねー」と後ろから抱きつかれ裁縫針で刺されました。お腹を殴られました。首に回し蹴りされました。階段から突き落とされました。学校を休むようにもなったけれど、携帯電話に死ね消えろウザイキモイ死んでちょうだい死ねないなら殺してあげるとメールがきました、アドレスを変えると電話がきてアドレスを教えるまで電話口で殺すと言われました。逆らうことができませんでした。逃げました自殺未遂を繰り返しました、中学を卒業して高校に入学したけれど学校自体が怖くなって不登校になり自主退学しました。中学の頃に父と母の別居などがあり家にいることも嫌になり家出を繰り返し家出するためのお金を援助交際で稼ぐようになりました。17歳の時、私は売春相手にレイプされました。全てが嫌になり、死ぬことを決めて飛び降りました。骨盤にヒビ大腿骨骨折、第一腰椎粉砕骨折しました。幸いなことに今歩けています何よりも命があります自業自得だとわかっています。中学の時から現在まで精神科に通院しています。現在イジメと暴力のPTSDと性的虐待とレイプのPTSDの治療をしています。寝ていても起きていてもフラッシュバックに襲われます。自殺しようとする自分をどうしたら止めることができるでしょうか。

有り難し有り難し 12
回答数回答 1

自殺についての捉え方

初めての質問で、ずっと考えていた、人に話したことの無い私の人生観の相談になります。 表題からまず、誤解せずに頂きたいのは、私は別に苦しいからつまらないから死にたいとは思ってません。 逆に、なぜ皆、自殺=悲劇、悪、禁忌という考えなのか理解出来ません。 私は自分の人生において、ある年齢に達した時に自ら死のうと決めております。 それは人生がつまらないだとか苦しいからだとかという理由ではなく、そこを自分の終着と決めたからです。 やり残したことや後悔などはきっとすると思いますが、それは生きている以上無くならないですし、無くしてはいけないものだとも思っているので、それも受け入れて自分に幕を引きたいと考えているのです。 その行為によって、自分が納得しているか否か関係なく周囲に必ず迷惑がその後にかかるということも承知してます。 それでも、人に気を使って私の自分で決めた終わり方をやめようとは思えません。 それゆえの、表題での根本的問いです。 本人が満足し、納得した自殺をなぜ悪く言うのですか? そもそも死が忌避される理由すらもわかりません。 世界の一つの理に対して人は勝手に忌避を覚えることに疑問です。 絶対に抗えない世界の理に対する意識とは『忌避』ではなく、どう捉え、受け入れるべきかなのではと考えています。 自然死を待つ、というのも考えてはいました。 幼い頃は長寿を望んでいましたが、なぜ長寿を望んでいたのかを考えた時、特に理由もないことに気がつきました。 で、あるならば、私はいつ死ぬべきなのか。 現時点で私は事故で死んでも、後悔、やり残しがありますが、それでも納得して死ねると思っています。 誤解されそうですが、死を美化して捉えているわけではありません。 自分自身で終着を決めることで日々生きているのだという実感を得ることが出来、そして自身で決めた終着にて、私という存在に幕引き、人生が完成を迎えるのだと思っているのです。 だから問いたい。 自殺への忌避と悪、そして逃避という捉え方は違うのではないかと。 仏教において、聞きかじりで申し訳ないですが、仏教は自殺が=で罪ではないということから、このような形で長年の疑問をご相談させて頂いております。 お坊さん方は、みなさん、自殺をどう捉え、そして生きているのでしょうか?

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

最後に話を聞いてほしい

幼少期に父が精神的に不安定になりお酒におぼれました。 両親が離婚し母と僕、年の離れた妹となんとか生きていき 中学生になった頃母が再婚いたしました、思春期の僕は再婚相手と良い関係を築けず 疲れ切っていた母も再婚相手の言いなりなところがありました。 数年後、僕以外の三人が引っ越しをしました、僕は何も言われず置いていかれたので 母方の祖父祖母のところに転がり込みました、高校はいけずバイトでなんとか生きることができました。 その生活も長くは続かず祖父の家を突然処分することに 独りでほそぼそ生活していましたが友人数名と事業を創めることに 軌道に乗り始めた頃裏で数人が結託し僕を排除する動きが始まりました。 裏方として働いていた僕は結果的に出て行くしかない状況に もっと辛い人がいるのはわかります、ただこの先もこんなことがあるのか、思い出す瞬間があるのかと思うと もう立ち上がることができません 他人を羨んだりする自分にも疲れました 若く浅はかな僕は妬みで人を傷付けることもしました 手を差し伸べてくれた人もいました、誠実にそれを受け止めることもできませんでした 人と接することももう怖く間もなくホームレスにならざるを得ない状況です。 生きて多くの人に迷惑をかけてしまうより生きることを今辞めてしまったほうがいいのではと思います。 生きるにしてもまず何をしていいかわかりません、何をするにしてもお金がかかります 僕はもう何も持っていません。 父も母も祖父祖母、友人離れて行ってしまった人たちも皆自分自身が大切だから 離れるという選択をとったことを恨んでいません 幸せに自分の人生を生きてるならそれでいいです。 僕は最後に話をしたかっただけだと思います、拙い文章をここまで読んでもらえてうれしいです。 これまで生かせてもらえて幸せでした努力ができなくてごめんなさい 死という選択肢を選んでしまってごめんなさい もうただ楽に生きたいと思ってきた僕が悪いです

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る