hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

死を考えてしまう

回答数回答 5
有り難し有り難し 91

以前友人を自死で亡くした事があります。
だいぶ乗り越えてはいますが、ふとした時に急にものすごい悲しみにおそわれる時があります。
でも、それは仕方のない事と受け入れていましたが最近また違う感情に悩んでいます。
今とくに悩みや死にたいと思う事があるわけではないのに、自分が死ぬ事ばかり考えてしまいます。自分が首をつっている所や胸に包丁をつきさしたり、そのような事が頭にうかんできます。
死にたいわけではないのに、そうしたくなるんです。
とくに疲れている時や、自死した友人の事を思い出すときに。。
鬱なのかなぁ、と思いますが自分が突発的に死んでしまうのではと不安になります。だけど、深い悲しみからか心が壊れてしまい、死ぬ事に対して怖いとか感情もなく無の感情になる時もあります。
自死した遺体も見ていますので、その光景が頭から離れない時があります。自分が認識しているより心のショックが大きいかもしれません。
どのように心をもっていっていいかわからず、早急になにか心を変える言葉をいただきたく書かせていただきました


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

本当は死が怖いんじゃない、という考えを、持つべし、持つべし。

(^o^)私も、学生時代に自殺を考えた男であり、どん底から這い上がり立ち直った男です。
あなたの心のサポートとしてボクシングでいう所のセコンド的な立場(丹下段平風に)としてアドバイスいたします。
ジョークをを交えて申し上げていますが、貴女に明るくなってもらうためですので容赦ください。(^o^) 
あしたのために結論その1
私が死を恐れたときに最終的に気づいたことは「死が恐ろしい」のではなく「①死に関することを考えた時に②オプション的に付随する暗い思いがキライ」なのだ、と気が付きました。←コレ、ホント大事なのヨ。
多くの人は、死が嫌だ、死はいけない、死はダメだ、死は終わりだ、とか言って遠ざけますが、①死、そのものは良いも悪いもありません。それよりも②のネガティブな、ダークな、おぞましい、暗い悪い思いこそが私たちが一番おびえているものの正体ではないでしょうか。
「恐れるのは死ではない、死が不明なるモノゆえにそれに付随する暗い思いに恐怖するのだ」という丹下の格言(名はかくげん)です。

あしたのためにその2
そもそも死なんて、日常、毎日そこらじゅうにあります。
米を食べれば、コメの命も死にます。サンマ食えば、サンマは死にます。
納豆食えば、ひとパック何万もの納豆菌が胃液によってホトケ?になります。
ヨーグルトを飲めば、体の中の何億もの悪玉菌を殺すことになります。
心も悪玉菌はやっつけなければならない。
だからこそ頂いた命を「活かす」生き方が私たちに問われているのです。
花は決して自ら命を断たない。花が頂いた命を全うするように咲き続けること。
「死」というもの自体には良いも悪いもないのです。
「❝死❞に関して、オプション的に付随する、悪い思いこそが、あなたを今、暗い思いで支配する最大の悪玉菌なのではないでしょうか」というあなたの心のセコンド、丹下の格言(名もかくげん)でした。
あしたの為にその3
つまり死が悪いのではなく、死に対する暗い思いこそが恐怖するものの正体であると悟れば、あとはその思いだけを寄せ付けない生活をすればよい。

{{count}}
有り難し
おきもち

僕もよく自分が死ぬ事を考えます。バスタオルで首つれば楽なのかなぁとか、練炭中毒って苦しくないのかなぁとか。自死しても阿弥陀様怒らないかなぁとか…
でもいつもその時に思うことは死にたく無いのに死が迫ってきている病気と戦っている友人のことです。
彼とは高校1年からの付き合いでもう30年以上の友達です。
彼は発病するとだんだんからだが動かなくなり、寝たきりになって最後はアルツハイマー病のようになり発病して10年で必ず死ぬ病気にかかってしまいました。
彼のそばにいて見守っているのは彼と20年近く一緒に暮らしている一人の女性です。
僕はいつも彼の事を考えて生きる事を考えています。
明日、僕は久しぶりに休日に休みを取ることができて、高校の時の友人と7年ぶりに彼に会いに行ってきます。
そして彼に友人でいてくれる事を感謝して、出逢えた喜びをもう一度伝えて、彼の素晴らしい生きざまを決して忘れずに彼から学んだ事を伝えて生きて行く事を誓ってこようと思っています。
答えになっていませんが取り急ぎ書かせていただきました。

{{count}}
有り難し
おきもち

一般家庭に育ち会社勤めをしていましたが28歳の時に得度。2年間の研修を終え...
このお坊さんを応援する

御仏の慈悲にいだかれて安らかでありますように

tae様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

自死なされてしまわれたご友人のことで、PTSD(心的外傷後ストレス障害)でお悩みのご様子、皆様のご回答にありますように、一つは、心理カウンセリングを受けられるか、または、心療内科へ受診なさられるか、あるいは、浦上様もおっしゃられている「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の「いのちの集い」に一度参加なさられるのも良いのではないかと存じます。

やはり、それだけご友人の自死がショックで、心に大きな動揺が生じたのであろうかと推察申し上げます・・

どのようにしてご友人の死を受け入れて、そしてご供養していくべきであるのか・・

仏教では、業論・輪廻論という難しい思想がございまして、この肉体の死後も、心(相続)が続いていくものであるとして、「死=終わり」とは捉えません。

問題は、死後も続いていく、その心(相続)のありようとなります。心(相続)のありようで、死後の次の様態が決まっていくこととなります(厳密には、業・カルマが大いに関係して参ります)。代表的には、六道としての天・人・修羅・畜生・餓鬼・地獄とありますが、これはあくまでも心(相続)の様態における象徴的・代表的な一つの分類となります。いずれにしましても、輪廻の中にある限りは、迷い苦しみの中にあることに変わりがありません。この迷い苦しみの輪廻から離れるためには、悪い行いをなさずに、善い行いに勤め励み、心を清らかに保ち、確かなる仏道を歩むことが望まれることとなります。

私たちにできることは、何とかそのご友人の心(相続)のありようにおける迷い苦しみが、少しでも和らぎ、癒されて、更に、確かなるご仏縁を戴くことで、迷い苦しみから離れるための悟りを目指すことができますようにとして、ご供養申し上げることが大切になるのではないかと存じております。

どうか、ご友人のために、お墓参り、お仏壇参り、お寺参りなどを成さられる際には、ご友人のお心がどうか安らかにありますように、大慈大悲の御仏様の御心にいだかれて、仏道を歩まれておられますようにとして、手を合わせてお念じ頂けますことからでも構いませんので、ご供養して頂けましたらと存じております。拙生もtae様のご友人へ日々のご供養を向けさせて頂きたくに存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

Eishun Kawaguchi
最新の仏教論考はこちらでご覧頂くことができますが、公開、非公開は随時に判断...
このお坊さんを応援する

心をコントロールする手法

言葉ではありませんが、鍼のツボを指でタッピングして
精神をコントロールする手法があります。
簡単な精神的不安を取り除くに効果があります。
簡単にどこでもすぐできます。
個人カウンセリングを行うともっと深い問題も解決されます。
http://www.jatft.org/
私も森川綾女さんのカウンセリングを受けました。
私はこれで先端恐怖症が克服できました。
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%AC/s?ie=UTF8&field-author=%E6%A3%AE%E5%B7%9D%20%E7%B6%BE%E5%A5%B3&page=1&rh=n%3A465392%2Cp_27%3A%E6%A3%AE%E5%B7%9D%20%E7%B6%BE%E5%A5%B3

{{count}}
有り難し
おきもち

50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...
このお坊さんを応援する

少々トラウマでしょうか?

taeさま。
なごみ庵の浦上哲也と申します。

以前、ご友人を自死で亡くされたとのこと。「自死した遺体もみています」というのは、その友人のことでしょうか。ご質問を拝見して感じたのは、taeさんはそのことがトラウマになっているのではないか、という事です。

現代の日本では、死はあまり身近にありません。けれど親しい方のそれを見てしまった。そのストレスが心に残り、おりおり自分自身の死について考えてしまうのではないか、という気がいたします。

自分でどうにか解決する、というよりも、人に対してその思いを吐き出した方が良いように思います。カウンセリングを受けるのも良いでしょうし、傾聴をする僧侶でも良いでしょう。どうぞ、おひとりで溜め込んでしまいませぬように。

私が所属する「自死・自殺に向き合う僧侶の会」では、自死に関する手紙相談や、分かち合いの会などを開催しています。よかったらHPご覧下さいませ。
http://www.bouzsanga.org

{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

「自殺・自死」問答一覧

ご先祖様以外にお経を上げてもいいですか?

たかが夢の話ですが、現実に影響があり困っています。アドバイスをいただければ幸いです。 近頃、自殺した息子さんを持つお父様の夢を見ました。全く知らない人です。 私は仏間らしき部屋で対座していました。 壁には息子さんの写真が大写しで掛けてありました。 彼の後悔、懺悔、苦悩の重さは凄まじく、起きた後も覚えているくらいでした。 数週間後、家族でDVD鑑賞をした日に、出演されていた脇役の俳優さんが自殺する夢を見てしまいました。 父母に尋ねると、たしかに自殺した俳優かもと言われ、少し怖くなりました。 その後、毎日のように彼の自殺場面を夢に見るようになり、早朝に覚醒するようになりました。 ましな日でも、ガラス張りの部屋に無言で立っている…という感じです。 真夜中に電話が掛かってきて、知らない番号だったので無視すると、次の日残っているはずの履歴がスマホから消えているということもありました。 さらに誰が入れたのか、私的なPCに彼の写真が保存されており… 仮に彼をAさんとします。Aさんは40~50年前に活躍されていたらしいので、(鑑賞したドラマも51年前のものでした)ドラマを見るまで名前も顔も存じ上げませんでした。 思いきって調べてみると、夢で見知った内容とAさんの人生の大枠が一致しているのを知りました。 お父様の写真も出回っており、夢に出てきたそのままで、名前も同じでした。 ファンの方ならともかく、無縁な私の夢になぜ繰り返し現れるのか。 霊媒などは殆ど信じていないのですが、偶然の多さに打開策が欲しい思うようになりました。 お墓参りは怖くてできませんが、読経すれば少しはお気持ちを鎮めてくださるでしょうか。 お経はご先祖以外にも届くか不安です。また、お経ではない供養の方法などあればお教えいただきたいです。

有り難し有り難し 6
回答数回答 2

自死した母は今苦しんでいるの?

母が亡くなって11年経ちました。 母の魂は今苦しんでいるのでしょうか? 重い肺炎を患い、私たちきょうだいに迷惑をかけまいと死を選んだ母。 母は無宗教で戒名つけてほしくない、菩提寺もない、お葬式は好きだった曲を流して親戚だけでお別れ会のように執り行いました。 その後お坊さんとの御縁があり、自殺した人の魂は自然死の魂と違って成仏するのに修行がいったり時間がかかったたりするとお坊さんから聞きました。 そこで高野山に行って母の回向をしていただいてきました。 去年は10年の節目なので、ペット供養でお世話になっている市内のお寺で、母の供養をしていただき、13回忌とのことでそのお経もあげていただきました。 私は母の魂は存在すると思っていますが、宗教に関して全く無知です。もちろん仏壇はありますが、一般的なお線香をあげて祈るくらいのことしかしません。 母の魂は今苦しんでいるのでしょうか? 生きてるときに私たちや他人のために人生を捧げてきた人です。 たくさんの苦しみがあった人です。小さい頃からとてもたくさんの苦労をしてきた母が、死の選択をしてもまだ苦しんでいるのかな…と思うと、今生きている自分に何かできないかなと思っています。お金がないので、お線香をあげたりご飯やお水をあげるだけなんですが、何か母のために今の私ができることがあるんでしょうか? 前に質問させていただいたのを見ていただくとわかるのですが、私自身今気持ちの病のような症状が出ていて、母はこんなときにどうしていたんだろう、こんなに病んでしまった私を見て悲しんでいるのだろうかと思ったり…。 たくさん苦労して、たくさん自分を犠牲にして、そうやって私を育ててくれました。 私も今は辛くて辛くて死にたいときもあります。でも母のおかげでこうして主人と小さな幸せを毎日どうにか見つけているんだと思います。 苦しくて死んでいった母にもう苦労させたくないです。 何か私みたいなのでもできることがありますか? 母は今苦しいですか?

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

自殺した友人の霊を見た?

唐突に思い出して気になったので質問させていただきます 5年前のことです 当時わたしは1ヶ月間だけキャバクラでアルバイトしていました そこで唯一気さくに話しかけてくれた歳上のお姉さんとのお話しです はじめてそのお姉さんとアルバイトのあがり時間が被って、バイト先の車で送ってもらっていました そのお姉さんと偶然ご近所ということもあり、一緒に焼肉を食べようよと誘ってくれてご飯を食べていた時でした お互いのことをぽつりぽつりと話していると、お姉さんが急に 「なんだか抱えてるものがある感じがする、もしかして大事な人を亡くした?」 と質問してきました わたしは高校時代の友人を19歳の時亡くしています。その友人は自殺でした わたしがお姉さんと焼肉を食べている時は21歳くらいで、その質問をされた時に 真っ先に友人が思い浮かんで お姉さんに 「なんでですか?」 と聞いたら 「私わかるんだよね、友達なんだねその子と」 と言われました。 わたしはその時鳥肌が止まらなくて、背筋が凍る様な怖い様な何故かでも落ち着く様な感覚になっていました。 わたしは 「高校時代の友達を亡くしていて  その子は自殺しちゃったんです」 と答えると お姉さんが その友人の外見の特徴を全て当ててきて 適当に言って当たる様な特徴でもないし、髪型、目鼻立ち、肌の色など詳しい情報も全部あってるんです そしてお姉さんが 「その子ね、すごく辛かったんだと思う、辛そうな顔してる」 と急に目からたくさんの涙を流しながら私に言いました。 わたしはそれを見て その友人を思い出し泣きました。 その話をした後にも、 お姉さんは何か怪しいことをしてきたり すごく仲良くしようともせず 今まで通りバイトで被ったらたまに話しかけてくれる様な感じでした わたしはそのアルバイトを辞め お姉さんに辞めることを告げませんでした 今どうしているのかは分かりません 今日その日の出来事を急に思い出して あのお姉さんは友人を見ていたのかな? お姉さんには亡くなった方が見えるのかな? それとも私とお姉さんのご縁でこんな体験ができたのかな? などと考えたりしています わたしはあのお姉さんは 死ぬまで忘れない人だろうなと思っているんです そしてあの日お姉さんと話せて良かったと思っています お坊さん目線だと この出来事の意味はどう捉えられますか?

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

家族を失った悲しみ

今月41歳の兄が自死をしました。 兄とは普段連絡はたまにとっていたのですが、些細な事で一カ月前くらいにブロックをして最近解除していたのですがたまたま自分からも連絡をしておらずその間に亡くなってしまい後悔だらけです。 兄は精神薬を長年飲んでいて最近は肺や足が悪くなり、食事をしても吐くような状態で最後らへんは栄養飲料を食事代わりに飲んでいたようです。遺品整理をしていた時に大量の缶を見て初めて知りました。 自死の理由がどの理由かははっきりはわからないのですが、母に話を聞いてほしいと以前電話がきたらしいのですが母は抗がん剤中や、義母の認知症が進み忙しく、話もろくにきいてあげられなかったらしく後悔しています。 亡くなった日は病院に行った形跡があって肺の検査もしていました。強い吸入器が処方されていました。 母の大変な状況も理解していて、迷惑をかけまいと1人でいってしまったのかなと色々考えてしまいます。 そんなに悩んでいたなら連絡をしたり支えになってあげればよかったと毎日悔やみます。 兄を助けてあげたり、辛さに気づいてあげることもできず、優しい言葉もかけてあげられなかった 自分が生き残っていることにすごい罪悪感で自分が幸せになる資格があるのかと思ってしまいます。 遺品整理をしたときの、血のついたナイフや 部屋の光景、最後の骨になった姿がショックすぎて忘れられません ただ、一番最後に見た顔は安らかに見えたので少し安心はしました。 兄を救えなかった事に、毎日罪悪感と後悔です 今後どんな気持ちで生きていけば良いでしょうか お言葉頂けたら幸いです

有り難し有り難し 25
回答数回答 2

自殺した子の親が許せません

ネット上で知り合った方(以降、Aさん)が自殺したことを遺族のSNSで知りました。そして、私はその遺族が憎くて仕方ありません。 生前のAさんとはそこまで深い交流があった訳ではありません。たまにお互いが描いた絵に感想を送り合うくらいの関係でした。実際に会ったことはありません。 数ヶ月前、自殺をほのめかす投稿をしたあとに彼女のツイートが途絶えました。 その数日後、Aさんの絵に対する感想にだけ「いいね」をするアカウント(以降B)が現れました。不思議に思ってBの投稿を読むと、娘を自死で亡くしたとありました。 上記の出来事や家族構成と娘の年齢がAさんのと一致していたことから、BはAさんの父親だと確信しました。 Aさんは遺書を残さずに自殺したようで、Bは自死の原因はわからないとしていました。 ですが、私には思い当たる節があります。生前のAさんは親とのことで悩んでいることをSNSで吐露していたのです。 投稿の内容から、Aさんはかなり無理して親の前でいい子を演じていたようです。親に怒られることを極端に怖がっていました。実際、大学で先生が手を挙げただけで幼少期に父親に殴られた記憶がフラッシュバックするから、通えなくなったとも投稿していました。 家族と一緒にいるのがしんどいとよく言っていました。離れたいのに、特待生として合格したら一人暮らしする約束をなかったことにされ、絶望したとも。 希死念慮などの鬱らしい症状を自覚していながらも親にバレて怒られることが怖く病院に行けないとも言っていました。 Bは「親子仲は良かったから原因とは考えにくい」「娘に会いたい」などとほざいています。ふざけるなと思います。 BのせいでAさんは苦しい環境に追いやられていたといっても過言ではありません。 きっとBは常日頃から、Aさんの本音を無意識に握り潰して、理想の娘像をAさんに押し付けていた。そのせいで、Aさんは自己肯定感を失い、自分を大事にできなかったんだと思います。 Bが娘の自死を嘆く投稿を見る度に「お前が殺したくせに」と思ってしまいます。 いっそ全てをBにぶつけたいですが、Aさんを思うとできません。 ですが、AさんはBのせいで自死までしたのに、「娘を大切に思う父親」として生きてるBが本当に許せません。 この気持ちにどう整理をつけたらいいのでしょうか?Bへの怒りをどうすれば手放せるのでしょうか?

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ