お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自信がない

結婚して約2年になります。相手の男性とは20歳の年の差があります。

彼とはひょんなことで出会い、彼の積極さに押されそのまま結婚しました。

彼は 私のことを1番に考えてくれ、話も耳を傾けてくれ、聞いてくれます。行きたいところある?と聞いてくれて連れて行ってくれたり、あまり高い買い物などはできませんが、出かけ先で美味しいものを食べたり、冗談を言って笑ったり、、
幸せな平穏な日常があります。

ですが、それを時々壊したくなる自分がいるのです。数ヶ月に1度その時期がやってきます。自暴自棄になり、自分も相手もどうでもよくなってしまいます。自分も死ねばいいのに、と思ってしまいます。
その度に彼にも八つ当たり、無視をして拗ねてしまいます。彼は様子を伺うけれど何も言わずに接しようとしてくれます。

根本的に自分に自信がありません。彼は過去に英国に留学していたり、イケメンだし、笑顔が得意な社交的なタイプです。義母曰く、私はいつもムッとした表情をしていて、いつもつまらなそうに見えるとのことでした。
結婚前は実家での狭い暮らしと、大学病院に勤めていた多忙さで、心身共に疲弊しきっていました。
そんな中での出会い・結婚でしたので、彼が初めての彼であり夫。外で遊んだことのない私にとって、新鮮なことが多かったのでしょう。

明るい彼と無意識のうちに比較してしまい、、色々がチリに積もって、何もかもどうでもよくなります。

楽しい思い出より、自分が拗ねて彼を振り回した思い出の方が多くて、
彼にも申し訳なく、最初から白紙に戻したい気持ち、嫌悪感 罪悪感でいっぱいです。

20歳も過ぎて拗ねる自分の未熟さ、自信のなさにどう向き合っていけば良いでしょうか。

後悔・自己嫌悪
有り難し 18
回答 3

質問投稿日: 2019年5月15日 8:06

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

ここに綴ったことを、彼にも話してみては?

彼も何となく分かっているから
黙って寄り添ってくれるのでしょう。

それに
慣れない幸せに
戸惑っている部分もあるのでしょう。

自分の未熟さ
自信の無さを自覚しているなら
それで充分です。
そのままのあなたを
彼が向き合ってくれていますよ。

3ヶ月前

心のオーバーホールも大切!

megumiさん、こんにちは。

幸せなのに、それをぶち壊したい衝動にかれられるのですね。
そんなことは良くあることです。心は心コロコロです。苦しみの時は幸せを求めるのに、幸せの時が続くと今度は壊したくなるのです。
それは次に進みたいという心の向上心が、謝った形で噴出しているのです。だから大切なのは幸せに満足せずに、さらに先に進む生き方をして苦労することを心に経験させ、心を満足させなければいけません。
 たとえばスポーツでは、ただ走るだけではつまらない。目標を見つけてするのもいいでしょう。ランニングなら時間短縮やフルマラソン完走などです。

あるいは私の方法ですが、サウナで心身のストレスを取るのもいいでしょう。たまに来る、心のストレスの蓄積を発散させることが大切なのです。その発散方法を考えてみてください。

がんばって!応援します。つらければいつでもご連絡を!合掌

3ヶ月前

与えられているものと欲しいもの

人は誰でも、与えられているものが嫌になり、まだ与えられていないものを欲しがるものです。これはその人がより良くなろうとする気持ちの表れです。あなたが気づいておられるのは、自分の至らなさであり、周りの方々がよくしてくださるのに、それに感謝しない自分に怒っておられるのではないでしょうか?ああ、ありがたいと思えない自分に気づいておられるからこそのお気持ちだと察します。そのような気持ちを煩悩と言います。煩悩をなくすことが苦痛を解消する方法ですが、それは厳しい修行をしても無くなりません。ただ、我々にはそんな煩悩がありますが、その煩悩の泥をかぶった中は、光輝く仏様なんですこれを泥仏と言います。あなたの中の仏様が、そんな自分ではないはずだよ!と呼びかけてあなたを救おうとされているのです。しっかり、ご自分の中の光り輝く仏(救う働き)をみてください。その時に、本当のご自分に出会えることかと存じます。 合掌

3ヶ月前

関連する問答
相談カテゴリ- 人生は四苦八苦 Sick Hack!
P7
このページの先頭へ