hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
hasunohaオンライン個別相談開始!

結婚したいですが、なかなかお相手に巡り合えません。

回答数回答 8
有り難し有り難し 181

結婚したいですが、なかなかお相手に巡り合えません。

「この人かも」と思っても、長く生活することを考えると相手の欠点が気になり別れることを繰り返してしまっています。

どうすれば良いのでしょうか。

2014年2月20日 15:30

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 8件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

結婚とは??

はじめまして、京男ですw

ボクの経験から思うことを書かせていただきます。

ボクはもともと結婚願望がまったくなく、30過ぎたら考えようという感じでした。ですから、しなければならないとか、結婚はこうあるべきとか、そういう理想もありませんでした。

たまたま、30歳を過ぎたときにお付き合いをしていた女性と一緒にいるときに、漠然と「あぁ、この人と結婚するんかなぁ」と感じ、32歳のときに結婚しました。

結果的にそれが良かったかどうかはわかりませんし、今の生活に100%満足しているか? と問われれば「?」な部分もあります。ケンカして、「結婚なんてせーへんかったら良かった」と思うこともしばしば。

そのケンカで思うのは、結婚前は相手の長所しか見えず、結婚後は短所しか見えなくなりがちだということです。ぶっちゃけて言うなら、今、相方に感謝するのは息子を生んでくれてありがとう、ということが一番大きいです。いろいろな危機もありました。でも、それをどう一緒に乗り越えていけるかが大事かと思います。

冷めた目で見るのではなく、相手の短所&長所、ご自分の短所&長所を思い、長所はもちろん、短所も受け入れていけるかどうか、また受け入れてくれるかどうかを感じていただきたいと思います。

そして、もしも結婚されたなら、小さなケンカはいっぱいした方が良いですよ。冗談ではなく、ケンカせずにため込むからどこかで爆発し取り返しのつかない最終ケンカになりかねませんので。

まずは自然に相手、そして自分を感じていくことが肝要かと。

合掌

2014年2月20日 22:47
{{count}}
有り難し
おきもち

真宗大谷派寺院で住職をしております。真宗目線でお話できることがあれば幸いで...

女性は結婚したいとき、そのような気持ちを持って当たり前です。

 きょうおんなでっせ さん 。あなたは間違っておりません。正しいことを言っています。女性が男性に欠点のない完璧さを求めるのはいいことと思います。やらしい言い方をすれば男性は女性を落とすときは一生懸命努力をしますがその後は努力を止めてしまいます。そんな男性陣に警告を発しているのですね。あなたに男性の欠点が見えてくるのはあなたのせいではない、男性が見せてしまっていることにあります。あなたに長所を見せる努力を怠り、短所が目立ってしまう。だから、あなたに愛想を尽かされるのです。
 ワシも人のことを言えません。ホントにワシの連れ合いは耐えていると思います、感謝すらします。今ワシにできることと言ったら、連れ合いのアドバイスを聞くこと。その1つが誕生日と結婚記念日を忘れないこと。身内の誕生日もね。その時にはお祝いをいたします。今まで無関心だったのですが、そのようにして交流を持つようになって、お互いの両親との仲も気が置けない仲になりました。ワシを成長させるためには女性は欠かせませんな。
 あなたも男性の欠点を見つけた後にそれをどう克服すればよいか2人で考えてみてはいかがでしょうか?それも長く付き合っていく上での醍醐味と違いますか?違うよね。
 ワシから出来るアドバイスはこれくらいやね。 

2014年2月21日 1:16
{{count}}
有り難し
おきもち

ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

求めるものをはっきりとさせる

“きょうおんなでっせ”さんとおっしゃるからには京都のご出身なのでしょうか。現在お住いの東京では、幼馴染やご親戚もいらっしゃらないでしょうし、ご紹介していただくのも難しいのでしょうね。(ちなみに関東の人間には、京都出身と聞くだけで3割増しくらいに感じるので、覚えておいて損は無いと思います)

世界の他の国々では先進国を除き、結婚と恋愛は別の物です。かつての日本もそうだったことはご存知かと思います。しかし、それはほとんどの方が生まれた村から一歩も出ないで一生を終えた時代であり、現在はテレビを観れば、画面の向こうにいい男が掃いて捨てるほどおります。「男の取扱説明書」、「いい結婚、悪い結婚」、ちまたには情報があふれ、良くも悪くも皆さん目も耳も肥えているのです。

もちろん、好きでもない相手と結婚しろなんて言えません。しかし、どんなに舌が肥えていても、スキー場に行ったら、ゲレンデ食堂で食事をするしかありませんように、結婚相手に対し、個人個人の手の届く範囲は決まっております。ゲレンデ食堂が嫌なら昼を抜くか、あるいは、、、、自分で作るか?

京女さんが結婚に求めることが恋愛であるのならば、急いだり焦ったりすることはありません。恋は一生できますので。生活の安定も、ご自身がしゃにむに働けばどうにかなるでしょう。では、そうでない時は…。求めるものを一度はっきりとさせてはいかがでしょうか。京女さんが長く生活する上でどうしても譲れない物です。それが下品でも煩悩まみれでも結構。まずはそこをスタートとして仕切りなおせば流れが変わるかもしれません。
よい人と巡り合われることをお祈りいたします。

2014年2月20日 16:18
{{count}}
有り難し
おきもち

住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

自我の"押し合わせ"でない"お幸せ"を

きょうおんなでっせ様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

そうですね。。まずは是非、下記問答の拙回答引用の吉野弘さんの「祝婚歌」内容を是非お読み頂けましたらと存じます。

問い「婚約中ですが、不安です」
http://hasunoha.jp/questions/374

次にSMAP「セロリ」の歌詞も読んでみて下さいませ。

http://j-lyric.net/artist/a002907/l00731d.html

長所短所、考え方、性格、価値観の違い云々・・お互い色々と違っていて当たり前で当然です。問題は、お付き合い、結婚となりましたら、それをどう乗り越えていけるかとなります。お互いの包容力、寛容力も問われるところでございます。

もちろん、包容力・寛容力もありすぎては弊害となります。道義的・倫理的に外れていること、例えば不倫していても許すような包容力・寛容力は当然に要りませんので、そこはご注意下さいませ。

とにかく、拙経験からも、何でもかんでも自分が正しくて当たり前だという思い込みを少しずつでも取り除いていく必要があるかとは存じます。それには、我欲や自己中心的・独善的な自我をいかにコントロールできるかが鍵となります。

そこは手前味噌ながら仏教の学びが大いに役立つところになるかとは存じます。この機会にも是非、仏教の説く「無我」、「空」、「縁起」の教えを学ばれてみられても良いのではないかと存じておりますし、拙生の過去問回答を色々と参考にして頂いても少しでもご理解が賜れるのではないかと存じております。

結婚となりましたら、お互いの違いを認め合った上で、お互いの支え合い、助け合い、分かち合い、想い合いの中にて過ごせていけるかどうかが大切となります。

良い縁がございましたら、どうか自我の"押し合わせ"で失敗してしまうことなく、"お幸せ"になられますことを祈念申し上げます。

川口英俊 合掌

2014年2月27日 11:38
{{count}}
有り難し
おきもち

見方を変えてみては如何でしょうか。

十分にご自分を理解されているのであれば、いつかきっとであいが有ると思います。
もし何かきっかけが欲しいのであれば、他人の見方を少し変えてみてはどうでしょうか。
人の短所は長所でもあります。おしゃべりな人は社交的、ガサツな人はおおらかみたいに。
人には両面があります。(実際には貴方の受け取り方なのですが)片方でなく両方から見てみて許せそうな感じの方とお付き合いされては如何でしょうか。

2014年2月20日 22:46
{{count}}
有り難し
おきもち

決心しにくい時代

きょうおんなでっせ様。
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。

「できちゃった婚」、最近は「授かり婚」とも言うようですが、以前は「ちゃった」が示す通り良いイメージの言葉ではなかったと思います。

けれど最近思うのは、男性も女性も仕事をしていればそれなりに生活が出来、スーパーやコンビニやクリーニング店も夜遅くまで空いていて、部屋の掃除だってルンバがやってくれます。

恋人はできても冷静に考えると結婚するメリットが浮かばず、年を重ねると「いつも一緒にいたい」という情熱も理性で抑えられるようになって、ますます結婚に消極的になってしまう。

そんな中、子どもが出来たことが決心する切っ掛けになるのは、悪い事ではないのかな、と思います。

…いや、別に子どもを作りなさいと勧めているワケではないですよ。よくよく考えると、それだけ結婚に踏み切りにくい時代になったんだな、ということで、貴女のせいではないと思うのです。

それはさておき、考えられるパターンは…
・欠点のない男性を探す
・妥協して結婚する
・諦めて結婚しない
・授かり婚を目指す
・燃えるような恋をする
・欠点を受容できる女性になる
ぐらいでしょうか。
どの道なら選べそうですか?
それとも、他になにか良い案を考えつきそうですか?

「こうしたら良いですよ」という話しではなく申し訳ありません。
またご相談下さい。

2014年2月24日 17:25
{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

完璧な人間なんていません。

人間には必ず長所と短所が存在します。
よって欠点が存在してしまうことは仕方がないと思うのです。あなたもそうだと思うのですが…。
結婚生活を円満に進めるためにはいかに夫婦の妥協点を掴むことが鍵みたいです。
つまり、許す&認めるという行為をあなたがどこまで認められるかにかかっていると思うのです。
相手に完璧を求めるならばあなたも完璧でなければならない。そんな恋愛&結婚生活しんどいと僕は思います。
残念ながら、結婚は決して一人でするものではありません。申し訳ございませんが、あなたの求める完璧な男性はいらっしゃらないと思います。

2014年2月20日 16:36
{{count}}
有り難し
おきもち

みなさん、こんにちわ。童楽寺の副住職の小林裕淳(ゆうじゅん)といいます。悩...

チガイをミトめ、ユルし、アイする努力こそ無限の出逢いを生む

結論☆おそらく欠点は欠点としてマイナスに観るのではなく、違いなのだ、とみるべきである。☆
人を愛するためには、その人と自分との違いを愛せないといけません。
50代にしてコリン星※に旅立ってしまったその女性は私に教えてくれました。
あ、コリン星って、ゆうこりんじゃなくて離婚のコト。
「丹下さん、結婚なさるなら趣味からなにから、好きな食べ物からみーんな同じ人がいいわよ」
「え?違うからこそお互いに惹かれあうものではないのでしょうか」
「そうじゃないの…!そうじゃないのよ…。年を取ると変わってくるの。食生活一つでも違うと負担、苦痛になってくるものなのよ」
「…ふーん」
私は朝はゴハン宗、漬物派ですが、ワイフはパン宗、コーヒー派です。
最近になってその女性が私に語ってくれたことが響いてきました。
それぞれ違うものを食べる事も多いです。
「違い」は肯定し合うべきことです。
違いを受け入れあって、その良さを知る事でまたお互いに世界観も広がります。
それでも人間、結婚するまでにはざっくり出来上がっているものなのです。
私がジャングルや秘境の奥地で生活していた妻と結婚していたとして「アナタ、ワタシ、トレタテノ蛇タベタイネ」と言ったら「(-。-;)好きになさい」と言うと思います。
それは欠点ではなく違いなのですから。
あなたがかつて愛した女性たちをもう一度思い出してあげてください。
すべてそれは「相手の欠点」で片づけるべき事であったでしょうか。
今は産後クライシスという言葉を耳にします。
男女どちらも相手に対する些細なすれ違いを悪く受け止めて否定的な態度で対処することがイケないのだと思います。
否定的な態度だと「欠点だ」「違いだ無理だ」こいつとはやっていけん、となってしまうのではないでしょうか。
それを改善する気持ちがお互いにあれば、関係そのものを改善できると思います。今一度過去の女性たちの欠点をちょっとした違いだったのだ、と肯定して赦してあげてください。

2014年2月27日 0:58
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

「結婚について」問答一覧

私の再婚を息子が反対

初めて相談させていただきます。 ご縁があったのか、今年の春頃から優しい方とお付き合いをさせていただき、来年春には再婚しようということになりました。 それを私の二人の息子に伝えたところ、始めは戸惑っていましたが徐々に受け入れてくれました。 私の元夫は別居中に浮気相手との間に子供が出来て、昨年末に離婚しています。 長男は27歳、お付き合いしている同い年の可愛らしい女性に父親のことを正直に伝えたそうです。それを承知の上で交際プラスその後の結婚を考えてもらわないと、不誠実と思ったらしいのです。 そこまでは、相手の女性もそのご両親もOKだったらしいのですが… 私の再婚を交際相手に伝えたところ、あちらのお母さんが「両親が別々の家庭を持ってる人との結婚は反対」とおっしゃっているとのことでした。 交際相手の女性も、お母さんの意見にはいつも賛成のタイプだそうです。 息子はそれを私に言い、キレ気味に「俺が結婚できなくなったら、あんたらのせいだよ」「あんたらっていうのは、親父とお母さんのことだから!」とも。 それを聞いた私は、「相手のお母さんがそう言うなら、私は再婚を諦めてこの先ずっと一人でいるしかない」と思い、私の交際相手にこの事を伝え、結婚は難しくなったと謝りました。 相手のかたは、そんなのはおかしいし、納得がいかないと悲しんでいます。 長男はもてるタイプでなく、女性との交際も現在の人が初めてで、「俺はモテないから、彼女と結婚できなければ、一生独身だな」とかねてから言っていました。 母親としては、息子の結婚の邪魔はしたくないし、離婚した負い目も感じます。 でも、これで自分の幸せを諦めていいものなのか。 やっと優しい人と穏やかな交際が出来て、再婚後はお互いをいたわり合いながら幸せな老後を過ごしたいと思っていたのですが。 私の交際相手は、数年前に奥様を病気で亡くされています。 お互い悲しい過去を優しい気持ちで暖め、癒し合って、明るい気持ちになってきたところでした。 長くなり申し訳ありません。 ご相談したいのは、自分の幸せだけを追い求める気持ちにもなれず、かといって息子や相手のお母さんの言葉でこの先ずっと彼と私が我慢の人生を送るのもなにか理不尽な気がします。 どのように考えて問題を解決したら、みんなが幸せになれるのでしょうか。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

結婚はこの人でいいのか

結婚を前提に付き合ってきた年下のパートナーがいます。穏やかで優しくて頼りがいがあり、出会ってすぐに結婚を意識しました。 しかし、なかなか結婚の話題が出ないために、そのことについて話しをしたところ、借金があるという話しをされました。また、風俗に通っていたとも。 それでも結婚したいと言ってくれましたし、わたしも彼の人柄が好きでした。風俗に行っていたのは昔のことであること、もう行かないことと、借金の返済を約束し、結婚することを決めました。 両親へ借金の話はしていませんでしたが、挨拶をすませ、近々入籍予定です。 しかし、やはり些細なことで喧嘩が起きたときに、「借金があるくせに偉そうに」や「収入が少ないくせに偉そうに」と心の中で思ってしまう自分がいます。 お金がないので、婚約指輪もなく、彼は借金が返終わったら買ってあげるというのですが、随分先の話です。また、これから住む家や家具を購入する話などは積極的にするのに、婚約指輪の話は結婚後借金を返し終えてから考えようと適当に流します。 先日この件で、喧嘩が起き、結局婚約指輪は自分で購入に到りました。一人で店舗で購入しているのは自分のみで、こんなに悲しいことはなかったです。その件については、彼も謝罪していました。 借金についても、収入が多い私が一緒に返した方が早く返済できるので提案していますが、それは自分で返すと頑なです。これからお金がかかるのに本当に返済できるのか疑問です。 お金がないということは分かっていても、やはり憧れていた結婚への道のりが何一つ叶わないことや、期待しても無駄なのに、期待してしまう自分にも嫌気が差し、彼への不満も募るようになってきました。 本当にこの人と結婚して大丈夫なのか悩み始めています。

有り難し有り難し 29
回答数回答 1

結婚することを母に謝れと言われました

閲覧ありがとうございます。 タイトルだけだと語弊を生むと思うのですが、補足すると、 結婚して実家から遠く離れる(飛行機で2時間くらい)ことを謝れと言われたのです。 これは親として普通のことなのでしょうか? 25歳女、大学卒業まで実家暮らしで、その後留学させてもらっています。手塩にかけて育ててもらい、ここだけの話お金も尋常じゃないくらいかけてもらいました。とても感謝しています。 そんな私ですが、留学先でいい人と出会い、留学後に結婚を考えています。住むのは日本です。 ただその場所が問題で、実家から遠く離れているのです。とはいえ交通の便は良いです。 母からすれば、ここまでお金をかけて育てたのに、留学から帰ってきたら恩も返さず遠くへ行ってしまうというやるせなさと寂しさがあるのだと思いますが、謝れというのはなんだかふに落ちません。 結婚相手はとてもいい人で、それは母もわかってくれています。経済面でも何も問題ありません。 とにかく離れるのが寂しい、お置いていかれる、という感覚なのだと思います。 あと、何のために育てたのかわからない、とも言われました。 母は留学先から帰ってきたらまた一緒に暮らすことを心待ちにしていたようですが、それが裏切られた形ですね。 私は渋々謝りましたし、結婚後もうちに遊びにおいで、とか、結婚前に旅行に行こう、とか、いろいろ手を尽くしているのですが、効き目がありません。 もうどうしていいかわからないです。 結婚がここまで喜ばれないことなのかと、とても悲しい気持ちです。 できれば母には祝福して送り出してほしいのです。喧嘩別れにはしたくありません。 そのためには私が我慢すればいいことなのでしょうが、だんだん限界になってきました。 たまにカーッとなって怒鳴りたくなりますがなんとか抑えています。 長くなりましたが、私の相談は、 「結婚することを謝れというのは親として普通のことなのか?」 そして「もし何か解決策や母と接する上でアドバイスがあれば教えていただきたいです」 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る