hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

現代のお坊さんと世間のイメージについて

回答数回答 5
有り難し有り難し 138

先日初めて質問させていただきました。
そこで、お坊さんも色々な戒律や教えに従って日々修行されているのだなと感じました。

そして新たに疑問に思った事があります。

①お坊さんがパチンコなどのギャンブルをする事はどのような教えなのか?

②お坊さんが風俗に行く事はどのような教えなのか?

③上記の様な事がよろしくない事だった場合、その事をしているお坊さんは少数派かもしれませんが、そういうお坊さんを他のお坊さんは野放しにしているのはどのような教えにのっとっているのか?徹底するべきではないのか?

④お坊さんは高級車に乗っているイメージがありますが、乗る車について何か決まりでもあるのか?また、決まりがないとしたら、高級車に乗っている事はお坊さんとして恥ずかしくないのか?

他にも色々ありますが、とりあえず以上の4つについて出来るだけ簡潔に教えていただきたいです。

日本は無宗派が進んできているなどと言われていますが、お坊さんに対するイメージの変化も影響があるのではないかと思います。
あのお布施はパチンコに使われるのかな...とか、例えそうでなくても心のどこかで思ってしまうのはつらいです。どうしてもやりたいならお坊さんやめてやって欲しい訳です。

「悟りを得る為に良いことも悪いことも経験しよう」という人なら良いのかもしれませんが、悪い事を継続的にやる必要はないでしょうし、第一そういう心構えの人はそういう事をやってなさそうです。欲が絡むのは良くないと思うわけです。

無宗派が進む日本を変えようとするなら
人々を変えようとするのではなく
まず、お坊さん自信が徹底して変わっていくのが一番の近道なのではないでしょうか。

最後に
ここまで読んでいただきありがとうございました。私の無知さと出しゃばった発言、お許しください。決して、陥れようと思い書いたわけではございません。
ただただ、これからお世話になっていくであろうお坊さんの真実が知りたいだけです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

そのつかまえているものを放ってください

 ①②については、もし本当にいるのなら本人に直接聞いてみて下さい。私にはわかりかねます。
 ③についてはどうでしょう?もしかしたら①②の説明を聞いて納得できるものならその必要はありませんね。どちらにしてもわかりかねます。
 ④についてですが、昔は、お坊さんは駕籠で移動していたようです。今でも歴史ある大きなお寺さんに行くと、立派な駕籠があります。檀家さんはそのくらい住職さんを大切にしていました。
 今でも「立派な車で来てください」と言われるお寺さんもあるのはその名残かと思われます。
 立派なお葬式を挙げる導師が、貧弱な車で登場するとありがたみがない、と感じる人もあるということかもしれません。
 また、供養のため、寄付されたのがたまたま外車だったのかもしれません。寄付されたものなら仕方ないですよね。私も寄付で頂いたものなら恥ずかしいけど乗ります。
 ちなみに私の車は軽自動車です。遠出もしませんし、高級車で来てくれという檀家さんもいないし、外車を寄付してくれる人もいないからです。他の回答僧の回答からもわかるように、高級外車はあなたの単なる「イメージ」かと思われます。

 さて、でも、あなたの本当の苦しみは、お布施のお金がパチンコなどの遊興費や何やら高い乗用車などに使われてしまっているのかもしれない、という事ではないのでしょうか?
 お金に名前を書いておくことができません。あなたのしたお布施は、もうあなたのものではありません。
 「善行をしたら忘れる」、これがお布施の基本です。お布施も善行のひとつです。善行をすると、自分は善いことをしたとその行動に執着し、宣伝したくなります。でもそれを捨てることが大事だと仏教では説いています。いつまでもつかまえていてはいけない、と。
 お布施は宗教法人(お寺)に入り、宗教法人(お寺)はそれを基本お寺の管理に当てます。またその一部を給料として僧侶に支払います。そして僧侶は支払われたお給料の中で所得税を払い、住民税や健康保険や年金を払います。残ったお金の中で生活をしています。(私にはサラリーマンの経験がありますが、お坊さんになって大きく収入が減りました。)

 そのようなお金をあなたがいつまでも「オレの金だ」と主張できるでしょうか?あなたがいつまでも、すでにあなたのお金ではなくなっているものをつかまえているから苦しいのではないのでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

ありがたいご質問ですが、詰め込みすぎかと…

仏教は「八万四千の法門」と呼ばれるほど様々な教えがあります。後にタブーになりましたが、密教の極めて特殊な一派には性行為を修行に組み込んだグループもありました。ゆえに「仏教ではこういう教え」という説明は無理です。そのため私個人の考えとして書きます。

①②同業者として見られるお坊さんだからこそ迷惑です。

③清廉でいることは素晴らしいことですが、現場ではそれだけじゃ通用しないのですよ…
http://hasunoha.jp/questions/3886
⑥も③に絡めてお読みください。

また、「不説過の教え」がありますので「他人の非にばかり目を付ける人間にはならない」ようにしたいと思います。そういう教えこそ政治家も公務員も企業もニートも若者も年長者もみーーーんな悪い悪い悪いと見て止まない日本人の、心の健康のために必要な教えだと思っています。

④こちらで回答しています。
http://hasunoha.jp/questions/3223
なお、平成17年の曹洞宗宗勢調査報告にあるお坊さんの平均収入は、平成18年の厚労省の調査による一般家庭の平均収入と1万2千円しか変わりません。そしてその大半は300万円未満という注釈付きです。偏見です。

⑤信仰のイメージが一神教に汚染されて違和感を生んだだけで、無宗教化したわけではありません。むしろ明らかに仏教ブームが来ています。
仏教徒ではなかった人まで仏教徒に組み込んでいたこと、引っ越しが禁止されていた江戸時代の檀家制度からの『善い』多様化のメドが立たないこと、戦後の農地解放によって収入源を失ったのに経済活動を白い目で見られるお寺の収入源をどうするか等等、本当に問題にすべきことはもっと掘り下げねばなりませんよ。

⑥お坊さん自身が変わろう…今、そのムーブメントが起きているのを感じませんか?気付いていらっしゃらないからこそのご質問ですね。特殊な世界ですから無理もありません。私がやっていることは、他人から変えることではなく、そこにアンテナを立てて橋渡しすることです。

なお、千字の制限がありますので追加のご質問は新しく質問を立てて下さい。hasunohaでは後からご覧になった方々のために回答を消して書き直すことは推奨されておりませんのでご了承ください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

お坊さんのくせに、、、

なろしゃん様
お坊さんは如何に在るべきかというあなたの考えがあってその尺度からいえばかなり僧侶は在るべき姿から逸脱しているのではないかとお考えなんだろうと思います。

あなたが檀家である寺院のお坊さんも視野に入ってるかと読めますが、パチンコや風俗へ行くというのは出来の悪い、お坊さん失格の人でパチンコや風俗に出かけるのは戒律を冒してることは言うまでもないと思います。あなたはきちんとやれと思っていられるのでしょうが、出来不出来は事前のチェック出来ないこと政治家も同じですね。恥ずかしいことです。
出来の悪いお坊さんを代表して反省し懺悔します。
気づいたことあらばこれからも喝を入れて下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


山内 宥厳
楽健法と楽健寺の天然酵母パンを普及しはじめてかれこれ半世紀になります。楽健...

現代の僧侶は「いち社会人」

①お坊さんがパチンコなどのギャンブルをする事はどのような教えなのか?
→本来、僧侶というのは「無所得」でした。家も財も、なにも持っていないんです。持っているのは衣と鉢だけ。故に、賭け事をするお金も持っているわけもなく、戒律に賭け事に関することは明記されていません。やはり僧侶というのは信者様からの浄財によって生かされているものなので、その浄財を賭け事に使うことには反対です。が、現代においては僧侶も社会人という立場でもありますから、趣味の一環として賭け事をする人が多いのは仕方のないことだとも思います。現実的に、現代は昔のように修行のみに集中出来るような環境で僧侶が生きるには厳しい世界なんです。
②お坊さんが風俗に行く事はどのような教えなのか?
→これははっきりと十善戒の「不邪婬」にあたります。そういった僧侶は、もはや僧侶の格好をしたただの人間です。そういった僧侶とは距離を置くしかありません。
③上記の様な事がよろしくない事だった場合、そういうお坊さんを他のお坊さんは野放しにしているのはどのような教えにのっとっているのか?
→現実的に、すべての僧侶を統括、監視あうることは不可能です。僧侶も普段は私服だし、そういった行為は隠れていくらでもできます。徹底しようにも、現実的に不可能なんです。僧侶が自身の行動を戒めるしかないのですが、そういった心を持つ僧侶が少ないのは残念なことです。
④お坊さんは高級車に乗っているイメージがありますが、乗る車について何か決まりでもあるのか?
→僕は個人的には高級車に興味はありませんが、仮に高級車に乗っていてなにが恥ずかしいのでしょう?僧侶もいまや社会人の一人ですから、趣味くらいあるものです。その趣味が車なら、常識の範囲内であれば高級車であろうと構わないと思います。上述されたような賭け事などの趣味よりは幾分マシだと思いますし...
仏教も、僧侶も、時代とともにそのスタイルを変えて現代まで残ってきました。

いまの時代は「僧侶も一人の社会人」と思ってください。社会人は、ストレスも多いものです。が、あまりにも素行の悪い僧侶とは距離をおいて、真摯に仏道に励む僧侶とお付き合いいただければ幸いです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


高野山で修行をしておりました、恵成と申します。 現在、高野山をご案内する...

一緒に頑張りましょう

①キャンブル
とくに戒律で禁止はされてませんが、仏道の助けになる事では無いと思いますので、控えた方が良いでしょう。
キャンブルする時間があるなら念仏を唱えて欲しいですね。

②風俗
風俗とは日常生活の習慣の意味ですが、質問は性風俗の事でしょうね。
やはりよろしくありません。
とくに既婚者は戒律でも戒めています。
もしそんなお坊さんを見つけたら厳しく叱ってやってください。

③野放し
野放しではないです。
基本的には個人の努力なのですが、講習会などでも注意喚起しています。
浄土宗の宗祖法然上人も戒を守るように仰っています。

④車
私は先生からお寺の所有物は檀家さんの所有物の平均より少し下を目安にしなさいと教わりました。
なので車はスズキのスペーシアです。
小さくて広くて燃費も良いです。
しかし、風の影響を受け易いので、高速道路をよく使うお坊さんは、それに適した車がいいと思います。
もし檀家さんから高級車を頂いた場合は、それを大事に使わせて頂くべきでしょう。

ついでに
⑤無宗派
核家族化とお坊さんの怠慢が原因かな。
でもこのようなサイトができるくらいですから、仏教が求められているのでしょうね。
その求めに少しでも応えられるようになりたいものです。

⑥お布施
お布施はあなたの為です。
お坊さんの為ではありません。
なので何に使われようとあなたの布施行はちゃんとあなたの為になります。
でも、やっぱり気になるよね。
私のようにギャンブルしないお坊さんにお布施してください。是非。

⑦お坊さん
はい、その通りです。
お坊さん自身が頑張らなければなりません。
それを自利といいます。
そしてそれを人々の為に活かす。
それを利他といいます。
これからも自利利他を頑張るので、あなたも一緒に頑張りましょうね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

質問者からのお礼

恵成様
お忙しい中回答ありがとうございます!
どうしてもふに落ちないので書かせていただきます。
①についての回答ですが、「浄財を賭け事に使う事は反対」としながら「趣味の一環なら仕方ない」とも仰っていますが、結局どちらなのでしょうか?「世の中みんな賭け事をしていてお坊さんだけやるなと言うのはおかしい!」という事ならわからなくもないですが、してない人、お金がなくてできない人、したくてもできない人がたくさんいる現状では通用するのでしょうか...。
②の回答についてですが、檀家は距離を置こうにも置けないので困っております。それに「僧侶の格好をしたただの人間」と「現代の僧侶は一社会人」、「僧侶も一人の社会人」と言うのは結局同じ事を言っているのではないですか?
③の回答についてですが、徹底は無理と言って何もしないのと、徹底を目指し例えば講習会や会議などの機会があるならその際に注意を促しそういう事がやりにくい環境を作っていく努力は大切だと思います。
④の回答についてですが、「常識の範囲内」と言われてもお坊さんの常識と一般人の常識は違う様に思われます。それに「高級車であろうと構わない」と仰りながらも「賭け事などの趣味より幾分マシ」とも仰られています。本当に構わないなら胸を張って構わないと仰っていただきたいです。趣味といえば聞こえも良いですが、欲望に忠実といったところではないでしょうか。

今を生きる各宗派の一番偉い人、もしくは一番素晴らしいと思う人に「現代の僧侶は一社会人なので賭け事や趣味にお金を使うのはしょうがない事ですよね」とお聞きし、口を揃えて「その通りです」と返ってくるならそれはそれは悲しい気持ちになります...。

大慈様
お忙しいところご回答ありがとうございます!
承知いたしました!使い勝手がよくわからずすみませんです>_

山内様
お忙しいところご回答して頂きありがとうございます。私もそうですが、なかなか自分の非を認められないものです。どうしても言い訳をしたくなります。
夫婦間においても相手の言い分を「そうですね」と聞いてあげる事で相手は楽になると思います。
すごくモヤモヤがスッキリしましたm(_ _)m

聖章様
お忙しいところご回答頂きありがとうございます。布施行のこと勉強になりました!
私も頑張ってまいります!

光禪様
お忙しいところご回答頂きありがとうございます。
高級車は大半がてっきり宗教法人で買っているものと思っていました。もちろん檀家から寄付されたものはなんとも思いません。というか車寄付とか恵まれすぎですよね!笑

確かにお坊さんの給与にまで口出しするのはおかしいですよね。
私が言いたいのは、お坊さんがパチンコに行かなければそもそもこんな悩みを抱える事もないという事です。
檀家は執着をなくしたとしても
お坊さんはパチンコに執着する
おかしな世の中ですね。

改めまして、先ほどはご回答ありがとうございましたm(_ _)m

また、質問の仕方が下手くそで申し訳ありませんでした。
仏教としてでも個人としてでもなく信仰する宗派の教えでお答え頂きたかったです。
他の方はご自分の宗派で答えていらっしゃいましたので。

「不説過の教え」。勉強になります。難しい事ですね>_<

④についての回答(最後の給与の話)ですが
給与は沢山貰えば税金も増えるので
少なくて当然かと。要するに檀家としては税金のかからない宗教法人のお金を大切に使って欲しいわけです。地震などの災害が起きればお金がかかるわけですし。
それに「移動だけでも快適にしてあげて」と仰っていましたが、ただの甘えですよね。
仕事による長距離移動はみんな高級車だけどお坊さんはダメって言うのなら話はわかりますが>_

「お坊さん・僧侶全般」問答一覧

嫁ぎ先がお坊さん便を使うこと

死後の世界はわからないものだとこちらでも他質問でいくつか拝読いたしました。 現代では亡き親族の供養の仕方は様々かと思います。いろんな考え方があって当たり前だと思うのに、いざ自分のことになると気持ちがついていきません。 私は名家出身とかでは全くないですが、両親はあるお寺の檀家として必要だと思うことはやってきておりました。父は亡くなっております。 私自身、それが普通だと思って生きてきまして、嫁いだら私の実家のお墓に入れなくても、宗派は違えども、嫁ぎ先のお墓・御先祖を大切にし、供養や法要等やるものだと思っていました。 しかし、主人の実家では檀家などの概念がありません。そのような考えがない方も現代にはいらっしゃると分かってはいます。 こちらでも、葬儀は必要なのか、法要は必要なのか、お墓は必要なのか、、、などと、類似の質問はあるかと思います。 ただ、義祖父の亡き後、葬儀はお坊さん宅配便…法要は最低限…。なんだか寂しいような、理解できない気持ちになってしまいました。 ですが、そのときに来ていただいた和尚さまには私としては感謝しかありません。 私自身、正直仏教について詳しく存じている訳では全くありませんのでこのような質問をさせていただくこともどうかとは思うところもあります。 ただ、気持ちの置き所をどうしたら良いのかわかりません。厳しいお言葉でも構いません。何かお示しいただけたら幸いと思い、質問をさせていただいました。よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

乞食と喜捨に関する考え方

こんにちは、托鉢や乞食に関して、周囲の理解を得たいです。 私は地方都市に住んでいるのですが、街中でよく托鉢を行う人を見かけます。 お財布にゆとりのある時には小銭程度ですが、托鉢を行う方にお分けする事もあります。 …しかし、基本的に一緒に居る連れにはいい顔をされません。 「仏教には喜捨という概念があって、捨て去る事を有り難いと思う、そういった機会を与えてくれる事に感謝するっていう考えがあるんだよ」と説明はするのですが、あまり納得してもらえません。 私は小額で人の為になれれば嬉しい、そんな程度の考えで托鉢をなさる方に施しをします。 ですが、連れには大体の場合、「ああいうのはホームレスとかが僧侶などに変装してやっている。何も知らない人の善意を踏みにじる行為だからそんなものに手を貸すなんて」という具合の反応を返されてしまいます。 連れの言いたいことはわかります。ですがそもそも喜捨に関しては相手が誰だろうと関係ないものと認識しています。 しかし、それを連れに言ってしまうのまるで大事な連れを分からず屋扱いしてるような言葉になってしまいそうな為、いつも「小銭でも喜ぶんだからいいだろ」と終わらせます。しかしその言葉もまた托鉢をしてる方を、私が悦に入るための道具扱いしてるようであまりいい気分ではありません。 ところで私は敬虔な仏教徒ではありません。 人の為にどうのというのも、昔やっていたボーイスカウト活動にて「困っている人を助ける機会は善行を積む機会を頂ける」という考えを持っているからです。(この辺りは喜捨と似ているかもしれませんね) そのせいもあって、あまり詳しい仏教的な教えなどは語れなくもあるのです。 長文乱文になってしまいましたが、要は人は助け合うべきものであり、自分もいつホームレスの方々のようにモグリの托鉢や乞食をせねばならなくなるかわからない以上、誰かに何か出来る時はしておくべきだと思うのです。 こういった考え、仏教的な価値観を持たぬ身近な人に、角を立てずにわかってもらうにはどうしたらいいでしょう? わがままな話ですが、友人は大切なので「アイツは変わり者だ」と思われて距離を置かれるのも、「なんだか面倒くさいヤツだ」と思われて距離を置かれるのも嫌なんです。 支え合いこそ人類の本質にして美徳、そして自己のためでもあるのだとただわかってもらいたいのですが……

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

坊さんなのにこれからの将来が見えない

実家が寺で、仏教系の大学に通っている僧侶見習いです。 僧侶が社会システムにおいて必要とされる意義が「人に仮初の夢を見せて心のケアをする」以外しか見いだせなくてこれからの将来に絶望しています。 僧侶は、昔みたいに医者の代わりや教員の代わりをする訳でもなく、月回向や葬儀関連で人々の心を慰めるくらいしかしていません。 僧侶が利益(りえき)を得ることを人々は否定します。実際、聖職であるが故に本来は金銭を対価に何かをするというのはあまりに俗に塗れているような気がします。布施はそれ自体が神聖なものであることは分かっています。 しかし結局のところ、(観光という商売をしている寺は除いて)寺やそこにある僧侶という存在は「嘘をついて金を檀家さんや信者さんから貰う」ものに過ぎないのではないか?と思ってしまっているのです。 道徳を説くならそれはカウンセラーでも哲学者でも構わないわけです。 では僧侶が持つ他とは違うアイデンティティとは何かと言ってしまえば「仏教という仏になる為の指針」なのですが、結局のところ今の今まで人の身で完全に釈尊(応身)と同じステージに立った者もいない訳で。 本当に仏となることが出来るかも分からない教え、しかも数多の偽典があるであろう経典の内容を引いてきて、悩める人々に滔々とそれを説く。自分の中ではこれから自分がなる僧侶という職は、そんなもののように思えてしまいます。 私よりも遥かに経験を積み、たくさんの経典を読んだここにいらっしゃるお坊さんの方々に、私の悩みをただ、聞いて欲しいです。そして願わくは、自分の中の仏教に対する、僧侶に対する悪感情を解く何かを教えて欲しいです。 散文的になってしまい、申し訳ありません。宜しくお願いします。

有り難し有り難し 64
回答数回答 6

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る