hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

過去の悪いことや受けた恩について

回答数回答 2
有り難し有り難し 22

寝る前に多いのですが誰々に酷いこと言ったなとか悪いことしたなと過去のことを思いかえし反省することがあります。

そんな時は手を合わせて心のなで「申し訳ありません」と謝るのですが、仏教では過去の過ちに対して個人として、どう対処するべきかの教えはありますでしょうか?

また過去、お世話になった方々には手を合わせて「ありがとうございました」と心の中で感謝を申し上げているのですが、自分が受けた恩については忘れず感謝の気持ちを持ち続けようと思っているのですが、仏教では受けた恩についての考えや教えはありますでしょうか?

ご回答お願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 2件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

日々自らの行いを振り返ること -懺悔(さんげ)-

 曹洞宗の吉田俊英と申します。千字という限定の中では一般的な説明になりますが、私は下記のように理解しております。

仏教では、私たち人間の心にある「貪りの心」「瞋りの心」「愚かさ(痴)」のことを、貪瞋痴の三毒と言っております。三毒(貪瞋痴)とは、実に恐ろしいものです。貴重な願い事をささいなことで使い果たし、私たちの人生を狂わせてしまう力を持っているのです。
では三毒から逃れる方法はあるでしょうか?残念ながら、ありません。三毒は生まれながらにして私たちの身についているものです。いまさら消し去ることは出来ません。私たちに出来ることは、私達が生まれながらにして三毒を自分の中に持っていると自覚すること。そして、三毒の恐ろしさを認識することです。
 三毒を無くすことは出来ない。でも、三毒に包まれていることに「気づく」ことは、出来ます。三毒の恐ろしさに「気づく」ことは、出来ます。「気づく」ところに、私たち人間の限り無い可能性があると思います。常に自分という人間の「弱さ」「危うさ」を自覚し、三毒の爆発を押さえて行くしかないのです。
  
そのための行として、懺悔(さんげ)があります。自分の中に三毒があることを自覚し、今までの自分がしてきた行為行動を振返り、自分自身の過ちや悪業を仏様に向かって反省し、改めることを誓うのです。自らの心の中の仏様に語り掛けていくことだと思います。どうぞ、毎日のお仏壇でのお参り、菩提寺の本尊様へのお参りの際には、日頃の自分自身の言動を振り返り、反省と誓いの言葉(懺悔文)を本尊様にお唱え下さい。

我昔所造諸悪業(がしゃくしょぞうしょあくごう)
皆由無始貪瞋癡(かいゆうむしとんじんち)
従身口意之所生(じゅうしんくいししょしょう)
一切我今皆懺悔(いっさいがこんかいさんげ)

(意訳)
私が今まで造ってきた悪業は、皆いつからあるかわからないけれども 貪瞋痴の三毒と身口意の三業より起こしたものである。今自分の犯してきた過ちに気づき反省し、その一切を改めることを誓います。

 恩とは、今在る現状がどういう方々の行為などによって支えられているか深く考えることを言います。そして、受けた恩に感謝する行為のことを、仏教では報恩と言います。
曹洞宗では「行持報恩」という言葉をよく使います。日々仏道修行を続けていく事ががそのまま仏祖への報恩であるという意味です。

{{count}}
有り難し
おきもち

 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

「報恩功徳」

コン様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

過去の過ちに関しましては、仏教では「慚愧」ということを大切に致します。

「慚愧」につきましては、これまでも下記の各問いにて扱わせて頂いております。

http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/tag/慚愧

最近では下記の問いにて扱わせて頂きましたので少しくご参照くださいませ。

問い「懺悔」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1004016464.html

「慚」は、自分の心の中にて悪いことを反省したり、恥じたりすること。

「愧」は、悪いことを恐れたり、または他の者に対して反省や恥じたることを表すこと。

とにかく、「慚愧」により二度と同じような過ちをしないことが大切となります。

次に、「恩」に関することですが、仏教ではよく「四恩」を大切にしなさいと申します。

但し、その四つについては一定ではなく、父母の恩・衆生の恩・国王の恩・三宝の恩、その他では、仏・如来の恩や師・先生の恩、施主の恩も言われることがあります。

「恩」を想うということは、誠に様々な「縁」によりて成り立っている自分のありよう、生かされて生きることができている自分のあり様を深く鑑みる時、その有り難さに感謝することであり、そして、「報恩功徳」として、その恩に報いる行いが求められ、その行いとしては、主に善徳行として、または慈悲・利他行として調えていくことが大切なこととなります。

(「善行」と言ってしまうと抽象的ですが、一つは他に迷惑を掛けない、自分のされて嫌なことはしないという善い行い(代表的な十善)と、もう一つが苦しみ困っている者がいれば積極的に助けていく、施していくという善い行い(慈悲・利他行)となります。)

是非、共に報恩功徳に努めて参りましょう。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

質問者からのお礼

遅れて申し訳ありません吉田様回答ありがとうございました。

川口様 回答ありがとうございます。

「過去にとらわれる」問答一覧

お話頂戴

過去に辛い経験をし、それは自分にとって挫折でした。 それから10年ほどが経ち、失敗を取り返そうと努力した結果、たまたま成果も出てきて、ようやく社会からも認められたと感じている近頃です。 過去に思い描いた姿の一部分を叶えられたと思うのですが、喜びよりもストレスが多く、思っていたものと違うということに気づきました。私は自分を立派に見せることに必死だっただけに思います。そしてそれが苦しみの原因に思いました。これからは足りないかもしれませんがありのままの自分で生きて、素の自分が成長することを望みます。 また、過去に対する捉え方も変えたいと思います。昔の出来事がずっと心の中にあり、あの時足りないものがあったから惨めな思いをした。だから周りを見返してやるんだといったように、過去に執着してきました。しかし、これからは失敗したのが自分なんだと受け入れようと思います。ある意味、過去があったから今があると思うので、仏教でいうところの「過去はない」とまで自分は思えませんが、せめて今までのように執着するのはやめようと思います。 なんとなくですが、最近考え方が変わったので、お坊さんからのお言葉を頂戴したいです。

有り難し有り難し 20
回答数回答 2

過去を振り返らないで前に進むには?

私はここ1週間ほど、過去の物を何度もみてしまいます。 例えば、高校の部活の公演DVD。 高校では演劇をしていました。 舞台で演技をしている自分は輝いていて今の無職の私とは別人にみえます。 それが誇らしく、「私はできる人だ」と自信を持つと同時になぜか切なさを感じます。 先輩や後輩からもらった手紙や、過去のメールをすべて読み返したりしています。 読んでいると高校の時の感情を思い出します。 先日、高校時代の部活の友人に久々に会いました。 高校時代は似ていると思っていた仲間がそれぞれの道をいき、私の知らないような経験をし、大人になっていました。 私はなんだか自分の居場所だった部活の仲間たち、あの時には戻れないと感じ、悲しくなりました。 この前、ハローワークに行きましたが、上手く相談できず、なにも進みませんでした。 自分の良いところを思い出すために過去ばかりみて、現実の私はなにも踏み出せないでいます。 私は自分の決断に自信がもてないので、何も決めたくないと思ってしまいます。 過去との向き合い方、そして今への向き合い方を相談させていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

過去との向き合い方

 すみません。以前相談したものと内容が類似していますが、まだ自分の中で良い答えがないのでもう一度質問させていただきます。  私は現在高校三年生という立場ですが、今までの人生常に後悔をすることをしてきました。理由は物事を長い目で見れず、短期的な自分の欲に従って生きてきたからです。そして、人に沢山の迷惑をかけてきました。例を挙げると、勉強をせずに遊び続ける(表向きには、していると言う)・親のお金を盗んで趣味のものを買う・勝手に学校をサボる・学校の集団行動の途中で、急に人と関わりたくなくなったという自分の都合で、修学旅行中でも食べも話もせず宿でひたすら固まって考え事をする・そのような過去をなくす為に今後人に迷惑をかける可能性が最も低くなるであろう死・自殺をしようと思い立ち、色々な方法を試し、結局勇気も出ず失敗し、捜索される など…。他にも色々とあります。最後の自殺に関しては、親のみならず、学校の先生や友人や警察の方など、数え切れないほど。これらの行動は、前述したように自分の欲に従ったものもありますし、他には自分なりに考えた結果、人に迷惑をかけずに済むと考えたものもあります(結果的には多大な迷惑)。  でも最近また考え直して、真当な人生を送りたいと思い、自殺などを考える無駄な時間があれば努力をしようと考えました。  しかしこれは、あくまでも自分の思い立ちであり、過去に人に迷惑をかけたという事実は何も変わりません。自分では一から始めようと思っても、人からしたら迷惑をかけられて関わりたくない・忘れられる訳がない・信頼なんてできるわけがないと感じているはずです。  人に迷惑をかけてしまったからこそ、今までの分努力して私は変わりたいです。どうしたら良いのでしょうか。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

過去に振り回される

家族や親戚について、昔のことを振り返ってみると、嫌な記憶が多いです。 それは当時の彼らに余裕がなかったからかもしれないし、私の受け取り方が悪かったのかもしれません。ですが、結果として今、嫌な記憶だと思っています。 今では少しずつ彼らの言動もマシになり、また私も気楽になれる時間も増えました。 しかし、時折過去のことが鮮明に蘇ってきて希死念慮に襲われます。今と昔が混同してしまい、本当に優しい言葉だのに「私が思いどおりに動かなかったら怒鳴り散らすのでは」「見捨てるのでは」「罵るのでは」と考えてしまい辛いです。 心療内科の先生の「御家族はあなたのことは昔から大事に思っていらっしゃると思うよ」という言葉に頷いてはいますが、果たしてそうだろうかとも思います。 私としても、こうやって昔のことを何度も何度も掘り返してしまう自分のことが嫌いで殺したくなります。 また昔の私は、家族や親戚に怒られたりネグレクトされるのが怖くて機嫌を伺ってはおどけて見せたり言動は慎重に選んだりしていました。 今ではそういうことも少なくなりましたが、人から馬鹿にされたり、私を踏みにじるような言動をらされると、家族の言動が甦って怒りに腸が煮えくり返りそうになります。 こういった過去のことから振り回されることを無くすには、どのような考え方をしたらいいでしょうか。 過去があるからこそ今があるのは分かります。 ですが過去の数多の嫌なことが無ければ、私もこうして苦しんだりしませんでした。苦しみが不必要とは言いません、ただ首を吊ったりするほどの苦しみを誰が受けたいでしょうか?誰が引きずりたいでしょうか? 乱文になってしまい申し訳ありません。今、自分の中で頑張りたいものがハッキリしてきているので、それに向かっていきたいだけなのです。 過去のことに無駄に時間を費やすのは、もうやめたいです。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

過去への不安から死にたくなります

付き合って6年になる大好きな彼氏がいます。最近はもうお互い結婚する気で一緒にいるので、先のことについてよく話したりします。 ですが、ここ最近私は過去のことに対する不安が酷く、もしそれが彼に知れたら嫌われてしまう、振られてしまうと思い、不安で食事が喉を通らなくなってしまいました。 プロフィールの通り過去通院しており、1年前は躁状態でした。躁状態の時は後先を考えず突発的に行動してしまうことがありました。 その時は何を思ったのか風俗店の体験に行き、1日働いてしまったのです。もちろんそれは彼は知りません。 たかが1日と思いますが、後から思い出すとその中で相手をした内の1人の方が盗撮をしていたとしか思えない動きをしていたのです。 ふとそれを数日前に思い出してからそれがずっと頭の中に付き纏い、いつかネットに流されるんじゃ、もう流されてるかもしれない、それを見た知人が彼に知らせるかもしれない、そもそも彼がその動画を見てしまうかもしれないと思い不安で仕方ないのです。 過去のことでありその人を問い詰める事もできないし、まだ起きてないことを心配しても仕方ないことは重々承知しております。自分が選んで隠して働いたのだから罰を受けるのは当たり前だと思います。でも彼を失いたくない。でもどうしても頭から不安が離れないのです。 こうやって不安に襲われているうちに、落ち着いた病状もまた振り返してしまうのではと次々不安が襲ってきます。 彼に相談することはしたくないです、彼を悲しませる事はあってはならないと思います。ですが不安が消えてくれません。 せっかく病状もおちついて、この先楽しみなことがたくさんあるはずなのに死んでしまいたくなります。本当は死にたくなんてないのに死ぬ事しか不安を消す方法が思いつきません。辛いです。 私生活も頑張りたいのに不安で手につかなくなってしまいました。誰にも吐き出せずこちらに参りました。 どのような心持ちでいればこの先生きていけるのでしょうか 情けない質問ではありますが、どうかご助言を頂けないでしょうか。

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

過去の出来事が忘れられず、前に進めません

過去の出来事が忘れられず、いつまでも前に進めません。 物心ついたときから家族の仲が悪く、日常的に喧嘩があったり怒鳴り声が響いているような環境で育ちました。特にここ1年くらいは母と姉の関係が悪化してしまい、早朝や深夜にまで喧嘩をしていたり、時には警察を呼ぶくらいヒートアップしてしまうこともありました。 喧嘩の内容は私には全く関係のないことなので気にしなければいいのですが、小さい頃からそういう環境で育ったからか、あの張り詰めた空気や怒鳴り声が本当に苦手で、喧嘩が始まると毎回息が苦しくなって震えが止まらなくなりました。 母にやめてほしいと頼んでも逆に怒られてしまったり、父にどうにかして欲しいと頼んでも「仕方ない、我慢するしかない」と言われてしまったり、自分にはどうしようもないことで苦しまなければいけないことが本当に辛くて、大きな喧嘩があった後は死にたくなる気持ちを抑えるのに精一杯で一日何も手につかず学校にも行けずでした。 今は姉が一人暮らしを始めたので落ち着いているのですが、ふとした時にあの時のことを思い出して、家族への嫌悪感 それ以上にあの時私がなにかしてれば変わったんじゃないかとか、家族の喧嘩ごときでこんなに悩む自分が弱いんじゃないかとか、後悔と自己嫌悪に陥ってしまいます。 もう終わった出来事なのにいつまでもダラダラと引きずって、思い出す度に死にたくなって、もし大人になってもこの状態だったらと思うと怖くて仕方ないです。 今は学生なので家を出れませんが、大学からは家を離れる予定です。環境が変われば忘れられるものでしょうか?もっと時間をかければ忘れられるものですか? 大袈裟だなと思われるかもしれません。自分でもこんなことで悩んでるのがばかばかしいなと思います。ただこれから家族とか今までの辛い出来事に囚われずに、前を向いて生きるためにどうすればいいのかを教えてほしいです。  拙い文章ですみません。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

過去の失敗が忘れられない

私は12月頃に、大きな失敗をしました。 11月頃にネット友達にとある理由でお金を渡し、何日たってもお金が返ってきませんでした。結果的にネッ友がお金を使ってしまい謝罪されてお金を返金されました。 私は一年以上仲良くしていて親にも紹介してた位仲が良く信用していたのですが、隠さずに素直に言ってくれなかった、裏切られた事に対して怒りを覚えてしまいました。 その時に仲介として、間を取り持っていた友人に「+αでお金貰いなよ」と言われました。 友人は私よりも年上だったので、これが正しいと思いました。 お金を借りるにも利子をつけて返済すること だと思っていたので、尚更正しいと思いました。 そして、ネッ友に+αでお金を返して欲しい と強く言ってしまいました。 それで、結局+αは貰ってなく自ら警察へ相談し 恐喝の1歩手前になりました。 所謂 補導で済みました。 私は何日も反省し、親からも怒られました。今でも思い出すと胸が苦しいほど反省しております。 自分はプライドが高いため、過去に傷がある事が嫌で自殺したいなと考えるようになりました。 あの時はどうかしてました。本当にごめんなさい……今でも思い出す度にそう思います。 忘れられなくて辛いです。 この辛いという感情を抑えるにはどうしたらいいですか。ネッ友とは連絡はとれません。私は許されますか。

有り難し有り難し 17
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る