hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

死ぬということ、生きるということ。

回答数回答 4
有り難し有り難し 51

昨年、私は30歳で3人目の子供を出産しました。
それから数ヶ月経ち…
幸せなはずなのに毎日死について考えてしまい苦しくなります。

『今は皆で笑っているけど、いつかは永遠の別れが来る』
『死んだら夫のことも子供達のことも楽しかった思い出も全て消えてなくなる』
『子供達も私のように死に恐怖感を持ち苦しむ時がくるのかな』
『いつかは死んでしまうのに何で産まれてきたのだろう』
と、常に頭の中にあり、夫や子供達の無邪気な顔を見ると、悲しくなります。

どうしたらこれからも前向きに生きていけますか?
もともと、パニック障害があり、数年前から心療内科に定期的に通っていたのでその事を話すとろくに話も聞いてもらえず薬を大量に出されただけでした。
(授乳中なので薬は飲んでません)
私はおかしいのでしょうか?
それとも、産後に不安定になっているだけなのでしょうか?
誰にも話せず、自分でもどうすれば良いのかわからなくなりこちらで相談させて頂きました。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私も怖いです

マイちゃんさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

私もマイさんと同じように、よく死について考えて恐ろしくなることがあります。僧侶という立場上、ご葬儀の場に立つことが多く、その度「自分はどういう最期を迎えるのだろう」と考えて、怖くなってしまうのです。
でも、必ずやってくる悲しい別れだからといって、恐れていてばかりではいけないな、とも思います。

仏教では「諸行無常」、つまり全てのものごとは移ろいゆき、いずれ滅することを説きます。この部分だけを見て、他宗教の聖職者が「仏教は刹那的、厭世的な教えだ」と理解したそうです。
しかしそれは間違っています。仏教は必ず死がやって来ることに目を背けずまっすぐ見据え、いずれ来るその時まで完全燃焼して生きることを説く教えだと、私は思っています。

私は「死の体験旅行」という、自分自身の死を仮想体験するワークショップを行っていますが、受講された多くの方が、ポジティブな考えに至っています。一見ネガティブに見える「死を考える」ことは、実はより良く生きるために必要なことなのかもしれません。
そうであれば、今マイさんが死について考えてしまうのも、決して無駄ではないと思います。

子育てのご苦労や産後の不安定感などが重なって、今の状況になっているのかもしれませんね。心療内科でたくさんの薬を出されたということですが、あまり多くの薬を飲むことは好ましくないと思います。他の医師などにも相談なさってみてはいかがでしょうか。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

やはり私の個人の私見ですが…

マイちゃんさん。三人ものお子さんを出産されて子育てよく頑張っていらっしゃいますね。
素晴らしいです。

仏教では六道輪廻と言って命あるものは覚らなければ生まれ変わり死に変わりして六道を巡ると言われています。
だから、死が終りではありません。
全てが消えて無くなるわけではないのです。

私も子供を出産しましたが、子供が生まれて物心がつくかつかないとき、子供にこう質問した事があります。

「〇〇ちゃんは、生まれて来る前どこにいたの?」

子供は迷わず指で上を指差しました。

で、何をしてたの?と聞くと

「〇〇ちゃんはね、パパとママの所に生まれて来るの待っていたの」

と、答えてくれました。
その後月日が経ち、片言ではなく流暢に喋れるようになってから、もう一回同じ質問をっしたのですが、そのときは答えられませんでした。

これは子供の戯言と言ってしまえばそれまでですが、私は子供の言葉を信じました。
人は、いや生きとし生けるもの森羅万象は大きな流れの中で生きています。
仏の命の中で生かされているのです。

死んで全てが消えるというものではないと私は確信しています。

仏教を学んでみてはいかがでしょうか?
いろんな宗派がありますが、貴方の一番ピッタリと来る宗派を探すために
お寺を訪ねたり本を読むのも善いかもしれませんよ。

それから、産後はマタニティブルーと言ってホルモンの急激な変化で
精神的なバランスを崩しやすいといわれています。

あまりシンドイと思う状況が続くのであれば、まず、婦人科で相談してみてください。
(心療内科より先に婦人科ですよ)

では、お身体をくれぐれもお大事になさってくださいね。

{{count}}
有り難し
おきもち


仏道に入門して36年が経ちました。 死ぬまで修行を続けるのがお坊さん...
このお坊さんを応援する

人生の意味は仏様が明確にお説きくださいます。

人は人生に空しくなることがあります。
それは人生の意味が分からない、理由がわからないからです。
「人は何故生まれ、死んだらどうなるのか」
人間の知恵では絶対に答えがでません。
かっこいい格言は世の中にいっぱいありますが、どれもただの人間の知恵です。
妄想や希望、道徳的観測による格言なのです。

いのちの事は真を知っておられる仏様に聞くしかありません。
それはお釈迦様です。お釈迦様がお説きくださったお経です。

お釈迦様は、私たちのいのちは輪廻していることを教えて下さいます。
そして、その輪廻は今の行い(業)が来世のいのちを作っているんだとおっしゃるのです。
これを「自業自得」と言います。

人が生まれてくる理由は前世の行いの結果です。
五戒という戒律を守ると来世で人間に生まれることができます。
だから今人間に生まれているということは前世が五戒を守った結果です。
私は、『前世の尊い行いの結果によって人間に生まれることができた』ということです。
人間に生まれることは滅多にない僅かな確率で、とても凄いことです。

そして、人間に生まれたら、更に『仏になる』という大チャンスがあります。

人間はいつか死にます。
死ぬということは来世が始まるという事です。
その来世が仏であるならこれほどの幸せなことはありません。
逆にその来世が地獄であるなら、今の人生がどんなに幸福でも空しいものであります。

是非、このいのちで仏になる教えを聞きましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...
このお坊さんを応援する

未来 それは未だ来らざる事

未来という言葉を希望的に読むのでもなく悲観的に読むのでもなく
そのままダイレクトに考察してみましょう。
❝未来❞とは
いまだ きたらず
いまだ きたらざること
まだ きてもいないこと
おこってもいないこと
めのまえにありもしないことです。
あなたが相手にしていることは少なくとも、実際に起こった現実ではありません、よね?
まず、この肯定しがたい事を、あなたがキチンと肯定しないと、迷妄の雲は去りません。
「え、でも、いつかくるじゃないですか?」
大丈夫です。それ↑、その思いも、いま、現実に実際リアルタイムで起こっていることではないですよね。
人間は、現実でないことを相手にしている時は、思いを相手にしていることが❝確実❞なのです。
確実に思いを相手にしているのです。
だから、現実を相手に生活している人は、あなたのように悩みはありません。
あなたも現実を相手にされていた時は、目の前を生き切って、迷いも入る余地すらなかったはずです。
人間が恐怖することの99%は頭の中で、実際に起こっていないことなんだ、と認識してみましょう。
あなたが相手にしている事が、現実ではなく、自らの思いの中、マボロシを相手にしていた、という事に目覚めて頂きたいのです。
私にも妻子がいますし、どちらが先にさようならをするか分かりません。
仮に妻子が先に死んでも、私は、私の生として生き続けることになります。
何故なら、他人も、家族も、自分の体も、世界そのものが、
自分の願いや思いとはまるで無縁な在り方として活動しているからです。
そうなったらもちろん辛いでしょう。
ですが、辛くなる前から、その痛みを恐れているだけなのではないでしょうか。
今日もお寺には、先立たれた人たちを弔い供養するべく、というより、故人さまと生きている人と同様に面会、再会、お参りに来られる方々が全国に大勢おられます。
死は終わりではないのです。
ちゃんと続いている人たちが沢山、健全に生活していますから安心してください。
もしそれが無かったら、みんな愛する人たちの後を追ってしまいます。
諦める、明らめる、とは、真実のすがたを悟る、ということです。
思いの世界の自ら作り上げた恐怖の世界から抜け出して、ちゃんと大丈夫な世界を生きましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

「死ぬのが怖い・死恐怖症にお坊さん知恵袋」問答一覧

いつか必ず死ぬ恐怖を克服する話

小さい頃から、夜寝ている時にふと、自分という存在はいつか必ず死ぬんだと考え、それを想像したときに恐ろしくなって...というのを20年以上続けてきました その恐怖を克服するために自分なりに考え出した答えがあります 人間というのは、科学的に言えば素粒子の塊である、死ぬということは今まで塊になっていた粒たちがバラバラに解散することである、粒そのものが消失するわけではない、あくまで失うのは「人間」という形だけである 他の粒たちの助けを借りて実現できていた、見る力、聞く力、考える力、記憶などは全て失われる でも、この身体(脳)の中心にいる「自分」という個性を持った粒は失われない 火葬され、煙突から吹き上がり、風に乗り、また別の何かになる 何にしても、死ぬということは、人間という形を手放し、先に逝ってこの世界を舞っている皆のもとに合流することである... こういう風に考えると、死ぬということが絶対の孤独をもたらすものではなく、むしろ生き抜いて老いた後の孤独を解消するものであるとさえ思えてきました 自分なりに納得できる答えで気に入っているのですが、こんな話をする機会がありません(家族や友達といきなりこんな話をする気にはならない) お坊さんの方々はいつか必ず死ぬことについてどのように考えているのでしょうか 仏教の教義には色々な考え方があると思うのですが、それを絶対の教えとされているのでしょうか

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

死にたくないのに死について考えてしまう

何故だか、死について考えてしまいます。 死を選んでしまいそうで、怖いのです。 私は心療内科に通っており、一人で遠出するのもかなり緊張してしまう状態です。症状が酷いときはお薬を飲んでしのいでいますが、『いい歳して、ろくに外も歩けないのか…』と思うと、苦しくなります。 苦しい気持ちはありますが、私自身、非常に恵まれた環境で生きていると思っています。一度メンタル面で体調を崩し退職したものの、現在はなんとか仕事に就けています。両親も健在。家庭環境や人間関係に困っていることもありません。傍から見れば、何一つ不自由のない生活だろうと考えています。 ですがある時、ふっと頭に『死にたい』という言葉が浮かびました。 自分でも非常に驚きました。年金もらうまで死ねない!なんて思っていたはずなのに。自殺についてなんて、少しも考えたことがなかったのに。 しかしよくよく考えてみれば、私には資格もなければ趣味もありません。なんの取り柄もない人間だと思います。心の奥底では、そんな自分に価値がないと思っている気がします。 決して死にたくはないのです。ですが気分が落ち込んで、今ではうっかり死を選んでしまいそうです。自分がコントロールできなくなるような気がして、恐ろしくて仕方がありません。 自分の中に生と死の2つの考えが頭から離れず、どうしてもソワソワしてしまいます。 私はおかしくなってしまうのでしょうか。どうしたらいいのか分かりません。 生きる知恵、良い考え方を教えて下さい。しっかり生きて、人生を楽しみたいです。 うまくまとめられず読みにくい文章になってしまいました、お許しください。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

死の恐怖感に押しつぶされそう

高校生です 朝起きたりニュースなどで人が亡くなったということを見たときに、死に対する恐怖感や不安感に襲われます。 人が生きる年齢を100歳だとしたときに親はもう50歳で人生の半分が終わっていて、自分は今までの事を6回ほどしたら死んでしまうということを考えてしまい恐怖や不安に耐えれなくなります。 今の生活を失うのが怖く死後の世界があれば今までの生活をできるのか、また死後の世界でも寿命があるのかを考えてしまい何もできなくなってしまいます。 自分は今までコンビニのガムや親のお金を盗んだりしてしまっていて、自分が死んだときに親は迎えに来てくれるのかと考えてしまい、もしかしたら誰も迎えに来ずそのまま地獄に行ってしまうんじゃないかと怖くなります。 自分は学校も行かず外に出るのもいつの日からかストレスになってしまい、親が亡くなったあと一人で生きていけるのか考えて怖くなります。 死後の世界がなければどうなってしまうのか、死ぬときは痛いのかなど考えてしまい吐きそうになります。  自分は今の親と兄とペットがいる生活がとても嬉しいです、でも年齢を考えたら自分が最後まで残って一人ぼっちになるのが怖いです、死後の世界で同じ生活がしたいと考えたときに少し嫌な気持ちに近いような感情が出てきてしまい、自分は親の事や今の生活を本当は嬉しく思っていなんじゃないかと不安になってしまいました 自分が家族や今の生活のことをどう考えているのかわからなくなってしまいました。 死後の世界があるのかなど知りたいです。 うまく言葉にできているか分かりませんがアドバイスをいただければと思います。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

死が怖くてたまらないです

閲覧ありがとうございます 20代後半の子供2人の母です コロナが流行し、たくさんの方が感染し苦しい思いをし、亡くなられた方もいらっしゃいます それがニュースで毎日取り上げられ、予防を徹底する日々を送っています そんな中、突然死というものに強烈な恐怖を感じる様になりました 今までは特に死に対し、日常の中で考えることもありませんでした それが今、怖くて怖くてたまらないのです なんでもない、ふとした瞬間に恐怖を感じるのです 例えば、コロナに子供が感染したら、どうしたらいいのだろう 自分が感染したら、何週間も隔離ということになったら、万が一重症化したら1人で死んでいくのか 大切な人がいなくなってしまったら そんな風に考えて、近所のスーパーにも行きづらくなりました コロナだけでなく他の病気や怪我も怖いのです 上の子が幼稚園に通っているのですが、大怪我したらどうしよう、給食を喉に詰まらせたらどうしよう、犯罪者が突然幼稚園に侵入したらどうしよう スヤスヤ眠る子供を見ては、息が止まってしまってないかと夜何度も確認してしまいます こんな風に頭の中が不安でいっぱいで、心が壊れそうです 以前自分がどんな風に考えて、毎日を過ごしてきたのか思い出すことができません こんな風に不安になってしまった時、どうやって意識を他のことに向けたら良いのでしょうか 現在パニック障害の治療を受けています それとほぼ同時に死への恐怖を抱きました 医師には相談していますが、『大変だね、趣味を見付けたら』と言われました 24時間考えているわけではなく、掃除をしている時、お風呂に入っている時、ふと考えてしまうのです どうか助けてください

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

死の苦痛が怖くて仕方ありません

死の間際に感じているであろう苦痛が怖くて仕方ないです。 最近、ときどき「死ぬ間際の苦痛」がどうしようもなく恐ろしくなってしまうことがあります。 多くはフィクション作品やドキュメンタリーを鑑賞している際に感じています。「死」や「病」に関する描写が出てくると、ふと「死ぬ間際にはどのような感覚なのだろう」と想像してしまうのです。 例えば病であれば、病床で満足に動くこともできず逃げられないまま病による苦痛を味わい続ける日々を想像し、気分が悪くなってしまいます。 フランス革命の話題であれば、「ギロチンにかけられた場合でも間髪入れずに死ぬのではなく、一瞬は生きているだろうから、その際に激痛を感じているのだろうな」などと考えてしまいます。 それ以外にも、例を挙げれば枚挙に暇がありません。 調べてみれば、やはり「苦しまない死」を享受できる可能性はそれほど高くないとのこと。 私はこの、「人生の終わり間際に大きな苦痛が予約されている」という状況そのものに耐えがたい恐怖を感じてしまいます。 思えば、私は「予定された苦痛」というものが非常に苦手です。 以前、微熱と悪寒があり「もしかしてインフルエンザかも」と思った瞬間に、来たる高熱での苦痛への恐怖で血の気が失せて吐きそうになったこともありました(ただの体調不良でした)。 コロナウイルスのワクチンを接種した際も、注射そのものではなく、ほぼ確実に発生するという副反応へかなりの恐怖を覚えていました。 死の苦痛も、私の中では同じです。 死ぬことそのものにはそこまでの恐怖を感じてはいません。 ですが、そこに至る過程である「苦痛」の存在が、私は恐ろしくてなりません。 夜遅くや、朝起きたとき、ふと浮かぶその恐怖に押しつぶされそうになってしまいます。 こうした「来ることが確約されている痛み」への恐怖を和らげるためには、いったいどのような心構えでいればいいのでしょうか?

有り難し有り難し 10
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺