hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

私の恐怖

回答数回答 4
有り難し有り難し 107

私は死ぬのが怖いです

これは、7月位から始まりました。

「がんかも?」と思い
Googleで症状と合わせてたくさん検索しました

いい結果(ガンじゃないと思う)が出たら
すごく元気になれて、人生を楽しめます

でも悪い結果(ガンかも、病院に行っては?など)が出ると
吐き気、寒気、微熱、血の気が引く感じ、倒れそうになる
といった症状が出ます

そして今ものすごく怖いんです

この前、死ぬのが怖くなって(死ぬ気がして?)
「死ぬ前 症状」で検索したら

やすこの顔占い、死相、というページにたどり着きました

そのページには
「死ぬ数ヶ月前の人は口から黒い線が出る。私が見たこの死相の人は2ヶ月後に死んだ」というようなことが書いてありました

昨日の夜、、、私には書いてあったような症状が出ました
13歳なのでほうれい線などはないです
でもなんか、
黒い線が右端から頬にかけて流れてる?んです

確実に死ぬんですか?死にたくないです

死ぬのが怖いわけじゃないんです

ただ、死んだ後のことを考えると怖いです
「お母さんはどうするのかな、寂しいだろうな」とか。

Yahoo知恵袋や、Googleの質問コーナーでも質問しました。

それで、「釣り乙、占いなんか当たるわけないだろ、気のせい」など
たくさんの事を言われて・・・

ここにたどり着きました
ダメ元で質問してます。

お願いします。
今はお母さんのアカウントを使ってます
まだ中学1年生です
死にたくないです
80さいまで生きたいです

お坊さんは死相を信じますか?
私は死ぬんでしょうか?

2016年8月27日 17:13

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

周りに相談してきちんと調べましょうね

はじめまして、ご相談拝見しました。

死ぬのは怖いですよね。私もそうです。しかし悲しいかな私たちの死亡率は100%です。これはさけられない事実であり真理です。それがいつおとずれるかもわかりません。

それでもやはり年齢を重ねてから死ぬ可能性の方が高いだろうと、中々死を実感できないのが私たちの姿でしょう。

さて、七月ごろから「がんかも?」と思い 死への恐怖が始まったとの事ですが、それならばきちんと調べて安心しましょうね。

まずはお母さんに相談すること。具体的に症状をお話ししましょう。それでお母さんに「大丈夫、心配ないよ」と言われても安心できないなら病院を受診して見てもらいましょうね。

インターネットには色んな情報があふれていて注意が必要です。怪しげに不安をあおる様なサイトは特に注意ですよ。インターネットや自分の不確かな情報で判断せずに、専門家であるお医者様の診断を信じましょうね。

死相について私は信じませんが、そういうものが人間に見えてしまうということはありえると思います。それは実際に死相が出ているということではなく、出てなどいないのに不安や恐怖からありもしないものが見えてしまうということです。

お母さんや周りのお友達などにそのサイトのことは話さずに「私の顔に口から黒い線が出てる?」と聞いてみましょう。きっと出ていないと思いますよ。

いずれにしても心配で具体的な症状があるならきちんと病院を受診しましょうね。

2016年8月27日 18:44
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

だからこそ今を全力で

 こんばんは。
 死ぬのは怖いですね。お母さんを悲しませる事になるかもしれませんね。

 まず「死相」ですね。顔占いの事のようですね。
 私はたくさんの亡くなった方の顔を見ていますが、そのような相が出ずに亡くなった方もたくさんいらっしゃいます。また、10年以上前からそのような相のまま、元気でいらっしゃる方もいます。つまりあてにはなりません。
 一方で、生きている者は必ず死にます。あなたも明日か80年後かわかりませんが、その時がきます。

 大切なのは、「死んだらどうしよう」ってオロオロしたり、「どうせ死ぬんだから」と開き直って遊んでばかり、って事にならないようにしていただきたいと思います。
 明日死ぬという覚悟で一生懸命生きて、80年後まで生きる時のために計画を持って生きていただきたい、って事です。

 もしあなたが早く亡くなってしまったとして、あなたのお母さんに「あの子は死ぬ前からオロオロして、そんな話題ばかりだったなぁ」と思われるのと、「あの子は早く死んでしまったけれど、たくさん楽しい話をして、思い出もたくさん。短かったけど充実した一生だっただろう」と思われるのとどっちが良いと思いますか?後者の方がお母さんの立ち直りが早いと思いますよ。あなたも最期は充実感とともにあった方が気持ちが良いはずです。

 ですから、いつ死ぬか、なんてわからないことをオロオロ考えてばかりいないで、あなたが明日死んでも後悔のないように充実した日々を過ごし、同時に長生きする可能性に備え今からちゃんと勉強して、またお母さんに対しては、たくさん会話をして、たくさんの思い出を作るようにしてはいかがでしょうか?

 ひとまず健康診断をきちんと受け、交通事故にならないように気を付け、災害時に備え避難訓練をきちんとしておきましょう。

2016年8月27日 22:24
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

死=悪いこと?

死を恐れる心というのはお釈迦さまでも、持っていました。しかし、その苦しみから解放されたことも事実です。

なぜ人は死を恐れるのか。それは、生まれるは良いこと。死ぬは悪いことという根拠のない決めつけ。だれも見たこともないあの世に対する根拠のない恐怖。今と比べ今の様子を失うことのに対する根拠のない不安。

全て根拠はない。死んだことのない人が想像をどんどん膨らまして不安になるのです。世の中は無常です。常に変化し前の様子は問題なく消え今の様子だけで生きています。死んだ先のこと、今生きているのに、まだ来ぬ未来を心配しても仕方がない。今生きている人、誰もが明日の命すら保障されていません。それはマイナスなことではありません。当たり前のことなのです。大好きなからあげクンを5個食べたら全部なくなるのと同じ、当たり前のことなのです。心配しなくても誰もが必ず死にます。そこを意識することより目の前の今をしっかり生きるのです。地に足つけて生きるのです。今生きているのです。
そうした当たり前の中に救いがあるのです。想像の世界より大切で明確な現実、今が目の前にあるのです。どちらを信じることが救いなのか。考えてみてください。

2016年8月27日 20:59
{{count}}
有り難し
おきもち

死相など全く信じません!人相は自分で作り上げるものですよ。

まず、あなたは絶対に死なない。
絶対に死なないから、安心しなさい。
死んでたまるもんですか。
私は占いや人相など全く信じません。
信じるのは、阿弥陀さまはじめ、
観音菩薩さま、勢至菩薩さま、
はじめ、仏さま方だけです。
ご加護をいただいているので、
何にも不安に思いません。
死ぬのは怖いけど、
長生きさせてくれると信じています。
かりに早く呼ばれたら、
呼ばれる世界は、極楽浄土ですから、
全く心配してません。
でも友だちとは長く付き合っていたいので、早く死にたくありませんし、
長生きさせてと、阿弥陀さまに、
お願いしています。
死相ってなんですか?3日間徹夜で、飲まず食わずで過ごしたら、誰でも死相がでますよ。私も大昔に1週間ほとんど眠らなかったら、死相が出てると言われました。
あなたの死相は、あなた自身がつくっるんですよ。
そのことに気づいてください。
神仏のご加護を信じて、
私は絶対に死なない、
幸せに過ごして、
80過ぎまで生きて、
阿弥陀さまにお迎えに来ていただく。
と毎日唱えなさい。
毎日毎日唱えなさい。
そして、毎日鏡の前で、
笑顔明るい表情を作るんです。
必ず明るくいい顔になります。
必ずいい人相になるから。
人相は判定されるものではなく、
自分で作り上げるものですよ。
お幸せを心から祈っています。
お母さまに心配かけないように。
私もあなたとこ家族の幸せを
祈ります。
いましっかり生きていて死ぬわけは、
絶対にないに、恐れているから、
出ちゃうんです。
あなたの恐怖心、怖さや、恐れが、
表情になって現れただけです。
鏡の前で笑顔を作ってごらんなさい。
わざと嘘でもいいから笑顔で、
一番いい顔を作ってください。
そういうあなたになるから。
私は占いも人相も全く信じないけど、
いい表情なら、必ずいいことがあります。そして絶対に死なない。
私もあなたが死なないように、
阿弥陀さまにお願いするから、
あなたも阿弥陀さまに死なないように、お願いしてください。
お願いは簡単です。
南無阿弥陀ナムアミダブツと、
唱えてください。
絶対に死なせません!安心しなさい!
再追 坊さんなので亡くなった方もたくさん見てますよ。死相なんて全く当てになりません。絶対に、絶対に死なないから。安心しなさい。

2016年8月29日 0:17
{{count}}
有り難し
おきもち

浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

質問者からのお礼

ありがとうございます
母には伝えました

聞いたら、母も「ちょっと出てるけどなんで?」と言ってました

友達もそうです

怖いんです
前までは
死相なんて聞いても「ふーん」くらいにしか思わなかったのに。

1日1日が辛いです

病院に行って、脳のCT等を撮りましたが
異常ありませんでした

ここに写真が載せれるなら・・・載せたいくらいです

死ぬのは怖い、でもまだ死相は出てない。
と思っていたので、こんなの初めてです

ありがとうございました。

円通寺のお坊さんへ。

この世界に未練が沢山あるので怖いんです。。。

お母さんを残していきたくないです。

お母さんも私の口の黒い線を見て「あー、、あるね。本当だ。。でも気にしなければわからない程度だよ」と言ってました

あること自体が怖いです

泣きそうです
ありがとうございます。

漢字が読めなかったので・・・死=悪いこと?のお坊さんに返信しますね。

あてにならないんですか?
本当なんですか?

信じたくないけど、信じちゃいます

怖くてたまらないです。
「こんな思いがあるくらいなら生きていたくない、行けない」と思っちゃうほど。

お母さんの泣き顔を見たくないです。。。

考えたくなくても考えちゃうし。
辛くてたまらないです

考え方を変えられなくてごめんなさい。

とても感謝してます。

すみません間違えました。
最後の返信は、だからこそ今を全力で、のお坊さんへです

浄光寺のお坊さんへ。

ありがとうございます
落ち着いたと思ったのにまた死相と呼ばれるものが出てきて
願っても消えません

もう怖くてたまらない。

あなたの回答で本当に一時期は落ち着いたのに。

助けてください。

浄光寺のお坊さんへ
素早い回答ありがとうございます。

私も、鏡を見てない時は
「私は死なない。生きたいし、私の家系に早く死んだ人はいない。戦争があっても生き残っている。怖くない、死なない、笑え、笑え、笑え、、」
と思っています

でも、鏡を見るとその意志が一気に崩れ落ちて行く。
なのに、見ないといられない。

情けないですね。
笑え、と思っても笑えない。
自分で自分の感情を制御出来ないんです

お坊さんは、おでこに艶がなくて、黒ずんでいて、死相と呼ばれるものがあっても健康に生きてる人を見たことありますか?

何回もごめんなさい。

浄光寺のお坊さんへ
全く当てにならない。。。。
その通りですね
死相はあてにならない・・・
ならない。もっと濃い死相があっても、元気に生きてる人はいる、
第1、本当に当たるなら医療になってるはずだ。
そうですよね?そういうことですよね?
でもまだ不安です・・・。
なんでいいことより悪いことを信じちゃうんだろう?
なんで私ばっかり、こんなことで悩んで変な相が出てるんだろう。
祈ってくれて本当にありがとうございます
もっと、笑えたらいいのに・・・

「死ぬのが怖い」問答一覧

死ぬのが怖い

30代女です。 小さい頃に母を病気で亡くし、そこから死に対しての恐怖心が生まれました。小学生の時に死ぬのが怖いと感じるようになり、死ぬのは嫌だと泣いたことがありました。 そこから中学高校大学、仕事と、小学生のときのように泣くほど怖がったことはないですがうっすら漠然と死ぬのは怖いなと考えることもありました。色々と忙しかったこともあり、考える時間も少なくなってきていました。 しかし、30代になり、ずっと続けていた仕事を人間関係で揉めて、中途半端な時期に辞めました。辞めたことに後悔はなく、ずっと続いていた人間関係でのストレスも一気になくなり、最初は楽しく考えていました。しかし、暇でずっとゲームをする日々、そして自分が30代という年齢に突入したこと、周りの人は結婚をして落ち着いている中恋人もいない、次の仕事もまだ探し中、親も父のみ、そして一般的な私の年代の親よりも歳をとっていますので、父の死についても考えるようになり、父が死んだあと自分は生きていけないという考えからまた、小学生の時のような自分が死ぬことへの恐怖心が再び芽生えました。 ネットで色々調べましたがタナトフォビアだと思います、身近な人が死ぬのも恐怖ですが、自分が死ぬことへの怖さ、無になることへの恐怖が強く、突然発作のように発症し、過呼吸になったり涙が出たりととてもしんどい思いをしています。生きたくないとは思いません。死にたくないのです。しかし、不老不死のように永遠に生き続けるのも怖いです。矛盾していますが...。1度考え出すと恐怖が止まらず、夜も眠れません。今の自分の状況がこの先不安でしかなく、30代にもなってこのタイミングで結婚もしないまま死んでいくという考えしかできず、ずっと怖いです。タナトフォビアの克服など検索しましたが、読むだけで怖いです。助けてください。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

死への恐怖

母は私が幼いころに癌を患い、その後治療を続けていたものの半年ほど前に再発しました。今すぐに命に関わるという病状ではないのですが、身近な人間の死に関わりうる病気を通して死というものを考えることが増え、もうどうしていいかわかりません。 私と母とは30ほど歳が離れています。つまり、一般的な寿命を迎えることができても、私はいつか母がいない時間を30年も過ごさなければいけない。そのことが私には耐えられないことに思えます。私には妹弟はおりませんので、私は家族の中で最も長く生きる可能性が高いわけですが、自分の大切な人が皆亡くなってもなお生きていかなくてはいけないのでしょうか。頭ではそんなことわかっているのです。死は避けられない、身近な人の死も受け入れなくてはいけないし、皆そうやって受け入れて乗り越えて生きていると思うのですが、わたしにはそのことができないように思えます。親不孝の極みですが、母が死ぬ前に死ねたら幸せだなとすら思ってしまいます。 私が中学3年の時に祖父が亡くなった時のことを未だに忘れることができません。少し前まで生きていた、人が、生きてはいないということが受け入れられず、その恐怖を忘れることができません。昔見たドラマで、大量殺人を犯した犯人が、人をモノにするのが好きなんだと言っているものがありました。祖父の葬式の時に感じた、人がモノになったということが、私の中に恐ろしい記憶として残っています。祖父の死以来、刑事ドラマも不愉快で見ることができません。人の死を面白がって作っているように思えてしまうのです。私はどうしたらいいのでしょうか。受験期に入り、ストレスや疲れもも溜まっているのか、死ぬこと、母のこと、いつか大切な人が皆亡くなってしまった時のことなどばかりかんがえてしまいます。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

死について考えるとパニックになります

死ぬことがとても怖いです。 死んだ後、こうやって今文字を打ってる、自分という存在はどうなるのかと考えると、怖くて仕方ありません。 死は逃れられないのだから、どうにか死を受け入れられるように、死というものに悲しいイメージを抱かないようにと、お釈迦さまの考えや、聖書など様々なものを読みました。 ですが、いざ死について考えた時、魂という存在や天国、地獄など、それらのものが無かったら?と考えてしまいます。 最近はニュースなどで殺人や自殺など誰かが亡くなってしまう内容を見ると、死は突然訪れるのだと強く感じ、とても苦しく、死にたくないと叫び泣いてしまいます。 こういう話を周りに相談すると、後悔の無いように生きることを全うする、考えても仕方ないのだから考えないようにするなどアドバイスをいただきます。 ですが、後悔の無いように生きても、私は死にたくないんです。死ぬ前に生きてて楽しかったな、なんて思える気がしません。 不老不死でいいのかと言われたら、それで構いません。私という存在が無くなることの方が怖いです。 死からは逃れられないという気持ちと、死ぬことが怖いと思う気持ちどちらも交互に出てきて、また教えやアドバイスを受けても、実際はどうなのか分からないじゃないかと考え受け入れることが出来ない、そんな自分はどうすればいいでしょうか。 まとまりのない文章となり申し訳ございません。お願いします、助けてください。

有り難し有り難し 40
回答数回答 3

死への恐怖を改善したい

初めて質問をする者です。 よろしくお願いします。 当方、大学4年生で就活活動中です。 タイトル通りなのですが、 いわゆる自分はタナトフォビアなのだと思います。 きっかけは恐らく 幼稚園の頃に経験した祖母の死 小学生の頃に経験した祖父の死 高校生の頃に経験した母親の死 だと感じています。 身の回りにこれだけの身内の死を経験した人がいなく、あまり共感はされません。 仕方のないことだと分かっています。 避けられないことだとも分かっているのです。 しかし、怖いのです。最近時間があるせいか、毎日のように死んだらどうなるのか、これからの別れに耐えられるのか、生きる意味とは何なのか、そういうことばかり考えています。 何も手につかなくなってしまいます。 周りの人たちは、こういうことを考えず前向きに将来のことを語っているのに、今の私にはそれが出来ません。私も前向きに将来を語りたいです。 心配性なところもあり、果たして自分はいつまで生きることが出来るのか、考えても仕方がない未来のことを心配してばかりいます。 周りからは明るい人間だと言われるのですが、今はとてもそんな状態ではありません。 きっと母親の死が大きすぎたのですが、高校生活が忙しく、適切に処理出来ていなかったのだと思います(泣いたら駄目だと思っていました) 同じように悩んでいらっしゃる方をここのサイトで知ることが出来、私だけではないのだと感じることが出来たのですが、やはり心配性、恐怖は改善されませんでした。様々なQ&Aを見てきた中で、なぜ仏教を学ばないのかと不思議に思うことがあるという回答をしていらっしゃったお坊さんがいたのが印象的でしたので、初心者にもおすすめな本などがあれば教えて頂ければ幸いです。 避けられない運命を、せめて受け入れられる考え方、心得を教えてほしい、助けてほしい。 以上、長文にお付き合いいただきありがとうございます。

有り難し有り難し 9
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る