hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

みなさんはなんでお坊さんになったんですか??

回答数回答 7
有り難し有り難し 281

散々聞かれた質問だと思いますが
なんでですか??

だってコンビニより多い数あるお寺で
二足のわらじの方だっていらっしゃると聞きました。

他になりたい職業はありましたか?
今他になりたい職業ありますか??


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

悟りを開いて 多くの人を悟らせたかった

私は学生時代に深く悩むことがありました。
肉体的に強さを求めても、いつしか病や老いには勝てないことを知り、精神の強さを求めました。精神の強さは一生の宝となると感じたからです。
心が傷つくことが無くなって、悩みや苦しみが無くなるとしたら…?
これって仏教であっても無くても最高の財産であり、最高の教育であり、お金やあらゆる価値にも勝る❝宝❞だと思いませんか?
宝探しに出かける中、癒される教えを宝であると錯誤し、癒しの教えばかりを求めていました。ところが癒された翌日に、あれ?苦しくなるじゃないか、ということを体験しました。「うむむ、癒しでは持続性がない。ダメだ。」と感じて一生の救いになる教えを求めました。
一生の救いとは、一生、心に苦しみが生まれなくなる心になることでした。それが、どうやら「悟りを得る」ことでした。
禅が、そういう心を求めて、極める文化であるらしい、と知りました。
すると「苦しみというものは自分の中にしか生じない・苦しみとは思いでしかない」という単純かつまっとうな真実の教えに出会えました。
「そうか、苦しみとは自分の心の中にしか生じないなら、生じる思いから影響を受けない心になれば、一生の救いになるじゃないか!」と実に単純明白な真実に気づき、その道のプロ、悟った禅僧を探しました。居るわけがない…、探したら、げぇっ!居られました!
その方の元で、教えのままに修行していくうちに、気が付いたら、苦しみが、苦しみとして機能しなくなっていました。何故なら思いというものは、もともと、自然発生的でオフィシャルなものであって、そこに私的な取扱いを加えず放って相手にしなければ、自然に消滅するので、ネガティブ、ダーク、負の思いが生じても、ホッタラケの功徳によりて、影響を受けなくなるのです。(詳しくは当山の禅会の瞑想で)
ああ、悟りは、まやかしではないんだ、誰でも悟りは得られるんだ、と知りました。
だから私はそれを、宗教、仏教、禅というカタチではなくてもいいので、分かる人に伝えたいと思っているので、坊さんやっています。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

一言でいえば「ご縁」ですね。

私の場合は、単純にお寺の長男として産まれたからですね。
勿論、子供の頃から随分と反発したり、大学生の頃はミュージシャンに憧れたりもしましたw
でも色々ありましたが、一言でいえばタイトルのようになります。

今となれば僧侶になろうと、何になろうと、別に職種が何でも関係無いと思えます。
思い通りにならない人生の中で、自分が自分として生まれたそのご縁をどう受けとめるか、それが佛教ですから。

{{count}}
有り難し
おきもち


お坊さんは職業ではないです

わたしの場合、お坊さんという生き方を選んだといったところでしょう。仕事は仕事として、割り切って教師をしています。

はじめは父の後を継ぐ形で、消極的な動機で出家いたしました。しかし、仏教を学んでいくうちに、お坊さんとして生きていくことはすばらしいことだと感じるようになりました。特別な事でもなく、ただ幸せを追求したいだけなのかもしれません。自分が幸せになることで、みなさんにも少しでも仏教を語り伝え、幸せになって貰いたい。
そのように思っています。

仕事は生活のためにはじめました。刺激が多く、理想と現実の狭間で考えさせられる事も多いですが、今は、お坊さんも教師も前向きに捉えています。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

自分で選びました。

 私はお寺の生まれ育ちではありませんでしたが、普通のサラリーマンを経て、親戚のお寺の後継になりました。

 仏弟子という生き方のまま生業にできる住職(お坊さん)は、素晴らしい職業だと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

“まねる”というご縁をいただいて“お坊さん”になりました!

なまけもの様、こんにちは。増田と申します。私は、在家、一般の家庭に育ちました。とても信仰熱心であったというわけでもなく、毎日のようにお寺に行くわけでもありませんでした。今のお師匠さんと会わなければ、お坊さんになっていたかわかりません。今のお師匠さんと出会い、そのお師匠さんのようになりたい、お師匠さんのような人生観を見てみたい。と思い同じレールつまり同じお坊さんになれば!と思いお坊さんになりました。もう20年経ってしまいましたが、まだまだ追いつかない背中を見てお坊さんをしております。

{{count}}
有り難し
おきもち


なまけもの様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

「散々聞かれた質問だと思いますが」・・はい、実は、以前にこのhasunohaでもお聞きになられました方がおられまして、お答えさせて頂きました(笑)

「他になりたい職業はありましたか?」・・正直、政治家になりたかったです。。

「今他になりたい職業ありますか??」・・今は、他になりたい職業が何かということではなく、「自利利他」の中道という生き方ができる生業であれば、特に僧侶にこだわらずにて別に何でも構わないかなと密かには思っております。ただ、妻子がおりますので、そこは責任を持って真剣に考えておかないといけないと存じております・・

以下は以前の同様の問いにおいてお答えさせて頂きました内容でございますので、ご参照下さいませ。

問い「お坊さんじゃなかったら?」
http://blog.livedoor.jp/hasunoha_kawaguchi/archives/1002999405.html

「・・さて、拙生は、世襲にてある意味で仕方なしに僧侶になった面もございますが、ある時から一念発起して一から幅広く仏教を学び進めて参りますうちに、やがて、仏法に携われることができ、仏縁に与れることができて、本当に良かったと心の底から思うことが多々となって参りました。そして、政治家を目指していた頃の熱い志に似たようなものを仏法への取り組みに感じることも多くなって参りました。何事もそうですが、真摯なる志がなければ、なかなか精進努力して、忍耐もして続けていくことは難しいのではないかと存じます。もちろん、拙生、まだまだの浅学菲才の未熟者ですが、より一層に皆様のお役に立てれるように取り組んで参りたいと存じております。・・」

「・・熱い志を持って取り組めること、情熱を持って打ち込めることがございますと誠に良いのではないかと存じます。また、それが仕事であるならば、尚良いこととなるのではないでしょうか。・・」

なまけもの様は、熱い志を持って、今のお仕事に取り組めておられますでしょうか。なかなかそうでないようでございましたら、少しでもお考え頂ける一つのきっかけとなりましたら幸いに存じます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


お寺に生まれたという縁です

私はお寺の長男として生まれたので小さな頃から「このお寺を継ぐのよ」と言われて育ちました。
お坊さんになることは不思議と抵抗がありませんでした。
おそらく小さな頃からの刷り込みだと思います。
今はお坊さんでよかったと思います。
仏教はとても素晴らしい宗教で毎日充実した生活をしています。

{{count}}
有り難し
おきもち


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...
このお坊さんを応援する

「お坊さんのことを知りたい」問答一覧

お坊さんも、悪いことをしたことはある?

お坊さんにも、悪いことをしたことがありますか? 間違ったことをしてしまったこともあるのでしょうか? 昔の罪や自分を許せないことはありますか? 過去の自分を許せない時、どのように立ち直れば良いのでしょうか。 私は悪いことをした自分が目標の仕事に就きたいなんて思っていいのか、と自分を責める気持ちがあります。 お坊さん方も、自分がお坊さんになることに対して躊躇した経験や、自分がこの仕事をしていいのか、と考えたことはありますか? お坊さんは善人というイメージが個人的に強い様に感じます。しかしハスノハの回答を見ていると、お坊さんでも過去に罪を犯してしまった方もいるようです。 私のなりたい職業よりも、お坊さんは善や心、道徳を大事にする部分が多いため、葛藤もあったのではないか、と疑問に思いました。 罪を犯した自分が夢を追いかけることに対してどうしても罪悪感が拭いきれないため、お話を聞かせていたたけたら有り難いです。 どのようにして罪や過去の自分、今の自分、そして仕事に向き合っていますか? 僧侶や仏教、宗教というものにあまり詳しくないため、検討違いな文章になっているかもしれません。 僧侶を職業だと認識して、仕事として書いておりますが、お坊さん方は「仕事ではない」と認識されているかもしれません。 知識不足でご不快な文章になっていましたら申し訳ないです。

有り難し有り難し 55
回答数回答 2

食前・食後の 言葉

ずいぶんと久しぶりに、こちらに伺いました。 あれからもう、二年半以上が経ったのかと、感慨深く。 現在は、実家からさほど離れてはいませんが、独り暮らしを始め、コンビニのアルバイトと、国からの障害年金・福祉ヘルパーさんたちに支えて頂きながら、自立生活・リハビリに努めています。 家族間の溝は、どうしても多少なりとて残ってはしまっていますが… 最近になって、父の世代の下に当たる 現在宗派を率いる世代 の方たちと、父経由ではない形でお話しをする機会を得ました。 今後の私のライフワークとなっていくだろう〝ヘルプマーク〟などについて興味を持って頂いて。 ちょっとずつ… 父とは違う形で、宗派 その他に関わっていくかもしれません。 本当は、〝つぶやき〟に書くべき徒然ではありますが。 字数制限に合いませんでしたので、こちらに書かせて頂きました。 【質問】 皆さまの宗派の、  ・食前の言葉  ・食後の言葉 など、宜しかったらお教えください。 各宗派・地域によって、瑣末に違ってくるだろう。 そして現在は、わりと廃れてきているのかな… という、この言葉を、少しでも残しておきたいと思いました。 ちなみにうちでは 「一粒一滴 皆 御恩。 不足を言ってはもったいない。 感謝で美味しく頂きましょう。 いただきます」 「今、尊い食を終わりて。 心豊かに、力 身に満つる。 この心身をもって、己が技に励みましょう。 ごちそうさまでした」 だったかな。 伝えていきたい言葉だと思います。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

跡継ぎの悩み。お坊さんとしての在り方とは

 実家が寺院です。  住職をしている父親の在り方に疑問を覚えるとともに、自分の将来について悩んでいます。  現在、人々のお寺への関心は少しずつ薄れているものと思います。そんな中、私の実家は今でも多くの檀家の方々に支えられ、お寺として成り立っています。しかし、父はその有り難さが分かっていないように思うのです。    具体的な収入(僧侶が頂くお金を収入と呼ぶのは語弊があるかもしれません)を私は知りませんが、高級車を何台も乗り継ぎ、沢山の娯楽品を購入し、暴飲暴食…。具体的な発言があったわけではありませんが、「僧侶も職業だ。稼いだ収入を好き勝手使ってもいいだろう」というような気持ちが根底にあるように思います。  お寺の管理として沢山の工事も行い、綺麗なお堂を建てる一方で、景観として素晴らしい大きな木を何本も切り倒すようなこともありました。  非常に恥ずかしく思うとともに、悲しく、また、檀家の皆様に申し訳なく思います。そんな父の「粗さ」に母親が涙する日も増えました。ただ、私もまた、そんな父の援助があって、仏教科ではない別県の大学へ進学しているため、やっていることは本質的に父と変わりないのだと思うと、苦しくなるばかりです。  父親のような僧侶にはなりたくないと思います。ただ、日々誰かの死と向き合う仕事ですし、お寺としての管理も父なりに苦しんで考えているものと思います。大きなストレスもあるでしょう。父がどんな気持ちで高級車を乗り回しているのか、分かる気もします。改めて、現代におけるお寺や僧侶というものの在り方の難しさを感じます。「苦しすぎて私にはとても継げない。」「自由に暮らしたい。」「普通の家庭に生まれたかった。」そんなことを連連と考えてしまいます。  悩みやすい性格で、父親のことも悩みの一端に過ぎません。ただ、お寺の道に進むのか否か選択を迫られる時期が近づいてきており、「お坊さん」として生きていらっしゃる方々の言葉を聞いてみたいと思い投稿しました。  お坊さんとしてお金とどう向き合っているか。お寺への関心薄れる現代において、お坊さん・お寺として、今後どう在るべきか。また、悩んだ末に実家を継いだ方がいらっしゃいましたら、その決断に至るまでのお話など、相談としては漠然としており申し訳ないですが、何かご意見頂けると有り難く思います。

有り難し有り難し 117
回答数回答 6

お坊様方の葛藤や苦悩、教えについて。

はじめまして。 先日、こちらで投稿をさせて頂き、道標をいただきました。 一進ニ退の日もありますが、先ずは己のために少しずつ仏教の教えや考えにふれたいと思うようになりました。 貴重なお時間をいただく事になりますが、質問をさせて頂きます。 申し訳ありません。 沢山の問答を拝読致しました。 今は自分が出来そうな事から、出来る日には、はじめています。 変えられない過去やわからない未来、辛い事が浮かんだ時には、(体の都合で座る事ができなくても)目を閉じて今の空間や呼吸に集中してみる 心を静めたい時等、南無阿弥陀仏と心の中で唱えてみる 自分の考えに偏ったり、様々な執着を手放すように心に留める など、容易くはない事柄もありますが、今の私にできそうな、まだまだ小さな一歩ですが、この事を知らなかった、しなかった時に比べると心のありようが違うと感じています。 お坊様方にも私達質問者と内容は違えど、苦悩や葛藤が過去におありだったり、今尚、もたれている事もおありかとは思いますが、過去に迎えられた苦しみや葛藤の中、どういう心の動きがおありでしたでしょうか?(葛藤の内容については複数の方々が見られるかもしれませんので、省いて頂いて大丈夫です。) また、その時やその後、スッと心に入ってこられたり、感銘を受けられた仏教の教えや考え方が(仏教の教え以外の親、友人、恩師等からの言葉でも)おありでしたら、お教え願えますでしょうか? お時間をさいて頂く事になり、申し訳ありませんが、可能でしたら宜しくお願い致します。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

縁切り供養寺大法寺