hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自殺した人の魂はどうなるのでしょうか?

回答数回答 7
有り難し有り難し 3149

最近、父が自ら首を吊ってなくなりました。
私は家族とは離れ1人暮らしなのですが、家族の話ですと前の晩も当日も普段と変わりなかったようです。

遺書とか何もなく、自殺の原因が分かりません(鬱病とかでもありません)
思い当たる事と言えば、父は若いころからずっと運転に係る仕事をしていまして(数年前には年で辞めています)運転には自信があったようなのですが、その父が亡くなる少し前に運転中に意識が無くなったらしく、事故を起こしてしまったのです。
幸い人も巻き込まず、本人もムチウチと少し少切り傷が出来た位で、
1週間弱で退院出来ました。

家族もよくあの事故でこの程度でで済んで良かったと安堵しており、ただし、また運転中意識が無くなったりしたら大変なので心配だから今後はもう運転はしない方がいいね、となっていました。
そうすると大好きな孫(弟の子供)の送り迎えも出来ず、楽しみがなくなったのかな?
運転に自身あったのに、事故を起こして本人は気にしていたようなので自信喪失したり、老いを感じたのかな?等、それ位しか自殺の原因が分かりません。

残された私たち家族は原因も分からず、とても辛い思いをしております。
ですが原因はもう父しか分からないので仕方ない、とは思いながら自殺してしまった人の魂はどうなるのかとても気にかかります。
人生を全うして亡くなった方と違って、成仏できるのでしょうか?
生きるのが辛くて自ら命をたったのに、成仏できないとか、天国と地獄があるのなら、地獄に行ってしまうとか、亡くなっても尚更、辛い思いをするんではないか?と胸を痛めております。
どうか教えて下さい、お願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

自殺された方だから違うということはありません

仏教の立場で申しますと、自殺したから病死や事故死の方と何も違いはありません。お釈迦さまは自殺してはいかけないとか、自殺したから悪い果報を受けるなどとはおっしゃっていません。あなたが懸念しておられることは心配に及びません。

{{count}}
有り難し
おきもち


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...
このお坊さんを応援する

次こそは

辛い思いをされましたね。

我々はみな、生まれながらに仏になる種を持っていると言われています。

妙法蓮華経というお経の中に

「諸法従本来 常自寂滅相 仏子行道已 来世得作仏」(諸法はもとよりこのかた 常に自ら寂滅の相なり 仏子は道を行じ終わって 来世に仏とな作すことを得ん)

という一節があります。

簡単に言えば、
この世の生きとし生けるものは全て必ず終わりを迎える。仏の子(衆生)は、修行をなし終わった時、次の世には成仏することが出来るのだというのです。

ですから、結論から言えば、お父様は必ず成仏出来ます。

しかし、すぐにという訳には行きません。
人生は修行です。
何をするにも修行を途中で放棄してしまうと結果が遠くなってしまいます。

お父様は、また修行をやり直しになってしまいますから、まだ苦しんでおられるかもしれません。

時間はかかります。
ですがそれは我々も同じこと、何度も修行を繰り返して仏になるのです。
恐らくお父様は、この世の人生を反省し、新たな修行をしておられるはずです。

天国も地獄も死後にあるのではなく、実はこの世にあるものなのです。
お父様はむしろ、この世が地獄のように思えたからこそ自から命を絶たれたのです。

自死は決して良いことではありません。
しかし、お父様の今世の苦しみや辛さは、経験としてしっかり来世に活かされるはずです。

あなたもご家族も、お父様の死を目の当たりにして地獄のような苦しみを味わったはずです。

でも、お父様は今までたくさんの姿を皆さんに見せて下さいました。
皆さんはその姿の中から色んなことを教わってきたはずです。

皆さんが、お父様の人生の中に何を見て、それをどう思われたか、何を学ばれたか。
お父様の死を悲しい、苦しいとして捉えるだけではなく、その見せてもらった人生を、生きているあなた方が如何に無駄にすることなく自分の人生に役に立てるか。

それこそが、お父様への一番の孝行であり供養であると思います。

たくさんの事柄の中から、良いことは採り、悪いことは捨てしながら、お父様の人生を、存分にあなた方のために使ってあげて下さい。

そうすれば、お父様もあなた方の姿を見て、今度こそ頑張らねばと思われるはずです。

あなたやご家族の皆さんが、そしてお父様も、一日も早く次の一歩を踏み出せることを祈っていますよ。

{{count}}
有り難し
おきもち


それはあなたの魂なのです

自殺した人の魂というのがどこかにあるのでしょうか?
皆、そのようにどこかに架空のものを想定されます。
ですが、この事の本質はあなたが亡くなられたお父様の事を深く案じておられる。
それがあなたのお父様に対する思い、魂なのです。
霊魂とは自分の中の他に対する想いのことなのです。
これは深い禅定、坐禅を通してこの世をよく観察すれば明らかになります。
自分は、自分のなかの御魂、御霊、たましい、意識しか相手にできません。
(※ここでいうところの霊魂とは、自分の中のお父様に対する想いのこと)
世間で説く処の霊魂説は私は間違っていると思っています。
一度も立証されたことのないものをあたかもあるかのように思ってはいけないと思います。
それが明晰性を欠くことにつながるからです。
世の中で、この時期に行われているみたままつりや、祖霊をまつる行事も、深い意味でよく考えてください。
それは、自分の中の、先人たちや亡くなられた方を思う意識と言うべきです。
そして、鎮魂ということも、その自分自身の中の何とかしてあげたかった、こうしてあげたかったという、どうにもならない思いをこそ、鎮めているというべきではないでしょうか。
勿論、なかなかそこに気づかれる方がいませんし、大半の方々が、外の事であるように認知されておられますから、仮に外に御霊があるかのように想定して供養行事をしているのです。
ですが、本当は今、お父様を亡くされて、心が動揺される中、お父様の心のやすらいを念じておられるあなた自身の中の思いこそ、霊魂、みたま、たましいというのです。
道元禅師は大変明晰な方でした。
古来よりこの矛盾する霊魂説に対して、それは「あなたの中の他の方に対する自らの意識(他己)」であると言及されておられます。
よって、お父様の魂を鎮めたいと思われるならば、ご自身がしっかりご供養なされて、お父様への報恩の生き方を歩まれることです。
あなたの人生はあなた自身を生きることです。
勿論お父様に対する想いは深いものですから、今後も亡きお父様とのかかわりは続いていきます。お父様へのあなたの不安が無くなり、しっかりとした供養を通じて、心をよく通わしあってください。あなたのご自身の中のお父さんは永遠に不滅です。
その語らいを続けていくことを供養というべきではないでしょうか。
ご冥福をお祈り申し上げます。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の提唱 「菩提心をおこす」 菩提心をおこすということは、たとえ...
このお坊さんを応援する

仏様の慈悲は無量

浄土真宗の立場で回答したいと思います。
死の縁は無量です。そして仏様の慈悲も無量です。浄土真宗では信心を得た人は、死後、阿弥陀如来の願力(慈悲の力)で、極楽浄土に往生すると言われます。では、信心を得ることが出来なかった人(例えば、自殺をした人)はどうなるのでしょうか。答えは、信心を得ることが出来なかった人にも、仏の願力は働いている、ということです。仏様の慈悲は無条件の慈悲です。それは、こうしなければ慈悲は届かない、などというものではありません。この世で残念ながら信心を得ることが出来なかった人も、いずれ、仏の慈悲で極楽に往生させていただけるのです。
ところで、何よりも大切なことは、故人の死を通して、あなた自身がこの世の無常を知り、阿弥陀如来のお慈悲に出会うことでしょう。それが如何なる故人も喜ぶことだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


hasunohaを訪れてくれた皆さん、こんにちは。私は浄土真宗本願寺派の僧...
このお坊さんを応援する

魂とは

一体魂とはどこにあるのでしょうか。なくなると突然出てくる何ておかしいですよね。
今ここ、この体に魂があるのでしょうか。心臓のこと?

魂はないと思われます。
よって死とは、生命の働きが止まること。体は土や水となり自然にかえります。そして私たちの生活に溶け込んでいくのです。
それが、命の働きなのでしょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


禅宗 曹洞宗 僧侶。神奈川県西部円通寺副住職。 悩みを吐き出す事で、ちょ...
このお坊さんを応援する

死後の赴きについて

cocozokko様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度はお父様のこと、誠につらく悲しいご心境、ご心痛の程、いかばかりであろうかとお察し申し上げます。心からお悔やみを申し上げます。

死後のこと、魂、霊魂のことに関しましては、最近でも下記の問いにて扱わせて頂いておりますが、あくまでも論理的推論によって仮定・措定されて言えているものとしての「心の連続体」・「心相続」というもの、またその赴きに関わる因縁(原因・条件)について、ご説明をさせて頂いております。

問い「生まれ変わりについてです。」
http://goo.gl/rw0BXp

死後についてこれまでに扱わせて頂いている問答
http://goo.gl/ejLMq3

上記の内容を踏まえて頂いた上にて、どうか亡くなられた方のその心相続が、より善き因縁(善徳・福徳、仏縁・法縁)によっての善き赴きにあるようにと御供養申し上げることが大切になるのではないかと存じております。

また、自殺なされてしまわれた方のその後のことに関しましては、これまでにも下記の各問いなどにて扱わせて頂いております。

問い「自殺した人の魂について」
http://goo.gl/fd0Cid

問い「自殺した恋人は、あの世で今」
http://goo.gl/ZzoLXa

問い「自殺で亡くなった彼のように…」
http://goo.gl/2aM634

死後の赴きにおいて、もっとも影響を与えることになるのは、何よりも己自身の行い(業・カルマ)となります。その業が、煩悩や無明(根本的無知)によっての悪業に比重が重くあってしまえば、やはり、その果報(向かう先、輪廻)は厳しいものにならざるを得ないと考えることになります。

「・・どうか善き赴きへと向かうようにとして行われる善徳行が何よりも一つ大切に、そして、次には、更にその善徳行による福徳、つまり、幸せや功徳が、あらゆる一切の衆生たち、三界の全ての者たちのためにも及ぶようにと回向することが大切になるかと存じております。・・」

どうか、お父様の赴きがより善いところ(悟り・涅槃)へと向かいますようにと、これからも御供養を賜れましたら有り難くに存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


わかりません 。が、死んだ瞬間に生まれかわります

なんらかの生き物に生まれかわっていると思われますが、では何に生まれかわっているかというと、それはわかりませんね。
経典には、極楽浄土や天に生まれかわる方法が説かれていますが、お父様がそのような修行をしていなかった場合、何に生まれかわっているかわかりません。
臨終の瞬間の心の状態が来世を決めるようで、一般的には善い行いをたくさんした方が臨終に善い精神状態になりやすく、悪い行いをたくさんした方が悪い精神状態になりやすいですが、
それは、はるか昔からの輪廻の中で積み重ねた善悪と、お父様の最近の心の状態とがからみあった結果として現れる心のビジョンみたいなもので、複雑すぎて予測不能です。
極端な話、蚊に生まれかわってあなたの周りを飛んでいるかもしれません。
あらゆる生き物がお父様の生まれかわりかもしれないのです。
なお、成仏(仏様になる)するにはかなりの修行が必要ですから、すぐに成仏は難しいです。
また、生き物は必ず苦しみますから、何に生まれかわっても辛い思いの一つや二つしています。諦めてください。

追記
仏教思想では、死んだ瞬間に違う生きものに生まれ変わります。例えば、天も地獄も生きものの一種であって、死霊や魂の世界ではありません。四十九日までが中陰だとか、お盆に霊が帰ってくるとかは、仏教思想とはズレがある慣習です。

{{count}}
有り難し
おきもち


がんよじょうし。浄土宗教師。「○誉」は浄土宗の戒名に特有の「誉号」です。四...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

亡くなったのは最近なので(そう記載してあります)そんなに早く何かに生まれかわってるという事はないと思います。
私のお聞きしたい内容とは違ってましたが、回答して下さってありがとうございました。

了教寺 藤岡俊彦様

お忙しい中、回答して下さりありがとうございました。
自殺しても悪い果報を受けると言う事はないのですね。
懸念が軽くなりました。

受法寺 小原観慈様

回答して下さり、ありがとうございました。
回答文がありがたくて、心にスッと入ってきて読んで泣いてしまいました。
修行に時間はかかっても成仏できるとの事で安心しました。
口数が多い父ではありませんでしたが、父の生き方から教えてもらった事、受けた多くの愛情に感謝して、悲しむだけでなく家族で支え合って今後生きていきたいと思いました。

安隠寺 丹下覚元様

回答して下さり、ありがとうございました。
父に対する思いが魂なのですね。
父との語らいを続けて行く事が供養との事なので、今後もずっと続けていきたいと思います。

真行寺 亀山純史様

回答して下さりありがとうございました。
仏様の慈悲は無条件の慈悲で、いずれは極楽に往生させていただけるとの事・・ありがたいですね。

岩瀧山 往生院六萬寺  川口英俊様

回答して下さりありがとうございました。父の趣きが少しでもいい方向に行くようにこれからも供養していきたいと思いました。

「身近・大切な人が自死・自殺」問答一覧

娘を亡くし後悔と罪悪感でいっぱいです

娘を自死で亡くしました。 書き置きなどなにも残さずに逝ってしまいましたが、私が救ってあげられたのでは…と罪悪感でいっぱいです。 娘の素行に苦しい思いをし続けて疲れきっていた矢先のことでした。 個人を特定されてしまいそうで詳しいことはここではお伝えできないのですが、好ましくない嗜癖による借金等の問題行為がありそのたびに話をして助けてきましたが、あまりに続くためにすっかり疲弊してしまい、娘を信じられなくなり恐ろしく思うようになっていました。 亡くなる数週間前からたびたび体調の不良をLINEで訴えてきましたが(離れて暮らしていたため)、それさえ親らしく心配をしてあげることができませんでした。 その訴えは心を救って欲しい訴えだったのだと後になって気づきました。 救ってあげられなかった。 なんて冷たい親。 なんて非道なこと。 「たら、れば」で考えるのは好きではないけれど、もし私がひとこと「帰っておいで」と言ってれば…。 それを思うと心臓がにぎり潰されそうなくらい苦しくなります。 苦しさを感じるたび、娘はもっと苦しかったんだと思い、そこから救い出せなかった自分は同じように苦しまなければいけない、苦しさは私に与えられた罰だと思っています。 私が生を全うするまでこの気持ちは変わわることはないでしょう。しかし、このような気持ちで日々を過ごし生きていくことが、娘の供養になるのかどうかわかりません。 私はこれからどういう心で生きていけばよいのでしょうか。 仏壇に花と好きだったものを欠かすことなくお供えし、夫と共に毎日朝晩仏壇に手を合わせて般若心経を唱えています。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

唯一の親友が自死。

今年3月に父親が自死しました。その際にもこちらに救いの言葉をいただき、なんとか過ごしてきました。(その節は誠にありがとうございました。) 親友にも父親が自死だったとは言えず、心配してくれていたのに会えば嘘を付くことになると思い、会えませんでした。 8月になり親友から珍しく着信があり、後からLINEしたら『元気にしてるか心配で電話しちゃっただけ』と。『会いたいなぁ』と書いてくれていました。私は独身ですが、彼女は2才になるお子さんがいます。コロナウィルス蔓延の緊急事態宣言下でもあり、また会って父親のことを何と話せばいいのかも迷い、『もう少しコロナが落ち着いたら会おうね』とお茶を濁してしまいました。 今月23日、彼女の訃報が届きました。自宅で自死していたと。 通夜、告別式と参列してきましたが、親友の助けになれなかったこと、ただ会いたいと言ってくれたことにすら応えられなかったこと、後悔しかなく、自分の首を絞めたいです。 高校時代から30年近く付き合ってきた親友に申し訳なくて、ご家族にも申し訳なくて、通夜の席でもお父様、お姉さま、旦那様に力不足をお詫びしてきましたが無力感でいっぱいです。 彼女の供養になるなら何でもしたいと思います。 私が思い付くのは写経だったのですが彼女もご家族も日蓮宗だったのですが般若心経を写経してご家族にお渡ししても良いものでしょうか。 また、自死してしまった魂?は仏様に成れないのでしょうか。物静かで知性に溢れ、優しい笑顔の彼女が心穏やかに休めるよう、供養となることをご教示いただければ幸いです。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

彼氏の自死から

お忙しいところ申し訳ありません。 以前にもご相談させていただきました。 ありがとうございました。 分骨していただいたお骨に朝晩、お線香とお茶をあげて南無阿弥陀仏を唱え手を合わせています。 彼氏が自死して半年が過ぎ…初盆法要も終わり…流石に体が限界だったようで睡眠不足と栄養失調、自律神経の乱れで仕事中に倒れ、入院してしまいました。 まだ泣いてばかりの毎日です。 睡眠薬と安定剤でなんとか私は生かされています。 あんなに優しかった人が、こんな突然、残酷な別れを選ぶなんて想像すら出来なかった。 (考えたって無駄)とみんな言うけれど… 答えは出ないとわかっているけれど… それでも、考えてしまうんです。 なぜ(ゴメンネ)も、(ありがとう)も、(愛してる)も何もないの?言葉の一つも、メモの一つも、何もないって事は私は愛されていなかったの? 実家を整理したり、葬儀後の手続き、お願いなんかは書き残しているのに…几帳面なあなたがなぜ私には何も残してくれなかったの? 自己中だと言われて構いません。 彼氏は死を選んでラクになったかもしれない、でも私は彼氏が亡くなってからずっと、苦しいままなのです。 最後に何もないってなぜ? ずっと答えの出ない問いを繰り返しています。 どうすれば私は前を向けますか?

有り難し有り難し 18
回答数回答 1

以前にもご相談させていただきました。

娘が自死で亡くなって数ヶ月経ちます。 以前にもご相談させて頂き踏ん張らないと、と思いながらも娘に逢いに逝きたい、娘は1人で寂しくないか今は何をしてるのか逝ってしまった娘の事が心配でなりません。逢いたいとしか考えられなくて。 後を追いたい気持ちが毎日襲ってきてます。 私が後を追ってしまったら残された子供達の事を考えるとダメだと思っていますが毎日、自分が少しでも早く逝きたい、娘に逢いに逝きたいの毎日で仕方ありません。こんな事考えてしまうのもダメな事だと分かってますが外に出ると上から物が落ちてきて死ねないかな、車にひかれて死ねないかな、自分が死ぬ事ばかり望んでいます。 こんな事考えて事故にあって大変な思いをしている方々に申し訳ないのですが、、、 逢いたい、逢って抱きしめて、こんな母親で、ごめんなさい、と伝えたいです。 辛くて寂しくて悲しくて、耐えれない。 娘が言っていた言葉です。 私も今同じ気持ちです。 今、精神科で安定剤、睡眠薬をもらっています。 寝れるようにはなりましたが気持ちが安定する事はないです。 どう考えていけば、どう思っていけばいいのか、わからなくなってきました。 ただ娘に逢いたいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

自死遺族です

娘が自死し、何とか日々過ごしています。片親ですが、息子も居て何とか生きとどまって居ますが、最近落ち込みが酷くなり正直いつ死んでもおかしくない気がします。 しかし、そうストレートに息子に言えば心配させてしまうし。 実家は近くにありますが、わりと機能不全家庭なので、行く事によって反対に心がざわざわと疲れてしまいます。 寄り添うような家庭でもないのです。 それでも気を遣って寄ります。 以前は寄っても食事なんて用意して貰えず、早く帰れと言われてましたが、娘の死後、急に用意してくれるようになりました。(どうも息子より言われたようです) 有難いし、気持ちだからと私も寄り、一緒に頂き、代わりに休みの日に買い物に連れて行ったり外食費を出したりお礼代わりと思い行動しています。 子供の頃から、愛情不足で育ち… 私自身ずっと愛情に飢えてたと思ってます。 亡くなった娘もおんなじだったような気がします。 なぜ、この気持ちがわかる私が、娘の気持ちを理解して気付いて育てなかったのだろう…私なりに反面教師となり、育てようとして貰えなかった事…をしてあげるよう子育てしてきたつもりでしたが、娘の自死でそれは思ってたより、娘を考えて子育て出来てなかったんだと気付かされました。 もっと穏やかにそして見守ること 特性を知って、対処してあげる事… あの子の生きづらさを何も理解してあげてなかった 亡くなり半年経ち、そんな事をよくよく考え気づかされ 本当に生きたくないのです。 自分の生きる意味も分からず 朝起きて仕事行くのも辛い 仕事中も1人だと泣いてしまいます。 ロープでもかけられそうなところを 知らず知らずに探して歩いてしまいます。 生きていてしんどいです。

有り難し有り難し 23
回答数回答 2

父は見つからず、母はうつ病

今回2回目の相談になります。その節はありがとうございました。 父が昨年、遺書を残して崖から海に飛び込んだ可能性か高いのですが、結局いまだに本体が見つからず10ヶ月が過ぎました。飛び込んだ証拠がないので、このままだと失踪して7年たたないと死亡とならないようで、もう海に流れて亡くなってるだろうに供養もしないでよいのかとか、7年もどう気持ちの整理をすればいいのか、まわりにもごく一部の方にしか真実は言えてなくて、(子供にもまだ真実は言えてなくて)どうしたものかと途方に暮れてしまいます。 母も重度のうつ病になり、入院してますがなかなか良くならず、悪い思い込みばかりの母の言動にずっと振り回され、私も疲れてしまいました。 父がうつ病になった時から私なりに良くなるよう一生懸命サポートしてきたつもりが最悪の結果になり、母までも苦しめてきて、結局私は何も力になれず私自身もこの状況から逃げたいとか絶望的な気持ちになる時もありますし、自分は絶対うつにはならないでなんとか乗り越えたい気持ちもあります。 なかなか胸の内を打ち明ける人がいないのでこちらで吐き出させていただきました。読んでいただきありがとうございました。

有り難し有り難し 16
回答数回答 1

母の自死への後悔

2週間前に大好きだった母が自死しました。 父と二人暮らし。父が病気をしたことで精神的に参ってしまい、不安症を発症。 不眠症・食欲減退となり、そこから自律神経失調症だということまでしか聞いていませんでしたが、結局は酷いうつ病になっていたのでしょう。 最期は自分で死を選び、この世を去ってしまいました。 精神的に病んでいることは知っていて、辛いということも漏らしていました。 眠れないのがつらい、と。 父が入院で不在の時は頻繁に電話したり手術の時は付き添ったりなどしましたが、父が家に戻ってからは少し安心していました。 人が家にいると安心する、と言っていたので、大丈夫だろう、もう少ししたらよくなるだろうと高をくくっていました。 仕事・家事・育児のことで頭がいっぱいで、母の気持ちに寄り添ってあげられていなかった。 もっと話を聞いてあげていたら、電話ではなく会いに行っていたら、抱きしめてあげていたら、私に相談できるようにゆとりをもって接していたら、、、 後悔ばかりがあふれてきて、毎朝起きるたびに、夢じゃない、現実を突きつけられて落ち込む日々です。 母は治したいと努力していました。 病院にも通っていたし、毎朝近所のお友達のところに話をしに行って元気になろうと努力していました。 そんな姿を見ていたから、徐々によくなるだろうと思ってしまっていました。 そこまで追い込まれて、そんな選択をさせてしまうなんて、、、 兄や妹も同じ気持ちだと思います。 特に一緒にいた父は一番つらいと思います。 父も病気をして不自由になったので余裕もなく、イライラしていたそうです。 母はお世話好きなので、いろいろ口を出されるのが嫌で、会話も必要最低限しかしていなかったそうです。 そんな自分の態度や発言を父は後悔して自分を責めていると思います。 父の悲しみや後悔、喪失感を考えると、私以上だと思います。 ただただ、毎日がつらい。 母のことがずっと頭から離れず、急に涙が出てきてしまう日々です。 この先もずっと消えることのない後悔とともに、あと何十年も生きていくのかと思うと、辛く悲しくなります。 お母さんに会いたい。 お母さんに謝りたい。 お母さんを抱きしめて、大丈夫だよ、大好きだよって言ってあげたい。 ただただ、後悔ばかりです。

有り難し有り難し 37
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺