お坊さんへの相談が殺到しており、質問受付数を制限中です。

回答が追いついておりません。今を生きる人のために仏教の智慧を伝えてくれる僧侶の方を募集中です。

自殺した人の魂はどうなるのでしょうか?

最近、父が自ら首を吊ってなくなりました。
私は家族とは離れ1人暮らしなのですが、家族の話ですと前の晩も当日も普段と変わりなかったようです。

遺書とか何もなく、自殺の原因が分かりません(鬱病とかでもありません)
思い当たる事と言えば、父は若いころからずっと運転に係る仕事をしていまして(数年前には年で辞めています)運転には自信があったようなのですが、その父が亡くなる少し前に運転中に意識が無くなったらしく、事故を起こしてしまったのです。
幸い人も巻き込まず、本人もムチウチと少し少切り傷が出来た位で、
1週間弱で退院出来ました。

家族もよくあの事故でこの程度でで済んで良かったと安堵しており、ただし、また運転中意識が無くなったりしたら大変なので心配だから今後はもう運転はしない方がいいね、となっていました。
そうすると大好きな孫(弟の子供)の送り迎えも出来ず、楽しみがなくなったのかな?
運転に自身あったのに、事故を起こして本人は気にしていたようなので自信喪失したり、老いを感じたのかな?等、それ位しか自殺の原因が分かりません。

残された私たち家族は原因も分からず、とても辛い思いをしております。
ですが原因はもう父しか分からないので仕方ない、とは思いながら自殺してしまった人の魂はどうなるのかとても気にかかります。
人生を全うして亡くなった方と違って、成仏できるのでしょうか?
生きるのが辛くて自ら命をたったのに、成仏できないとか、天国と地獄があるのなら、地獄に行ってしまうとか、亡くなっても尚更、辛い思いをするんではないか?と胸を痛めております。
どうか教えて下さい、お願いします。

身近な人の死
有り難し 859
回答 7

質問投稿日: 2015年7月31日 17:43

回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

自殺された方だから違うということはありません

仏教の立場で申しますと、自殺したから病死や事故死の方と何も違いはありません。お釈迦さまは自殺してはいかけないとか、自殺したから悪い果報を受けるなどとはおっしゃっていません。あなたが懸念しておられることは心配に及びません。

2年9ヶ月前

次こそは

辛い思いをされましたね。

我々はみな、生まれながらに仏になる種を持っていると言われています。

妙法蓮華経というお経の中に

「諸法従本来 常自寂滅相 仏子行道已 来世得作仏」(諸法はもとよりこのかた 常に自ら寂滅の相なり 仏子は道を行じ終わって 来世に仏とな作すことを得ん)

という一節があります。

簡単に言えば、
この世の生きとし生けるものは全て必ず終わりを迎える。仏の子(衆生)は、修行をなし終わった時、次の世には成仏することが出来るのだというのです。

ですから、結論から言えば、お父様は必ず成仏出来ます。

しかし、すぐにという訳には行きません。
人生は修行です。
何をするにも修行を途中で放棄してしまうと結果が遠くなってしまいます。

お父様は、また修行をやり直しになってしまいますから、まだ苦しんでおられるかもしれません。

時間はかかります。
ですがそれは我々も同じこと、何度も修行を繰り返して仏になるのです。
恐らくお父様は、この世の人生を反省し、新たな修行をしておられるはずです。

天国も地獄も死後にあるのではなく、実はこの世にあるものなのです。
お父様はむしろ、この世が地獄のように思えたからこそ自から命を絶たれたのです。

自死は決して良いことではありません。
しかし、お父様の今世の苦しみや辛さは、経験としてしっかり来世に活かされるはずです。

あなたもご家族も、お父様の死を目の当たりにして地獄のような苦しみを味わったはずです。

でも、お父様は今までたくさんの姿を皆さんに見せて下さいました。
皆さんはその姿の中から色んなことを教わってきたはずです。

皆さんが、お父様の人生の中に何を見て、それをどう思われたか、何を学ばれたか。
お父様の死を悲しい、苦しいとして捉えるだけではなく、その見せてもらった人生を、生きているあなた方が如何に無駄にすることなく自分の人生に役に立てるか。

それこそが、お父様への一番の孝行であり供養であると思います。

たくさんの事柄の中から、良いことは採り、悪いことは捨てしながら、お父様の人生を、存分にあなた方のために使ってあげて下さい。

そうすれば、お父様もあなた方の姿を見て、今度こそ頑張らねばと思われるはずです。

あなたやご家族の皆さんが、そしてお父様も、一日も早く次の一歩を踏み出せることを祈っていますよ。

2年9ヶ月前

それはあなたの魂なのです

自殺した人の魂というのがどこかにあるのでしょうか?
皆、そのようにどこかに架空のものを想定されます。
ですが、この事の本質はあなたが亡くなられたお父様の事を深く案じておられる。
それがあなたのお父様に対する思い、魂なのです。
霊魂とは自分の中の他に対する想いのことなのです。
これは深い禅定、坐禅を通してこの世をよく観察すれば明らかになります。
自分は、自分のなかの御魂、御霊、たましい、意識しか相手にできません。
(※ここでいうところの霊魂とは、自分の中のお父様に対する想いのこと)
世間で説く処の霊魂説は私は間違っていると思っています。
一度も立証されたことのないものをあたかもあるかのように思ってはいけないと思います。
それが明晰性を欠くことにつながるからです。
世の中で、この時期に行われているみたままつりや、祖霊をまつる行事も、深い意味でよく考えてください。
それは、自分の中の、先人たちや亡くなられた方を思う意識と言うべきです。
そして、鎮魂ということも、その自分自身の中の何とかしてあげたかった、こうしてあげたかったという、どうにもならない思いをこそ、鎮めているというべきではないでしょうか。
勿論、なかなかそこに気づかれる方がいませんし、大半の方々が、外の事であるように認知されておられますから、仮に外に御霊があるかのように想定して供養行事をしているのです。
ですが、本当は今、お父様を亡くされて、心が動揺される中、お父様の心のやすらいを念じておられるあなた自身の中の思いこそ、霊魂、みたま、たましいというのです。
道元禅師は大変明晰な方でした。
古来よりこの矛盾する霊魂説に対して、それは「あなたの中の他の方に対する自らの意識(他己)」であると言及されておられます。
よって、お父様の魂を鎮めたいと思われるならば、ご自身がしっかりご供養なされて、お父様への報恩の生き方を歩まれることです。
あなたの人生はあなた自身を生きることです。
勿論お父様に対する想いは深いものですから、今後も亡きお父様とのかかわりは続いていきます。お父様へのあなたの不安が無くなり、しっかりとした供養を通じて、心をよく通わしあってください。あなたのご自身の中のお父さんは永遠に不滅です。
その語らいを続けていくことを供養というべきではないでしょうか。
ご冥福をお祈り申し上げます。

2年9ヶ月前

仏様の慈悲は無量

浄土真宗の立場で回答したいと思います。
死の縁は無量です。そして仏様の慈悲も無量です。浄土真宗では信心を得た人は、死後、阿弥陀如来の願力(慈悲の力)で、極楽浄土に往生すると言われます。では、信心を得ることが出来なかった人(例えば、自殺をした人)はどうなるのでしょうか。答えは、信心を得ることが出来なかった人にも、仏の願力は働いている、ということです。仏様の慈悲は無条件の慈悲です。それは、こうしなければ慈悲は届かない、などというものではありません。この世で残念ながら信心を得ることが出来なかった人も、いずれ、仏の慈悲で極楽に往生させていただけるのです。
ところで、何よりも大切なことは、故人の死を通して、あなた自身がこの世の無常を知り、阿弥陀如来のお慈悲に出会うことでしょう。それが如何なる故人も喜ぶことだと思います。

2年9ヶ月前
回答僧

円通寺

邦元

魂とは

一体魂とはどこにあるのでしょうか。なくなると突然出てくる何ておかしいですよね。
今ここ、この体に魂があるのでしょうか。心臓のこと?

魂はないと思われます。
よって死とは、生命の働きが止まること。体は土や水となり自然にかえります。そして私たちの生活に溶け込んでいくのです。
それが、命の働きなのでしょう。

2年9ヶ月前

死後の赴きについて

cocozokko様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度はお父様のこと、誠につらく悲しいご心境、ご心痛の程、いかばかりであろうかとお察し申し上げます。心からお悔やみを申し上げます。

死後のこと、魂、霊魂のことに関しましては、最近でも下記の問いにて扱わせて頂いておりますが、あくまでも論理的推論によって仮定・措定されて言えているものとしての「心の連続体」・「心相続」というもの、またその赴きに関わる因縁(原因・条件)について、ご説明をさせて頂いております。

問い「生まれ変わりについてです。」
http://goo.gl/rw0BXp

死後についてこれまでに扱わせて頂いている問答
http://goo.gl/ejLMq3

上記の内容を踏まえて頂いた上にて、どうか亡くなられた方のその心相続が、より善き因縁(善徳・福徳、仏縁・法縁)によっての善き赴きにあるようにと御供養申し上げることが大切になるのではないかと存じております。

また、自殺なされてしまわれた方のその後のことに関しましては、これまでにも下記の各問いなどにて扱わせて頂いております。

問い「自殺した人の魂について」
http://goo.gl/fd0Cid

問い「自殺した恋人は、あの世で今」
http://goo.gl/ZzoLXa

問い「自殺で亡くなった彼のように…」
http://goo.gl/2aM634

死後の赴きにおいて、もっとも影響を与えることになるのは、何よりも己自身の行い(業・カルマ)となります。その業が、煩悩や無明(根本的無知)によっての悪業に比重が重くあってしまえば、やはり、その果報(向かう先、輪廻)は厳しいものにならざるを得ないと考えることになります。

「・・どうか善き赴きへと向かうようにとして行われる善徳行が何よりも一つ大切に、そして、次には、更にその善徳行による福徳、つまり、幸せや功徳が、あらゆる一切の衆生たち、三界の全ての者たちのためにも及ぶようにと回向することが大切になるかと存じております。・・」

どうか、お父様の赴きがより善いところ(悟り・涅槃)へと向かいますようにと、これからも御供養を賜れましたら有り難くに存じております。

川口英俊 合掌

2年9ヶ月前
回答僧

願誉浄史

わかりません 。が、死んだ瞬間に生まれかわります

なんらかの生き物に生まれかわっていると思われますが、では何に生まれかわっているかというと、それはわかりませんね。
経典には、極楽浄土や天に生まれかわる方法が説かれていますが、お父様がそのような修行をしていなかった場合、何に生まれかわっているかわかりません。
臨終の瞬間の心の状態が来世を決めるようで、一般的には善い行いをたくさんした方が臨終に善い精神状態になりやすく、悪い行いをたくさんした方が悪い精神状態になりやすいですが、
それは、はるか昔からの輪廻の中で積み重ねた善悪と、お父様の最近の心の状態とがからみあった結果として現れる心のビジョンみたいなもので、複雑すぎて予測不能です。
極端な話、蚊に生まれかわってあなたの周りを飛んでいるかもしれません。
あらゆる生き物がお父様の生まれかわりかもしれないのです。
なお、成仏(仏様になる)するにはかなりの修行が必要ですから、すぐに成仏は難しいです。
また、生き物は必ず苦しみますから、何に生まれかわっても辛い思いの一つや二つしています。諦めてください。

追記
仏教思想では、死んだ瞬間に違う生きものに生まれ変わります。例えば、天も地獄も生きものの一種であって、死霊や魂の世界ではありません。四十九日までが中陰だとか、お盆に霊が帰ってくるとかは、仏教思想とはズレがある慣習です。

2年9ヶ月前

質問者からの有り難し - お礼

亡くなったのは最近なので(そう記載してあります)そんなに早く何かに生まれかわってるという事はないと思います。
私のお聞きしたい内容とは違ってましたが、回答して下さってありがとうございました。

了教寺 藤岡俊彦様

お忙しい中、回答して下さりありがとうございました。
自殺しても悪い果報を受けると言う事はないのですね。
懸念が軽くなりました。

受法寺 小原観慈様

回答して下さり、ありがとうございました。
回答文がありがたくて、心にスッと入ってきて読んで泣いてしまいました。
修行に時間はかかっても成仏できるとの事で安心しました。
口数が多い父ではありませんでしたが、父の生き方から教えてもらった事、受けた多くの愛情に感謝して、悲しむだけでなく家族で支え合って今後生きていきたいと思いました。

安隠寺 丹下覚元様

回答して下さり、ありがとうございました。
父に対する思いが魂なのですね。
父との語らいを続けて行く事が供養との事なので、今後もずっと続けていきたいと思います。

真行寺 亀山純史様

回答して下さりありがとうございました。
仏様の慈悲は無条件の慈悲で、いずれは極楽に往生させていただけるとの事・・ありがたいですね。

岩瀧山 往生院六萬寺  川口英俊様

回答して下さりありがとうございました。父の趣きが少しでもいい方向に行くようにこれからも供養していきたいと思いました。

関連する問答
関連するワード
このページの先頭へ