hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

家族葬について

回答数回答 7
有り難し有り難し 107

幼なじみの父親が亡くなりました。
小さい時からかわいがってくれたおいちゃんです。
葬式の日程を聞くと
家族葬だから遠慮して欲しいと返答。
おいちゃんの仕事、友人関係も断るとのこと。
最後にお別れがしたかったのですが
別の意味で涙が出ました・・・
最近、こういうの多いんですか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 7件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

広島では家族葬が増えています。

 私も広島在住ですが、家族葬用の葬儀会館が新築されたり、従来の会館が家族葬用にリフォームされたりと、家族葬の割合は急増しています。経済的なことだけでなく、身内だけでゆっくり見送れるのも理由の一つでしょう。故人と本当に親しい方やお参りしたい方にはお参りしていただくべきでしょうが、故人の交友関係がしっかり把握できない場合、誰にも失礼が無いように家族限定にしてしまうのも仕方ありません。

 しかし、御葬儀が済んでから自宅に弔問客が度々訪れて、昔ながらの御葬儀をした方が実は楽だったという場合も多いです。浦上師の仰せのように、落ちついてからご自宅やお墓にお参りされるのがよろしいかと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

家族葬や密葬でも大切な法縁。しっかりと勤めて参ります。

親しい方との突然の別れ、お辛いことでしょう。

家族葬。。。最近は、増えてきました。ご家族だけの少人数での お式という形ですが。ご近所にも知らせない、香典も 参拝も遠慮願うというような 考えの場合もあります。
ご家族が、今後のお付き合いも含め、制限しているようで、なんだか残念だなと思ってしまいます。

故人が生きてこられた人生の中で、様々な方との関わりがあったわけで。皆で 偲びながら、いのちの学びの場にしていくのが、通夜 葬儀であっていただきたい。

家族葬や 密葬であっても、私たち僧侶は、大切な法縁であると考え しっかりと勤めさせていただいています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 住職として、中学生の息子の母親...

家族葬の良し悪し

えーちゃんさま
なごみ庵の浦上哲也と申します。

幼なじみのお父さまが亡くなられ、悲しんでいらっしゃるとのこと。
また、最後のお別れが出来ず、別の悲しみにも襲われているのですね。
至らずながら、心中お察しいたします。

さて、最近ご家族やお身内だけでの葬儀が増えています。
亡くなった本人に面識が無く、通夜振る舞いの席で大笑いするような輩がいなくなったのは良いのですが、反面えーちゃんさんのように本当にお別れをしたい人をもシャットアウトしてしまう問題もあります。

もともとお通夜・葬儀には、「家族と故人の別れ」という私的な役割と、「知人友人と故人の別れ」という社会的な役割があると考えています。

ところが後者をあまり考えず、亡くなる側は子や孫に負担をかけたくないと「家族だけでいいから」と言い、ご家族はその言葉を「遺言で」と錦の御旗にしてしまう。

たとえば「20年も寝たきりで亡くなった100歳の方」という場合で、ご本人の知人もほとんどいないのであれば、ご家族だけでよいと思います。
今回亡くなった方は70〜80代でしょうか? 現役から退いてしばらく経っているかと思いますが、現にえーちゃんさんのように悲しんでいる方がいるのですから、少し柔軟にして頂ければよかったのではないかと思います。

とは言っても今回は時間も無いでしょうし、後日お宅に行ってお参りをさせて頂くか、納骨後でしたらお墓参りをさせて頂くのはいかがでしょうか?

えーちゃんさんのお気持ちは、きっと故人さんに伝わっていると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

お別れするということ

家族葬の問題は、実は深い問題のようです。

中には直葬という形で、もっと儀式を省こうとする場合もあります。

浦上さんのご指摘のように、社会的な死をあまり考えないようになってきているのでしょう。

えーちゃんさんの思いは、お墓参りやおうちに伺ってお参りさせていただき、お伝えするのが、私もよいと思います。

あるおうちのお葬式を、いわゆる家族葬でつとめたことがあります。

跡継ぎさんは遠く離れた土地での生活があり、なくなった方のゆかりのある人も、あまりいないとのことで、小さな葬儀を選択されました。

喪主さんといろいろお話しする機会があったのですが、慌ただしい中での選択で、会場の都合などもあり、家族葬とされたのですが、このような形で送っていいのか、という思いもお持ちのようでした。

聞くところによると、直葬や家族葬を葬儀屋さんも遺族の方に勧めることがあるようですが、その場合、ご遺族がきちんと亡き人とお別れしていないという思いを抱かれることも多いのだそうです。

経済的な面からの選択としてこのような小さい葬儀を選ぶことを否定する気持ちは全くありませんが、何か大切なことを置き去りにしているような気がしてなりません。

葬儀のあり方について、最近はいろいろと言われておりますが、故人にとって、遺族にとって、そして周りの人々にとって、よりよい葬儀を考えるときに来ているようですね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


真宗山元派上西山正善寺住職

最近、家族葬ばかりです。

 私も同じ経験をしました。 
 お世話になった人、恩師、恩人などの葬式に身内以外の焼香を遠慮する傾向。理由は他の僧侶が書くとおりです。弔電も送れないことがありました。僧侶の世界も実は家族葬みたいに弟子や近隣の寺院さんで済ませる傾向にあります。
 私の恩師がご遷化された時も告別式、お通夜に行けるかどうか、近親者にお伺いを立てて、「告別式はやめたほうがいいよ。お通夜は居場所無いよ。」などと言われ、結局、お通夜の前に焼香に行きました。よくよく考えてみると悔しいやら虚しいやらでしたが、ご遺体を拝めて良かったと思いました。周りの反応は賛否両論でした。「葬式の邪魔するなよ。」と言った人もいました。私は「なんやそれ。」と思います。でも後悔はしていません。私の身内が亡くなったときはこのような人が訊ねてきても変に断ることがないようにしたいと思う決意が湧きました。
 えーちゃんさんお通夜でも告別式でもあなたが思うまま行動しなさい。自分が後悔しないような選択をしてください。悪いことはしてないのですから自信をもって行動してください。さらに自分が嫌だと思ったことは他の人にもしないで下さい。
後日談を期待してます。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。

家族の形が変わってきています

えーちゃん様へ

まだまだ当山の方では
少ない傾向にあります。
しかしながら増えてきている流れを感じております。

家族の形が変化していく中で
親戚との付き合いなど、いろいろ変化をしている
一つの表れであると認識しております。

「最後にお別れがしたかったのですが」とありますが
ぜひその気持ちを大切にされまして
後日お伺いするというのはどうでしょうか。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


鈴木光浄
「人の一生に寄り添うことのできるお寺」を目指しております。さまざまな御縁を...

仏縁・法縁と追善供養・功徳回向について

えーちゃん様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

家族葬は確かに増えているのではないかとは存じます。かく言う拙生はお葬儀のお勤めは拙寺の方針上ほとんどございませんので実情は分かりかねますが、葬儀社さんからの情報ではかなり多くなってきていると聞き及びます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/家族葬

家族葬については、上記ウィキペディアのページにて概要、メリット、デメリットもある程度詳しくまとめられているのではないかと存じます。

大規模であろうと小規模であろうと、ご葬儀は、故人への授戒・引導を扱う(授戒・引導を扱わない宗派もあります)大切な仏縁の儀式であると共に、縁故者・参列者の皆様には、故人の生前の遺徳を偲び、哀悼の意を表して御供養を致すための儀式でもあり、また、「仏縁」、中田様のおっしゃられている「法縁」にも与(あずか)れる大切な儀式であるかとも存じております。

特に、仏縁・法縁に与ることによって、私たちにおいても今の人生のありようを改めて顧みる機会、後生のことをしっかりと考える機会として、仏教に則った生き方を調えていくための一つの機縁に致したいところとなります。

ご葬儀の形態については、もちろん、費用・時間・煩雑さ等、現実的な葬送に係る問題も色々と控えてはございますが、できるだけ、故人、遺族はもちろん、縁故者・参列者たちにおいても納得・満足の頂けるような形にて調えて参りたいものでございます。

とは言え、何よりも、故人が、輪廻の迷苦を離れて、しっかりと仏道を修していくことができますようにとして、遺族・縁故者におきましては、ほんの少しでもその力となれますようにとして、追善供養・功徳回向に勤めて参りたいところとなります。

拙小論「追善供養・功徳回向の考え方について」
http://blog.livedoor.jp/hidetoshi1/archives/52108201.html

えーちゃん様におかれましても、ご弔問、お墓参りにおきまして、亡きおいちゃんが無事に仏道を修して、悟り・涅槃へと至れますようにとしての御供養と併せて、亡きおいちゃんへと恩返しとなるような生き方についても少しくお考えを頂けましたら幸いに存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1,000件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「葬儀」問答一覧

葬式で弔えなそうです。

久しぶりの質問です。 言葉を選ばず、心のうちそのままを書きます。 以前質問してから、正社員として就職できましたが、パワハラにすごく悩まされました。 見切りをつけて1年8か月で退職し、現在アルバイトしつつ転職活動中です。 で、そんな最中に母方の祖母が死にました。 明日葬式ですが、私は学生時代に祖母・叔母宅に居候していた時期がありましたが、本当にくだらないことなんですが、二人に失礼なことを言われて私が凄く怒ったら、こっから出ていけと言われて自宅に返されました。 今でも私はそのことに関して、自分は一切悪いと思っていません。 それから8年程度会ってなく、私はもちろんあちらからも連絡ありませんでした。 父や妹から葬式ぐらい出たらと促されていますが、正直出たら出たで悪態つきそうです。 今現在も、その死に顔に唾を吐きかけてやりたいし、抹香をぶっかけてやりたいと思っています。 故人も私に来てほしくなんてないでしょうし、叔母にも会いたくないです。 もし葬式中に話しかけてきたら「今更白々しいんだよ!」とキレそうです。 ただ他にも思い出すことはあります。 祖母のカレーライスは豚の平ったい固い肉。 擦ってない角切りのショウガ丼がいつも途中で胃もたれして食えない。 梅干しが酸っぱい。 焼きおにぎりだけは美味い。 子供のとき、まず祖母宅に行く前にトイザらスで粘った。 理由は駅まで迎えに来た祖母がレゴブロックの一番いいやつ買ってくれるからだ。ちょろい。 今思い出せば、ヒーロー戦隊の銃も買ってくれた。 いかん書いてたら少し目が潤んできた、喉もキュウと締まってきた。 ウイスキーでも飲もう。 …ふぅ落ち着いた。 なんだかな…。 仮に葬式出るとして、やりたくなかったら作法は拒否していいんですか? していいならどこまでが許されますか? 焼香や合掌まで?棺に花入れまで?合わせ箸まで? くだらないこと書いたり、つまらない質問ではありますが、付き合ってくださるお坊さんがいたらご回答よろしくお願いします。

有り難し有り難し 10
回答数回答 1

葬儀での宗派間違い

よろしくお願いいたします。 恥ずかしながら父の葬儀で勘違いから宗派を間違えてしまいました。 日蓮宗と思い、葬儀社からの紹介で日蓮本宗のお坊様に葬儀を行って頂きました。 その数日後に実は真言宗だったことがわかり、急いで葬儀社に連絡し、日蓮本宗のお寺にはお詫びをし、改めて真言宗のお寺を紹介してもらいました。 家で、シンバルのようなものやお水を使っての法要、そして新しい戒名を頂きました。(先に頂いた戒名のご位牌はお焚き上げしてくださるとお持ち帰りくださいました。) その折、来て頂いたお坊様に詳しい事情が伝わっていなかったのか、 法要後「この度は改宗されたのですか?」と言われました。葬儀で宗派を間違えたと伝えたところ、「そうですか」か「なるほど」のように言われました。 同じような質問をされた方への回答に、このような場合は受戒の儀式を受け直す儀式(改葬)をして新しく戒名を頂くとあったのですが、今回して頂いた(改宗?)法要と、回答にあった改葬といわれる儀式では何か違うのでしょうか? 今回の方法で良かったのでしょうか? 49日、初盆と真言宗のお坊様に来て頂いてますが、葬儀での宗派を間違えるようなことになり、ちゃんと父の供養はできているのでしょうか?

有り難し有り難し 24
回答数回答 2

父の葬儀での義父と主人の非常識な発言

初めて相談させていただきます。 父の葬儀で、旦那と義父が無神経な発言をしたことが、どうしても許せません。この憤りをどうしたらいいのでしょうか。 父は去年、68歳で他界しました。 義父と主人は完全に他人事のようで、葬儀の前後に私の前で無神経な発言を繰り返していました。 「体の大きな人(亡父のこと)だから、棺は特注じゃないといけない」(義父の発言) 「足を曲げなければ棺桶に入らない」(義父の発言) 「場合によっては屈葬やな」(主人の発言) 「人生70年だから俺も70歳で死ぬわ」(義父の発言) 等です。 私の前での発言なので、見えない所ではもっと凄いことを言っていたのかもしれません。 その後も、喪が明けないうちから主人が「遺産はいくらもらった」等の発言を繰り返すので、耐えきれずに子供を連れて三月に家を出ました。元々、夫婦関係が上手くいっていなかったという背景もあります。離婚はしておらず、別居中です。 別居したことで多少は落ち着きましたが、義父と主人の無神経さがどうしても許せません。こんな私は心が狭いのでしょうか。お坊さんの立場からご覧になって、この義父と主人の親子をどう思われますか。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

御朱印を故人のために

喪中なので諦めていますが、故人のために御朱印をいただき副葬品として火葬時に入れてあげたいです。 (恥ずかしながら何かしてあげたいと調べて初めて御朱印というものを知りました) 叶わなくとも四十九日後に参拝しお供えすることは意味がないでしょうか? 代理のものだと神様は怒るでしょうか? 3日ほど前、あと10年は生きそうなぐらい元気だった祖父が急死してしまいました。 親族がみな口を揃えて、私のことを目に入れても痛くないほど可愛がっていたというほど、本当に愛してくれていました。 生前、私と母なりに孝行しており、大きな後悔はありませんが、突然もうダメだと連絡が来て少しの会話はできましたが、まさか死ぬとは思わず大好きと伝えられずに、その日のうちに眠るように亡くなってしまったのです。 救急車の中ではたくさん話していたので、祖父の呼吸が苦しくなるからもう話さないでと言ってしまいました。 夜意識がなくなったと病院から連絡が来て駆けつけた時、意識はなくとも心臓が動いていたので、無理にでも来たよと手を握ってあげたらよかったのに、管をつけていたので握ってあげられませんでした。 最後まで看取りましたが、言葉が出ずじいちゃんと呼んであげられませんでした。 寂しかったでしょうか。 待っていたかのようについて10分もしないうちに死んでしまったのですが、私たちがきたことは伝わったのでしょうか。 突然死んでしまって、死んだことに気がつかず彷徨ったり、元々ドジな人だったので迷子になったり、お酒が大好きだったのでどこかで躓いてる気がしてなりません。 代理でも大丈夫なら、神様・お寺さんとの縁をつないであげたいです。 死んでから頼るなと神様は怒るかもしれませんが、祖父のことを守って欲しいです。 また他の人が御朱印をもって天に行くのに祖父だけ持っていなかったらと思うと心が痛いです。 私のわがままですが、遅れてもいいから届けてあげることはできないでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

それほど親しくもない知り合いの葬儀

私は田舎に住んでいて、小学校時代の同級生の父君が亡くなったと私の70代の母親が母親の知り合いから聞いてきました。 しかし、その同級生とは小学校を出てから没交渉で、私は都会の大学を出て自分の仕事や趣味の人脈もそれなりに広がって変わっています。 彼がどのような生活をしていたのかは分からないのですが、地元の農家の息子で地元にしか人脈がないような感じです。 昔はうちの近所の田舎では、斎場ではなく自宅で葬儀をしていて、それに地域住民がボランティアで駆り出されていました。 その風習はかなりなくなったのですが、70代の母親はその考え方が抜けておらず、そして自分の葬儀の時にできるだけ地域住民の方々の香典を集めて遺族の負担を楽にしたい意図があるのかもしれず(子供からすればありがた迷惑ですが)やたら地域社会の住民の葬儀にさして親しくもないのに参列したり香典を出したりしています。 私も両親の祖父母の葬儀は経験して、香典のやりとりがめんどくさそうだな…死後色々大変なのになぁ…と思っております。 話は変わりますが、小学校時代の同級生とはいえ別に親しくもないし虐められたりもしてないし、親友か?と問われれば微妙です。 ただ田舎で生きてきた彼と都会でしばらく生きてきた私との間には、もう色んな意味で越えられない壁というか溝があります。 私が尊敬するビジネス系のライターの方が「学校時代の友人よりも大人になってからの仕事の付き合いを大事にしろ」と仰っていて思わず納得しております。 私には、もう学校時代の友人に全て嫌われてもいいくらい、今はそれと関係ない自力で掴んだ友人や人間関係に恵まれています。 なのになぜ、70代の頭が固い私の母親はそういう古い田舎の考えに固執しているのでしょうか。 コロナウイルスのため葬儀はないのですが、母親は香典だけでも渡しにいけ、とうるさいですが、あまり関わりがない人がそういう態度を取るのは逆に無礼ですよね?どうでしょう?

有り難し有り難し 4
回答数回答 2

遺体の隣で夜を明かすことについて

先日母が他界し、簡単な葬儀を行いました。 葬儀を行う直前まで家に遺体を安置していたのですが、そこで問題が起きました。遺体の隣で寝ることについてです。 姉や叔母、祖母などは母の隣で寝たいと言ったのですが、私は遺体の隣で寝たいと全く考えていませんでした。そのため自分は違うところで寝るから皆で寝てあげてと言ったところ、叔母が激怒。母もきっと子供にそばにいてほしいはずだ、自分の娘も同じ立場ならきっとしてくれると、私をどうしても母親の隣で寝かせたがりました。結果私が折れて姉と二人寝ることになったのですが、未だにもやもやした気持ちでいます。 実のところ母は私の幼少期に情緒不安定から来る虐待をしていたところがありました。その時の記憶がはっきり残っていて、私の母への思いには感謝や愛の念もあるのですが、未だに母へは恐怖心が強く残っていました。そのためもあるのか、悲しい気持ちはあるのですが、姉や叔母たちよりも気持ちに区切りをつけることが早くにできていたように感じます。  叔母たちに言われた隣で寝るのが当たり前という言葉は、私の気持ちを無視した言葉のようにも思われ憤りを感じてしまうのですが、このように思うことは正しいのでしょうか。 また、遺体の隣で寝るということは一般的に見てどのような扱いなのでしょうか。 姉も寝るときは電気をつけたほうが母のためになるなど、本当にそれでいいのだろうかという行動をとっていたように思います。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る