hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

どこで教えてるんですか

回答数回答 4
有り難し有り難し 51

観光でお寺や神社にお参りに行きますし、お墓参りもいたします。
しかし、どこで仏教が学べるのか実は分かっていません。
学ぼうとするとネットで本を買う事になります。
教会のように毎週日曜日礼拝したあとの聖書勉強会のようなものはあるんでしょうか。

2019年7月25日 6:09

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

実は何処でも

以下、曹洞宗の一僧侶として回答させていただきます。

一般的に「仏教」と言われるそのほとんどは、世俗的・歴史的な「慣習」のようなものを積み重ねた「仏教的なしきたり」みたいな話であろうと思います。それはお寺の歴史であったり神様や仏様の成り立ちであったり諸外国の宗教との絡みの話であったり…
質問者様が知りたい「仏教」とは、そのような慣習的な知識のことなのか、それともお釈迦様から伝わる言わば人間学のような教えのことなのか。前者であれば昔も今もいろいろな書籍が出回っておりますので何かしらご購入いただければそれなりの知識は得られるかと思いますが、おそらく本来ご希望なのは後者のほうですよね。
これは私共和尚も正直「これです」とはっきり提示できない部分でありまして、度々困るところであります(^_^;
確かに古典資料を元にした書籍等で勉強もできますが、それだけでは足りないですね…老若男女問わず自分以外は全て教えをいただける「師」であり、自分が関わる沢山の人と日々追求をし、一生をかけて理論の構築と破壊を繰り返し形作って行くものだと考えております。
それと、私達僧侶には近しい存在として「直接的に繋がる僧侶の師匠」がおりますが、一般の方々には身近にそのような関係を築ける間柄の師匠がなかなかいないですからね…悩ましい問題です…
私は↓
・経本、経典等の書籍から学ぶ仏教は「仏教のインデックス(見出し)」
・他者との関わり合いの中で学ぶ仏教は「仏教のメインコンテンツ(内容)」
だと考えます。
そして、学ぶこちら側のスタンス次第でどうにでも転ぶのが「学ぶ」ということです。その人やその物事から「学ぼう」とする気持ち次第なんですよね。当然、逆も然りです。

ちなみにこうして唸りながら回答させていただいている現在も…
大事な仏道の修行だと思うのです(^o^)

2019年7月25日 11:18
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


アラフォー若僧の超個人的なボヤキだと思ってくだされば幸いです。 いろ...

浄土真宗をしっかり学びたいなら、

こちらの通信教育をお勧めいたします。
私は違う宗派ですが
在家の方が学ぶには最適だと思います。

http://www.chubutsu-tsukyo.jp/

2019年7月26日 8:21
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

有るお寺には有りますし、無いお寺にはありません

法話会、坐禅会、報恩講、プチ修行、ご詠歌などのキーワードに都道府県や地域をくっ付けてググってみて下さい。
あと、宗派によってはこのような↓検索コーナーを設けている場合もあります。法話や坐禅のような条件と地域を指定して検索することができます。
https://www.sotozen-net.or.jp/searchsystem_jiin

2019年7月25日 12:25
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

たとえば

日本テーラワーダ仏教協会のホームページをご覧になってみれば、参加できるイベントがあるかもしれません。

2019年7月25日 21:51
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1500件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

曹洞宗の和尚様、禅僧様、温かいお言葉と情報をいただき有難うございます。

TAIKEN(FDN)様のご指摘の通りだと思い、改めて振り返りました。
根本的には、すがるものや知恵を求めているのかもしれません。

すがるものとして、
歴史上の信者の姿に涙が出るほど感動したのは、過酷な状況下に宗教に真価をみていたその強さに対してだと思います。
そして現世にいる私の理解では、知りえない価値があると気づかされました。
また、私のご先祖様も信仰心がありましたので、宗教が本来はすごく身近なものだったと思います。
ちなみに母方は曹洞宗です。母の家系は特に信心深いとのことでした。
今回を機に、いつかお遍路にトライしようと思っていました。

知恵として、
TAIKEN(FDN)様のお言葉をお借りすれば「お釈迦様から伝わる言わば人間学」が知りたい、その通りです。
昔からその傾向があり、最近になってやっと通信教育心理学コースを申し込んだのです。
しかし今回を機に、人格を形成するのに宗教的価値観も影響している?と思い長年の謎が一つ解けた気がしています。
とはいえ学習意欲は消えていませんが。

曹洞宗の禅僧様、URLの情報をいただき有難うございます。
身近な座禅会などがあったことを思い出しました。
「法話」をキーワードに身近なところに行ってみようと思います。

浄土宗教師さま、URLを教えていただきありがとうございます。
「テーラワーダ仏教」を知りませんでしたが、先ずはひとつずつ学んでいきます!

和田隆恩さま

こちらの通信教育のURLを有難うございます。
これであれば仕事をつづけながら自分のペースで勉強ができそうです。
http://www.chubutsu-tsukyo.jp/
ただ、通信大学のコースを申込んでしまったため2~3年後になってしまいますが卒業するまで大切に情報としていただきます。
違う宗派にも関わらず本当にありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

私の信仰について

今回は非常に個人的な悩みとなります。 私は最近、仏教について調べたり、考えたりして、一種の信仰心を持つようになりました。(他人には一切信仰を公言してません)他人が悲惨な目にあったニュースを見聞きしたり、電車の人身事故があった時などは、心の中で南無阿弥陀と唱えるようにしてます。(宗派とかはよくわからないので、とにかく心で唱えるようにしてます)ただ、この教えはどの宗派かはわかりませんが、南無阿弥陀を唱えると、仏様が極楽浄土へ連れて行ってくれるという話を聞いたので、正直、他人のためではなく、唱えることにより自分が死後、安らかな場所に行けるように唱えていると考えてしまいます。 そこで2つ質問があります。 1 心の中で南無阿弥陀と唱えるだけでも良いことですか?また、他人に亡くなった方に対して唱えることは良いことなのでしょうか? 2前述したように、南無阿弥陀と唱えることは、自分が死後安らかに過ごせるようになるためであり、それは他人の為ではないという考えが少なからず自分の中にあります。純粋に他人の為に仏教に信仰心を持つにはどうすれば良いのでしょうか? この先は質問と関係無く、ただhasunohaのお坊さんへの感謝と自身の信仰に関する話です。 いつも悩みを聴いてくださり本当にありがとうございます。1人では考えきれない事を今までお坊さん方は真剣にアドバイスしてくださり、以前あった私の死にたいという気持ちも随分と楽になりました。本当にありがとうございます。また、このサイトがきっかけで、宗教とは非常に遠かった私の中に信仰心が生まれました。正直、極楽浄土や地獄、仏様など、目に見えない世界に関しては半信半疑です。しかし、過去の仏陀やお坊さん、そして現在のお坊さんなどが人々の為に幸せや平穏を願った。そして今も願っているという事実は変わりません。そしてその事実が現実に対して言いようのない不安に駆られていた私にとって光です。誰かの幸せの願う心の存在こそ私の救いです。皆さんの考える仏教への信仰とは全く違う形かもしれませんが、私は仏教をこのように信仰してます。 そしてこれからも、お坊さんのように誰かの幸せを願う人でありたいです。質問とは関係はありませんが、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

有り難し有り難し 18
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る